総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
11月10日の昼ごはんなど
d0059205_141678.jpg


この日は楽しみに待っていた祇園をどりを鑑賞する日でした。チケットを買うのが遅くて買うときに一番いい席が残っている日はいつですか?と聞いたら10日の1回目でしたのでその日にしました。

祇園をどりの前に昼ごはんです。以前、ふられた蒸し寿司をようやく食べることができました。11月から3月までと冬限定のお寿司です。せっかくなので並ではなくて上にして、湯葉、鯛の切り身などが入った赤出汁も一緒に。
注文してから15分ほどはかかるのでそれまで待つのに日本酒となにか肴があるといいかなと思いました。やはりご飯のときにお酒は欠かせませんしね。

お茶を飲みながら待っていると思ったよりも小さめな丼に入った蒸されてあつあつの蒸し寿司がでてきました。蓋を開けるとかすかに酢の香りがしました。穴子を混ぜこんでいるご飯の上に錦糸玉子を敷き、其の上に海老、蟹のほぐし身、銀杏、紅葉麩、椎茸など上にしただけあって具が盛りだくさんです。

食べてみるとほんわかと優しい味わい。どれも丁寧に調理されていて美味しいですね。寒い日にはなかなか冷めないこのご飯が身も心も温めくれてさぞかしご馳走になることでしょう。

d0059205_143227.jpg


d0059205_1432832.jpg


美味しい昼ごはんに満足した後は祇園をどりの会場へと向かいます。舞妓さんの踊りをようやく見ることができて嬉しい。見るほうに夢中になりたいと思いつつもやはり撮るほうに夢中になってしまいました。動画をαl55に任せて、静止画はα700で。

祇園をどりの後はおやつを食べにお餅屋さんへ。あいにく店内で食べれる時間を10分オーバーしてしまい持ち帰ることに。

d0059205_1414688.jpg


d0059205_1422515.jpg



そして帰り道に京都支庁の開放をしていましたので撮ってから晩御飯を食べに期間限定で住んでいたところへと向かいます。

お酒も料理も良心的すぎる値段で食べれる大好きなほんと大好きなお店です。自分の好きなお店のベスト3のひとつです。別の記事でアップします。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-29 14:03 | 日記
2010紅葉 5日目 将軍塚 ライトアップ
この日は昼に丸山公園、南禅寺、哲学の道、法然院と行っていましたが、まずは夜の将軍塚をアップ。この後は永観堂にも行きました。

自由自在に歩きたいのでこの日もチャリ。これだけ走るとかなりいい運動になりましたよ、永観堂の後には晩御飯にと今年4回目の割烹まで約30分ほどかけて行きましたし。一日約3時間ぐらいはチャリをこいだかな。
なかなか市内から将軍塚までチャリでは行かないでしょうね。行くのであれば車でしょう。でも帰り道、歩いている人がいて危険だなぁ、チャリなら帰りはこがなくてもいいので歩いて下るなんて大変だなと思いながら追い越しましたが。
上りさえ頑張れいいのですがやはり途中で無理でした。一番近い蹴上駅から相当の距離があります。でも遠い分、人はほかの名所に比べて少なめで穴場といえば穴場になるでしょうね。

さて駄文はこのくらいにして撮った写真をどんどんアップ。ここまで来れば京都市内の夜景も綺麗に見えて撮るのが楽しい場所でした。

d0059205_234959.jpg


d0059205_2324371.jpg


d0059205_23586.jpg


d0059205_2372914.jpg


d0059205_2312632.jpg

[PR]
by esthetisme | 2010-11-28 23:24 | 2010 紅葉
2010紅葉 4日目  宝厳院 ライトアップ
嵐山の紅葉祭りの後は宝厳院へのライトアップへ。入場時間が近づくに連れて列がどんどんと大きくなりましたが、気にせず空の青さが濃いうちに写真を撮ることに。

d0059205_972464.jpg


撮った写真はまずは入り口あたりのこちら。

d0059205_975182.jpg


それと入り口から近くのあたり。やはりこの空の青さ、この時間帯がとても好きです。

d0059205_9122460.jpg


十分、満足のいく写真が撮れたので中へ。まだこのように早いところが多いですね。また来ましょう。

d0059205_963335.jpg


苔の上に紅葉が。作為的な感じもしますがパチリと。マクロレンズに変えようかと思いましたが35mmレンズでだいぶ寄れて、このレンズ、ほんと便利です。

d0059205_983679.jpg


50mm F1.8の絞り開放。どれだけ背景がボケるか試してみようと思いまして。そのうち50mm F1.4をα55の購入特典で無料でレンタルできますので撮り比べてみようと思います。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-15 09:08 | 2010 紅葉
2010 嵐山 紅葉祭り
昨日は嵐山で紅葉祭りへと行ってきました。ちなみにこの日には長岡京でガラシャ祭りの行列巡行もあり、このように同じ日に祭りが重なることが多く、全部の祭りを見るのには年月が要りますね。

