総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
9月22日の奈良でのおやつ 月見団子
d0059205_23235649.jpg


この日はお月見ということで、奈良の地酒と蕎麦の後は月見団子を食べました。甘口と辛口があり、盛り合わせで頂きました。

d0059205_23215493.jpg


座っているところからすぐの坪庭です。超広角レンズをガラスに押し付けて10mmで撮っています。空の青さを濃くしようとPLフィルターをつけたせいか垣根の上あたりにフレアっぽい感じで白くなってしまいましたが、PLフィルターをつけているので仕方ないかなと。

ところでDROを最大限にしてできる限り見た目に近づけています。こういう明暗差が激しいところではDROが大活躍。でも白飛びの補正はしないので白飛びの補正効果も期待できるα55のHDRでこういうシーンを撮ってみたいです。

d0059205_2322401.jpg


帰り際に大沢池に采女祭で使われる管絃船を撮りました。慈光院の観月会と重なったため、今年は采女祭を見れませんでしたが来年以降に機会があれば見てみたいものです。

采女祭については以下のページで。

http://narakanko.jp/j/ivnt/ivnt_data/ivnt105/
[PR]
by esthetisme | 2010-09-29 23:24 | お菓子、パン
奈良の地酒6種類と天ざる蕎麦
生もと造り昨日は奈良の地酒で好みの酒を探そうと奈良の地酒が約100種類ほど試飲できるお店へと行きました。
これだけあるなんて飲兵衛にはほんとたまらない。試飲程度なので1杯100円から400円までと気軽にあれも、これもどんどん飲みたくなる。結局6杯飲んで好みの酒が見つかったのでお買い上げ。

d0059205_22454468.jpg


さてまずはひやおろしや秋あがりの季節ですからね。それから飲み始めることにしました。

d0059205_22461247.jpg


次に山廃を探したら近いもので生もと造りがあったのでその中でも酸がよく効いているのと17年ものの古酒を。こういうお酒たちには奈良漬がよくあいますね。酸が効いているこのお酒は気に入りました。

d0059205_22462957.jpg


黄金色に輝く古酒。綺麗ですね。17年ものの古酒ですがとってもリーズナブルな値段には驚き。もうこれ以上は寝かせれないなのでリリースしたそうです。

d0059205_2246449.jpg


さらに個性的なものにしようと貴醸酒と赤米古代酒を。赤米古代酒は「古代の赤米を用いて醸造された、まろやかな風味の万葉ロマン香るお酒」ということですがこの淡いピンクの色合いと味わいはロゼワインみたいで面白い。

d0059205_2247364.jpg


日本酒のデザートワインとロゼワインなので肴はチーズにしましたよ。もう1種類スモーク・チーズがありましたが撮る前にぱくりと食べてしまいました。

いろいろな日本酒を楽しめて満足ということで蕎麦で〆するかということで外に出ようと思ったら真夏の日差しが射してきてこの日も日傘を持ってきてよかったです。夏の紫外線なんて浴びてもいいことないんでできるだけ浴びないようにしないと。

気づいたら14時を回っていてこれは蕎麦が売り切れているかもと思い電話したら、最後の一食が残っていたので無事頂ける事に。

d0059205_22472313.jpg


まずは天ぷらから。この日最後のお客さんということで盛りだくさんで出してくれてとても嬉しい。

d0059205_22473926.jpg


そして次に蕎麦。ご覧のようにボリュームたっぷり。ご主人も奥さんも気さくで話しやすく奈良のことを話しながら食べました。

食べ終わった後は既にアップした慈光院へと向かうのですが、その前にお月見団子を食べました。これはまた別の記事で。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-29 22:48 | 日記
大覚寺 中秋の名月 観月の夕べ
22日の慈光院の観月会に続いて23日は大覚寺の観月会に行きました。この前に天ぷら、和菓子、ミニ会席を食べていますがそれはまた後で。とりあえず一緒に行った友人も写真をアップしていてそれに刺激されましたので僕もアップします。

今回の日記の文章は以下の大覚寺さんのHP引用させていただいてる部分もあります。まずは断りを入れておきますね。
http://www.daikakuji.or.jp/event/fall.html

