総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5月24日の晩御飯 アスパラソヴァージュとホワイトアスパラ、乳飲仔羊など
この日はアスパラソヴァージュと乳飲仔羊のシーズンが終わる前にどうしても食べたくて平日になんとか行きました。急な予約でしたが無事行くことが出来てお店の人に感謝です。

いつもより写真が暗めになってしまったし、ピントがいまいちで今度行ったときはもっと納得のいく写真が撮れるようにしたいですね。

まずアミューズに塩パイの新玉ねぎ。塩パイの塩気っがよくてワインがよく進みますし、その塩気が新玉葱の甘みをよく引き立てています。新玉ねぎ用の塩パイの大きさが可愛らしい。

d0059205_8414873.jpg


さて前菜はこんな取り合わせとなるは今年が初のアスパラソヴァージュとバッサーノのホワイトアスパラにパルマの骨付きの生ハム。アスパラソヴァージュは約2週間と期間が短いですし、バッサーノのホワイトアスパラもシーズンが終わりですしね。一緒に食べれるのはほんと贅沢なところに目の前で切り落としてくれる生ハムが裏側の肉の味の濃いところとこれまた贅沢。

d0059205_11114586.jpg


前菜の次は夏になると食べたくなるパスタがジェノベーゼ。シンプルなパスタで基本どおり作っていますが、フレッシュなバジルの香りがいいし、生パスタのリングイネのもちもち感がとっても美味しい。

d0059205_8424676.jpg


そして待ちに待った乳飲仔羊。この軽めの赤ワインでも負けそうなぐらい繊細で淡く、ミルク感たっぷりの味わいはシンプルにローストが一番ですね。
つけあわせは白ワインとあわせていたのでミネラルにはミネラルということでなすやズッキーニと夏野菜の塩パイ。かなりガツンとくる塩気はほんと好みのど真ん中。ワインを飲むのですからこのぐらい塩気が欲しいですよね。この組み合わせのセンス、とってもいい。

d0059205_843537.jpg


白ワインは思い切ってこちらを。ブルゴーニュの白を代表する旨くて当たり前の銘柄のひとつ。ミネラル感、果実味共にたっぷりでリッチかつ高貴な味わい。

d0059205_843218.jpg


チーズは白カビなど2ヶ月熟成など熟成の頃合が最高にいいチーズばかり本当に旨い。

チーズは他にブルーチーズも頂きましたし、自家製のピクルスは絶妙な酢加減で最後までワインが美味しいくて本当に楽しい食事。

チーズの後はバジルの風味が爽やかなジェラート、お酒たっぷりのラム酒のジェラートを食べてグラッパを並々と入れたエスプレッソで〆。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-24 08:11 | グルメ
5月20日のおやつ、夜御飯
この日は昼から日本酒のイベントに参加。普段ほとんど吞まない種類の日本酒を蔵の人たちから説明をしてもらっていろいろと試飲できて楽しかったですね。

d0059205_746640.jpg


その後はこれからこのおやつを食べに行って

d0059205_7464171.jpg


また夜も吞むのです。いつも行っているお店の2号店が開店。日本酒とサワーに特化したお店です。珍しい日本酒がたくさんあってまた今度ゆっくり楽しみに行きたいですね。
そのあと本店も行きこの日はほんと吞みました、食べましたの1日でした。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-20 07:55 | お菓子、パン
5月19日の食べ歩き
d0059205_914550.jpg


東京へ遊びに行っていたこの日の朝ごはんは大好きなパティスリーで。この御飯のあと、ケーキとポートワイン、小菓子も。

d0059205_9144165.jpg


昼御飯は精進料理。いつ来ても出来立てを一品、一品、時間かけてゆっくりと食べれるこのスタイルが大好きです。なかなか精進料理ではありませんから。
今月の料理は空豆とわかめ。空豆はおつまみ程度しか出てこないものですけどこうしてわかめとあわせて料理にする発想を考えつくなんて。

d0059205_9145680.jpg


夜御飯は気になっていたお店に連れて行ってもらいました。メニューを見て旬の魚が盛りだくさんでこういう品揃えはほんと嬉しい。刺身はコチ、しめ鯖、いさき。その他たくさん呑んで、食べたのですが話すのに夢中になっていてどれもこれも写真を撮り忘れ。日本酒の品揃えがよくて、料理も美味しかったのでまた今度行きたいですね。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-19 22:15 | 郷土料理、和食
5月13日のおやつ 
d0059205_8543381.jpg


