総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
京の七夕 鴨川会場
今年もまたこのイベントの季節となりましたが、今年は地震があったため、東北復興の願いを込めて各県の物産品販売や仙台の七夕飾りが展示されたりしていました。

d0059205_2253262.jpg


まずは夕暮れ時から。あちこちの川床に飾り付けられた七夕飾りが綺麗です。

d0059205_22533258.jpg


そして空の色が一番、一日のうちでも濃くなる頃。このように各県の物産品を販売しているこのあたりは人でごった返していて、ブースごとの座る席も満杯だらけで気軽に買えるような感じではなかったのでどこも素通り。

d0059205_22535963.jpg


風鈴灯。絞り開放で楽に撮りましたが、イメージどおりに撮れました。

d0059205_22542854.jpg


光の笹。こちらも絞り開放で撮ってみましたが、こちらの場合はイメージしていたのとはちょっと違いました。
もうすこし絞って撮ったほうがよかったかも。

d0059205_225522.jpg


そして後日、また見に行きましたらこの時はこのように仙台の七夕が展示されていました。

続いて堀川会場もアップしたいです。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-29 22:56 | 日記
それ行け!!大長野酒まつり!!
長野中のお酒ずらりと揃い、中には蔵元さんの方が集うこのイベント、四谷の日本酒店3店合同で開催されました。

d0059205_9243862.jpg


まずはこの幻舞という若い人にも飲んでいただけるような、フルーティーなお酒を目指したニューブランドということで、長野の女性杜氏第1号である千野麻里子さんが醸すお酒です。うん、確かにフルーティで飲みやすくて美味しいし、酸がほどよく調和している。他にもう1種類ありましたが写真を撮るころにはもうなくて残念。

d0059205_9264967.jpg


ひとつのお店でも蔵元の方がたくさん来ていましたが、お酒だけの参加でもこうしてずらりと。これ片側だけなので裏にはまた違う蔵元のお酒がずらりと。

d0059205_9272313.jpg


1軒目を飲んでいるときからうーん、昼ごはん食べなかったせいが調子がよくないかもと思いつつ、2軒目。今年のひやおろしを先行で持ってきていましたが、やはりひと夏を超えると香りと味わいが増して好みのお酒になりますね。その他に米の違いがそのまま香りと味わいに反映されますのでその違いを楽しみながら。

この後は3軒目に行くはずでしたが、根が生えてしまい、せっかく声をかけてくれた方と一緒に行けず、しかも3軒目を目指したらこれが迷って迷ってたどり着いたらもう終わりで今度からは気をつけます。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-29 09:28 | 郷土料理、和食
8月28日の晩御飯 すっぽん、ふかひれ、松茸の鍋など
この日の晩御飯は久々の京都の割烹で晩ご飯です。せっかく京都に住んでいますから少しでもお気に入りとなり通いたいと思うお店を1軒でも多く増やしたい。その思いで新規開拓です。

この日はコースではなくてあえてアラカルトで頼みました。まずは雲丹、豆腐、じゅんさい、白ずいきの葛とじ仕立て。日本酒は富翁の純米吟醸を。

つづいて刺身7点盛り。ハマチ、平目、穴子、トリガイ、鯛、ヨコワ、イサキです。どれもそれぞれの持ち味が堪能できてここから次の料理への期待度がぐんと高まりました。

それからイチジク、加茂茄子、伏見唐辛子の揚げ出汁です。やはりイチジクに白ゴマのペーストがよくあって美味しいし、揚げたイチジクのとろりとした甘みが大好き。濃い味わいの料理になるかなと思ったら出汁の味わいが上品な薄味で思いのほかさっぱり。期待して濃いお酒をガツンとあわせてみたのでしたがちょっとミスマッチ。

d0059205_2041529.jpg


ようやく写真が登場のすっぽん、ふかひれ、松茸鍋です。当初はすっぽんとふかひれでしたが、松茸を入れても美味しいですよということでつい追加してより豪勢な鍋になりました。

d0059205_2043335.jpg


これまで食べてきた料理の流れに緩急つけるために冷やし鉢。夏野菜と鴨ロースの琥珀ジュレです。別々に炊いた野菜と噛めば噛むほど味わいが増してくる鴨肉が美味しい。

d0059205_2043571.jpg


ご飯は雲丹と鯛の釜飯です。たぶん2人前と思いますが余裕で完食です。

この後は桃のデザートを頼んだのですがアラカルトの1品にしてはうーんという仕上がり。

料理をじっくりと味わいたくて1つ食べ終わって適宜時間を置いてからまた次の料理を頼んでいたらあっというまに3時間を経過。ゆっくりと次の料理を待っていると何度もいろいろと酒肴を用意してくれて待つのがとても楽でした。
これだけゆっくり食べれば消化によくて、食べ終わってまた初めからいけるよというぐらい余裕がありましたし、お店の人にもいけそうに見えますがと言われてしまいました。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-28 20:46 | 郷土料理、和食
8月20日の朝ごはん シャンパンとパン
たまには朝から贅沢しようかなとシャンパンとパンがこの日の朝ごはん。この朝ごはんの前に風呂に入ってさっぱりした後でしたので風呂上りのビールの変わりにシャンパンみたいな感じです。僕は同じ泡でもビールは好んで飲みませんがシャンパンなら喜んで飲みます。