冒頭に書いたように昼も夜もそしておやつといろいろと食べましたが、どれも心満ち足りる内容でした。特に夜のミニ会席はおもてなしの心が本当に素晴らしかったです。深く感銘を受けました。そんなご飯の後に大覚寺へと向かいましたので、とにかく気持ちがよくて、ほんとよくて。幸せな一杯な気持ちでお月様を愛でれたことにほんと感謝します。嵐山でご飯を食べるならそのお店で決まりです。早くアップしたいですね。

d0059205_1959358.jpg


まずは月夜の光を浴びる牛車から。この日は午前中の雨がとても激しくて出かけるのが困難なほどだったので予定は全て白紙かと思いきや午後前から雨が止んでくれて本当に助かりました。この日の雨からようやく秋らしい気温になりましたね。半そでを着ている人がほんと少なく、長袖へと衣替えした人々が通り過ぎていくのを見ては待ちわびた秋の到来を感じました。
それにしてもこうしてお月様を眺めていると平安時代へとタイムスリップした気分になりますね。

d0059205_19595840.jpg


人工池に浮かべた船が流れていきます。平安の王朝絵巻差ながらの優雅な光景です。気分はその時代の貴族か文化人。

d0059205_2001484.jpg


この船の中で次の写真にある和菓子と抹茶を頂きました。やはり船の中は暗がりで撮るのが大変ですが手ぶれ補正と明るいレンズが助けてくれます。

d0059205_2003093.jpg


船の中から見上げるとこのようにお月様が。のんびりと月を眺めながら和菓子とお茶を頂きたいのですが、人工池の周りの風景を船から眺めているので写真も撮りたいという気持ちと拮抗し、結局はやはり写真を撮りたいの気持ちが勝ってしまった。
余裕があるのなら2回乗りたかったな。1回目はお茶と和菓子をのんびりと飲みながら撮影ポイントおよび構図を確認するため、2回目は1回目の予習を生かし撮影に徹するみたいな感じで。

d0059205_2004486.jpg


近くではこのように琴の演奏を行っているのですが残念なことに船の最終便まで奏でてくれません。これだけが今回の残念なポイント。でも演奏されている方もずっとは大変でしょうけどね。
ところでプライバシー保護のため画像はわかりにくいように加工してあります。

d0059205_201799.jpg


船の上から眺める心経宝塔。ここでも手ぶれ補正に助けられ手持ちでシャッターが切れました。DROを使うためISO感度は基本的に400よりは上に上げません。
夜景の時は手ぶれ補正のあるカメラに買い換えてほんとよかったと心底思います。これでISO感度が強くなればこれまで撮れなかった領域に行けるのですが、まもなく入手できるカメラはだいぶISO感度が強くなりましたのでとても期待しています。夜景を早く撮りたくて待ちきれないですね。

d0059205_2012466.jpg


船のアップ。船は龍頭舟か鷁首舟の2種類が運行していて約20名ぐらい乗れます。こちらは龍頭舟。奥にあるぼけているのは満月法会で使われた祭壇。

満月法会について公式HPより引用
月を望む場所に祭壇を設け、お団子や、芋、豆などの野菜、お茶、お花を供え一山の僧侶が出仕して「月天」を招じ、農作物の豊作と人々の幸せを祈願します。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-26 20:01 | 日記
9月25日の京都での晩御飯 おばんざいとおでん
和菓子の後は、おでんとおばんざいを食べに移動。

食べたのを全てではないですがざっと載せます。

d0059205_22163752.jpg


きずし。

d0059205_22165119.jpg


おでん。

d0059205_22171157.jpg


天狗舞と菊姫のどちらも山廃のお酒に囲まれるおでん。

この後はまだ飲みたくて日本酒のバーへと移動。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-25 22:17 | 郷土料理、和食
9月25日の京都でのおやつ
この日は京都に遊びに来ている友人が帰る日でしたので、京都の美味しいものを先日の23日の観月会の時と同様に食べましょうということでまずはおやつから。

d0059205_21461915.jpg


d0059205_21463135.jpg


この日は彼岸でしたのでおはぎも食べようと思いましたが、黒糖餡」(こし餡)、「黄粉」、「小倉餡」(粒餡)と2種類あるのでどれにするか迷いましたが黄粉を選び、そしてもうひとつは秋に収穫された芋をかたどった小芋。白餡で芋の味わいを上手に表現していました。この後、他のお店でもいくつか小芋は食べましたがこのお店のものが好みに一番あいました。

