総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2月27日の晩御飯  牡蠣、まながつお、甘鯛など
この日は「京都府立植物園 花の回廊~おやつ~ラファエル前派」という記事でアップしたとおり、昼間から夕方はそんな感じで過ごしていました。

展覧会を見終わってもまだ予約の時間があったのでお店近くの純喫茶でしばし待ちましたが予約の時間を過ぎてもまだ前客が帰らないので更に待つことに。まだかなと思っていたらようやくお店から電話がありましたので向かいます。

お店について黒板のメニューを見て最近食べたことがあるのが多いなということで違うものを頼みました。

生牡蠣、まながつおの焼き物、てっぱい、甘鯛の酒蒸し、丸ぞうすいに栄勲、松の司、立山とお酒は3合で。その中から選んで写真をアップします。

d0059205_19581545.jpg


生牡蠣。生ゆえにつるっとした喉ごしと濃厚な味わいがたまらなくて日本酒がぐいぐい進む。ちなみに1個200円と破格の値段でしたが、ほかは1人で食べるといい値段に感じるので2人で取り分けて食べるのがちょうどいいかな。

d0059205_1949137.jpg


甘鯛の酒蒸し。名前の通り身がとっても甘くてなんとも言えない上品な脂のノリ。これが1番美味しかったですね。これだけ美味しいなら刺身でも食べたくなりましたが値段で躊躇して結局頼まず。シーズンが終わる前に食べる機会を作らないと。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-27 19:56 | 郷土料理、和食
京都府立植物園 花の回廊~おやつ~ラファエル前派
アップする記事の日にちが前後しまくりですが今ある写真はこれだけなので。

この日は新しいデジイチの受け取りで午前中が潰れてその後、そのデジイチの液晶保護シールを買いに京都駅のビックカメラまで行ってから京都府立植物園で新しいデジイチのデビューです。
荷物は午前中指定すると来る時間は必ず11時を過ぎますね。荷物がその他に3つほどあったし、違う宅急便業者も来るので諦めてのんびり待っていました。

d0059205_9322419.jpg


花の回廊の入り口。入った途端に空間に目一杯広がる春の草花達の甘い香りに包み込まれ、色とりどりの鮮やかな咲き乱れる様子は春の華やぎを感じさせてくれて心がとっても明るくなりますね。
ここだけはもう春が訪れていました。この日はぽかぽかと陽気な気候でこれで一気に春に向かって欲しいと思いましたが、夜から雨と気候がまた戻ってしまいました。でも雨が降った分、まだ咲いていない梅や桜にはいいことでしょう。

d0059205_9324196.jpg


さきほどの入り口あたりでボケを生かした写真を撮ろうとマクロと望遠レンズで構図を考えたのですが、新しいカメラがフルサイズと画角が変わったおかげで思うように構図が決めれなくて時間がかかりましたね。久々のフルサイズだけに仕方ないです。何度もいつも使っているデジイチに変えようかと思いましたがどうしても新しいデジイチで撮りたくて粘って撮ったのがこの1枚。
ところでもうチューリップが見れて嬉しいな。桜も大好きだけど色とりどりのチューリップもまた大好き。この日は他にも春の草花が咲いていたのですがほぼチューリップばかり撮っていました。

d0059205_9343640.jpg


こちらは50mm F1.4の絞り開放。開放から使えると聞いていたのでその写りを期待して。光量が足りないのか思った以上にすっきりしません。この時はこのレンズの性能があまり凄いとは思いませんでした次の写真を撮ってやっぱりいいレンズだと再認識。


d0059205_9361830.jpg


参考までに同じレンズの絞り開放。こちらは夜へ移り変わる瞬間をとらえることができたかなと思います。画面上にある桜が咲いたらまたこの構図でこの時間帯に撮りたいですね。最近の夜の散歩時はこのレンズで絞り開放で楽に撮って遊んでいます。

d0059205_9375941.jpg


この後はおやつとラファエル前派の展覧会を見に京都駅へ。おやつは宇治のお店が京都駅に支店を出していましたのでそこで。瀬戸内寂聴から名前を頂戴して特別にブレンドしたお茶と抹茶ゼリー、抹茶チョコのセット。
お茶はかぶせ茶といって器を温めたお湯で急須に入れて、60秒ほど待って飲むものです。ぬるめのお湯で蒸らすようにして飲むのはすすり茶に似ているんですけど。やはりぬるめのお湯で蒸らすので茶葉の甘みがよく感じれます。これだけ別のデジイチです。食べものはそのデジイチが担当ですね。