さてこの日の天気は残念ながら曇り空で写真がすきっと抜けのよくない感じになりますのであまり撮る気持ちにならなく、また来年以降に来れたらいいなと思います。

d0059205_8501932.jpg


行き交う紅葉祭りの船。何度も同じところを往復しますのでとても撮りやすいです。まだ紅葉は5分ぐらいでしょうか。

d0059205_8511270.jpg


渡月橋を背景に舞を披露。岸までちゃんと寄ってくれますからこのとおり撮れるわけです。

d0059205_8514068.jpg


べっぴんさんの島原太夫。河畔からほんの少しだけ歩いてくれます。

d0059205_8521599.jpg


この日のおやつは亥の子餅。源氏物語にも出てくるお菓子でもともとは貴族のお菓子。またお茶の炉開きにも欠かせなく、習っている先生宅でも頂きましたし、京都のお餅屋さんでも買って食べましたのでこれで3回目です。

d0059205_853613.jpg


いつかはこの門をくぐり、懐石料理を頂きたい吉兆の門のあたりです。このように全体ではありませんがライトアップがされています。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-15 08:53 | 2010 紅葉
2010紅葉 3日目  知恩院 ライトアップ
この日も昼間は曇り空なので昼間の撮影は見送り、夜のライトアップを撮ることにしました。その前にいつも楽しみなおやつの時間。

d0059205_2072690.jpg


この日はまずは今年3回目の善哉でそれも栗善哉。手向剥きした栗はほんと栗の素朴な甘みがして美味しいし、小豆のホクホク感、風味もまたいいですね。とりあえず3回目の中では1番の善哉でした。

d0059205_2082830.jpg


それからこのお店の名物。ミニサイズしかないということなのですがミニでも十分な大きさ。昔ながらのかまどで炊いて作るあっさりと上品な甘さの餡、出来立てというかここで食べるからこその歯ごたえのいい餅、香ばしい黄粉と素朴なお菓子でどこか懐かしい感じがします。

善哉とお餅を食べた後は昨日と同じように四条通を急いで知恩院のライトアップへと向かいます。着いてみたら雅楽の生演奏が聞こえてきて秋の夜長に情緒があっていいなと耳を澄ませることに。

d0059205_2094163.jpg


こういうサービスがあると京都で紅葉を見ている気分がよくすると思いながら撮影開始。まずは迫力のある門から。

d0059205_2011575.jpg


そして観音様のあるあたり。せっかく水面に反射しているのですから全て構図に入れておこうとこんな1枚を。

d0059205_20121033.jpg


漆黒の闇夜に浮かび上がる紅葉。望遠で300mm(APS-C換算450mm)と伸ばせるだけ望遠を伸ばして
パチリと。

d0059205_20141041.jpg


こちらも水面に反射する紅葉を狙って。50mmだと少し長かったのでライブビューで上から見下ろす感じで。

d0059205_2015498.jpg


いつものように人がいなくなるのを待ちわびて。ここに着く頃には終わり間際でしたのでそれほど待つのは苦にはならなかったです。たまには見た目よりだいぶ明い写真でも載せておきましょう。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-14 20:16 | 2010 紅葉
2010紅葉 2日目 青蓮院門跡 ライトアップ
神護寺のライトアップに続いて次の日のライトアップをどこで見ようか市内ではどこもまだ紅葉の色づき具合が一部なので迷いましたが、青色と自分の好きな色のひとつでライトアップされているので青蓮院門跡に決定。

この日は市内でしたのでチャリで現地へ。四条通りをひたすら真っ直ぐ行けばいいだけなのでとってもお楽です。

d0059205_1016384.jpg


青色と幻想的なライトアップがされた庭。この反対側はチラシに乗っていますからこちらの位置から。

d0059205_10163780.jpg


お堂から庭を眺めて。葉はいつものとおり緑だけど木は青色と昼間の景色とは違うのはライトアップされているからこそ。

d0059205_10171651.jpg


庭のコケもわずかな時間ですがライトアップされるので望遠で寄って。HDRで撮っているため、3枚重ねている間にライトアップが終わってしまいます。それぐらいわずかなのです。

d0059205_10182999.jpg


やはりまだ紅葉は一部です。他にもライトアップされているところはあり、一斉に見ごろになった時、また来れるといいのですが。

d0059205_10193673.jpg


こんな茶室で庭を眺めながら一服。この日はそんなに寒くありませんでしたが、寒い時はこのお茶の温かさが嬉しい。

d0059205_1020854.jpg


頂いたのは蕎麦饅頭。蕎麦アレルギー大丈夫ですかって聞かれましたが今のところ問題なし。

d0059205_11521116.jpg


茶室から庭を眺めて。後ろの竹林の緑とコントラストになるように早く色づいて欲しいですね。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-13 10:23 | 2010 紅葉
11月2日の晩御飯  お茶漬け、土瓶蒸しなどなど
この日の晩御飯は最近のテーマの京都でいかに安く美味しい夜ご飯を食べるかで、11月から食べれる蒸し寿司を食べようと思ってお店に行ったらあいにく品切れ。そのためそのお店から少し足を伸ばしてこちらのお店へきました。

