総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
6月27日の晩御飯 岩牡蠣、スズキの頭焼き、肉刺しなど
京都の地元民の美味しいお店を教えてもらったその日に早速行ってきました。

お酒のメニューには夏の日本酒がたくさんでこれは飲兵衛にはとっても嬉しい。

まずは土佐白菊の涼み純米吟醸でさっぱり爽やか気分。

d0059205_19154476.jpg


最初に蟹味噌豆腐を頼んで蟹味噌のコクがいいねと次の岩牡蠣を。プリプリで濃厚で甘くて美味しいです。

d0059205_19155966.jpg


続いて京都では蒼空と並んで大好きな玉川の夏酒。その名もアイスブレーカー。ペンギンのラベルが可愛らしいだけでなく涼やかでいいですね。

お酒についているメモを見ると
「 お酒が入るとリラックスして、付き合いが楽しくなるもの。そんなふうに緊張感をほぐし、座を和ませるものを英語で、“ICE BREAKER"といいます。
アイスブレーカーは、半年の低温熟成された純米吟醸無濾過生原酒です。ワイングラスに氷を入れ、「アイスブレーカー」を注ぐと、清涼感のある冷気がグラスから立ち昇ります。氷がグラスに触れて奏でる、風鈴のように涼しげな音色。
氷が融けるにしたがって、最後まで豊かな変化をみせる香りと風味。「アイスブレーカー」を片手に気の合う仲間と爽やかに、そして楽しい時間をお楽しみください。」
と書いてあるのですが風鈴という言葉がイギリス人の杜氏さんから出てくるなんて驚きです。日本人より日本人らしい感性があるのではなんて思ってしまいます。

肝心の味はさっぱりながら味わいはやはり濃くてこのお酒も大好きになりましたので早速注文。早く届かないかな。家でロックで飲んでみたい。

さて次の料理はスズキが腹の部分と頭の部分があるということで迷いましたが、頭が美味しいということで頭にすることに。

頭が焼きあがるのには時間がかかりますからその間は枝豆サラダを頼んで待ちます。

d0059205_1917918.jpg


待つことしばしようやく焼きあがりました。やはりね、頭を食べているとすっかりと骨だけに夢中になってもくもくと食べることになります。夏ぐらいにはこれぐらの脂がちょうどいい。

次は肉料理を食べたいからワイン飲みたいなと思ったら日本酒と同じくあるワインメニューはグラスではなくて
ボトル。それならハイボールを頼んで肉刺しを。隣のテーブルでピンクの色合いが綺麗で僕も食べたくなったので。夏に生肉は控えるべきでしょうけどつい頼んでみました。

それから焼きカマンベール。ブルーチーズのピザでも食べたいと思ったけど1人じゃ大きいよって言われてついこちらに。でもつまみばかりしか食べていないんだからピザを頼めばよかったです。

ハイボールが喉ごしよくてついつい飲みすぎました。これからは気をつけませんとね。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-27 19:17 | 郷土料理、和食
6月25日の寝酒 テット・ド・モアンヌなど1985年のシングルモルトなど
京都のバーといえば最近続けて通っているのがこちら。なにせ地元なのでご飯が遅くなっても帰ってくれば後はゆっくりと深夜までのんびり寛げるので。

d0059205_22183520.jpg


まずはチーズ。この日はスイス産のチーズであるテット・ド・モアンヌ(テットは頭、モアンヌは修道士という意味)がありましたので赤ワインをもらって楽しむことに。写真奥にあるジロールという削り器でくるくる回すように薄く削りだすとカーネションのような形になって、これはパフォーマンスになるし見ていて楽しいです。
味は濃厚でもっさりとした食感が独特。旬はモンドールと同じく冬だそうですけどモンドールと違い今も食べれるのですね。

d0059205_22192030.jpg


それからシングルモルト。まずはこの1985年と長期熟成のモルトからスタート。この後もまたヴィンテージのグレン・エギンの22年ものとこれまた美味しすぎるモルトを堪能しました。
やはりヴィンテージのモルトは味に厚みがあってスムースな飲み心地で余韻が長くて、ほんとシガーを燻らせながら飲むのにはちょうどよくて気がつけば午前3時頃になっていました。今年1番のバーの最長記録です。それだけシングル・モルトとシガーが美味しかったということです。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-25 22:20
6月25日の晩御飯 鱧ざく、のどくろの刺身、鱧の唐揚げなど
三室戸寺の紫陽花のライトアップを見に行ったこの日の晩御飯は、三室戸から京阪線で帰りましたのでその駅から近いこのお店で。