おやつを食べた後はラファエル前派の展覧会で彼ら、彼女らの絵画に久々に再会できたことを心から喜んで鑑賞。見たことのある絵画ばかりでしたが何年ぶりと久々にこうしてまとめて見れる機会に恵まれました。今月末までなのでまた見に行きます。

おやつの後は予約していた割烹へ。それは別記事で書きます。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-27 09:40 | 日記
雪景色の大原 大根炊き
大原は紅葉の時に来たことはあるのですが、冬に訪れたことはなく京都の奥だけに雪景色が楽しめるだろうと思ったら予想通り綺麗に白く雪化粧していて秋の紅葉の時は違う趣を楽しむことが出来ました。やはり雪化粧していると水墨画の世界にいるみたいです。

この趣を期待しながらまた大根炊きは去年に日蓮宗のそれを食べて咳がぴたりと止まったこともあり、またご加護を授かることができたらと思いながら現地へ向かいました。

着いたら予想通りの雪景色に雪がちらちらと舞っていてなんと例えようのない風情、美しさは更に増してただ見とれるばかりでした。

空からの贈り物に感謝して大根炊きのイベントがある三千院へ目指します。

d0059205_2146277.jpg


まずはお茶と羊羹で一服です。

d0059205_2147793.jpg


こんな雪景色と格別の雰囲気の中で。多くの方々が口々に綺麗と言う言葉を発していました。

d0059205_21475820.jpg


そして大根炊きへ。お椀と同じくらいの大きさと立派な大根でした。それほど寒くはありませんでしたが身体の芯から温まります。祈祷されているだけにご加護がありますように。

d0059205_21482699.jpg


身体がぽかぽかしてきたようで身体が軽快に動くようになったかということで撮影再開。曇り空ばかりでなかなか青空に恵まれませんでしたがそれでもなんとか青空に近い空に恵まれた一枚。

d0059205_2148593.jpg


この日はズームの10mmばかり多用していたので約50mmになる単焦点で撮った1枚ですがこのレンズはお手軽レンズなのに写りがよくてその場の空気感を感じとることができて大好きです。

d0059205_21494183.jpg


こちらは来迎院。三千院の後に少しだけバスまでの時間がありましたので急いで行って撮ってきました。これもやはりさっきの50mmらしいなぁと思います。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-26 21:50 | 日記
2月5日のご飯の後は町屋のバーで
美味しいお酒とご飯で幸せな気分のまま、前から行こうと思っていた町屋のバーへ。こうした空間を使ったバーなんていかにも京都だなぁと思います。
細長い通路を抜けるとバーのある町屋が目の前に開けるのですがなんとも素敵なアプローチではないですか。

d0059205_13523425.jpg


土曜日ということもあってほぼ満席状態。なんとかひとつだけ空いていたカウンターに座れてラッキー。この後、電話で断られた方がいましたから。ちなみにこのカウンターは10mmと超広角でなんとか端から端まで収まりました。

d0059205_1452191.jpg


日本酒4合の後なのでまずはさっぱりとさせようと苺のカクテルと可愛らしいものを。ウォッカべースですがジュースですね。さっぱりできたのでよしとしよう。

d0059205_1354432.jpg


次に背景にボケている3種類のお酒でまたもカクテル。ちょっとオリジナルを効かせてとお願いしてみました。

d0059205_1354228.jpg


そのカクテルにあわせてチョコレートを頼みマリアージュを楽しみました。

d0059205_140281.jpg


次のマリアージュは甘口ワインに塩辛のブルーチーズ。この組み合わせは嵌りますね。甘口ワインはあまり品揃えがないようでその中からペドロヒメネスにしました。

さて次はどこの京都のバーに行ってみようか、決めるのが楽しいですね。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-12 14:02 | 日記
2月5日の晩御飯
先にアップしたように和菓子の後はもう何回も通っている最強のコスパを誇る小料理屋さんへ。