お店に入ると店員さんの挨拶を始め言葉遣いが丁寧ですね。お酒を飲んでいるのでご飯を持ってくるタイミングを何度も聞いていくれたり、機転の利いた料理替えをしてくれるなど終始、気持ちよくご飯が食べれました。

d0059205_8441996.jpg


3つあるコースのうち、真ん中のコースを注文。まずは海老芋と穴子の炊き合わせがきました。冬になり海老芋の季節ですよね、大好きです。

d0059205_8445513.jpg


そして出し巻き。お酒はにごり酒。

d0059205_845364.jpg


お茶漬けの前に季節の一品を追加注文。松茸と鱧、鯛と豪華な土瓶蒸しです。普通、鱧か鯛かのどちらか一方ですからね。香りだけでなく厚く切られた松茸のおかげで食感も楽しめるし、銀杏も入っているのも嬉しかったですね。

d0059205_8465975.jpg


お茶漬けの赤出汁と土瓶蒸しでは出汁(汁物)が被りますから舞茸と菊菜のお浸しに変えてくれ、この咄嗟の機転が素晴らしいですな。

d0059205_8472957.jpg


お浸しでさっぱりとした後はお茶漬けで〆です。どの漬物もしみじみ旨い。季節の1品で他にも食べたいのがあったし、また来る頃には違うものが登場していると思うので楽しみにしてまた再訪したいですね。

d0059205_849371.jpg


店内の雰囲気はこんな感じです。他にも撮りたかったのですがお客さんが絶えなくて撮れませんでしたのでまたの機会に撮りたいで
[PR]
by esthetisme | 2010-11-13 08:49 | 郷土料理、和食
2010紅葉 撮り始め  神護寺 ライトアップ
昼間の様子に続いて神護寺のライトアップ。やはり夜は24mm F1.8、30mm F1.8、50mm F1.8の明るい単焦点レンズがメインレンズとなります。。でも24mm F1.8だけ今回は必要と思えるシーンがなかったので使いませんでしたが。軽くて明るいソニーの単焦点レンズはほんと大好きですし、α55によくあいます。軽すぎて持っている感じがしないぐらい。ジャケットのポケットに楽に入るのでレンズ交換もすぐできます。

d0059205_1313369.jpg


山門前です。思ったよりライトアップは入場者が少なかったですね。そのおかげで昼間よりは撮りやすくてよかったですけどね。

d0059205_1314859.jpg


山門から下を見下ろすとこんな風に無数の明かりが参道を照らします。その明かりにはこのあたりの幼稚園の人が書いたと思われるような絵が貼ってありました。

d0059205_13201142.jpg


昼から夜となる時はほんと僅かの間ですが、写真を撮るとこのように空がかなり濃い青色となります。せっかくずっと昼からいますので本堂前をアップします。

d0059205_13205563.jpg


本堂あたりから下を見下ろして。昼間も撮った構図で両側から紅葉がせり出し、建物を包むこの構図もいい感じです。
d0059205_13212199.jpg




境内の奥にある建物。前の写真が赤系統の紅葉でしたのでオレンジ系統の紅葉も。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-12 13:21 | 2010 紅葉
2010紅葉 撮り始め  神護寺 昼間の様子
2010年、今年の紅葉の撮り始めは神護寺へと行ってきました。お寺の人曰く、この日が1番の見ごろだそうで確かに色のばらつきがありましたが全体的に十分紅葉していて見応えがありました。そういえば以前、5年ぐらい前ですかね、行った時があり、その年は過去最高の紅葉の年ぐらいどこのスポットも素晴らしかったのですが、今年も色づきはいいと思いますがどうなんでしょう。

