総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
5月31日の晩御飯 もろこししんじょうといちじくのあげだし、アスパラ鱧巻き、鮎茶漬け
d0059205_12212330.jpg


この日は会社帰りにこのお店で晩御飯。いつものようにお店がある地下に下りろうとすると外のメニューがいつもと違う感じであれ?何か変わったのかなと思いお店に入るとまず日本酒が1合ではなくてグラスになりました。1合だと1人客には多いでしょうし、料理にあわせて欲しいからということでつい1週間ぐらい前にこのスタイルになったとのこと。
グラスは1杯300円か350円で料理にあわせてすごく頼みやすくなりこれはとても嬉しい。この日はこの2杯のほかに前にも飲んだ蒼空、香住鶴も飲みました。
そのほかにメニューが1枚の紙から冊子仕立てで前菜、焼き物など各項目のメニューが前よりもよりわかりやすくなりました。

d0059205_12214258.jpg


次に特に美味しかった料理をピックアップ。まずはもろこししんじょうといちじくの揚げだし。いちじくの揚げ出しは去年の8月ぐらいにこのお店で食べてとても気に入った料理。今年も8月になればまた食べれるのを待っていたらもう食べれるのが嬉しい。いちじくだけでなくてもろこししんじょうとの組み合わせが夏をすっかりと先取りした感じでいいです。いちじくととうもろこしのそれぞれの甘みを堪能しました。

d0059205_12215726.jpg


次に〆の鮎の一夜干し茶漬け。外はかりかりと香ばしく焼かれて、中はしっとりと濃厚な鮎の風味が味わえて絶品ですね。まぐろとこんぶと某料亭と同じ材料でとっている出汁が清々しくてさっぱりとご飯を終えることができました。

そのほかに食べた料理は鱧炙り、平目の昆布じめ、鰹のお造り盛り合わせ、アスパラ鱧巻き、合鴨ロースと夏野菜の炊き合わせ、じゅんさいのひやし茶碗蒸し。
どれも美味しかったです。食べたものぐらいはメモを取るようになったのですぐわかり今後も継続していきたいです。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-31 12:22 | 郷土料理、和食
5月31日のおやつ  抹茶小豆
先月に続いて今月もまたもその月限定のおやつに駆け込みです。5月は土曜日もほぼ仕事で代休をとっていないので休みが日曜日1日しかない状態でおやつだけでなくご飯の食べ歩きが大変でしたね。

d0059205_23312716.jpg


なんとかこの日に代休として半休取れたのでのんびりと食べに行きました。平日でお昼近くなのでがらがら。坪庭がすぐ側の窓際に座りましたので、せっかくだからその背景がわかるようにF11と絞りまくり。F4じゃボケすぎてわからない、F8でもう少し絞りが足りないという感じで段階的に撮ってみました。

さて今月は抹茶小豆。抹茶はホロ苦く甘さなしで蜜の甘さでちょうどよくなっているのですが、抹茶のグラデーションが綺麗でこの深緑色がちょうど新緑の候と重なり季節感たっぷり。
ぷるぷるゆれる大きめな寒天の美味しさはいつもながら、小豆のふっくらとした食感、喉越しのよい寒天もこれまた美味。

さて今月6月は駆け込みとならないように余裕をもって食べたいです。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-31 09:19 | お菓子、パン
5月29日の寝酒 ペドロヒメネス、スプリングバンク
この日の寝酒は地元のバーへ。思えば京都のバー巡りは地元のバーだけにここから始まったのでした。あちこち違う京都のバーに行っていたので、約半年前とずいぶん前に行ったきりで久々の訪問。

d0059205_12184932.jpg


前と同じ場所に座り、まずはチーズが食べたかったので盛り合わせにペドロ・ヒメネス。前の割烹のみりんもよかったけどこのお酒の濃厚な甘みもいいねとチーズを楽しみ、

d0059205_12191132.jpg


そしてシガーとシングルモルトでそういえば京都に住んでもう半年が経ったんだなぁとしみじみ回顧。前から京都に住みたかったのでこのまま住み続けたいですね。仕事は大阪だけどやはり京都に住みたいのです。

