総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6月16日の晩御飯  生桜海老、馬の生レバ、湯葉饅頭などなど
この日は月に一度の東京で晩御飯は日本で酒の品揃えがぶっちぎりで1番じゃないかというお店で。お酒の種類が多すぎて選ぶのが楽しいけどほんと迷う。

d0059205_0271142.jpg


とりあえずこのとおりおススメの3種に生桜海老、生シラス、鱧の湯引き。

d0059205_0274331.jpg


それから馬の生レバ。やはり馬は甘みが強くて大好き。また食べたいよ。他に鮎の一夜干しに友人と合流してからは穴子の白焼きなどほんと料理もお酒も頼みまくって思い出せないぐらい。

d0059205_0281072.jpg


他に写真を撮っていたのがこの湯葉饅頭。中には角煮と山廃のようにしっかりと味がこい日本酒を好むだけに角煮とは相性が抜群で。

来月、平日に東京に行く予定があり、このお店で昼酒を楽しもうかなぁなんて考えています。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-16 00:17 | 日記
Teresa De Sio Villanelle popolaresche del '500
d0059205_177309.jpg


夏はやっぱり地中海音楽。ナポリの歌姫テレーザ・デ・シオの1978年の1st。各種民族楽器の多彩なアレンジ、時にはナポリの舞曲タランテッラのリズムを取り入れ、とにかく情熱的で火を噴くような勢いのボーカルで聴かせます。目の前には燦々と太陽が照りつけるナポリの街が浮かぶかのよう
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-15 17:07 | 世界中の歌姫
6月14日の晩御飯 牛の生レバ禁止前に駆け込み
d0059205_033431.jpg


ユッケと同じく禁止前にやはり駆け込んでしまったのが牛の生レバ。お店の人から今後も安心できるような言葉
聞けて嬉しかったけど現実はどうかな。もう少し涼しくなったらまた言ってみよう。生レバがなくてもタンやハツ刺しを楽しみたいし。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-14 00:00 | グルメ
6月10日の昼ごはんからおやつ
d0059205_2259169.jpg


1週間前のお昼と同じくパンですが、このカフェにはいろいろとアルコールがあるのでまずはペリエにすることに。朝からイタリアの地中海音楽をいろいろと聴いていたのですっかりリゾート地でバカンス気分になって、夏になれば特に呑みたくなるのがペリエ。プロヴァンスにバカンスで行っていた時は毎日のように呑みましたね。ロゼワインもそうですけど。

昼ごはんの後はおやつ。このカフェも1週間前のお店と同じく町屋を利用していますが洋と融合させた雰囲気はあまりなくてあくまでも和の雰囲気そのまま。やはりこういう空間が好きなんですよね。

d0059205_230093.jpg


まずは抹茶のババロワでさっぱりと。抹茶のババロワ以外はできる限りぼかしたくて開放F1.8で。

d0059205_2303956.jpg


それからちゃんとこういう伝統菓子もありますね。どこまでF値を絞るか悩みましたがかなり絞りこんでみました。

パンもお菓子も美味しかったこの後はいつものイタリアンへ。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-10 22:57 | お菓子、パン
6月10日の晩御飯 オーボリ、カルネミスト
この日はイタリアン人でもあまり知らない?というオーボリというきのこが入荷したのでそのキノコの香りや味を楽しみにしてお店へ。今日のおすすめなど説明してもらう時に調理前のオーボリを見せてもらいましたが鮮やかなオレンジ色でお伽の国からきたみたな感じですね。

d0059205_9423512.jpg


まずは生で食べれるキノコですからオリーブオイル、パルメザンなど共に。やはりこの食べた方が一番美味しいのですが、焼き、フリットといろいろと調理してくれてほんと堪能できました。この日はこのキノコだけでも贅沢だというのにメインも贅沢な内容でほんとシェフの作る料理が大好き。

d0059205_943111.jpg


ピートロやピクルスなどいろいろとイタリアン野菜。サラダが大好きですし、有機栽培のイタリアン野菜は普段食べることがないので必ず食べたい一皿。

d0059205_9432457.jpg


燻製をかけた鳩、フランスの地鶏、鶉と鶏3種類と欲張ったミスト・カルネ。ソースはブルターニュ産のオマール海老と乳飲子羊のガラのダシをあわせたものと贅沢すぎるもの。そのソースにはシェフは地鶏が特にあうじゃんないかと最初は地鶏一種類でしたのでしたがせっかくそんなソースがあるのならほかの鶏も食べ比べしたいということでそれができてほんと嬉しい。

d0059205_9435246.jpg


チーズも盛りだくさん。スプーンに乗ったグラッパを混ぜたチーズなんてここで初めて食べましたけど美味しいですね。どれも熟成がよくて満足。

d0059205_9452313.jpg


今日呑んだワインはこちら。着々とシェフのおススメの新入荷ワインを呑んでいます。北イタリアのバルベーラって初めて飲みましたが酸味が強い味わいが特徴のよう。でもサンジョヴェーゼみたい濃さと甘みと思ったら同じようにこのワインのレビューを書いている人がいてよかった。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-10 19:20 | グルメ
6月3日の昼ごはん~おやつ
この日はのんびり昼ごはん、そしておやつ。本店には行ったことがありますが2号店は初。