さて今日も京都の紅葉を撮るぞと思いましたた午前中は雨なので雨が上がるのを今か、今かと待っています。午後は雨が上がるようなので早く上がって欲しいですね。

話を神護寺に戻して、夜のライトアップとあわせて1日300枚ぐらい撮った中からまずは昼間の様子を。ライトアップは別にアップします。

d0059205_7365857.jpg


神護寺へ行く途中のあたり。電線があるので望遠で切り出して撮った写真もありますが、空の青さはこちらのほうがいいのであえてこの写真で。この日は天気に恵まれましたがその分、露出を抑えるのをつい何度も忘れて露出オーバーの写真を何枚も量産してしまいました。晴天だとモニターで確認しづらい。適度にPCで確認しながら撮りました。まいくら失敗写真を量産してもデジタルなので消せばいいことと気楽ですけどね

d0059205_7374831.jpg


紅葉のアップ。風に揺れ続けるのでこの前のコスモスのように止まるその一瞬をただひたすら待つこと約1時間あまり。粘りましたよ。絶対にこの構図を物にするんだと何度、風のせいで被写体がぶれた写真になっても
あきらめませんでした。

d0059205_7383194.jpg


さっきの紅葉のアップを撮るのに疲れたので昼ごはん。こんな風に紅葉が1番のご馳走でした。食べたのは親子丼、ミニうどん、地元産の焼きしいたけ。それにご飯にかかせないお酒というか調味料はもちろん地酒です。

d0059205_7393432.jpg


真っ赤っ赤の紅葉。沈んでいく太陽の光を浴びて鮮明となり美しい。どうしても光がよく当たるところは色が飛んでしまうことになりますが、HDRが飛ばないように粘っていて見た目にかなり近い写真を撮らせてくれます。

d0059205_740944.jpg


本堂前の紅葉。今回アップした中では1番好きかな。その場の空気感がより出ている感じがしますので。

d0059205_7404298.jpg


瓦投げをするあたり。せっかくなので超広角も使おうと思い撮った1枚。夕暮れ時の雰囲気が少しでも伝わるといいですがどうでしょう。背景には人物を入れたくないのでいなくなるまで粘ることしばし。

d0059205_7412153.jpg


こちらも人がいなくなるのをひたすらに待ち撮った1枚。これにて4時半までの開場の時間は終わり。5時からのライトアップの開場を待ちます。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-12 07:30 | 2010 紅葉
11月10日の晩御飯  海老芋、金目鯛、クエ、伊勢海老、鰤などに日本酒6種類
11月10日の晩ご飯は大阪のお気に入りのお店へ。最近は晩御飯を外でいうとこの大阪の小料理屋さんか京都の割烹の2択が多いですね。
どちらのお店にもそれぞれの魅力がありますので交互に通っています。

d0059205_2322773.jpg


まずは長いもと塩辛の先付けの後に海老芋の唐揚げ。外はサクサク、中はねっとりとした食感とほくほくと芋の甘みがたまらない。煮物も美味しいけど唐揚げもまた美味しい。ますますこの芋が好きになりました。秋冬が旬だからもっと食べたいですね。

d0059205_233620.jpg


金目鯛の頭の焼き物。煮物にしようかとも迷いましたがクエ鍋も食べたかったので焼き物にしました。さすがに食べるところは少ないですけどそれでも今が旬で脂が乗っているから美味しい。金目鯛は伊豆で寿司で食べたことがありますがこれが一番脂の乗りを感じれたかな。また捕れたての烏賊のごろ焼きもよく味を覚えているしまた行って食べたい。

d0059205_2334644.jpg


クエ鍋。その身の脂河豚よりも美味しいと言われる白身魚の王様ですね。実はちゃんと美味しいクエを食べたことがなく、今回を含めて数えるぐらいしか食べた経験がないんですよね。クエの美味しさってもっと知ることができるかもしれなく、せっかく関西方面に住むことになりましたから他にも美味しいクエを求めてどこかで食べてみたい。食べるのは和歌山がいいのかな。

d0059205_2341857.jpg


鰤のみぞれ仕立てのお椀。クエ鍋でも美味しい出汁を堪能しましたがもっと出汁を味わいたいし、ブリも今が美味しい時期ですからと注文。それに出汁の香り、味わいを楽しむことが一番和食を食べている感じるので。
また大根をはじめ根菜類は冬が一番美味しいですよね。それだけにみぞれ仕立ては今の季節にぴったり。

d0059205_234478.jpg


伊勢海老の天ぷら。伊勢海老ではなくてお酒にピントをあわせていますが、小ぶりなサイズはわかりますよね。小ぶりですけど甘み、ぷりぷりとした食感は十分味わえました。

このほかにチーズの味噌漬けも頼みました。本当は魚ばかりでしたので牛ロースとフォワグラの西京焼きに山廃をあわせようとしましたがあいにくこの日はなくて、この肴をあわせてみたんですけど、濃厚なもの同士よくあっていて相乗効果が抜群でした。

d0059205_2352190.jpg


d0059205_2354196.jpg


そして飲んだ日本酒はこのとおり6種類。6種類だから6合飲んだわけではなく半合が2種類あるので飲んだのは5合ですね。十分飲みすぎでしょうけどお酒の種類がよく変わり、その時に出会えるお酒が多いし、何よりも良心的過ぎる値段なのでつい飲みすぎちゃうんですよね。この日も美味しいお酒をご馳走様です。
[PR]
by esthetisme | 2010-11-10 23:08 | バレエ