この後はおでんやおばんざいが食べたくなりましたのでそのお店へ移動。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-25 21:47 | お菓子、パン
9月23日の京都での夕ご飯
天ぷら、和菓子の次は大覚寺の観月会の前に早めの夕ご飯です。以前から食べログで気になっていたこのお店にようやく行けました。

手ごろな値段でどんな料理がでてくるかなと秋味のビール、そして桃の滴を飲みながら楽しみに待ちます。女将さんの接客がとても丁寧です。料理を運んでくれる度に料理の作り方などの説明だけでなく、お酌をしてくれます。

d0059205_21311531.jpg


この日は一気に秋らしい気候と半袖では涼しいよりも寒く感じられるほどぎゅっと涼しくなりました。それだけに最初がこの暖かい料理がくると嬉しいですな。

このお店の名物料理のひとつでお茶で18時間ぐらいですかね、それぐらい手間隙かけて煮込んであり、鯉特有の臭みなんてまるでしません。それにそれだけ煮込んでいますので骨がとろけるように柔らかくてほんと美味しい。

d0059205_21312838.jpg


そして女性がとても喜びそうな各種料理がちょこちょこっと盛りだくさん詰め込まれた籠もりがきます。ざっとわかる範囲で書きますね。

・出し巻き卵
・くみ上げ湯葉
・鱧の子流し
・無花果の胡麻和え
・梅のワイン煮
・海老の湯葉まき
・白ずいきの胡麻和え
・鱧の天ぷら
・自家製鶏肉のロース
・生麩を乾燥させ、油で揚げて作った紅葉と銀杏
・チーズと雲丹を混ぜ込んで固めたもの
・子鮎
・みょうがの甘酢漬け
・れんこん
・さつまいも


書き漏れがあるかもしれませんがこんな風にたくさんありました。この中で梅のワイン煮の出来上がるまでに一番手間暇をかけていて、その過程を聞いたところ梅に針で約200箇所ぐらい刺して、味が染み込ませやすくさせて、ほぼ一週間毎日、白ワインと砂糖などで煮込んで休ませてを繰り返し、煮込みが終わったら更に一週間かけてじっくりと味を落ち着かせるようです。

それから季節の一品として丸々と大きな加茂茄子の田楽がありました。

d0059205_21315020.jpg


ご飯はさっぱりと生姜ご飯です。お椀は澄まし汁で胡麻豆腐と紅葉麩が具材。籠もりの胡麻和えで胡麻の炒った香ばしさがたまらなかったので胡麻豆腐を食べれたらと思ったらこうして食べることができて嬉しかった。

こんな料理をいただく部屋は個室です。とはいえテーブルがふたつありましたので完全な個室ではありませんが、昼ならともかく夜なら1組で使えそうです。

d0059205_2132965.jpg


個室の掛け軸のあたりを。見た目そのままに雰囲気が伝わるように撮れたかなと思います。

d0059205_21323078.jpg


またライトアップはしていませんが日が完全に落ちる前になんとか庭の写真が撮れました。

値段からは期待以上に料理が美味しいし、女将さんの接客もいいし、お店の雰囲気もよくて来月は松茸ご飯ですと言われるとほんと再訪したくなりました。

再訪は予定通りできましたのでまた後でアップしたいと思います。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-23 21:32 | 郷土料理、和食
9月23日の京都でのおやつ
この日は昼に先月に行った天ぷらのお店でカウンターでひとつひとつ天ぷらを揚げてもらい、そしてデザートを食べようとこのお店へ。