まずは鱧の照り焼きときゅうりの酢の物という鱧ざくでさっぱりと。どうやら京都の夏の定番らしいですよ。鱧をうなぎに変えたらうざくなんですがそれは大阪弁とは最近知りました。

d0059205_1059495.jpg


次にのどくろの刺身。これは初めて食べる味。皮目を香ばしく炙っていてその香ばしさと身のとろけるようで濃厚な甘みがとても美味しかったです。

続いて夏の京野菜のひとつである万願寺とうがらし。辛さより甘みを感じる味わいで夏の香りですね。

d0059205_110581.jpg


それからスズキの塩焼きと鱧の唐揚げ。三室戸寺のライトアップで21時ぎりぎりまでいたのでお店に着いたのは22時ちょっと前。ラストオーダまで30分ぐらいしかない。いつもならゆっくり1品、1品食べているのですが時間がないのでまとめてオーダー。

書いていて気づいたのですがこの後、スズキは頭を食べているのでここで身を食べておいてよかった。肉質が締まっていて味が濃厚でした。もっと淡白な味わいの魚だと思っていたのですが。
鱧の唐揚げは下味がしっかりしている感じです。香ばしくてこんな食べ方もいいですね。次は鱧ちりで食べたい。大阪のいつも行っているお店では1人鍋で楽しめるのでそのうち食べようっと。

時間はないけど珍味も食べるよんということ氷頭なます。鮭の頭部の軟骨の酢の物です。新潟、青森、岩手
などで見かける食べ物。酢の物に始まって酢の物に終わる今日の食事でした。

最後は鮎の甘露煮茶漬けでさっぱりとしめ。料理7品に日本酒3杯飲んで5千円を余裕で下回るこのコスパは京都のお店でそうそうないのでは。また寄らせてもらいます。

さてこの後はチーズが食べたくて、食後の余韻をシガーとシングルモルトで楽しみたくてバーです。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-25 11:00 | 郷土料理、和食
2011 紫陽花 三室戸神社
京都でいろんな種類の紫陽花が楽しめるお寺のひとつである三室戸寺に夜のライトアップ、続けて日中にも行ってきました。

ライトアップは1人で行ってきましたが、日中は会社の先輩達と一緒でその家族さんを撮るほうに夢中になっていましたのでライトアップを中心にアップします。

d0059205_19484491.jpg


まずは俯瞰した写真から。やはり夜に50mm F1.4で撮るのはファインダーが気持ちよく見えてとても好きです。

d0059205_1949436.jpg


これも50mm F1.4で絞り開放でボケるだけ背景の山門と紫陽花をボカしてみました。せっかくF値が明るいのですからこういう使い方をしないともったいない。

そしてここからはSTFレンズが続きます。せっかく借りたレンズでしたのでとにかく使いこなしができるようにしたいため、撮った写真のうち半分以上で使いました。以前借りたのは桜の頃。桜に比べて紫陽花は撮りやすかったですね。

d0059205_19492370.jpg


まずはこの1枚。ピントがあった部分の解像度とこのレンズ独特のボケがほんと大好き。このレンズ、欲しくてたまらない

d0059205_1949386.jpg


最大限にボケを生かそうと意識して撮った一枚。やはりボケが綺麗です。

d0059205_19495645.jpg


そして昼間の一枚。もっと寄れるレンズなのですがどうしてもその寄った時にうまくピントがあわせれずこのい似たような構図になってしまいました。これは買ってもっと使いこなししたいです。