d0059205_19242650.jpg


ワイン呑みたくなるようなパンばかりなのにアルコールがないのでペリエで。フガスは毎回食べています。プチサンドイッチはこのお店だけのよう。やはりハード系のパンがとても旨い。

d0059205_1927576.jpg


そしておやつは最近テレビでも話題のこのショコラトリー。休日ということで大賑わい。町屋をリノヴェーションし、和と洋の融合が面白い。

d0059205_19272181.jpg


実はこの日だけでなく前の日の夜に閉店間際に行って写真撮りました。そうでもしないと人がたくさんでこんな写真は撮れませんから。

d0059205_1929584.jpg


おやつはガトー・オ・ショコラとアートなプリントがされたガナッシュ2個。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-03 19:21 | お菓子、パン
6月3日の晩御飯 コッパ・ロマーニャ、イカスミのパスタ、鱧、ドンブ産のプーレ・ジョーヌなど
テラスでパンを食べ、町家を利用し、和と洋を融合させラグジュアリーな雰囲気なカフェでチョコを食べ、その後はいつものイタリアンのお店の近くでオクトーバーフェストが開催されていたのでちょっと寄ってお客さんが次々と踊りに参加して陽気な雰囲気を楽しみ夜御飯。



d0059205_1904745.jpg
まずはコッパ・ロマーニャと自家製ピクルス。あの和食器が僕にとって初お見え。ちょっと自由が丘のレストランっぽい皿。

d0059205_1912145.jpg


パスタはイカスミとホタテですが濃厚コク旨でずっしりと食べ応えがあります。ピリ辛風味がいいアクセント。

d0059205_1915194.jpg


魚料理は炭火で香ばしく炙られた鱧を珍しい沖縄野菜にグレープフルーツで夏らしい組み合わせでさっぱりと。出来上がるまで厨房から流れてくる香りにほんと食欲を刺激されました。

d0059205_1921914.jpg


肉料理はドンブ産のプーレ・ジョーヌ。これまた炭火ですが美味しい素材はシンプルに食べるのがいいですね。骨にもしっかりと炭火の香りがあり最後まで美味しい。またホワイトアスパラとアスパラソヴァージュをまた一緒に楽しめて今年は長いですね。

d0059205_1935213.jpg


今日は4皿とフルコースの量でしたがまだ食べれるということでチーズもたっぷり。こうして海外での食べ歩きの時のために胃が慣れてくれるといいんですけどね。

デザートはカタラーナを食べてこの日も大満足の晩御飯でした。

d0059205_1941754.jpg


呑んだワインはこちら。イタリアからいくつかワインが入荷してきていてどれを呑むかほんと迷いましたが渋みがある重厚なフルボディタイプを。このワイン、ジビエの時もよさげです。開けてからしばらくして味わいに心地よい程度の酸味も出てきて味に幅が広がりました。
あと後ろのグラッパは〆にどれ飲むかこれまた悩みましたが一番荒々しいものを。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-03 18:27 | グルメ
6月2日の昼ごはん~おやつ、お茶
この日は野菜がたっぷり食べたい気分でしたのでこのカフェに行ってみることに。

d0059205_19174479.jpg


このランチセットに

d0059205_19181019.jpg


名物?の蒸し野菜。お酒はお店の名前がついた純米焼酎にしてみました。

d0059205_19104362.jpg


その後は最近お茶はパフェばかりですが先斗町の茶房で抹茶パフェ。いちごだけでなくりんごやバナナなどフルーツがいろいろ。それに抹茶のゼリーは色のとおり濃厚な味わいで美味しいです。

d0059205_19134957.jpg


せっかく茶房なのでお茶を楽しみたい。数あるお茶の中から玉露を。ふくよかな香りと旨みが口一杯に広がり、余韻がとても長い。また飲みたくなる美味しさ。

d0059205_19141864.jpg


お茶には茶請け菓子のいくつか選べますが抹茶大福にしてみました。玉露は何もなしでお茶の味を楽しんで欲しいらしく、抹茶大福にはこのほうじ茶と一緒に。
[PR]
# by esthetisme | 2012-06-02 19:02 | 郷土料理、和食
5月27日の晩御飯
この日は神戸で職場の同僚で楽しく美味しい昼ごはんとおやつ、そして布引ハーブ園で港町神戸並みと数々の花たちに癒されて京都に帰って晩御飯です。

どれも美味しい料理でしたが特に季節感がある料理を2品ほどアップします。

d0059205_18595218.jpg


新玉ねぎの蒸し物。

d0059205_190354.jpg


鱧、グリーンアスパラなどの天ぷら
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-27 19:01 | 郷土料理、和食
5月26日の昼ごはん~おやつ
この日の昼御飯から前から行ってみたかった二寧坂の洋食屋さんへ。

d0059205_18521739.jpg


美味しいデミグラスソースを期待してビーフシチューを。赤ワインとウィスキーのロックで。

d0059205_18533477.jpg


京都らしく〆はお茶漬けですが、御飯をビーフシチューの中に入れてデミ飯にするもこれまた美味しくて。

d0059205_1854165.jpg


おやつはこの抹茶パフェ。
[PR]
# by esthetisme | 2012-05-26 18:40 | 郷土料理、和食