d0059205_2056888.jpg


いつものように席に着くと季節の和菓子がこのように目の前に出されます。いつもわらび餅を頼んでいるので
この日は季節の和菓子をふたつ頼みました。

d0059205_20562322.jpg


頼んだのはこちら。きんとん、粒餡の散り落ちる萩の花を表したこぼれ萩と淡雪羊羹のみのり。

d0059205_20564158.jpg


この手入れの行き届いた庭園を眺めながら和菓子は格別の味わいですし、京都で和菓子を食べているなぁと思いを増幅させてくれます。

そういえば今月はまだ行っていないので近々再訪したいですが、お祭りの日なので激コミしていそうです。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-23 20:56 | お菓子、パン
慈光院 仲秋の名月 観月会
昨日は慈光院の観月会へ行き、仲秋の名月を愛でました。今日もまたお月様を愛でる予定です。慌しく流れていく毎日ですが、こうして心のゆとりを持つ機会を少しでも多く持ちたいです。

d0059205_116855.jpg


この建物から本堂、書院へと続く入り口です。

d0059205_116455.jpg


武家茶道のお手前なのでいつでも戦えるように弓と矢があります。また殿様の立てるお茶という設定のためあぐらをかいています。そのため気軽なお手前となります。なおその年、その年で設定は変わるようです。
いつも習っている手前とはいろいろと違うところがありどれも興味深かったです。そういえば最初は武家茶道を習うつもりでしたが、稽古日の都合がつかなくあきらめました。
またこういう蝋燭中心の暗がりの中だととても雰囲気があり、お月様を眺めて、点てられるお茶に集中しているといつのまにか古の人になった気分になります。

d0059205_117191.jpg


今日の主菓子は蕎麦饅頭ということでそれにピントを合わせて。なんとか当たりました。

d0059205_1172292.jpg


今日の天気は夜は雨という予報でお月様を見れないかもと思いましたが、晴れてくれて写真のように
ちゃんと顔を出してくれて歓声が上がりました。

d0059205_118451.jpg


観月会の後は精進料理を食べて帰りました。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-23 01:18 | 日記
秋の夜空に木霊する哀愁に満ちた美旋律
d0059205_2032280.jpg


バイオリン、ピアノ、ボーカルの3名で編成されたイタリアのネオ・クラシカルグループAshramの2枚目「shining silver skies」ゲストでチェロとアコギが参加しています。



美しい音楽で泣きたい人には絶対のお勧めです。冒頭のこの曲から泣き全開で涙を誘います。でも悲壮、沈痛まではいかずまだ明るさ、希望を残したこの上品な泣きがいい。またゴシックやニューウェーブの流れを汲むかのような耽美的な雰囲気もあり最高ですね。



もう一曲はインスト。どの曲も上質なのですがこの曲のメロディがよく残るんですよね。十分、メジャーで通用するクオリティです。

物悲しくも寂しい気分になる秋の夜長にほんとあいます。次から次へと哀愁に満ちた美旋律が押し寄せてきます。

クラシックと同様に格調高く、このアルバムと過ごす時間の流れは本当に高貴で豊かです。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-19 20:05 | 音楽
こうしてこの日の京都の夜は更けていく
d0059205_12195434.jpg


割烹のあとはバーへ移動。カルヴァドスが豊富なことで知られるバーです。普段はコニャック、アルマニャックと葡萄のブランデーを飲んでいるのでたまには林檎のブランデーで気分転換もいいかなと。

お店があるビルにあがると名前のない、りんごのマークがあるドアが見つかり、開けるとおお確かにカルヴァドスがすごい豊富で壮観な眺め。その前に座りたかったのですが先客がいてあきらめました。

なにか手ごろな値段でお勧めとお願いしたらこのお店オリジナルのエイドリアン・カミュで25年熟成をすすめられたので迷わずこれに。現地に毎年買い付けに行っているそうで、まだカルヴァドス地方を行ったことがないので今後の旅のためといろいろと聞いて教えてもらいました。そこからフランスのレストランへと話は広がり、話していたらほんと行きたくなりましたね。

フランスだけでなく京都の美食も詳しいようで次はその話でも是非とも聞いてみたいし、こんどはオリジナルのカクテルでも飲んでみたいですね。

熟成されてまろやかな味わいになったカルヴァドスを飲みながら、こうして京都の夜が更けていきました。この一杯でゆっくりしていたら終電になりもっと飲みたいと思いながら帰りました。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-19 12:20 | 日記