総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お菓子、パン( 56 )
7/5に食べたケーキ
自宅近くで美味しいケーキを食べたいと思うとこのお店に足が向きます。先週の分をようやくアップです。今週はもう食べるお店を決めているので楽しみですね。

d0059205_22293748.jpg


ミントのババロワ、フランボワーズのジャム、フランボワーズ入りのチョコレート。
ミントとチョコレートという組み合わせは大好きなのですが、それにフランボワーズの甘酸っぱさが加わります。ミントの味わい、香りは鼻を抜けるような感じではなくて控えめで後にほのかに感じられる程度だから、食べてすぐ感じるのはフランボワーズとチョコレートの味わい。

d0059205_2230102.jpg


コーヒームース、ビターチョコムース、チョコスポンジのケーキの上にはアーモンド、メレンゲ、キャラメルのクリームがトッピングされています。
香りよいコーヒー&ビターチョコのおかげで濃厚で苦味がよく残る大人味のケーキで、上のトッピングが食感と味わいが広がりに持たせるから食べていて楽しいですね。
このお店の定番なので店名を書かなくてもどこかわかるはず。
本当はいつも買っていたケーキが食べたかったのですが、なかったのでこちらのケーキを買いましたが、思った以上の美味しさが嬉しかったです。まここのケーキはどれも水準以上の完成度だと思うので外れはそうはないと思いますが。
[PR]
by esthetisme | 2009-07-11 22:31 | お菓子、パン
僕のケーキの食べ歩きの出発点のケーキ
d0059205_23583011.jpg

d0059205_235823.jpg


今から10年前にまだインターネットがそれほど広く一般的でなかったころ食べ歩きの情報源は、雑誌が中心でした。
その頃に出版された並木 麻輝子さんの「ケーキ!ケーキ!東京―味と技の芸術品を食べ歩き」という本で紹介されていたケーキはそのタイトルにぴったりなものばかりだったのですが、特に一番食べてみたいと思ったのがこのケーキ。
思えばこのケーキでケーキの美味しさに目覚めて東京だけでなく名古屋、大阪、京都、神戸と日本各地をフレンチと一緒にケーキを食べ歩くきっかけとなっただけにとても思い出深く、食べる度にそのことを思い出します。


ほんと最初食べた時はまずピンクの鮮やかな色合いとその宝石のようなフォルムにどうしてもフォークを入れるのが躊躇いましたね。眺めてはその美しさに感心しっぱなしでまさに鑑賞にほんと向くケーキです。
ようやくのことで食べてみてローズ風味のバタークリーム、ライチのエキゾチックな香りとフランボワーズの爽やかさで果実は瑞々しい食感、ローズの香りがするマカロンの外はかりっとと中はもっちりと対比のある食感とそれらが織り成すハーモニーは見た目同様に芸術の域まで達していて、特にバラに包まれている、食べているような感じが好きでこれほど感動を覚えたケーキはないです。だからこそ上述したように新たな感動を求めてケーキの食べ歩きが始まったのだと思いますけどね。
それにしてもこの食材の組み合わせはそうそう思いつかないだけに組み合わせの妙がこれまた凄い。
そのほかに今日はシトロン、オリーブ、セレストとマカロン3つも写真のように泡と一緒にとこれまた定番のキャレマン ショコラをコニャックと一緒に食べました。
[PR]
by esthetisme | 2009-06-08 23:58 | お菓子、パン
生まれ年のブランデー 十勝ワイン ブランデー 1979
d0059205_23425889.jpg


日本でも生まれ年のブランデーがあるなんて知りませんでしたので、びっくりするほど安い値段に不安を覚えながら早速頼んでみました。

d0059205_23422614.jpg


ブランデーにはビターチョコレートが最高のマリアージュだと思っていまして、必ずあわせています。
今日はどこのお店にしようかと思いましたが、今月の普茶料理の代金を支払いに国立に行く帰りなのでこのお店がちょうど帰り道の途中だと思い、オープンまもない頃以来の再訪問で行ってみました。
食べてみてやはり感想は前と同じ。

ブランデーは原酒ですから59度とアルコール度が高いのですが、30年の年月のためか熟成したまろやかさな甘みを感じる味わいで、アルコールの高さをまったく感じさせないですね。
これはお手ごろ価格で美味しいブランデーに出会えたなと幸せな気分でいっぱいです。

