総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Hostsonaten  Springsong
d0059205_10124017.gif


音楽で四季のそれぞれを情景描写豊かに描ききるシリーズの第1作目。昨年2010年にようやく発売を待っていた夏が発売されて春のオリジナルが発売されて2002年以来ようやく完結しました。

今回の春はベースパートの差し替えやメロトロンをサンプルではなく本物に置き換えたりボーナストラックを加えたリメイク盤が2009年に発売されていてその盤を書きます。
いつもながらジャケットのアートワークがその季節を端的に表していて秀逸です。

4枚の中でとりわけアーコスティック、トラッド寄りの色合いが強い春。アコギ、ホイッスル、バグパイプ、バイリオン、フルート、リコーダーと生楽器が満載。

基本は春らしくたおやかできらきらとした抒情に溢れていて、盛り上がるところはメロトロン、オルガン、ムーグといったキーボード類に力強いギターで分厚くシンフォニックになります。
部分、部分でキャメルやアンソニーフィリップッスの初期の頃を想起させるような音です。

1) In The Open Fields
2) Kemper/Springtheme
3) Living Stone And 1st Reprise
4) She Sat Writing Letters On The Riverbank
5) The Underwater And 2nd Reprise
6) Lowtide
7) The Wood Is Alive With The Smell Of The Rain
8) Evocation Of Spring In A Fastdance
9) Toward The Sea
9-a) Black Mountains
9-b) 3rd Reprise
9-c) Springland

とりわけお気入りの曲を2曲ピックアップ。



2曲目のKemper/Springtheme。曲名の通り2部構成。1部目は1曲目で聞くことができるこのアルバムのメインテーマをフルートで奏でていますがこの音色を聞いているとその前の冬と比べてより眩しく感じる日差しが降り注ぐ中、草原を吹き渡る春風が優しく頬を撫で、草花の甘い匂いがするそんな景色に導かれているような気分になります。後半はムーグとメロトロンが加わりシンフォニックな展開へと。
2部目は一転してアコギとホイッスルでケルト音楽を思わせるそんな哀愁のメロディをホイッスルが奏でますがこのメロディ、ほんと大好きです。
ホイッスルに続いてバイリオンも活躍し、そして情感豊かに泣きまくるキャメル張りのギターが延々と続きどこまでも高揚していきます。



アルバムをラストを飾るToward The Sea 。こちらは3部構成の曲で13分の大曲。
1部目は前曲のいかにも春という感じの快活で楽しげな曲調を引継ぎ、リズミカルなテンポにフルートのソロ、サックスの跳ねたような音が加わり、曲が進むとバッキングのバイリオリンがソロと前に出てきたと思うと、フルートがソロを奏で、バイオリンはまたバッキングにと入れ替わりとなり聴いていて楽しいですね。どんどん曲はペースアップしていき、最後はエレキギターのソロへ。
2部目は1部目の最後のエレキギターがそのままメインテーマを奏でるというこのアルバムの3度目のリプライズ。ギターにメロトロンも加わります。ほかのリプライズの時より短めです。
3部目は盛り上がっているところに2曲目の2部目を再びここにとやはりこのアルバムはトラッド(ケルト)が色濃いのでそれへと戻る曲調なので始まるのでこの落差が強烈です。でも大好きなメロディだけにまた聴けて嬉しい。続いてヴァイオリンが登場し、寂しさ、不安感を感じさせるような曲調になるのですが、しかしエレキギターがどんどんと盛り上げていき、最後はバグパイプがメインテーマを堂々と奏でてエレキギター、オルガンと共に感動のエンディングです。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-20 23:46 | 世界中のプログレ
2011年度 東山 花灯路 その2 八坂の塔、円山公園など
結局、東山の花灯路は3回ほど行きました。中でも3回目の時はライトアップの開催を自粛するところが多くて今年は仕方ないかなと。来年以降また撮る機会があるといいなと思います。
その1と同様に5枚アップ。日にちをまたいでいるのですが、夕暮れ時から空が青くなり、夜へと移行する時と時系列的にまとめました。


d0059205_9195971.jpg


d0059205_9214217.jpg


d0059205_9222864.jpg


d0059205_924258.jpg


d0059205_9265368.jpg

[PR]
by esthetisme | 2011-03-19 09:30 | 日記
2011年度 東山 花灯路 その1 円徳院
去年12月の嵐山の花灯路に続いて3月に開催された東山の花灯路です。まだこの日は自粛など縮小して開催はなかったですが、やはりどこのお寺もライトアップの開催は地震の後だけに悩んだそうです。しかし京都に来ている大勢の観光客のために、何よりも被災地の方々に拝観料を義援金として寄付できたらという思いで開催されたそうです。そんな話や特別公開している文化財の話などを拝観客がまとまった数になる度にしていました。
他にもライトアップしているお寺はあるのですがなんか前にも見たことがあるように思えてこの日はここだけでお終い。
レンズ交換せず広角ズームレンズのワンパターンですが5枚アップします。

d0059205_185878.jpg


d0059205_192347.jpg


d0059205_195091.jpg


d0059205_110135.jpg


d0059205_1103622.jpg

[PR]
by esthetisme | 2011-03-13 01:10 | 日記
3月11日の食後の余韻はシャンパンバーで
桜鯛など春の味覚を満喫した後は食後の余韻に浸ろうと前から気になっていたシャンパンバーへ。

