総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
究極のイタリアの抒情美に包まれて遥か彼方の時空への憧憬の念を描く PFM
プレミアータ・フォルネリーア・マルコーニ 「友よ」
1972年発表 イタリア

1 ほんの少しだけ(人生は川のようなもの)
2 生誕
3 友よ(幻の映像)
4 晩餐会(晩餐会の三人の客)
5 ゼラニウム

爪弾かれるハープと雄大な広がりを見せる甘美な音のメロトロンという大いなる期待を抱かせるロマンティックな始まりにうっとりとして聞いていると、続いてクラシックギターのこれまた夢見心地にさせてくれる音で、それにオルガンとノスタルジックさ一杯のフルートが加わり、チェンバロ風シンセが奏でらられバロック音楽風に展開しクラシカルなイントロがほんとイタリアらしいし、さすがどのメンバーも一流の音楽学校を卒業しているだけにその素養に裏づけされた音は比類がないほど知性に満ち溢れています。
そしてロックらしくダイナミズムを見せる力強いドラムとうなりをあげるシンセの音でクラシックからロックへと劇的な展開となります。触れたら壊れそうなど儚げな美しさのボーカルにはイタリア語の美しさを堪能できまし、メロディがとにかく優しいです。ボーカルのあとにはプログレファン
歓喜のメロトロンが洪水のように溢れ出し目一杯広がっていきます。ここはメロトロンがどれだけほかの鍵盤楽器に比べてダントツの魅惑的な音を奏でることができるのかを実感できます。
最後ももちろんメロトロンを何度も繰り返すドラマティックなエンディングでイタリアのプログレの名曲中の名曲です。
2曲目はジャズ・ロックで勢いよく、スリリングに展開していくインストでテクニカルなアンサンブルを決める演奏力にどぎもを抜かれますし、演奏力の高さをしるには絶好の曲であいだにピッコロ・フルートと伸びやかなシンセで陽気な地中海音を取り入れたりとめまぐるしいです。
そして3曲目はこれまたノスタルジックなフルートからはじまり、繊細で甘美なボーカルは耳にとても優しく聴こえてきます。高らかに響き、また伸びやかに広がっていくシンセの使い分けがよくて一曲目と同様本アルバムのハイライトだと思います。ロックにクラシックの要素を巧みに取り入れ散りばめていくのはこの後の曲でも変わらずでそのセンスはほんとこなれていてなにひとつ無理がありません。それも前述したとおりのメンバーの経歴に尽きると思います。
このアルバムの完成度から将来の可能性をあのキング・クリムゾンで詩を書いていたピート・シンフィールドが見抜きこのアルバムをベースにあのインターナショナルな成功を収めることになる「幻想物語」が生まれます。その跡の活動はここで書くまでもないことでイタリアを代表するトップグループのひとつとなります。そして当時イタリアのグループでは唯一の来日をするんですがほんとこの時のライブほど見たいものはないですね。近年再度来日がありましたがやはり全盛期の乗りにのった時の演奏が見たかったものです。でもイタリアのプログレを聴くならアルバムの完成度は増したかもしれないけど英語で歌われていてイタリアらしい幻想感が薄れてしまった「幻想物語」よりもどっぷりとイタリアの抒情につかることができる本作のほうがおすすめです。
[PR]
# by esthetisme | 2005-03-11 04:46 | 世界中のプログレ
とめどなく広がる深遠な精神世界が何よりも美しい ラッテ・エ・ミーレ 「受難劇」

ラッテ・エ・ミーレ 受難劇 1972年発表 イタリア

1 序曲 2 過ぎ越しの日 3 最後の晩餐 4 ゲッセマネ 5 訴訟 6 証人達(パート1)
6-2 証人達(パート2) 7 悲観 8 ユダ 9 ユダヤの王 10 カルヴァリオの丘
11 復活
ボーナストラック
12 五月