いつもフレンチのお店に行って思うのですがワインと料理のマリアージュだけでなく、デザートとそれにあわせるデザートワインなりブランデーでもマリアージュが楽しめるようになってくれるともう何も言うことないんですけどね。
お酒は揃えようと思えば簡単なので、あわせるデザートにほんと頑張って欲しいなぁと思います。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-08 23:44 | お菓子、パン
ラデュレ 三越銀座店
d0059205_23531950.jpg


※思うようにまだ写真が撮れず下手な写真です。

今日は会社で勉強してから気になっていたラデュレの銀座店へ。向かう前にもうマカロンの種類の半分は売り切れただろうとお店へ電話して聞いてみたらやっぱりそう。
でもラデュレのサイトにある銀座店のオープンのページの写真の中で夜のサロンの写真を見ていい感じと思いお店へ。
着くとちょうどよく夕方から夜へと変わった頃。サロン・ド・テにはすぐ入れたのですが、入ってすぐ思うのがパリのお店と比べると高級感がどうも感じられない。隣と隣の感覚が狭くて窮屈だし。
とりあえず外の景色が見えるところに座りましたが、窓際ではないので窓際のお客さんがそろそろ帰りそうだなぁという感じだったので時間をかけてメニューを選んでいたら、丁度よく空いたので移動。
ま時間がかかったのはシャンパンとアイスマカロン、それからバラのサントノーレを頼みたかったのに食べ物がどちらもない・・・ サントノーレは3種類あるはずなのにフレーズピスタシュ1種類しかない。やっぱりパリに行かないと駄目ですね。
食べたいものがなかなか決まりませんでしたが半分くらい売り切れているマカロンからレモンとフランボワーズ。それからイスパハンをオーダー。
シャンパンにはタプナードのトーストがついてきました。マカロンはフランスの味が思い出せないから比較できないけど、しっかりフランスで食べた味が思い出せるイスパハンはやっぱりフランス食べるのが上。
食べ終わって何もないのにシャンパンのおかわりはどうですか?というのは次の食べ物も頼んでくださいということですかね。
そうそうお会計を席を立ってレジを探そうとする人がちらほら。どうしても日本の喫茶店の感覚だとそうしてしまいますよね。僕も最初はフランスの喫茶店は席で会計を済ますものだというのを知らなかったし。お会計を済ませるとレシートだけでいいのにわざわざカードに入れて持って来ました。三ツ星レストランでもレシートをカードに入れて渡すお店は少ないのに。でもパリのラデュレでレシートがカードに入っていなかったような気がするのですが。
帰りにマカロンを買うとすると無料の箱があるにもかかわらず何の説明もなしに高い箱入り物を進められました。1つは欲しいので今回はよしとしますが、次買うときがあったら無料の箱で買います。
それにしてもいくらフランスのお店でもここは日本なのだから欲しいものを1つから買えるようにするのは無理なんでしょうか?
買う時に説明を受けましたがたぶん最低の数が4つからです。それも中身を選べないというありさま。食べたいものを選べるのはサロン・ド・テで頼むときだけでしょうか。
買うとこちらもレシートはカードに入れて渡されましたが、おつりもカードも入っていて取り出しにくい。
[PR]
by esthetisme | 2008-08-10 23:53 | お菓子、パン
桃林堂  五智菓
d0059205_942947.jpg


護国院の傍にある昭和初期創業のお菓子屋さん。
護国院の前にここで一服して一休憩しました。

d0059205_95364.jpg


紅花というお菓子と上品であつあつの小鯛焼き。

d0059205_95444.jpg


お茶を飲むところにあるお湯を注ぐための物(なんと呼ぶのかわかりません)が、時代を感じさせるもので、こういうのは大好きなんですよね。

d0059205_992510.jpg


三種類ある五智菓の中からどれを買おうか迷いましたが今回はおれんじ、洋梨、はす、ふき、いちじくにしました。

d0059205_9133593.jpg


お茶と頂いても美味しいのですが、貴譲酒でもそうですね。今度は他の味を試してみたいと思います、
[PR]
by esthetisme | 2008-01-12 09:11 | お菓子、パン
菊見せんべい
d0059205_8523197.jpg


1875年(明治6年)創業の老舗です。
上質の米を使い、1枚、1枚手作りで、四角い形と江戸っ子好みの固焼きが特徴。

d0059205_854483.jpg


1枚からも買えますが、とりあえず唐辛子、しょうゆ、抹茶、砂糖風味と固焼きをひととおり買いました。
ちなみにすぐ近くに穴子寿司の老舗で有名な乃池があります。

参考文献 東京交通局発行の「ぐるっと東京2007冬号」
[PR]
by esthetisme | 2008-01-12 08:56 | お菓子、パン