さて今回はレアなボトルにいかず他の地域のモルトのスタンダードなボトルを飲み比べて味わいの違いを勉強することに。
写真のパイナップルのリキュールはネタです。カルヴァドスの林檎が入っているものの真似なのか知りませんがそれにしてもどうやって瓶に入れるのでしょうね。このパイナップルが入った瓶は継ぎ目があるのでわかりやすかったですのが、カルヴァドスの林檎は小さい林檎を瓶に被せて中で成長させているようです。なるほどと思いました。

モルトもシガーも美味しくて今夜も食後の余韻を楽しく過ごせました。さてまた開拓を頑張りますか。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-29 12:19 | バー
5月29日の晩御飯 脂のりのいいマグロ、アサリとキャベツの鍋、10年もののみりん
台風が直撃していたこの日、雨で出かける気がしなくてこのお店の予約の時間にあわせて出かけました。お店に着くと先客がいて、ご主人ひとりで切り盛りしていますから予約客が揃って、ご主人の清々しい挨拶の後一斉にスタート。

まずはわかめ、蛸、梅肉の和え物。蛸っていつ旬なのか気になりましたが種類によって違い、真蛸なら4月から8月のようでそれなら新物のわかめと旬の食材の取り合わせになりますね。つるつるとさっぱり、梅肉の爽やかさで食事の始まりにはぴったりです。

d0059205_115846.jpg


そしてお造り。塩をふって1日寝かした鯛、色合いが綺麗なマグロ、ホタテです。鯛は寝かした分旨みが強くなり、何よりも舌にまとわりつくようなねっとりした感じがとてもいい。
マグロは期待通りの味。脂がすぅっと色合い同様に綺麗にとろけていきます。コースの値段からすると考えるとこんなにも美味しいマグロが食べれるなんて嬉しい。大根で作った飾りは5月だけに端午の節句の兜のように見えます。

椀物はこんがり香ばしい鯛の焼き身に鯛そうめん。ほっこりする優しい味付け。

焼き物は加茂茄子の2種類の味噌の田楽。「これから旬ですが、十分いい物があったのでこの加茂茄子を使って2種類の田楽にしていきます。」みたいにご主人が料理ごとに作る前にいろいろと説明してくれて作り方が気になる僕にはこれは嬉しい。またカウンターから作っている様子が全て見えます。たまに奥のほうでなにやら作っているときもありますがだいたいは目の前のカウンターです。
田楽は赤味噌と西京味噌の2種類の味噌。つけあわせに添えてあるクリームチーズの醤油付けが面白い。そのままならお酒のアテですが、西京味噌の田楽にあわせるコクが増して更に美味しいのです。

d0059205_11581670.jpg


続いてアサリとキャベツ、九条ネギ、湯葉の鍋物。この料理、雨で寒かったこの日にはありがたかったです。
アサリと野菜から出汁がでるので、一番出しは水で割っているおかげでアサリの出汁が特によく感じられて豪華な食材を使わなくても身近な素材で美味しい料理ができる好例ですね。

d0059205_11584030.jpg


揚げ物は鱧、椎茸、ほしいも、スナップえんどう。ほしいもを揚げるなんて珍しく、食感が面白かったです。また椎茸は大きく肉厚で食べ応え十分。昆布塩を添えてありました。

ご飯は出来たての出汁巻きに赤出汁、漬物。

デザートは10年物のみりんをアイスクリームにかけて。そのみりんのおかげでデザートが格上げされたような感じ。このみりん、デザートワインのように食後にそのまま飲んでも楽しめそうです。試しにそのまま飲んでみましたが黒蜜を思わせる濃厚な甘みがとても気に入りました。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-29 11:58 | 郷土料理、和食
5月22日のおやつ チーズケーキ
夜ご飯の後にそういえばあの純喫茶に行ったことがなかったというのをふと思い出して寄ってみることにしました。昨日に比べて雨がふったせいで寒かったせいもあり、帰る前に少し温まりたくてね。もう5月下旬の気温じゃないです。この後、ホットカクテルでも飲みたいぐらい。