d0059205_21435689.jpg


それにしても朝からシャンパンとパンは至福の時間ですね。きめ細かに立ち上がる繊細な泡は食事が終わるまで持続し見ていて嬉しくなります。シャンパンも美味しいけどパンがもちろんのこと旨くて。

朝からお腹一杯になってこの後、昼ごはんをパスしたぐらい。でもこの日の失敗でしたけど。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-27 21:46 | 日記
8月20日の晩御飯
この日の晩御飯はお気に入りのこのお店で。東京で日本酒と肴を楽しむときに必ず訪れたいお店なのです。

d0059205_11134093.jpg


秋刀魚の刺身。今まで秋刀魚の刺身はあちこちのお店で食べたけど肝も一緒なのは初めてかも。十分身の脂が乗っているのにそこにとろりとした生肝と一緒に食べるのはたまりませんね。あと刺身は北海道の生雲丹を頼みました。秋刀魚も雲丹も盛り合わせには入らないということなのでそれぞれで別で。

d0059205_1114833.jpg


いぶりがっこのコロッケという変り種の肴。燗にしているのは貴。ちなみにこの酒器、持っていますけど。なるほどこうして温度計があるとわかりやすいですね。同じ燗でも温度による味わいの変化があり、これがほんと楽しい。

他に食べたのは秋刀魚と肝をもっと食べたくて秋刀魚の肝和え、ベーコンとロメインレタスのシーザーサラダ、かんぱちのかま、焼き味噌など。

d0059205_11143932.jpg


そして2軒目もいつものようにこのお店です。日本酒が黒牛なので肴も牛にしようと牛肉のほうば味噌と牛VS牛です。

その他にきゅうりとカマンベールチーズのもろみそ和え、ホタテととうもろこしの天ぷらなどを食べてと2人で食べているけどいつものようによく食べて飲んでいるなと改めて思いながら、最後は蕎麦でしめ。

また来月の東京も同じパターンでしょう。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-27 11:19 | 郷土料理、和食
8月14日のおやつ レーヴ、アラビカ、クレープシュゼット
この日はお昼にスパークリングワインと生パスタ2種類などのイタリアンを食べたのでおやつはケーキにすることに。

東京の名店で修行した方が京都でお店を出されていて、修行先の影響でムース類を得意しています。

d0059205_943222.jpg


まずイートイン限定のレーヴ。ライチのムースの中に、ハイビスカスのジュレとグレープフルーツのムース。

d0059205_9431443.jpg


それからアラビカ。チョコレートムースの中にはキャラメルのムースとエスプレッソのジュレ。

d0059205_9432669.jpg


まだおやつを食べたいということでクレープ・シュゼット。なにかお酒にあわせようとしてシャンパンを勧められましたが、お昼に同じようなものを飲んでいるので別にしたくカルヴァドスをソーダ割りしたものであわせて食べました。なかなか相性がよくてここはやはりデザート・バーだけにこのような使い方がぴったりです。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-14 09:43 | お菓子、パン
8月8日の晩御飯 松茸と鱧の土瓶蒸し
大阪の大好きな小料理屋さんで晩御飯のこの日は出汁を味わえる料理を3つ続けて、心ゆくまで出汁の味わいを楽しみました。本当に出汁の味わいが大好きなのです。

d0059205_930462.jpg


まずは8月の上旬にしてもう松茸と鱧の土瓶蒸しが食べれるのかと思いましたが、まだまだ暑くても暦上はこの日から秋ですし、そもそも鱧の味が落ちる前にあわせたかったそうですがやはりこの味わいは日本人でよかったと改めて思う旨さです。いつもながらのお手ごろ価格は本当にありがたい。

d0059205_9302593.jpg


つづいてかさごのちり蒸し。淡白な白身の魚にはやはりちり蒸しにして、さっぱりとぽん酢で食べるのがいいですね。

d0059205_9304079.jpg


そして夏鴨のひとり鍋。あらかじめ焼いてあるのでさっと出汁にくぐらせてと食べます。これだけ続けても出汁に溶け込む素材がそれぞれ違いますからまったく飽きません。

その他に食べたのはいさきの酒盗合え、たたききゅうり。日本酒は、東洋美人の夏酒であるハイビスカス、天の戸の美稲。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-08 09:30 | 郷土料理、和食
8月7日の夜ご飯 ブルターニュ産のオマール海老とランド産のエトフェの鳩
d0059205_19453389.jpg


