総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お菓子、パン( 56 )
絶品のわらびもちと和菓子
7月は2回、京都に行く機会がありましたが時間の関係上、このお店に行くことができていなかったのでどうしても行きたくて、ほんと行きたくて。とにかく出来立てのわらび餅が最高に美味しいんです。

d0059205_7391532.jpg


わらび餅ができるまでに風情のあるお店の中や庭をあちこち撮りまくり。超広角のワンパターンばかりになりますのでこの一枚ぐらいで。

d0059205_7393331.jpg


本わらび粉100%のわらび餅ならではの野趣味あふれる香り。できたてのぷるぷるとした食感は癖になりそうで、砂糖を加えているのでほんのり甘みがついていてそのままでも美味しいです。噛んでいると甘みが増してくるので黒蜜をつけずにそのままが一番美味しいかも。



次に和菓子とお薄。和菓子はどれにするか迷いましたが清流にし
d0059205_7411445.jpg
ました。名前とその姿で涼を運びますね。ほろりと崩れていく練りきりと粒餡の小豆はこだわり抜いた丹波産のを使っているだけに流石の風味。

わらび餅にしても和菓子にしてもやはり目の前のお庭を見ながら食べるのでなおさらご馳走に感じるのでしょうね。

d0059205_74039.jpg


またも超広角で広々と入り口から入ったあたりを。

d0059205_7402167.jpg


もうどこのお店かわかる方はわかると思いますがお店がわかるようにお店の入り口を。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-02 07:40 | お菓子、パン
大阪のパン屋さん、ケーキ屋さん その1
せっかく大阪にいるので大阪の美味しいものということでまずはパンやお菓子から。食べログを見てトップ1から回っていけばいいかなと思っているので大阪の食べ歩き初めはまずは食べログトップ1から。

d0059205_2332838.jpg


d0059205_23321646.jpg


d0059205_23322469.jpg


パンは初めてのお店なのでまずは基本からいきました。どれも期待以上の味でした。

d0059205_23323130.jpg


d0059205_23323824.jpg


ケーキは旬のいちじくとお酒が利いたケーキが大好きなのでそのケーキを。パン以上に感動的な味わいで幸先のいい食べ歩き初めとなりました。

d0059205_2332475.jpg


おまけでお酒が利いたケーキの時に飲んでいたブランデー。とても嬉しいことに生まれ年の79年のヴィンテージです。生産者の訪日を記念した限定販売のボトルなのでもう在庫がなく入手困難です。入手困難だろうが、どんな高価でもブランデーは飲むものなので30年の流れた時を思いながら飲んでいます。
[PR]
by esthetisme | 2010-07-30 23:39 | お菓子、パン
赤桃とオペラ 7月13日のお菓子
ポール・ジローがなくなったので、コニャックやアルマニャックが豊富な近所のお店まで行ったついでにお菓子を買ってきました。

d0059205_23202287.jpg


7月は桃が美味しい時期なのでやはり桃のお菓子に注目が行きます。
フランス産の赤桃のムースにクレームブリュレ、赤桃のコンポート、ムースの外側にアーモンド風味のマカロンという感じのお菓子です。赤桃の甘酸っぱさがいいですね。次はフレッシュな桃をパフェで食べようっと。

d0059205_23205343.jpg


そしてブランデーを買ったためもあり、やはりショコラは欠かせない。ということでフランスの伝統的なお菓子のオペラ。
ビスキュイ、ガナッシュクリーム、コーヒー風味のバタークリーム、グラッサージュという構成。味わいとしてはショコラの風味よりコーヒーの風味が苦味がなくマイルドな香りがよくしました。
ところでマクロで寄ってみましたがピントがあわせるのがちょっと難しい。まそれなりにあたったかなと思いますがまだまだ練習あるのみです。
また黒系統の被写体はやはり撮りづらい。食べ物は明るいほうが美味しそうに見えるので少し明るめにしています。

どちらも最後の一つで間に合ってよかったです。いつもながら近くでケーキと言えばこのお店です。
[PR]
by esthetisme | 2010-07-13 23:23 | お菓子、パン
七夕の和菓子と夏の和菓子
昨日は七夕ということでそれにちなんだ和菓子と夏の和菓子を食べました。うっかり、予約を忘れていて、当日、電話したら作ってもらえるということでありがたやと思いながらお店へ。