京都であんみつ食べるのならこのお店のがお気に入り。素材の一つ一つが美味しい。次はあんみつ氷が食べたい

d0059205_8564164.jpg


こちらは前から気になっていたお店。京都のタルトを得意とするパティスリーとのお茶のコラボ。確かにお茶が甘めなのでデザートワインとあわせていると思えばあう感じはしますが。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-13 08:54 | お菓子、パン
5月12日のおやつ
d0059205_940829.jpg


昼ごはんに割烹のあとはこちらのお店でおやつ。お店を出るときに晴れましたのでパチリと。この日は曇り空と本気モードで撮影する気にならなかったのでカメラは2台ではなくて食べ物用だけ。もう一台のカメラであればもっと広い画角で撮れるんですけどね。

d0059205_953115.jpg


おやつはこちらのわらび餅パフェ。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-12 09:35 | お菓子、パン
5月12日の昼ごはん、おやつ
毎週土日だけの楽しみ。この日は午前中に福島から届いた日本酒を受け取り、そして予約していた割烹へ。いつも行っている割烹でご主人にお会いしてから今度、行きますねと行ったはいいもののなかなか行けなくてようやくの訪問です。

d0059205_9305319.jpg


いつものようにピックアップして料理を載せますが、これが今年初の鱧で一人用の小鍋で柳川仕立てにして。京都のお店はどこも国産のたとえば淡路の沼島よりも韓国産の鱧のほうが人気のようで。皮が解けるように柔らかく、脂のノリがよいの理由らしいですね。この鱧も韓国産でしたが。
この日は日中でもパンツをロールアップして、ドライビングシューズを履くには寒かったのでこのような温かい料理があると嬉しいです。
鱧から出た出汁と卵で甘めの感じですが、淡路島風というように淡路島名産のひとつの玉ねぎを混ぜたらもっと甘くなりそうですけどね。でもま山椒がぴりりと効いていていい感じでした。
ちなみに淡路島は来月行く予定です。今の黒雲丹から赤雲丹に変わる頃あたりで。もちろん鱧も淡路牛もたっぷり淡路島の地物のグルメ三昧で行きたい。

d0059205_9325238.jpg


あとはコースでまだ食べたりなくて夜のアラカルトメニューから何か頼みたいなということで目を通していたらお!まだ若竹煮がある、これで今シーズンは本当に筍が終わりだねと思い頼みました。この1品で昼コースの約半分の値段ですので凄く料理を期待してご主人が作る様を楽しみに見て待つことに。
鳥獣戯画をあしらった可愛らしい感じの器に盛られていますが筍の香りが生かすように薄味で煮ていてしみじみ美味しいです。

d0059205_9331537.jpg


お酒は池月の純米大吟醸、都鶴の熱燗、田酒の熱燗と合計3合。これぐらいの酒量は美味しい料理を引き立てるための美味しいお水の範疇ですね。または美味しい料理の最後の味付け。ちっとも酔った気がしない。でもこの御飯の前に休みの日は家にある日本酒の在庫整理と今日一日無事の祈ってとお清めの意味で朝から飲んでいますので合計したら4合瓶1本は楽に空いていますけどね。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-12 09:11 | 郷土料理、和食
5月6日のおやつ、御飯
GW最終日は久々に奈良に行っていました。急な誘いでしたがお付き合いしてくれました方に感謝。奈良の町をいろいろと案内してもらいました。

d0059205_931598.jpg


話に夢中になっていましたので写真はあまり撮っていませんね。最低限のポイント、ポイントでしか撮っていなくてまずはおやつ。奈良といえば吉野葛。出来立ての葛もちです。出来立てだけにほんのり温かくて。町家を改装した店内と庭に咲く花々を眺めながら。黒蜜も美味しくて最後に飲み干したくなるぐらい。

d0059205_933822.jpg


そして御飯はマクロビ。おやつのお店同様に佇まいが素敵。2日前の予約がちょっとハードルが高いですが手間がかかるのだから致しかたないですかね。でもパスタとか見た目ハンバーグのような料理は外国人のヴェジタリアンの方には受けがよそうですが。

○菜の花の白和え
○春きゃべつと新玉ねぎの和風サラダ
○とうふのおやき、筍せり、きのこの吉野仕立て
○のらぼう菜とほうんれそうのクリームパスタ

玄米をたっぷり大盛にしてもらったので腹持ちがいい感じ。

お店にいくつかワインボトルが飾ってあってワインあるの?と思ったら事前予約が必要とのことです。までも僕は和食は絶対日本酒ですが事前予約で言えば大丈夫でそうですけど。
それにしても体にいいものたくさん食べて体をほんの少しですがクレンジングできたかも。毎日こんな食事を続けたら効果覿面なんでしょうけどね。

d0059205_973020.gif


おやつ、昼ごはんと美味しいものが続けて食べれて幸せな気分で一杯。この日の午前中は曇りで雨が降ったり上がったりと忙しい空模様でしたが昼ごはんを食べ終わる頃には雨が上がり、晴れたのでお店の人に教えてもらったお寺へ。こんな雰囲気のお寺は奈良だよねという同行者にほんと賛成。草花がほぼ自然のままで咲いています。あぁここでのんびり昼寝でもしたいぐらい気に入りました。またこの後にお寺に行きましたがこちらのお寺のほうが好みです。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-06 09:09 | お菓子、パン
5月5日のおやつ いちごのカキ氷、柏餅、ちまき
d0059205_9193731.jpg


