総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
シェ サスキア
d0059205_22364086.jpg


カルカッソンヌの1日滞在の日のお昼はこの横に細長いレストランで食べました。前にも書いたとおりシラク大統領が訪問したお店です。
当初の予定では近くのブラッセリーでしたが、急遽こちらに変更。「予約していないですけどいいですか?」と入ったら、この後がらがらで僕を含めて3組しか入らなかったです。






d0059205_22371166.jpg


店内は暗めです。なので綺麗な写真は無理ですね。いくらデジイチでも光量が乏しいとイマイチな写真になりますし、絞って撮るともっさりした感じになります。F1.8と明るいレンズでメインで撮っていますがそれでもやっぱり光量不足には勝てませんという写真になりました。
なんか膨れ上がったバッグが写っていますが僕のです。このバッグにレンズ4本とモバイルPCを詰めていました。

d0059205_22375155.jpg


さて飲んだワインはこちら。生牡蠣と野菜のギリシア風には右の白ワインをグラスで、カスレには左の赤ワインをハーフボトルで飲んでいます。毎日昼も夜もハーフボトルが基本で、食前酒もよく飲み、デザートにあわせたいデザートワインがあればそれも、そして食後酒も飲んで、それが8日間続きましたから肝臓さん、よく頑張りました。
ちなみに僕は飲めないほうですよ。フランスだから飲んでいるわけで日本だと弱いですね。それに日本だと日本酒のほうをよく飲みますし、朝から飲んでいますし。日本酒のほうがやっぱり体の吸収がいいように思えます。


d0059205_22382160.jpg


d0059205_2241435.jpg


さて生牡蠣は写真どおり6ピースで。3種類のバターとパンを一緒に食べてくださいということなんですが牡蠣とバターを塗ったパンの組み合わせっていいのかな。
肝心の牡蠣は、日本で食べるような牡蠣の味のようで食べやすいし、美味しいほうで、日本の牡蠣をフランスで養殖していますからもしかしたらそれを食べたのかなと。
あ!そういえばお店のメニューに地名がついていました。ちゃんとメモってくればよかったかなと。

d0059205_22423499.jpg


続いて野菜不足を感じているので野菜のギリシャ風を。フランスで食べ歩いているとよく野菜が不足しているのを感じます。
ひどいと付け合せにじゃがいもだけですからね。肉料理に付け合せの野菜が種類豊富にたくさん欲しいですね。それかどのお店もサラダは用意して欲しい。
僕はサラダが欲しければ星つきレストランでも下さいと言いますが大抵、ノンと一蹴されています。
野菜をちゃんと取らないと肉ばかりの料理では食事のバランスが悪くて仕方ないから出してくれてもいいのに。

d0059205_2239611.jpg


d0059205_22393773.jpg


メインはようやく本場で食べましたカスレです。思ったとおり量が一杯。美味しいけど量をたくさん食べたいと思うほどではないので、半分ぐらいで終了。重い、まずいとか言われているようですがどちらでもなく。まだ本場で1回目なので違うお店でまた食べてみたいですけど。
残すことなんてなかなかありませんが、その場合は「美味しかったですけど、僕には量が多すぎて」と言ってお皿を下げてもらいました。こう言うとお店の方は、残していても
嫌な気分をしなくなると思います。
そういえば今回15回の食べ歩き中、残したのはこのカスレだけだったような。この日の夜は前にアップしましたけど、歩き疲れた、寝て元気になったせいも夢中になってあっという間に平らげていましたし。

d0059205_22402919.jpg


デザートはお店の名前がついたパフェ。

あとカルカッソンヌのお店はジビエがよく揃っているドメーヌ・ドーリャックにも行っていますので近々アップします。このレストラン、ゴルフ場があるなどとにかく敷地が広大で、レストランの建物も立派で、いくつかの実際行ったことがある三ツ星レストランよりもウェイティングルームが暖炉があるなど貴族の邸宅を思わせる豪華さで、なんでこれで1つ星なのかわからなかったです。
そうそうギャルソンがとても親切で、調理場に行くことができて嬉しかったです。デザートと料理が別々の部屋で、忙しいところを皆で記念撮影しました。そうしたら帰ったらメールをしてと言われましたが。
それと隣りに座っていた方がドメーヌの所有者で、まったく話していないのにワインをくれてなんと気前がいい人なんだろうと思い、帰りに丁寧に挨拶をしてきましたよ。
その方はお店の人を名前で呼んでいましたので、常連も常連なんでしょうね。カルカッソンヌ近くに所有しているドメーヌがあり、訪問はいつでも歓迎ということでしたので、またカルカッソンヌに行く機会があればなにか手土産でも持っていけたらなと。
でドメーヌに行ったら試飲とか凄そうな感じがします。だっていきなりぽんとワインをくれるんですから、これも飲め、これも飲めみたいにどんどん試飲させてくれたりして。
飲む前の2時間ぐらい前に空けてから飲んでくださいということでしたので、そのとおり飲みましたが果実の凝縮感がよく美味しいワインでした。
あわせて機内で食べ損ねたトリュフのお惣菜、ソーセージなどを食べて、帰国後もほんの数日はフランス気分で過ごせましたね。
[PR]
by esthetisme | 2007-12-15 22:45 | 07/11/27~12/5  フランス