シャンパンバーは数多くあれどシャンパンとシガーの組み合わせを楽しめるお店はそうないと思うので貴重なお店です。

お店の扉を開けると丁寧な接客で着席までの案内がじつにスムーズ。


d0059205_022672.jpg


d0059205_0224012.jpg


暖炉の炎とキャンドルの炎が明かりのメインなのでお店の雰囲気は薄暗く、絵画が飾られ、アンティーク家具があり、そこでシャンパンとシガーなんてもうここは日本ではなくて外国のお金持ちさんの別荘で寛いでいるかのよう。

バカラのグラスに注がれるシャンパンは泡が弾けてパチパチと音を立てるのですがその音を天使の拍手と表現するのはつくづく欧米人の感性はお洒落で素敵だと思いますね。

次の日の朝8時から仕事でしたが、シャンパンを初めグラッパ、シェリーなどの美味しいお酒とシガー、お店の人と会話を楽しんでいたらすっかりそんなことは忘れて気づいたら午後2時過ぎぐらいまでいました。お店の方のユーモアのセンス、抜群です。

d0059205_023111.jpg


シャンパンにシガーをあわせるのが今までしたことがないのでとっても興味深くて、相性がいいのかなと思いましたが、シガーマネージャーがいますので30種類ほどあるキューバ産のシガーからオススメのシガーをあわせてみたのですがソフトで繊細なシガーの味わいだけにぴたりとあいました。せっかくグラスのシャンパンが4種類もあるので他のロゼシャンパンでもあわせみたのですがもちろん問題なし。いつもシガーにはモルトかコニャックなので新鮮な気分になれました。

これから食後の余韻に浸る時はシャンパンにシガーという組みあわせも選択肢のひとつですね。今度行ったら他にオススメのシガーをいろいろと教えてもらうと思います。

最後にお店は売り上げの5%を東北地方太平洋沖大地震の義援金として寄付するということをしています。小さなことだけどできることをしたいというお店の方の思いからです。
是非多くのお店で賛同して同様の事を行う助け合いの輪ができるといいなと思います。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-12 00:28 | バー
3月11日の晩御飯  桜鯛、筍、鮑など
この日は東北地方太平洋沖大地震が起きた日でした。地震発生時はお客様の会社にいて会議がこれから始まろうとしていた時でした。
地震の影響を確認するため会議どころではなくなり、すぐさまついたテレビを見ると津波の注意をさかんに言っていて、車、船、家など何でも飲み込んで滅茶苦茶に破壊していく津波の様子を見て自然の恐ろしさにただ圧倒されるだけでした。
実家が東北地方ですが、住んでいる場所から地震の直接の被害は受けないため無事だろうと思いました。念のため電話をかけると地震とほぼ同時に停電となり実家の電話にはかからないので、携帯にかけてみたのですがすぐ切断されて2時間以上はかからなかったです。ニュースを見るとネットは機能していたようなのでskypeはどれだけ有効だったのか気になりましたね。ようやく電話が繋がって思ったとおり無事でしたが、停電となっていて何かと不便だったことでしょう。
でもそれ以上に地震で被害を受けた方々は大勢いますので、お悔みを申し上げると共に被災地の一日も早い復興を願ってやみません。

さてこのお店に行ったのは僕と同じく実家が東北にあるご主人に会うため。実家は無事だったようで安心してご飯を食べることに。

まず食べた中から一品。

d0059205_23574363.jpg


●桜鯛、筍、菜の花のお椀
この前は桜鯛と蚕豆でしたが、この組み合わせもまた春らしさ満開ですね。
体の中に栄養をたっぷりと蓄えて、春の産卵に備えた鯛は体の表面がピンク色になるから桜鯛って呼びますが、そんな鯛だけに身は引き締まり、甘みがぎゅうっと凝縮される。
このお椀の桜鯛もそんな味わいが楽しめるのですが、お造りが一番楽しめました。こんなにも甘いのかというぐらい身が甘かったですね。身の弾力がよくて噛めば噛むほど甘みが増してくる。食べてから20日以上経ってもその時の味が鮮明に蘇ってくるほど印象的でした
ところえお椀の器が銀色、蓋の裏側は金と料理を美しく引き立て素敵。料亭でも使われそうなぐらい立派。お椀の出汁の味はいつもながらの味。もう褒める言葉が枯渇してきたのでその程度で。