d0059205_19543837.jpg


この日のおやつはこちらのあじさい氷。蒸し暑くて汗をたくさんかいていましたのでクールダウンするのにはちょうどよかったです。

この後は居酒屋さんに行ってバーへ行きましたのでまた別記事でアップします。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-25 10:00 | 日記
東林院 沙羅を愛でる会 和菓子と精進料理
今年1月の小豆粥の会の時に6月の沙羅を愛でる会でも精進料理を頂きたいと思っていましたので予定通り行ってきました。

d0059205_1230370.jpg


精進料理の前に和菓子を。沙羅の花をイメージして作ったものです。見た目、味ともに抜群です。

次に精進料理ですがどちらの時も「阿じろ」さんが作っています。野菜は境内で無農薬で作られたものを使用しているそうです。

まずはこの1の膳ですが帰り際にメニューを撮り忘れて正確にわからなく、間違いがあるかもしれませんが以下の内容です。

d0059205_12131532.jpg


   ① 木皿  沙羅の花をじゃがいも、にんじんで模したもの、茶せん茄子、小巻湯葉

   ② 汁  国済汁、にんじん しいたけなど

   ③ お平  揚げ卵湯葉、もみじ麩など

   ④ 木皿  小松菜(だったと思います)の和え物

   ⑤ ご飯とひじきしぐれ

   ⑥ 香の物 らっきょう、たくあん漬け、きゅうり

d0059205_1214384.jpg


細工の素晴らしい沙羅の花を模したものをマクロレンズでアップ。

d0059205_12142756.jpg


次に2の膳です。小豆粥の時は胡麻豆腐が別メニューでしたが今回は初めからありました。
また今回は別メニューがなかったです。

   ⑥ ねりもの  胡麻豆腐 山葵添え

   ⑦ お焼き物  かも茄子田楽 
      なす皮=田楽にした時剥いた茄子の皮を、油で炒めて、味噌炊きにし 白胡麻をふる

   ⑧ 紫蘇ピー(ピーナッツを紫蘇で巻いているからその名前)
[PR]
by esthetisme | 2011-06-21 23:15 | 全国の精進料理紀行
2011年 沙羅の花を愛でる会
ようやく今日、前から行きたかった東林院の沙羅を愛でる会に行ってきました。東林院は今年1月の小豆粥の会以来。その会もまだアップできていませんので早くアップしたいですね。

さて今日は梅雨の季節で今週1週間はずっと雨の予報だけに雨露でしっとりと濡れた沙羅を愛でれるかなと思ったら途中から梅雨の谷間のように見事に晴れてきてとても暑い1日となりました。

写真の前に頂いたパンフレットから沙羅の花について。

沙羅双樹は、お釈迦様が入定された時にいっせいに花開き、その死を悲しんだとされ、仏教とゆかりの深い名木です。
インドと日本の沙羅双樹は種類が違いますが、「平家物語」にうたわれた沙羅双樹は日本の木がイメージされたもののようです。
朝には咲き夕には散りゆく”1日花”の姿が、人の世の常ならぬことをよく象徴しています。”形あるものは必ずこわれて行く。形美しきもの永遠に保てず”
お釈迦様は「今日なすべきことは明日に延ばさず、確かにしていくことがよき一日を生きる道である」と教えになっています。
沙羅の花は一日だけの生命を悲しんでいるのではなく与えられた一日だけの命を精一杯咲きつくしています。
人間の生命にはいつか限りが来ます。そこから「生かされている人生をどう生きるか。今日を無駄にできない」、つまり「今は今しかない。二度とめぐり来ない今日一日を大切に、悔いなき人生を送らねば・・・」という気持ちがわいてはこないでしょうか。
この仏縁深き花のもとで、静かに座って自分を見つめ、”生きる”ことについて考えてみてください。