d0059205_2372327.jpg


さてこんな感じの店内でクラシカルな調度品と趣きがあり、クラシックがかかっています。やはり50mmは狭いので今度は16mmでどんと撮れるだけ撮りたいですね。

d0059205_2375486.jpg


頼んだのはチーズケーキにブランデー紅茶。これでまったり寛いでただいまブログ更新中ということになります
[PR]
by esthetisme | 2011-05-22 23:08 | お菓子、パン
5月22日の晩御飯 筍、山菜などなど
約2ヶ月前の朝8時から予約の電話をかけて1時間経ったぐらいにようやく電話が繋がり、今日この日の予約が取れて、おおよそ7年ぶりの訪問となりました。前回は昼でしたので今回は夜にしましたが、筍と山菜を中心とした献立でお店の魅力を十分に味わうことが出来ました。
どちちも大好物で山菜はこしあぶら、独活、蕨、こごみなどなどいろいろな種類を食べることができて嬉しかったですね。

d0059205_22541954.jpg


とりあえず一枚写真を。〆のおくどさんで炊いたご飯などです。この写真でどこのお店かすぐわかると思います。
お米からご飯に変わる瞬間の煮え端、蒸らしたご飯、おこげと1度のご飯でいろいろと楽しめました。またご飯に山菜を混ぜたものも用意してくれてお腹一杯です。そうそうめざしのお皿はいわし雲が描かれているのですがご主人のジョークが面白かった。
デザートの後は水出しコーヒーを頂きましたが、表(泡なし)と裏(泡あり)と2種類、注ぎ方によって違うものができて面白かった。
さてまた予約を取るにしても最初に書いたとおり予約が取りにくいので悩みどころですね。取れたら7月と鱧の
季節ですがさて取れるでしょうか、またトライしてみます。

ところでこうして早くアップしていかないと写真が溜まる一方なのですが、悲しいことに保存していた外付けHDDが認識できなくなってしまいました。救出できるだけ救出してみましたがやはり全ては無理そうでバックアップを今度からまめにしようと思います。
ということで過去の写真でアップしたかったのが出来なくなる可能性がありとりあえず救出できたものは全てアップしていきたいです。昨日まで普通に認識できていたのに突然こうなるものなんですね。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-22 22:57 | 郷土料理、和食
5月21日の寝酒 ジンライム、グレンフィディック
このお店の前に行こうと思っていたお店が満席でそれならばこのお店はどうだろうと思い行ってみたらこの日は十分空いていました。前に何度か満席でフラレタことがありましたのでようやくの訪問。京都のバーって満席なことが多いですね。東京のバーで満席でフラレルというのはまず経験したことがなくて。

さてそれほど酒類が多いわけではなく、オーソドックスなバーですのでまずはジンライムでさっぱりと。カウンターに肘をついてはいけませんと注意されましたが、おおなるほど肘をつくのならカウンター手前のてすりにするのがマナーなんですね。こういうのってなかなか見かけないのですが本来はバーにあるべきもののようです。

d0059205_23352986.jpg


それからグレンフィディックをロックで。このとおりとても照明が明るいです。食べ物は突き出しのナッツとこのチーズぐらい。12時閉店なのであっという間にその時間。まだまだ終電まで時間がありましたがおとなしく帰りました。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-21 23:35 | バー
5月21日の晩御飯 鱧落とし、伊勢えびの雲丹乗せ焼き、さいぼしなど
昨日の晩御飯は先月も行ったこのお店へ。なにせ手ごろな値段でいろいろと季節の味覚が楽しめますからね。席に着いたらお店の人が覚えていてくれて嬉しかったですね。

d0059205_23203425.jpg


やはりメニューはこの前とは変わり鱧など旬の食材があちこちに。鱧はこの前、会社近くのお店の昼ごはんで食べたのが今年初。お昼の1000円のメニューで刺身が5点盛りなので一口サイズでしたからもっと食べたくて。もう十分というぐらい脂が乗っていますがまだまだ乗るんでしょうかね。

d0059205_23212791.jpg


次に伊勢海老の雲丹乗せ焼き。値段から半身かと思ったら丸ごとで雲丹もたっぷりでなんとも贅沢です。焼いた雲丹って香ばしくて甘みが増して美味しいですね、プリプリの伊勢海老もまた同じ。

