総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
4月29日の晩御飯  大好きな京都の割烹で
しばらくぶりでなんとか4月は行くことができました。久々でしたがいつものようにたくさん美味しいものを食べさせてもらいました。ほんとありがとうございます。

先付けはしんじゃがの素麺仕立てに汲み上げ湯葉、帆立などをさっぱりと木の芽が香る出しのジュレで。一口食べていつもの味となんかほっとします。

d0059205_21115955.jpg


そしてこの八寸。才巻海老 、鯛の子、鴨ロース、鯛の小袖寿司、一寸豆、菜の花と蛍烏賊の辛子みそ和えと日本酒が美味しく呑める料理ばかり。鯛や菜の花、蛍烏賊は旬がもう終わるだけに春の名残の味。

d0059205_8574753.jpg


日本酒はレギュラー酒のほかにこんなにも多く用意してあって飲兵衛は見るだけで嬉しくなります。それも呑んだことがない日本酒があるとなおさらそう。この中でちえびじんは大分の十四代なんて言われているんですね。初めて知りました。いろいろと呑んだので一口しか飲めませんでしたがじっくりと味わってみたいと思うお酒でした。
そして玉川は特に山廃は家でも定番酒のひとつで切らすことがない大好きなお酒。大好きなお酒に大好きな料理と最高の組み合わせ。

d0059205_857930.jpg


これまた春の名残の味である筍。筍のほかは焼いてとろとろのごま豆腐、わかめに温かい餡かけ。筍はこれが今年が最後と思うと今年は仕事関係で休みがずれて思うように筍を食べれなかったのでほんと過ぎ去り行く季節を惜しんで食べました。

そのほかに鰹、鯵、鯛の刺身にあった新ものの山葵の香りや味わいを楽しんだり(山葵だけ別皿に移したほど)、身が甘くてとろとろっとした鮭の西京焼きなどこの日も美味しいものたくさん。〆の御飯は炊きたて御飯とシンプルになりましたお米そのもの味わいを楽しめるし、漬物がより美味しく感じる。

帰りはお土産までもらってしまいいつものように見送ってもらいました。最後までありがとうございます。
また今週に予約しましたがご主人に声でわかってもらえて予約がスムーズでした。今回のようにとにかく早くアップできるようにしたいですね。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-29 21:05 | 郷土料理、和食
4月29日の晩御飯 オマール・ブルトン、ピジョンなど
この日の晩御飯は大好きな食材であるオマール・ブルトンとピジョンが行きつけのイタリアンのお店に入荷としたということで

去年は
http://beaute777.exblog.jp/14532267/
こんな感じでしたが

今年はどんな風に仕上げてくれるか楽しみにしてお店へ。

d0059205_10421841.jpg


オマール・ブルトンは子持ちのものを選んで半身ずつ調理してもらい、まずは生パスタと。もうほんと身がぷりぷりで濃厚で貫禄の味。コライユもやっぱり美味しい。よく出回るカナダ産とは別物。オマール海老というか海老を食べるならオマール・ブルトンが食べたい。

d0059205_10431223.jpg


もう半身はアニセットでフランベ。香草の香りとオマールの塩気の香りとよくあってこれまた美味しい。つけあわせはバッサーノのホワイトアスパラとホワイトアスパラの中の王者と言われる物なので贅沢。カナダ産のオマール海老とブルターニュ産のオマール海老の比較のようにこのホワイトアスパラは甘みや香りがはっきりとしているので他のホワイトアスパラと比較が簡単。
それにしても身の綺麗な薔薇色はいつ見ても惚れ惚れとしてしまいます

d0059205_10435681.jpg


そして肉料理はピジョン。このように古典スタイルです。皿一面ソースの上に素材が鎮座する、そのような料理を求めているわけで見た瞬間にガッツポーズ。ハート型の形が可愛らしいですけソースの味わいが奥行きがあり濃厚でもちろんしっかりです。オマール海老にしてもピジョンにしても料理が去年以上に満足のいく内容でした。

d0059205_10452938.jpg


チーズはいつものように各種盛りだくさん。これだけ食べさせてくれるなんていつも嬉しくて、ほんと嬉しくて。

d0059205_10464725.jpg


呑んだワインはこちら。食べるほうがメインでしたのでグラスにしたのですが結局のところいつもとそんなに酒量は変わっていなかったかも。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-29 10:47 | グルメ
4月29日の昼ご飯~おやつ
GWの食べ歩きや散歩ネタがたまっているので早めにアップということで4月29日の食べ歩きですが、曇り空だったのでいつものようにそんな日は食べ歩きだけ。

