総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
7月31日の晩御飯 さんまのオイルサーディンとトマトのミルフィーユなど
d0059205_1038556.jpg


ひさびさの十四代です。おみせオススメの3種類セット。

d0059205_10392787.jpg


3種類で約1合ぐらいです。まずは香りが立ち、味わいが軽やかな日本酒から飲み始め。刺身はまぐろ、鯛、平目など。

d0059205_10395437.jpg


さんまのオイルサーディンとトマトのミルフィーユ。見た目がイタリアン見たくてお洒落ですが、チーズも一緒に挟まれていて更に濃厚な味わいでとても好み。

このほかにパンチェッタとレタスなどのサラダとまたイタリアンっぽい料理?、日本酒で白爆を頼んだのではたはたの醤油漬け、焼き味噌がなんと20種類以上もバリエーションがあるのでよもぎ、酒肴など。

すっかり気に入りましたので8月もまた再訪しました。別でアップします。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-31 10:47 | 郷土料理、和食
7月30日の寝酒 ラニョー・サブラン 35年とDRCのフィーヌ 1986年
せっかく東京出張で東京に来たのですからこのバーに寄らずして帰りたくないということで電車でも行ける時間でしたがすぐにバーに行きたくてタクシーでGo。

着いてみたら前のお客さんが帰った後のようで僕だけ。しかも帰るまでに誰も来なくてご主人とゆっくりと話すことができてよかった。何度も来ていますがこの時はたまたまでした。コニャックをこれだけ揃えていて、シガー、チョコレートなどと楽しめるお店はかなり稀かとか。

まずはピノ・デ・シャラントでさっぱりとその前の日本酒から口直し。一応お酒ですが僕には美味しいジュースです。家に置いてあると飲むのが止まらなくなります。

d0059205_1261340.jpg


次にコニャック行きますよということで約35年熟成のこちらを。お店のブログによるとピーチ感がよくて、クリアな味わいということで夏にぴったりなコニャックじゃないですかねということで頼みましたが正にそうですね。一緒に楽しんだシガーの美味しいこと、ほんと美味しいこと。やはりコニャックを楽しむのなら30年以上の熟成じゃないとね。

d0059205_1265893.jpg


続いてこのエレガントなことこの上ない香りを嗅いだらもう最後ですよ。飲まないなんて絶対無理。はい、DRCのフィーヌです。もうね、魅惑されること間違いなし。ブラインドでもどこのフィーヌかわかりますね、それぐらい個性的。
今年は生まれ年の1979年のほかにもう1種類1986年のを飲めてほんと幸せ。あとは今年は生まれ年のイケムを飲めたらいいな。もう既にどこで飲むかは計画していますが。日本で買うより半額以下で買えるところで買って飲みます。

この日も幸せな気分で眠りにつけました。東京に寄ることがあれば是非とも行きたい。それこそフレンチの後が一番幸せになれます。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-30 12:07 | バー
7月30日の晩御飯  日本酒12種類6合に牡蠣、きびなご、山うに豆腐、冷や汁、だしなど
この日は日曜日に東京での仕事(7月の東京出張2回目)があるのでそれなら土曜日も東京で過ごそうということで1日早く東京について食べ歩きです。

お昼はいつものお寺で精進料理でしたが定番の料理ときゅうり、枝豆、なすと夏野菜を使った旬の料理を一皿一皿出来立てをわざわざ僕1人のために作っていただいてとても感謝。精進料理は本当に手間暇がかかりますからね。素材がもつ味わいをとても堪能できました。

そして夜は日本酒ということで前から気になっていたお店へ向かうことに。飲んですぐ寝れるようにとお店の近くに宿をとったのでもう日本酒が止まらない。一見お断りと張り紙がありましたが同じ日本酒好きなので大丈夫ではと思い、ドアを開けてお願いしたら無事飲めました。

d0059205_10161552.jpg


まずは軽くてさっぱりとした味わいから飲んで、どんどんと味わいを重くしていきます。この頃は新生姜の酢漬け、水茄子の刺身、牡蠣が得意なお店ですので京都と福井の岩牡蠣の2種類で食べ比べといった肴をあわせました。

d0059205_10163589.jpg


続いて好みの味わいに近づけていきます。やはり山廃や生もとといった伝統的な作り方で作られる日本酒が大好きです。古酒まで飲んだら次は軽いお酒で初めに戻るというループ的な飲み方を家でもお店でしています。このように日本酒って味わいがとても広いのが魅力的。この日は飲みませんでしたが貴醸酒というデザートワインのような味わいの日本酒もありますしね。