流行のお店が立ち並ぶ中でこのお店だけがこれぞ古きよき日本の佇まい、そして迎えてくれる女将さんは浴衣姿で蒸し暑い外から来ただけに涼やか気分になり、ほっと和みます。帰り際にはしっかりとお辞儀をされて、とても気持ちがよくて好印象。こうしてお客さんを送り出してくれるとまた来たくなります。
わざわざ作っていただいて、それもショーケースに並んでいないところを見ると一つだけのようで出来立ての和菓子をほんと感謝の気持ちで持ち帰ります。
やはりここは習っていることもあるし、練習のためちゃんと作法通りにお茶を点てます。袱紗さばきとしていると心が落ち着いてきますね。すぐ点ててしまったら風情も何もないです。茶筅通しになってくると心を込めて点てようと気持ちが更に沸いてきます。泡立てて全て泡立てず池ができてはいできあがり。自服しながら食べたのは次の和菓子。

こちらは七夕の和菓子

d0059205_2146425.jpg


d0059205_2147880.jpg


こちらは夏の和菓子

d0059205_21475463.jpg

[PR]
by esthetisme | 2010-07-08 21:48 | お菓子、パン
花びら餅 3店で食べ比べ
今年はお菓子の花びら餅をあちこちのお店で食べ比べしています。とりあえず食べてみたのは以下の3店。比較してみるとそのお店の特徴がそれぞれやはりいろいろとあり、食べていて楽しかったです。
すっかりと気に入ったのでまた来年もいろいろなお店を食べ比べしてみたいものです。
どの花びら餅も干菓子盆に載せています。懐紙を敷けば生菓子もOKでしょうし、盆の紅と花びら餅の白で紅白のおめでたい感じがしますからね。それに日の出をイメージした金箔と銀箔でなおさらそんな感じがします。

d0059205_10524461.jpg


こちちは味噌餡を包む羽二重餅が持ってみてすぐわかるのですがほんとふんわりで口にとろけそうと思ったら食べてみてやっぱりそうでこのキメ細かさと滑らかさは素晴らしい。
それと上の羽二重餅が真っ白なためか、真ん中あたりにほんとうっすらと中の菱形の薄い紅の餅が透けています。開いてみるとやはりありました。また味噌餡の風味はほどよかったです。

d0059205_10531856.jpg


こちらの羽二重餅というか薄い求肥は半透明で中の餅が濃い紅と写真のようにはっきりとした色合い。味噌餡の塩気と牛蒡の蜜煮のとろけそうに柔らかくてそれでもごぼうのしゃきゃしき感がある絶妙の食感がいいですね。

d0059205_10535575.jpg


こちらの求肥は見た目のとおりぼってりと厚めでお餅に近い感じ。味噌餡の塩気はこちらもしっかりとしています。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-17 11:23 | お菓子、パン
ガレット・デ・ロワ  その1
d0059205_23562037.jpg


12cmサイズだとお店によってはフェーブがつかない、王冠がつかないところもありますがここはばっちりどちらもついていて値段とあわせて良心的。

d0059205_1191347.jpg


4つに切り分けてこれととったら見事にアーモンドが入ったところに当たりました。今年からフェーブは中に入れるのをやめてアーモンドにしたとのこと。飲み込んでしまうかもしれませんが食べる前に自分が当たりかどうか確認すれば特に問題はないと思うのに。ま飲み込む前に歯にがりっといってしまう恐れがあるかもしれませんから入れないほうが無難なんでしょうね。

d0059205_120518.jpg


白鳥のフェーブをせっかく70mmマクロがあるのでそれで開放絞りで撮りましたが、ピントの山がつかみづらくてちょっと大変でした。マクロはピントがあった以外がとろとろにとけてくれるので撮った後がほんと楽しい。

次は違うお店のショコラバージョンでも食べようかなと思っています。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-03 23:56 | お菓子、パン
浦和のケーキ屋さん
d0059205_2341064.jpg