他には水茄子、夏野菜の天ぷら、姫鮑の旨煮と刺身、焼き物、揚げ物、煮物と意識して頼みました。

d0059205_2322318.jpg


その後はこのさいぼし。馬肉の燻製です。こういう味の濃いものには写真にある原酒のような濃い酒がよくあうし。さいぼしって初めて食べましたがソフトな食感とスモーキーな香りがたまらなくてお酒のあてにはほんとぴったり。

そして山椒茶漬けを食べてバーへと向かいます。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-21 23:22 | 郷土料理、和食
5月15日のおやつ  葵餅と岩根つつじにわかば(パフェ)
葵祭りと三船祭とどちらも平安絵巻と京都らしいお祭りを見たこの日のおやつは嵐山でいつものお店へ。

d0059205_11183152.jpg


前と同じような構図になってしまいました。早く食べたくてつい楽してしまいましたが、今度は新しい構図でも考えましょうかね。

手前の葵餅はどうやら葵祭りにちなんだようですね。この紫の色は葵祭りの牛車に飾り付けられている藤が思い浮かびました。道明寺製で中は白あんです。

d0059205_1119395.jpg


もうひとうは岩根つつじ。この緑といいさきほどの紫といいほんと初夏らしい色あいで綺麗です。きんとんで中はこしあんです。

d0059205_11194235.jpg


この後は嵐山から祇園へ移動しましたが、またそこでもおやつ。 5月の若葉をイメージした爽やかなパフェです。新茶とぶどうのゼリーや、甘夏のクリーム、色とりどりのフルーツをお楽しみください。とのことで本店限定のメニュー。このお店のパフェを食べるのってほんと何年ぶり。

この後は夜ご飯♪
[PR]
by esthetisme | 2011-05-21 11:20 | お菓子、パン
5月15日の晩御飯 鯛の骨酒に甘鯛の唐揚げ、いわしのたたきなど
この日の晩御飯は魚料理とおばんざいが手ごろな価格で食べれるお店へ。現在のご主人が3代目で100年以上続いている老舗のようです。今のご主人が若い人にも気軽に和食を食べて欲しいということなのですがもう少しメニューに値段が表示されていると嬉しいのですが。でも食べた料理、飲んだお酒からはこのぐらいかなという妥当な値段でしたし、禁煙なのが嬉しい。

お酒はいきなり鯛の骨酒を。やはり時間がかかるということで京都の乾風(あなぜと読みますがまず読めないですね。)の吟醸をもらい、鯛の骨酒を待ちます。

料理はおばんざいを盛り合わせから。ずいきのたいたん、いわしの生姜煮、筍とじゃがいもの煮物。もうそろそろ筍も終わりと名残の味ですね。

d0059205_23424995.jpg


これらが食べ終わる頃に鯛の頭が焼きあがり、丸い器の中へ入れて、日本酒を3合ほど注ぎます。豪快に器ごと飲んでもいいのですがレンゲとお猪口をもらってチビチビ飲みました。また時を同じくする頃に先客がぞろぞろと帰り、常連さんだけとなりましたので、カウンターの中央へ移動し、常連さんと会話を楽しむことに。

d0059205_23435912.jpg


料理は続いていわしのたたき。味の良し悪しは鮮度に左右されますが、さすが魚料理を売りにするだけあり新鮮です。どんどん骨酒に鯛の旨みが溶け込んできて本当に美味しい。

d0059205_23445646.jpg


鯛の骨酒を頼みましたから鯛同士であわせようかと甘鯛の唐揚げ。さくさくとした食感と身の甘さが抜群。

あとはトリ貝とわけぎのヌタを食べて、骨酒を飲み干し、日本酒が染みた鯛の頭の身をほじほじしてすっかりと骨だらけにしてご飯はお終い。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-15 23:45 | 郷土料理、和食