d0059205_936292.jpg


竹鶴と達磨正宗の古酒のあたりでつまんだ山うに豆腐。濃い味わいの肴には濃い味わいの日本酒でマリアージュですが、これがかなりはまりした。

しめには宮崎の郷土料理の冷や汁。次のだしといい暑い夏にほんとうにあうし、食べ終わるとまた飲みたくなるんですよね。

ちなみにこのお店のレシートはすごくわかりやすくて親切ですね。食べたのがメモしなくてもいいぐらいですから。

このお店で知り合った方に2軒目を紹介してもらいまして次のお店へ行きます。ご紹介どうもありがとうございました。また東京に行ったときは一緒に飲みましょう。

d0059205_1018409.jpg


ここでもまだまだ飲むということでこの4種類を。どれもおまかせですが山廃がやはり嬉しい。それにしても日本酒はいくら飲んでも飽きない。

d0059205_9284384.jpg


この山形の郷土料理のひとつであるだしが夏らしいさっぱりな味わいでいくらでも食べれそうなぐらい気に入りました。

もうこれだけ飲んだら十分ですが、でも明日の夜は東京を出発してしますのでこの日の夜をまだ楽しみたいということでコニャックが揃うバーへ移動です。また別記事で。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-30 10:19 | 郷土料理、和食
7月24日の昼ごはん 野山のごちそう
この日は仕事で東京へ行っていました。仕事が13時からでそれまで仕事場所の近場でご飯と考えたら銀座あたりがちょうどいいということでさくっとこのお店で昼ごはん。

d0059205_20593197.jpg


みず、独活、ふきの山菜、赤米と十五穀米のおにぎり、ホタテの出汁がでている味噌汁に煮物。それにナデシコの花が添えてこの前日本中を沸かせたサッカー女子チームを思い出しますね。添えている花はお持ち帰り可能なので所望したら一厘だけでなくいくつかまとめて包んでくれました。

d0059205_20595172.jpg


デザートはこの最中に抹茶。確か予約しないと買えなかったはずです。

店内にはお花や器が飾られていて、この茶房の下には全国の山林や野原にある野の花が見ることができ、銀座にありながら自然にふれることができ、ほっと和める空間です。その空間の中で丁寧に作られた素朴な食事を頂くことができ満足でした。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-29 21:00 | 郷土料理、和食
7月23日のおやつ
この日はのんびりと夕方頃からでかけておやつをはしごしまくろうと当初は考えましたが結局続かず。最初のお店へ行ったらいつものように混んでいて1時間近くは待ちそうだなと思い、待っている時間は次のお店へ行くことに。

d0059205_137536.jpg


そのお店で名物のカステラをそのまま頼めよかったのですが、いつもでも食べれるので夏だけのカキ氷からこの宇治金時を。庭を見ながら食べいていたらちょうど時間を潰すことができたので

d0059205_1372591.jpg


最初のお店へ戻ってみることに。やはりこのお店は寒天の蜜が月替わりで変わるこの琥珀流しですね。7月はミントです。うっすらとミントの蜜がかかっていて爽やか。一緒についているソーダのおかげで更に涼しげで夏らしい感じ。

d0059205_138026.jpg


座っていたテーブルに活けられていた水色の朝顔。これまた夏らしいし、色合いがとても好みなのでレンズをマクロに変えてパチリ。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-29 13:08 | 未分類
7月25日の昼ごはん~おやつ~晩ご飯
この日は東京出張2日目。とはいえ急遽仕事の予定がなくなったので昼ごはんから飲めるということで昼は
あれこれお店を考えましたがフレンチにすることに。

d0059205_914288.jpg


前菜2皿とメイン2皿の合計4皿で2000円ちょっとと格安な値段でしたので、飲むぞということで赤をグラスで3杯ほど。前菜はパテ・ド・カンパーニュとヴィシソワーズ、メインはこのブーダン・ノワールと牛脛肉のトマト煮込み。ブーダン・ノワールはもっと黒っぽい色なのですがうまく撮れませんでした。
4皿も食べてお腹はそれなり一杯になりました。デザートは食べるお店を決めていたのでなにか食後酒にしようと思いましたが、座っていたカウンターの席から食べている間、ずっと気になっていたアルマニャックがあるので

d0059205_92437.jpg

これは飲んでおこうと食後に飲むことに。約40年熟成と昼間の食後酒として飲むのにはもう十分なアルマニャックですので贅沢な気分になります。

d0059205_922831.jpg


食後酒は飲んだけどデザートを食べていないので次のお店へ移動。デザートはこのすみれ尽くしのプレートとデザートを盛りだくさん食べました。デザートにデザートワインかシャンパンのどちらをあわせるか悩みましたが、気分により華やかになれるのはシャンパンですしいつもデザートワインをあわせているのでシャンパンにすることに。