寿司と蕎麦の間なので本当は和菓子の気分でしたが、蕎麦屋さんの近くにこのケーキ屋さんがあったのでケーキに決まり。
浦和に着いたときは風はそれほど吹いていなかったのに寿司を食べ終わってケーキ屋さんまで歩いていたら風が吹き荒んでいて、晴れているのにけっこうな寒さ。昨日は抹茶を飲みに銀座の勧められたお店に行っていましたが昨日とはうって違う気候です。
さてお店に近づいてくるとお菓子屋さん特有のいい匂いが漂ってきてあぁここから幸せな気分となります。鮮烈なオレンジの概観が目を惹き、周りに特に洒落たお店がないから目立ちますね。お店に入ると今日はもう半分くらい売れてしまっていました。そんな中で買ったのは以下の3つ。

d0059205_2345399.jpg


カシスのバタークリームとイタリア産のマロンのコンフィのマカロン。


シナモン風味の林檎のクリームと林檎のコンポートのマカロン。

d0059205_2352568.jpg


ジョルジョ・サンク。カカオ69%のマンジャリというチョコレートとフランス産のフランボワーズのケーキ。

イートインがないのでどこのお店に持ち込んで食べようかと悩むことしばし。そうしたらちょうどいいお店がありました。さすがにこの寒空の下で外では食べる気にはなりませんからね。

さてPCの電源がもう切れますので蕎麦でも食べに行きますかね。写真は後でアップします。
[PR]
by esthetisme | 2009-12-31 17:32 | お菓子、パン
和栗のモンブランと林檎のムース
d0059205_20544440.jpg


林檎とシナモンというケーキ名どおり相性の良いシナモンのサブレの土台と選び抜いた季節の林檎をたっぷり使ったムースのケーキ。
本当はこの日はタルトタタンも食べたい気分だったのですがなくて、林檎のケーキということで選びました。
林檎の風味は豊かでよく、林檎に相性がいいシナモンをあわせていて王道の組み合わせですね。

d0059205_2055232.jpg


こちらはアーモンド・クリームを詰めたシュクレの上にマロングラッセとシャンティ・クリームをのせ、和栗のモンブランクリームで包んであります。
モンブランクリームは和栗のモンブランで有名な某店に比べると香りが控えめに感じますが、それを補うのがラム酒?ですかね洋酒が効いた渋川煮の和栗。これが一粒丸ごとあるおかげで和栗を食べている気分が十分に味わえるし、土台がメレンゲでなくシュクレのおかげで食べ応えがあっていいですね。
[PR]
by esthetisme | 2009-11-03 20:55 | お菓子、パン
モンブランや栗のお菓子 その1
栗の美味しい季節ですからね、モンブランが食べたくなるということでまずは近場のお店からということでこのお店へ。モンブラン以外にも絶品の栗のお菓子があり去年は何回買ったことか。

d0059205_14271924.jpg


注文を受けてからクリームを絞り完成ということで、この出来立てのフレッシュ感が特徴的。
マロンクリームは和栗のような優しく、ほくほくとした味わいで香りも豊か、シャンティクリームは栗の味わいが引き立つ甘さ控えめで、絞りたての味わいがたまらなく、マロンクリーム同様にとてもハイレベル、土台のメレンゲのさくさくとしてすっと溶けていく味わい、とどのパーツも印象的で、とても美味しいモンブランです。

d0059205_14275511.jpg


そしてこちらはマロンパイ。パイにしっとりとしたクレームダマンドとコンポートしたマロングラッセがぎっしりつまっていて栗の味わいを思いっきり楽しめるし、ザクザクとした力強いパイの食感がよくて食べるのがあっという間。またもう1個すぐ食べたくなるほどお気に入りなので毎年登場するのが待ち遠しいですね。

さて今日もまたモンブランを食べに行ってきます。
[PR]
by esthetisme | 2009-10-25 14:28 | お菓子、パン
鰻の後はふわふわのかき氷
どれもこれも満足な鰻料理の後は、当初は人形町か上野であんみつの予定でしたが、この日休みのはずの浅草の蕎麦屋が開いているというので浅草のかき氷屋に予定変更。

d0059205_12262743.jpg


お店ははい、このとおり。ふわふわのかき氷の有名なお店です。

d0059205_12241475.jpg


頼んだのは宇治金時のかき氷と白玉。今月でかき氷は終わりということでまた来年も食べたいと思えるほど
氷、シロップ、小豆、白玉とどれも美味しく印象に残る絶品。
ふわふわと口どけていく氷、ガムシロップと抹茶シロップとダブルのシロップで氷がとけても薄くならなく、またダブルなのに甘さはくどくなくさっぱり。小豆は缶詰じゃなくてお店で茹でて手間をかけていてほくほくと美味い。白玉はできたてとすぐわかるほんのりと温かく、もちっと柔らかな食感がいい。

さてこの後は浅草寺あたりを撮って、軽く運動した後に蕎麦屋さんです。
[PR]
by esthetisme | 2009-09-23 12:24 | お菓子、パン