イタリアンの前にケーキ。ババとオレンジのムースを中心としたケーキを食べてさぁ、楽しみにしていたブルターニュ産のオマール海老とエトフェの鳩です。ブルターニュ産のオマール海老は夏が旬ですから旬が終わる前に食べたくて。でも晩御飯はスイカのズッパをさっぱりしたものからはじめました。スイカだけどトマトみたいな甘さが美味しかった。
ズッパの次はブーダン・ノワールです。誰でも食べれるようにといった感じの仕上がりでした。

d0059205_19455625.jpg


お待ちかねのブルターニュ産のオマール海老はルクルーゼのココットで蒸し焼きされて登場です。この海老だからこその独特のプリプリ感が絶品。で爪の部分は蟹のような味わいがして海老と蟹の味わいが1度で楽しめた気分に。でも一番美味しいのはやはりコライユですね。これでソースなりビスクを作ってくれたらもう最高ですけど。

d0059205_19461424.jpg


そしてランド産のエトフェの鳩。内蔵のソース、セルヴェルも盛り付けてとジビエ大好きな僕にあわせてくれたかのような仕上がりですね。エトフェすることによって血がうっ血して、体内に回ることで鉄分豊富となり野生の鳩に近い味わいになり好みの味。本当の好みの味はもちろん野生の鳩。

4皿料理を食べた後はもちろんチーズ。フレンチやイタリアンに行ってチーズを食べないなんて本当にもったない。いつものようにクルティンやタレッジョなど。

さぁいよいよ一年で一番楽しみにしていたジビエがまもなく始まります。やはり最初は雷鳥からでしょうね。しっかり熟成よろしくです。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-07 19:46 | グルメ
8月6日の晩御飯
鴨川会場の京の七夕を見てからかもめさんで晩御飯です。この日から7日、8日とアップしているように美味しいご飯の連続が続き、8月の食べ歩きで一番楽しかったですね。

d0059205_13565618.jpg


先付けの後に八寸。粟麩の田楽、カステラ卵、鯛の小袖寿司、もろこししんじょう、黒バイガイ。美味しくて日本酒がなくなってしまいます。後で知りましたが黒バイガイはつぶ貝の中でも一番高級なんですね。希少で昔ほど取れなくなったようです。

d0059205_135640100.jpg


大好きなお椀。立派な大きさので食べ応えがあるジュンサイ、アボガド豆腐、丁寧に手剥きされて食感がよい海老くず饅頭が具材。いつもの吸い地よりコクがあるなと感じましたが、食材にあわせて濃い目の味付けをされたようでよかった、勘違いじゃなくて。そんな敏感な舌ではないですからね。

d0059205_13571470.jpg


そして上物のシマアジを仕入れることができたということでお造りはそのシマアジと鯛、鱧です。シマアジは夏が旬ですがこうして再度写真を見たらカンパチみたいな外見をしています。旬だけに身に弾力があり、すうっと脂が上品にとろけます。カンパチと違って脂のとろける様子に切れ味がある感じと例えたらいいのでしょうか、なにせ高級魚だけになかなか食べることがなくて比較が難しいのですが。

その他には鮎の葱味噌焼き、加茂茄子、プチトマト、子芋、オクラの冷やし鉢など。

いつものように美味しいご飯をありがとうございます。値段以上の価値があってほんと満足です。帰りは丁寧にご主人も女将さんも丁寧に見送ってくれて、しかもお土産まで頂いて心が本当に温まりました。今月もまた
秋の風情を感じに食べに行きたいと思います。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-06 13:58 | 郷土料理、和食
8月6日のおやつ  宇治金時と葛アイスクリーム
この日は京の七夕を見に行った日でおやつは2つ食べました。かき氷は前からはしごしようと思っているのですがなかなか1軒目から続かないです。

d0059205_1023263.jpg


まずはこんな庭がある茶寮で宇治金時を。

d0059205_10234582.jpg


HDRで見たとおりな感じにしたくて最大にしたせいか不自然に見えるかもしれません。でもHDRを使うと普通に撮ると食べ物か背景のどちらかが暗くなってしまうところを解消してくれるので魔法のようです。ところで今年は好みにあう宇治金時にまだ出会えず。

d0059205_1024745.jpg


宇治金時の後は出来たての葛をアイスクリームと一緒に。夏限定バージョンですがアイスクリームがよくあってこの食べ方がいいですね。出来たてだけにモチモチと食感がよくて、透き通っています。だんだん時間が経つにつれて白く濁り、食感が変わってくるので生き物みたいで面白かったです。食べていたら葛の刺身をお寺で食べたときに一瞬、刹那の味ですから早く食べてくださいというのを思い出してやはり出来たてはそうだよなと改めて納得。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-06 10:25 | お菓子、パン