デザートの後は晩御飯です。昼はワイン、アルマニャック、シャンパンと洋酒でしたので夜は日本酒が飲みたいということで日本酒と一品料理が揃う蕎麦屋さんへ。

d0059205_9344.jpg


夏は岩牡蠣が無性に食べたくなります。いつも食べてもたまらない濃厚な甘み。

d0059205_934391.jpg


まんさくの花という秋田のお酒を頼みましたから秋田の食べ物をあわせたくなり、秋田のじゅんさいを。酢加減がほどよく、ちゅるりと爽やか。

d0059205_935978.jpg


しめは変わりそばのけしの実を練りこんだ蕎麦とせいろの盛り合わせを。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-25 09:13 | 郷土料理、和食
7月の晩御飯  生うに、鮎の一夜干し、南瓜なんきんなどに数々の日本酒
これも7月出張時の東京ご飯のひとつ。まだもうひとつネタがあるし、そもそも他の食べ歩きネタがたくさんたまっているのにこれからイベントで長野の日本酒飲み比べがあるし、明日も食べ歩きがあるしとどんどんネタがたまっていく一方。もう写真だけアップで後から文を足していこうかなと考えています。

d0059205_14302326.jpg


さてこの日は新橋の日本酒が揃うお店で晩御飯。禁煙じゃないのが気になりましたが日本酒の品揃いは十分で、お店オリジナルの日本酒まであります。
日本酒はくどき上手のJr、春霞のお店のオリジナル酒、澤姫の山廃、この写真にある妙の華 11BY 古酒など。この古酒は古酒特有のひねた感じがなくて綺麗に熟せいした感じでした。純米吟醸であることが一番大きな理由かと思いますけど。

d0059205_14295563.jpg


あわせて食べた肴はこの生うに。写真を撮っているとなんかどんどんと鮮度が落ちていっている感じがしないでもない。こういう生ものはすぐ食べるべきでしょうね。

d0059205_14303912.jpg


それからこの南瓜なんきん。1人で食べるのには十分な量。そのほかに鮎の一夜干し、まぐるほほ肉のステーキなど。まぐろほほ肉のステーキを食べるころタバコの煙が漂うになりましたので退散しました。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-23 14:31 | 郷土料理、和食
2011 祇園祭 宵々々山と宵山を中心に
今年の祇園祭は巡行前に宵々々山と宵山に行くことができました。それらを中心にアップします。

d0059205_941332.jpg


まずは祇園祭は八坂神社の祭礼ですから八坂神社から。超広角レンズで写せるだけ写して。この日というかここ最近は梅雨があけてからは雨が降っていなく、気持ちのいい青空。気温が約36度まで上がったようですが歩いていてそれだけ気温があるなんてちっとも感じませんでした。やはり日傘のおかげ?

d0059205_9422278.jpg


さてこれも超広角レンズで。菊水鉾です。

d0059205_9424650.jpg


夕暮れ時の月鉾。

d0059205_94365.jpg


月鉾の内部。内部もやはり美術品のような趣き。

d0059205_9432218.jpg


名前のとおり船の形をした船鉾。今にも漁に出そうな感じで、この時は0時近くでほぼ人がいない状態で見れてよかったです。明るかったので夜はいつもF1.4の絞り開放ですがF4と少し絞ってみました。

d0059205_9435271.jpg


船鉾を撮っていたら町内などをお囃子を演奏しながら回ってきた船鉾の皆さんが帰ってきました。どうやら明日の快晴を願って行われるようです。撮影しやすかったのですが、ピントがうまく合わせれず。

d0059205_9502219.jpg


これは鶏鉾。やはり夜はF1.4の絞り開放が基本です。ちなみに宵山は23時ぐらいには交通規制が解除されて、ほとんどの鉾の電気も消えて、お囃子も終わりです。もっと深夜まで続くのかと思いましたが。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-17 09:50 | 日記
7月10日の昼ごはん、おやつ、夜ご飯
d0059205_2144080.jpg


宇治平等院鳳凰堂と蓮を見に行ったこの日の昼ごはんは宇治のどこで食べようかと迷いましたが夜にしっかり和食を食べるので蕎麦で軽く。
蕎麦の前にいつものように日本酒と酒肴ですが、日本酒は蒼空がありましたので嬉しいなとそれを頼み、酒肴はクリームチーズの味噌漬けとめふんを頼み、昼酒を楽しむことに。
蒼空はメニューに蒼空としか書いていませんでしたが、夏酒でしょと思って一口飲んだらあれ?レギュラーバージョン?という味でしたので帰り際にボトルを見せてもらったら思ったとおりでした。

d0059205_21442039.jpg


次に蕎麦ですが、きてすぐ食べたかったので撮っていません。蕎麦だけでは夜ご飯まで持ちませんからかやくご飯にそばつゆとねぎをかけたハイカラご飯も頼みました。あわせて日本酒で黒帯という熟成酒も気になったのでそれも。
日本酒の色を見てすぐ濃い山吹色をしているので熟成酒と知らなくてもすぐわかりますね。