この日のおやつは近所のお店で。こんな立派な五月人形も見たくて。雛人形ならよく段飾りを見ますがなかなか見かけないというかこのお店で初めて5月人形の段飾りを見ました。

d0059205_9195690.jpg


まずはさっぱりといちごそのものたくさんに白蜜と混ぜて作ったシロップをかけているカキ氷。よくあるイチゴのシロップとは違ってイチゴの粒々たっぷりと濃厚な味わいがして美味しい。この日は暑かったのでどこのテーブルでもカキ氷でした。次はマンゴーカキ氷が食べたい。

d0059205_9201550.jpg


その後はこの日は端午の節句ですからもちろん柏餅とちまき。柏餅は粒餡と山椒を混ぜている味噌餡。味噌餡は京都に来てからよく食べるようになりました。おやつもたくさん食べました。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-05 15:42 | お菓子、パン
5月5日の昼ごはん
GWも後半。ようやく天気に恵まれたので季節の花々を撮りに行こうと近所の神社へ。

d0059205_12215286.jpg


いろいろなつつじが色鮮やかに咲いていました。本当に久々のフルサイズでの撮影はやはりカメラで撮っている気分になります。そのほかあやめなど愛でながら昼御飯の時間までのんびりとここで。

d0059205_12254941.jpg


そして昼ごはんはさっきの神社から近くのお店で。桜海老の香りが濃厚なお椀。クリームは使っていないとのことですが和のビスクみたいな味。

d0059205_12221259.jpg


昼ごはんの後は新緑の緑に癒されてまたもここでのんびり。庭の外はだいぶ暑いですが木陰が多くて庭の中はいくぶん涼しいし、吹き渡る風がとても心地よい。この後はおやつを食べに行きました。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-05 12:26 | 郷土料理、和食
4月29日の晩御飯  大好きな京都の割烹で
しばらくぶりでなんとか4月は行くことができました。久々でしたがいつものようにたくさん美味しいものを食べさせてもらいました。ほんとありがとうございます。

先付けはしんじゃがの素麺仕立てに汲み上げ湯葉、帆立などをさっぱりと木の芽が香る出しのジュレで。一口食べていつもの味となんかほっとします。

d0059205_21115955.jpg


そしてこの八寸。才巻海老 、鯛の子、鴨ロース、鯛の小袖寿司、一寸豆、菜の花と蛍烏賊の辛子みそ和えと日本酒が美味しく呑める料理ばかり。鯛や菜の花、蛍烏賊は旬がもう終わるだけに春の名残の味。

d0059205_8574753.jpg


日本酒はレギュラー酒のほかにこんなにも多く用意してあって飲兵衛は見るだけで嬉しくなります。それも呑んだことがない日本酒があるとなおさらそう。この中でちえびじんは大分の十四代なんて言われているんですね。初めて知りました。いろいろと呑んだので一口しか飲めませんでしたがじっくりと味わってみたいと思うお酒でした。
そして玉川は特に山廃は家でも定番酒のひとつで切らすことがない大好きなお酒。大好きなお酒に大好きな料理と最高の組み合わせ。

d0059205_857930.jpg


これまた春の名残の味である筍。筍のほかは焼いてとろとろのごま豆腐、わかめに温かい餡かけ。筍はこれが今年が最後と思うと今年は仕事関係で休みがずれて思うように筍を食べれなかったのでほんと過ぎ去り行く季節を惜しんで食べました。

そのほかに鰹、鯵、鯛の刺身にあった新ものの山葵の香りや味わいを楽しんだり(山葵だけ別皿に移したほど)、身が甘くてとろとろっとした鮭の西京焼きなどこの日も美味しいものたくさん。〆の御飯は炊きたて御飯とシンプルになりましたお米そのもの味わいを楽しめるし、漬物がより美味しく感じる。

帰りはお土産までもらってしまいいつものように見送ってもらいました。最後までありがとうございます。
また今週に予約しましたがご主人に声でわかってもらえて予約がスムーズでした。今回のようにとにかく早くアップできるようにしたいですね。
[PR]
# by esthetisme | 2012-04-29 21:05 | 郷土料理、和食