その他に栗のようにほくほくとした甘みの筍の天ぷら、バター焼きの香ばしさがたまらない鮑のバター焼き、初めて食べる若ごぼうのお浸し。ごぼうってふつう根の部分を食べますけど、この若ごぼうは茎と葉を食べるもので独特の歯ざわりと香りが特徴的ですね。
さっぱりとした後の〆はまたも桜鯛でお茶漬けで。お椀で出汁を堪能したのにまた最後でも。何度味わってもまた食べたくなる。ほんと大好きな味わい。

d0059205_23581739.jpg


飲んだお酒はこちら。純米大吟醸でも純米酒でも値段が変わらない、同じなのはほんとありがたい。

d0059205_23585397.jpg


そしてこちらも。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-11 23:59 | 郷土料理、和食
3月5日のおやつ
今日の京都は青空が広がっていて陽気な気候で気持ちいいの休日となりました。今日のおやつはケーキ2つです。

d0059205_13205116.jpg


まずはいちごのムース、アニスの香りを効かせて。このお店はムースが得意ということですし、まずはさっぱり目のケーキから思い選びました。いちごにアニスですからもちろん爽やかなで優しい甘さです。
ところで光量不足なのかなぜかすっきり撮れなかったですね。

d0059205_1321348.jpg


そしてやっぱりね、伝統的なお菓子が好きなのでサントノーレ キャラメル。キャラメルの香ばしさとほろ苦い味わいが美味しいですね。
こちらはマクロレンズに変えて撮りました。前の写真のレンズより暗いレンズなのに同じ状況でもすっきり目なのがちょっと分からない。
ちなみに前のケーキもマクロレンズで撮りましたがやっぱりすっきりしない。被写体によるということでしょうか。まそれでも見た目にほぼ近いからいいんですけど。


こんな風に食べたものはすぐアップしたいものです。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-05 13:28 | お菓子、パン
3月5日の晩御飯 祇園でおばんざい
この日の晩御飯はおばんざい。おばんざいって家庭料理なんですからもっと値段が手頃でそもそも値段が明示されるべきと思っているのですがなかなか思ったとおりのお店がまだ見つけられていないです。

今回のお店は祇園にありながら料理はだいぶ手頃な値段です。あとはお酒の値段が半合ではなくて1合の値段になって、禁煙になってくれたらとても通い安くなります。
でもお酒は京都のお酒が中心で大好きな山廃が2種類もあり、山廃は好き嫌いがはっきりと分かれるお酒なので置いているお店がなかなかないだけにとても嬉しいもちろん2種類とも頼みましたよ。

d0059205_12482367.jpg


最初が不老泉の山廃純米吟醸。次がこの写真にある、玉川の山廃。これ、どうやら冷やおろしと去年の秋のお酒のようですけど。残り少なかったので半合として取れない部分はサービスしてもらいました。
お店の人はきさくで何度も話しかけてくれるので1人でもちっとも退屈しませんでした。ま僕もおしゃべりですので話しながらでないと食べるのが辛い。
それから鷹長の純米酒も飲みました。滋賀、京都、奈良と関西圏を幅広く。

d0059205_12485827.jpg


d0059205_12492464.jpg


料理は①鰊と茄子の炊いたん、牛蒡の胡麻和え、わかさぎの南蛮漬け②鴨ロース、おからコロッケ、餅の揚げ出しを注文。その中から①と②の写真を載せます。どれもおばんざいの定番といった感じで、ほっこりとくつろげる家庭料理です。
写真にあるように2人で十分取り分けれる量です。さすがに餅の揚げ出しはお腹が一杯でよく食べましたねってお店の人に言われました。
なお1人前からでも頼めるので今度からは1人前にして種類を増やしたいですね。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-05 12:49 | 郷土料理、和食
3月5日の昼ごはん
d0059205_954475.jpg


既にアップしていますがケーキの後は昼ご飯。八坂神社近くのおすし屋さんです。こんな風情のあるお店ですね。写真には写っていませんが火鉢で鉄瓶を温めていてこれでお茶で飲むのかなと。

d0059205_9553821.jpg


定番の鯖寿司のほか、いろいろな種類のお寿司があるのでどれにするか迷いましたが冬季限定の蒸し寿司にすることに。3月までですので食べれるのも今のうちと思いまして。蓋を開けると湯気が上がってくるのですが残念ながら写真では撮れず。
この日はコートが要らないぐらい暖かったのですがコートが要る寒い時にはこの温い寿司はやはりご馳走になるでしょうね。それは去年の11月に他のお店で蒸し寿司を食べて思ったことなのですが。