キリスト教への絶対的な信仰心というものはアルバム製作時に最年少が16歳で平均年齢が20代そこそこというトリオ編成である三人の若者達にロックという観点からはとても語るのが不可能なアルバムを作らせてしまうのでしょうか。信仰心をまずもつことがない我々日本人にとっては理解するのが難しいものがあります。いくらバッハなどクラシックで前例があってもロックのほうからクラシックだけでなくジャズも取り入れ再構築したことはいつ聴いても衝撃が走りますし、最初聞いたときはもうただ驚愕するばかりでした。
まさにイタリアのみならずユーロ・ロックを代表する一枚ですし、イタリア以外出てこない音だと思います。まず耳を奪われるのは宗教的な荘厳さをたたえた混声合唱団とパイプオルガン、チェンバロ、ムーグ、シンセなどの多彩なキーボード郡によるあまりにも重厚なクラシカルな音ですね。そして何よりも凄まじいのは静と動の対比。沈むゆくところは悲壮感に満ちた語りとキーボードの音色に心をえぐられそうになりますし、まるでイエスのこのあとの悲劇を予感させるかのようです。続いて盛り上がるところは前述した混声合唱団がクラシック音楽ばりにと本格的に歌い上げます。歌い上げたあとには胸が透くようなメロディを伸びやかに歌うひと時の安らぎのような曲となるんですが落差の激しいことにいきなりドラムを連打し、不安感をあおるシンセの音によって激しい裏切りの感情を表した曲になり山あり谷ありの曲展開ですがこのアルバムを理解の為に聖書を一読するとまるで違ってき聴こえてきます。なぜなら歌詞は聖書からほとんどそのまま使っているので聖書を一度でも読めばこのアルバムで展開されていく精神世界の美しさに気づくことができるのではないのではと思うからです。冒頭に書きましたがやはり日本人にはとってもとっつきにくく、理解するのが難しいテーマですから。
もしこの文を読んで聴こうとする人にひとつことわっておかないといけないのが演奏力の稚拙さ。とてもプロの水準には満たない演奏ですがあの若さでキリスト教の一大テーマを表現しようと挑んだ志を汲んであげてくださいね。ちなみにアルバムはヨーロッパ中で評判となり、アルバムを発表した翌年にローマ法王の前で御前演奏したという記録が残っています。
なお最後のボーナストラックの曲はプログレではなくてラブロックの傑作のひとつで、イタリアはシングルの名曲がたくさんあって集めるのに苦労します。それだけにこうして手軽に曲が聴けるのはありがたいことです。イタリア特有のひとなっこいメロディで聞き手を優しく包み込むコーラスには心が温かくなりますし、一度聴いたらまず間違いなく忘れられないと思います。
[PR]
# by esthetisme | 2005-03-10 04:48 | 世界中のプログレ
メルヘェン フォーク  アンジェロ ブランデュアルディ

アンジェロ・ブランデュアルディでは70年代から活躍するメインでバイオリンを弾き、アルバムの一連の作業をひとりでこなすカウンタトーレでイタリアが生んだ現代最高の吟遊詩人だと思っています。
海の香りと風を運んでくる地中海音楽にルネサンスの香り漂い、遥か彼方へと思いを馳せてしまう中世音楽のエッセンスを取り入れながら自分の音楽として昇華したその音は彼の聞くものを優しく包み込む包容力とあいまって夢見るような躍動感に溢れています。聞いている間はもちろんのこと聞き終わってもずっと心が温い気持ちで満たされて、真の癒しとはなにかを教えてくれます。その声はまた妖精のささやきみたいで現代の人が無くしてしまったものをなにか気づかせてくれるとも表現できます。とにかく一度聞けば貴方の心に住み初めて、癒しが欲しい時には、心に素敵な癒しを与えてくれるに違いない特徴的な声です。さすが御大、かけがえのない尊さにいつ聞いても泣が止まりません。僕はファビリッツオ・デ・アンドレと並んで神格化しています。
それでいて音がとっても繊細極まりなくて、その繊細について夢の中で見たことをまるで移しとって音にしているとさえ思えると書いた人がいた人がいましたがまさにそのとおり。触れれば今にも壊れてしまいそうな儚さがあります。いつまでも夢見ることを忘れたくない大人のためのファンタジーです 
70年代はデビュー当時からもうほぼ自分の音楽を確立しているのでどれを聞いても充実した作品群に驚くんですが、まずはイタリアに限らずヨーロッパ中で発売された本作がいいでしょうか。ブズーキをはじめ地中海音楽の楽器の音、穏やかなストリングス、弾けるようにリズミカルだったり陽気に舞うフルートの音、時には適度に緊張感を孕み、時には優雅でメロディアスなバイオリンと各種弦楽器を多用した、とにかく流れていく時間が贅沢に思えるそんなひとときが訪れます。
70年代のイタリアの音楽の国内盤はたくさんでたのですがなぜか彼のアルバムだけでなくてほんと一枚でいいから国内盤を出して欲しかったものです。
オリジナルアルバムはレコードの中にブックレットが閉じられていて、ジャケの触り心地がいいんですが僕がもっているようにジャケットの左下にポリドールのマークがあるのがファーストプレスだそうです。
[PR]
# by esthetisme | 2005-03-03 04:42 | ラブロックなどイタリアの歌物