d0059205_22174180.jpg


昼ご飯の後は宇治ですから抹茶スイーツが食べたいということでいつものお店ではなくて、まだ行ったことがないこちらのお店へ。子供たちなど家族連れでファミレス状態。宇治には大人が静かに食べれる甘味所はありませんかね。とりあえず抹茶葛きりと抹茶の水羊羹のセットを食べました。

d0059205_22175862.jpg


この後は宇治から祇園祭のお迎え提灯を見るべく祇園へ移動。ちょっとした予想外のこともありましたが無事、お迎え提灯が始まるぎりぎりに間に合いました。
行列を追いかけて、市役所でいろいろな踊りを見てたっぷりと動いて、さっぱりとしたものが食べたいということで川床のカフェでひやしぜんざい。
鴨川から吹き上げられる風が心地いいし、夕方から夜へ向けてどんどん空模様が変わっていくのを見るのも楽しいし、今後もまたここでおやつが食べたい。

ひやしぜんざいの後はお神輿を見ましたが、脚立がないとまったくもって撮れないぐらい人が多すぎて、一般人でも脚立を立てて撮っていましたので僕も同じように撮ることができるようになるため脚立を買いたいな。

d0059205_22181971.jpg


お神輿のあとは食べログでかなり上位のこの割烹へ。団扇の形と夏&お祭りらしい器に載った八寸。鱧寿司、鯛の子、鱧の卵豆腐、鮎甘露煮、新ショウガのサフラン煮、黒豆の枝豆、がらえびなどです。

d0059205_22183776.jpg


琵琶湖の鮎。焼く前にぴちぴちに跳ね回る様子を見せてくれました。生簀でもあるのでしょうね。生きている鮎だから肝のほろ苦さが穏やかでほんのりとした甘みが感じられて美味しい。もちろん頭からがぶりといきした。

d0059205_22185536.jpg


北海道産より高価な由良(淡路島)の雲丹。この雲丹、このお店で感想を書いている人の記事を見て今日、食べれたらいいなと思ったら無事、食べることができて嬉しい。実は由良の雲丹は初めてなんです。
今日の先付けで北海道の雲丹も美味しかったのですが、地の利もあり由良の雲丹はもっと美味しく感じます。
一度は由良で雲丹を食べ飽きるぐらいたくさん食べたいのですが今年行けるかな。

ところでお酒は小鼓の純吟、またここでも蒼空でしたが夏バージョン、七本槍の純米とどれも半合ずつと飲みました。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-10 22:22 | 日記
祇園祭 お迎提灯
この日の後にある神輿洗の神輿を迎えるため、八坂神社→四条河原町→京都市役所前→寺町通→四条通→八坂神社というコースを子供たち中心の行列が通ります。

途中の京都市役所前では鷺踊、小町踊、祗園祭音頭を披露し、八坂神社へと戻り、またそこで踊りを披露します。

d0059205_1052237.jpg


まずは行列の先頭です。さきほどの宇治の平等院鳳凰堂の時と同じ設定で撮ってしまったため、行列全体にピントがあってしまいました。次の写真にあるように行列はピントを合わせたいところだけに合わせてあとはボカすので、たまにはこういう撮り方もいいかなと。

d0059205_1053888.jpg


八坂神社を通る稚児。最初の写真の後に八坂神社の近くに行って撮ったのですが、道路にはうまい具合に出れなくて八坂神社はこれぐらいを写すのが精一杯でした。稚児は4人ぐらいいましたかね。

d0059205_1055844.jpg


これはせっかく青空なので青空を背景にして人物を撮りたいと狙った一枚。四条大橋を渡ったところのすぐのところでしばし行列が止まっていたのでその瞬間に。

d0059205_1061760.jpg


そして市役所前で披露された鷺舞。鷺舞の方たちはこの前の葵祭り、時代祭りとイベントでは必ず見かけますが、こうして踊っているのを見るの初めて。行列を追いかけて市役所まで行ったかいがありました。

d0059205_1064542.jpg


こちらは小町踊りの一場面。 元禄時代に起源を持つ少女の踊りで一時期は途絶えましたが、昭和37年に復活。
お迎提灯の時は小学生ぐらいの少女が中心で、花笠巡行の時は祇園東の芸舞妓が元禄風の衣装、髪型で踊るようです。

祇園祭の宵山や山鉾巡行は何度も見たことがありますが、お迎提灯は初めて。せっかく京都に住んでいるので行けるだけ祇園祭は見に行きたいものです。
[PR]
by esthetisme | 2011-07-10 10:07 | 日記