d0059205_13341014.jpg


至福の時の再開は鱈の白子のポン酢から。むっちりと甘くコクのある味わいがたまりませんね。もうそろそろ食べるの終わりになりますからその前にまだまだ食べたい

d0059205_13345193.jpg


春告魚と言われるメバルの焼き物。やや淡白ながらも脂のった味わいに香ばしく焼けた皮のどちらも旨い。今度は刺身か煮魚で食べてみたい。

d0059205_13351447.jpg


蟹味噌と蟹の身を混ぜてさくさくとした香ばしい食感、日本酒がどんどん進む味わいのコロッケ。

そのほかに新たまねぎのべっこう煮、鴨葱と牛舌の焼き物に締めはミニ天丼。何を食べても美味しいですし、外れがないのが凄い。ところでご飯物はこれにて全種類をようやく制覇です。

d0059205_13354073.jpg


飲んだお酒はこちら。

d0059205_1336426.jpg


そしてこちらも
[PR]
by esthetisme | 2011-02-12 13:36 | 郷土料理、和食
2月5日のおやつ
d0059205_1321544.jpg


d0059205_12572647.jpg


この日のおやつはこの和菓子屋さんへ行ってきました。和菓子ってこんなにも美味しいものなのかと開眼させてくれた僕の和菓子の食べ歩きの出発点です。どれを食べても美味しいのですが中でもきんとんのそぼろの繊細優美さは京都の名だたる和菓子店の中でも圧倒的で正に職人芸の極みですね。

d0059205_12582636.jpg


京都に住んでからは買いに行くのがとても楽になりましたので頻繁に買いに行きたいです。とりあえず食べた中からひとつだけ。きんとんの松の雪。
せっかくの芸術作品の粋まで達しているお菓子ですからもっと綺麗にそして美味しそうに撮れるように環境を整えています。そろそろ終わりそうなので今度からはよりより写真が撮れるかなと思います。

また他に食べたのはこなしで粒餡の軒端の梅とうぐいすもちです。いつも最高の美味しさの和菓子、どうもごちそうさまです。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-12 13:01 | お菓子、パン
2010 嵐山 花灯路
d0059205_10375999.jpg


まずは渡月橋からスタート。空の色が濃くなる時までここで待ちます。

d0059205_10383460.jpg


法輪寺。刻々と模様は変わっていきますがどれも派手、奇抜すぎでお寺の本堂にこんなライトアップするなんて驚きです。

d0059205_1039292.jpg


本堂だけでなくこの塔も同様のライトアップです。うーん、撮っていてなんですが好みじゃないです。

d0059205_10393638.jpg


そして竹林へ。ライトアップの色が寒々しいので赤っぽくしてあります。

d0059205_10403683.jpg


落柿舎の前だけに柿が地面に落ちているかのようなライトアップをしています。

d0059205_10421441.jpg


常寂光寺へ向かう途中のあたり。これで本当にこの年の紅葉の見納め、最後でした。

d0059205_1043816.jpg


常寂光寺前のいけばな作品。まだ行きたい場所はありましたがこれにてこの日の花灯路は終了。移動の時間をチャリでかせいだのですがそれでも1回では回りきれなかったのでまた今年も見に行きたいですね。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-12 10:43 | 日記
マリー・スティルマン 「魔法をかけられた庭」
d0059205_4413883.jpg


マリー・スティルマン 「魔法をかけられた庭」

この絵の主題はボッカチオの「デカメロン」の一篇(10日目、第5話」が元になっています。ウディーネを舞台としたこの一篇には、ギリベルトという金持ちの高官の妻ディアノーラに思いを寄せた貴族アンサルドの話が綴られています。
ディアノーラはアンサルドの求愛を拒絶しますが、結局のところはもし彼が1月の庭に花を咲かせることができたら彼に身を寄せることを約束します。
ディアノーラはアンサルドにはそれは不可能なことであるため、執拗な誘惑をこれで断ち切れると信じました。
しかしアンサルドは高い報酬で魔法使いを雇い、庭に花を咲かせて、ディアノーラと淑女達を招待して、彼女に誇らしげに花や果実を見せます。
困惑したディアノーラは自分のしたことを夫に告白します。夫は初めは激怒しますが、動機に不貞のないことを理解して彼女にアンサルドの許へ行くべきこと、そしてもし必要なら彼女の魂は別として肉体は従うべきだと説きます。
ギリベルトの寛大さに感動したアンサルドはディアノーラの約束がなかったことにして、一方、魔法使いはアンサルドが肉欲を放棄したことに感銘を請けて、庭園に魔法をかけた報酬を辞退します。