d0059205_9135881.jpg


昼ご飯ですが夜が和食なので昼は洋食にしようと思ってお店をいろいろと迷いましたがひとつひとつ行ってみてお気に入りがひとつでもあればいいぐらいの気持ちでこのお店へ。
このビフカツに小鉢、御飯、味噌汁、サラダで2900円はいいお値段です。あと1000円ちょっと足せば夜の割烹のお値段となるだけにコスパをほんと考えてしまいました。
まとりあえずほかに京都は洋食のお店がありますから片っ端から行きましょうか。

d0059205_9142083.jpg


そしておやつはいつかは泊まりたい京都の3大旅館のひとつのサロン・ド・テで名物のわらび餅。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-29 09:14 | お菓子、パン
4月22日の晩御飯  
昼に洋食、おやつの後は夜は日本酒ということでこのお店へ。

d0059205_10134733.jpg


このように3種類で1合を吞ませてくれるメニューがあるのでこのお店に来るとたくさんの種類を呑めて味わいの違いを楽しめるのがいい。

d0059205_10142448.jpg


日本酒の品揃えだけでなく築地まで行って目利きして仕入れる鮮魚が美味しく、特にこの刺身盛り合わせは人気メニュー。生の蛍烏賊、 脂がたっぷりのったほうぼうが特に印象的。

そのほかにたっぷり呑んで、たっぷり食べて隣のお店へ。友人と合流し、また呑んで、食べて京都に帰ってきたんですけど珍しく写真を撮っていないのでまた今度。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-22 10:04 | 郷土料理、和食
4月22日の昼ご飯~おやつ
東京2日目のこの日はおやつは前から決まっていましたが昼ご飯はどうしようかと思いましたがおやつのお店の近くで洋食のお店があったのでそこにすることに。行ってみたら昼時もあるしお店のキャパが少ないので行列。30分近く待って入店です。

d0059205_9564820.jpg


まずはサラド・ニソワーズと赤ワイン。

d0059205_9572064.jpg


次にパテ・ド・カンパーニュ。

d0059205_9583861.jpg


〆はしょうゆ味のオムライス。

d0059205_1005989.jpg


昼ご飯の後はおやつ。さっぱりとソルベ3種類で口直し。各種お酒があるのもこのお店のいいところ。

d0059205_1015659.jpg


2時過ぎにお店に行ってみたら生菓子が半分以上も売り切れで選びたいお菓子がなかったので
焼き菓子にすることに。フランスのお菓子屋さんより品揃えというかこれだけフランス中の郷土菓子
が勢揃いするお店は貴重ですね。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-22 09:53 | お菓子、パン
4月21日の食後の余韻をコニャック、ショコラ、シガーで楽しんで
東京に遊びに行ってフレンチとかイタリアンを食べたらますます行きたくなるのがこのコニャックの品揃えが圧巻なこのバー。

この日の夜御飯はフレンチでしたので〆はやはりコニャックが呑みたくなりますね。

d0059205_9352051.jpg


コニャックの前にさっぱりと口直しの意味合いでフィーヌ。ブルゴーニュのそれはよく見かけるのですがボルドーのは珍しいですね。時間が経過すると香りが一気に開いて楽しいです。

d0059205_93679.jpg


そしてコニャックは奥にあるコニャックにまずしていつものようにチョコレートの盛りあわせを頼みます。ドモーリ、ヴァローナとお馴染みのチョコレートメーカーを中心にあとはショコラティエ・ミキのチョコも。
同じチョコでもいろいろと味の違いを美味しいコニャックとシガーで楽しめてほんと幸せ。

d0059205_9363248.jpg


コニャックは他にポール・ジローの現存する中でも1番古いと言われている樽のコニャックを。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-21 11:37 | バー
4月21日の晩御飯  ホワイトアスパラ、ほろほろ鳥のフォワグラ詰めなど
4月は前半の土日が仕事で食べ歩きが思うようにできなく、ようやくこの21日が2週間ぶりの食べ歩きとなりました。

そういえばイタリアンでホワイトアスパラは食べていましたがフレンチでまだなので東京のフレンチのお店でどこか食べよう、それもオランデーズソースと基本に忠実なスタイルに限るということでそれをキーワードにお店探してこのお店に

d0059205_9291986.jpg


8年熟成のシャンパンとボルドー産のホワイトアスパラにオランデーゾソース。ホワイトアスパラの甘みとオランデーゾソースの酸味がちょうどよく混ざりあって美味しい。

d0059205_9294324.jpg


これまた定番のオニオングラタンスープ。

d0059205_9301436.jpg


ほろほろ鳥にフォワグラを詰めてマデラソースで。

d0059205_9325970.jpg


チーズはエポワス、サントモール、フルム・ダンベールとよく見かけるチーズ。

d0059205_9332488.jpg


デザートはムース・オ・ショコラ、チーズケーキ、ヌガーグラッセ。

d0059205_933566.jpg


最初のシャンパンのほかに飲んだワインはこちら。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-21 11:26