お酒は白鷹しかないようでそれを飲みながら食べてもう少しつまみたかったので

d0059205_9555813.jpg


いなり寿司と精進料理の技で作ったという粟麩の巻き寿司を。これだけ食べると十分お腹が膨れましたので冬の特別公開をしている知恩院へと向かいます。
今度は定番の鯖寿司や鱧のなれ寿司を食べてみたいですね。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-05 09:56 | 日記
3月5日の寝酒 ラフロイグの熟成酒の飲み比べなど
おばんざいを食べた後は祇園界隈を散歩。頻繁にすれ違う舞妓さんを見ながら散歩してどこのバーへ行こうかと思案し、八坂神社近くのモルトが揃うお店にしました。お店を知るまではこんな場所にあったなんて知りもしませんでしたね。食べログに感謝です。

まずは少し寒かったので寒いときはホットカクテルということでホット・バタード・ラム・カウを飲み、すっかりと心も身も温まりました。

そして本題のモルトです。やはり個性のある味わいのお酒が好きなので、例えばそれはラフロイグでありそこからお店オススメのお酒を選んでいます。

d0059205_034895.jpg


今回はラフロイグの熟成酒が2種類あるということでせっかくだからハーフショットで飲み比べをすることに。ラベルに記載された年からふたつともちょうど同じぐらいの年月かなと思ったら違うようですね。注がれてすぐに
色合いが左は濃い、右は薄いというのを見てだいたい色が濃いほうが香り、味わい、余韻のどれも優れているのですが今回もそうかなと思ったらやはりそうでした。ラベルだけ見たら右の日本の伝統芸能の能をイメージしたデザインがいいんですけどね。
やはりこれだけ熟成するとラフロイグ特有のパンチの効いた味わいはおとなしくなりまろやかで、ボディに厚みを感じ、余韻が長く続き、じっくりと楽しめる。

この後にももう一杯モルトを飲むころには終電の時間。0時を過ぎて1時近くが終電なので夜ご飯の後でもゆっくりと更けていく京都の夜をお店の人と会話を楽しめるのが嬉しいです。つくづく今のところに住めてよかったと心底思います。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-05 00:35 | バー
知恩院~清水寺~祇園界隈
八坂神社近くのお寿司屋さんで昼ごはんの後は冬の特別公開をしている知恩院へ。

d0059205_0294611.jpg


いつもながら圧倒的な規模の三門は立派ですね。つい寺院の門は山門と書いてしまいますが、知恩院はちゃんと意味があって山門ではなくて三門です。詳しくは知恩院のHPで。拝観料を払ってチケットをもらう時にカレンダーをもらいました。


なかなかに傾斜がきつい階段を登り三門の楼上内部へ。ちょうどガイドさんの説明が始まったところで聞きながら内部を見るにやはり柱から天井までの極彩色の装飾が荘厳な雰囲気でとても見ごたえ十分です。

d0059205_0302631.jpg


説明が終わり三門の上から京都市内を見渡します。写真ではよくわかりませんが景観が高い建物で損なわれている部分もありやはりこれは残念。もっと早くから高さ規制が行われて景観が守られているとよかったのに。

d0059205_0305195.jpg


せっかく梅の時期ですから梅も撮ろうとレンズを望遠のGレンズに変えて撮りましたがやっぱり青空が欲しい。といつも同じこと言っています。

d0059205_0313113.jpg


夕暮れ時の清水寺の入り口あたり。桜が咲いたらもう少し画角を広げて桜も構図内に入るようにしたいですね。

d0059205_0321641.jpg


さらに時間は進んで夜の時間へと移行する瞬間。ここも桜が咲いたらまた撮りたい。とこの日はこれから桜が咲いた時の構図、レンズを何にするかという予行練習みたいなものです。
桜が咲いたら人でごったがえしてゆっくりとそういったことを考えられないと思いますので。


この後は祇園のおばんざいやさんへ。それは別記事でアップします。

d0059205_033494.jpg


おばんざいを食べた後、祇園界隈を散歩。石畳、昔ながらの町屋とやはりこのあたりの雰囲気がとても好きです。このように着物姿の女性や料理屋さんへ入っていく舞妓さんをたくさん見ました。
白黒のほうが情緒があるかなと思いますのであえて白黒で。夜の散歩の時は50mm F1.4の絞り開放と楽して撮っています。せっかくの明るいレンズなのですから絞りたくないですしね。
[PR]
by esthetisme | 2011-03-05 00:33 | 日記