お寺の方がこの話をなぞるようにいろいろと話をされていました。話を聴いていて思うことはありますがとりあえず撮った写真からアップします。

d0059205_22505263.jpg


この日は曇り空と晴れ空が交互のように訪れるそんな天気。午後を過ぎてからは晴れ空のほうが多くてずっとそのままという感じ。晴れ空の前に曇り空の頃のお庭の様子。今回のアップで晴れ空の時も上げますが個人的には曇り空のほうが庭の風情がより感じられるようで好きです。

d0059205_22512770.jpg


続けて晴れ空の時の光が画面一面に回っている頃の様子。曇ったり、晴れたりと空模様が忙しいです。

d0059205_22515458.jpg


こちらはフルサイズのカメラだと距離が足りなすぎてAPS-Cのカメラに変えて撮った1枚。このように咲いている沙羅の花のまわりに咲き終えて落ちた花がたくさんありました。こうして撮っている間にも落ちていくのですからほんと儚いです。

d0059205_2252841.jpg


こちらは精進料理を食べたところから眺めれるお庭の様子。画面右下に桔梗が咲いています。梅雨の季節だけに久々に青空が見れて嬉しい。

d0059205_22522561.jpg


帰り際に小さいけど鮮烈な色合いで存在感のある睡蓮を見つけましたのでマクロレンズに変えて、膝をついてとにかくアップで撮りたく頑張ることしばし。撮れた写真だとイメージが違うのでだいぶ切り出ししています。

精進料理やその前に食べた和菓子についてはまた別記事で。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-21 22:52 | 日記
6月11日 梅宮大社  蓮、菖蒲、紫陽花
先月の藤やさつき以来ですが、初夏の花々を撮りに行ってきました。やはりここは季節ごとにいろいろな花が咲いて楽しませてくれますね。今回は写真が少なめですが3枚ほどアップします。

d0059205_21104970.jpg


睡蓮。せっかく形が綺麗なんですからもっとピントを絞ればよかったかなと

d0059205_2111762.jpg


菖蒲ですかね、他に似た花がありますが違いがわかりません。

d0059205_21112167.jpg


紫陽花。紫陽花が一番数が多かったですね。この背景のように赤、青、紫など色とりどりでした。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-11 21:25 | 日記
6月5日の晩御飯 アスパラソバージュ、オレッキエッテ、アニョー・ド・レ、
前回の訪問から約1ヶ月、無事、再訪できました。

d0059205_0193098.jpg


だいたい5月の約1ヶ月ぐらいしか見かけない野生のアスパラがこのアスパラソバージュ。ぬめり感がありオクラのような味です。さっとボイルしてイタリアのラルドを載せていますが、アスパラの熱でラルドがほどよく溶けて美味しい。

d0059205_020276.jpg


プーリア州の卵をつかわないパスタであるオレッキエッテ。名前のとおり耳たぶの形をしていますが、もちもちとした食感が楽しい。ブロッコリーとアンチョビベースのシンプルに仕上げていますが、このパスタにはよくあってとても美味しかった。

d0059205_020302.jpg


そしてこの日、一番食べたかったのがこの乳飲み仔羊。生まれて間もないのですから牧草を食むことをまだ知りません。そんな仔羊を食べてしまうのですから残酷と言えば残酷ですが・・・
味わいミルクだけで育っているのでミルクの甘みがたっぷりで、臭みがほんとなく、とても柔らかで繊細さがこの上ない肉質。普段食べる仔羊が赤身の肉なら、この乳飲み子羊はまったく違って白身の肉と例えられて別物かと。
なので赤ワインは本当に軽いものでないと食材にあいません。赤よりこの繊細な肉質を優しく包み込めるような白ワインが絶対にあいます。こんな貴重な食材が食べれてとっても満足でした。
ちなみにつけあわせのひとつにプーリア州の特産キノコであるカルドンチェッリをつけてもらいました。エリンギのような食感でなかなか旨みが十分でした。

d0059205_0205135.jpg


今回のチーズは見てのとおりウォッシュチーズがやばいぐらい旨そうに思えませんでしょうか。これはアフィネ・オ・シャブリですが熟成加減はばっちしでした。
またウンブリアのサマートリュフを添えてあるのはトリュフ入りチーズのクルティン。先月食べてとても気に入ったのですがまた食べれたと思ったらトリュフと一緒にという贅沢な食べ方。
他にはアボンダンス、タレッジョとイタリアとフランスのチーズが半々でチーズまで毎回、本当に満足させてもらっています。関西でイタリアンならこのお店が一番好みです。



次はもう食べたいのがいろいろと決まっています。早く再訪したいです。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-05 00:21 | 日記