この絵はマリー・スティルマンの作品中最も野心的でしかも完成度の高い作品の1点であり、彼女の画家としての個性となっている想像力が見事に発揮されています。
これは新聞記者の夫と共にイタリアに住んでから製作されていて、イタリアが彼女の主題の選択に影響を与えた好例です。
人物の処理がまったくもってイタリア的で、特に小姓の衣装に顕著に影響を認めることができます。それらはギルランダイオかペノッツオ・ゴッツォーリのフレスコ画からそのまま採用されたものと思われます。

この絵は1889年ニューギャラリーに展示されましたが、このギャラリーは、グローヴナー・ギャラリーの分身として前年に開催されたばかりでした。
マリー・スティルマンは、バーン=ジョーンズやラファエル前派の後期の画家たちの多くと同様に、両ギャラリーに定期的に作品を展示しました。

参考文献 「ラファエル前派とその時代」
[PR]
by esthetisme | 2011-02-12 04:43 | ラファエル前派
1月28日の美味しかったもの
d0059205_9242726.jpg


まずは精進料理の豆腐料理の1日講座で多彩な豆腐料理に舌鼓。豆腐の豊かなバリエーションにただ驚かされるばかり。豆腐料理のレパートリーは100種類は軽く超えるようですから是非続きというか全部再現してもいいんじゃないって思えましたけど再現も難しいものもあるかもしれませんね。なにせ江戸時代のレシピですから。
ところで作っているときに感じたのですが大根おろしのすり方、野菜のいため方とかすぐに日々の料理作りに
役立つものが発見できて有意義な時間でした。

d0059205_9245495.jpg


次にまた皆で中華料理。何年かぶりの中華街にて。またこのように集まれるといいですね。次に集まるとしたら京都がいいのですが。いくらでもふさわしい場所は用意できるかな。
とりあえず4月には親父とお袋が京都に来ますからたぶん桜吹雪が舞う中、京都の4月を堪能できる美味しいご飯とおやつを用意しておきますね。
ご飯を食べる場所にふと思い浮かべたら♪桜散る散る嵐山と日本の情緒が漂う名曲が流れてきました。この曲、京都の名所が数々と歌詞に出てくるのですが京都に住んでからこの曲がほんとしっくりと自分の中では馴染んできましたね。
70年代のフォークって今の歌にはない情感がありほんと大好きです。日本に限らず同じ70年代のイギリスを初めヨーロッパのフォーク、ケルト音楽もまた大好きですけどね。

d0059205_926995.jpg


中華の後は同じ飲兵衛さんと一緒にいつもの蕎麦屋で。蕎麦は撮らずに食べたので天ぷらを。いつも付き合ってくれてありがとう。
ところで料理写真も中華の写真もいまいちなのでようやく美味しそうに料理が撮れました。
ワイン、紹興酒とお酒が続き、明日はワインなのでそろそろ日本酒が飲みたかったのでちょうどいい機会でした。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-07 09:29 | 日記
ロリーナ・マッケニット Wind That Shakes the Barley
d0059205_14281898.jpg


カナダ生まれの世界的によく知られた才能豊かなハーパー兼女性ボーカリスト。初期は素朴なケルト音楽でしたが、作品を重ねるごとに作風は広がり、ケルト音楽をベースに多種多様な民俗音楽を取り入れてボーダレスな音楽を特徴としていました。

そんな彼女の最新のアルバムは原点に回帰するようなケルト音楽集。9曲中オリジナル1曲のみで創りこまれたこれまでのアルバムと違い伝統曲だけに素朴なアレンジとメロディが際立ち、伸びやかで気品溢れる歌声がよく胸に染渡り、聞くたびに味わいが増してきます。

ケルト音楽の旋律は悠久の時を超えても変わらない美しさで輝き続けるからこそこうして聞き手の感動を誘いますね。



アルバムの全部の曲がアップされているようですがその中でも大好きな曲を1曲。彼女の歌声はもちろん、イーリアンパイプの哀愁を帯びた旋律にも泣ける、ほんと泣けてきます。

前作から約4年経って届けられたアルバムはこのような内容でしたが次の作風を楽しみに待ちつつ、そして再来日を望みたいところです。
[PR]
by esthetisme | 2011-02-05 14:28 | ケルト