総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ホルモンをがっつりと堪能
久々に東京に帰ってきました。今回は土日と2日なので少しはゆっくりとできます。着いてそうそうしたのはα55の予約。連射性能よりもホワイトバランスとISO感度向上が期待できそうで早く届いて欲しいのですが、残念ながら発売日には間に合わず、2週間遅れでの納品となります。もっと早めに予約すれば間に合ったのかもしれませんね。までも紅葉の季節には十分間に合うのでよしとします。入手後はα700と2台体制で撮っていこうかと。単焦点レンズをメインで使っているので替える手間を少しでも減らせそうです。

その後は夜のホルモン屋までのんびりと。家から時間はかかりますけど歩いて行けるので徒歩でお店へ。着いたらぎりぎり1席空いていて助かったのですが運悪いことにすっかり出来上がった酔っ払いさんが隣でからまれました。まそこでもタチの悪くはなかったので適当に相手してあげましたけど、どうやら話し相手が欲しかったみたいですね。ま1人で飲んでいるのでわからないでもないですけど。

d0059205_230612.jpg


まずは刺身からいきます。レバ刺し、ハツ刺しを頼みました。どちらも撮りましたがハツ刺しをアップ。実物はもっと美味しそうで見た瞬間、抜群の鮮度のよさがすぐわかります。なので味わいは言うまでもないでしょう。300円で十切れ近くありボリュームも最高。

それとレバーが好きなのでレバーのパテも頼んで、ワインを飲んでいたら隣の酔っ払いさんが「ホルモンには日本酒だろ、どの酒が好きだ、おごってやるぞ」と言うのでわかりましたよ、ご馳走になりますねということで頼んでもらいました。半分ぐらい過ぎたくらいで酔っ払いさんが勢い余ってグラスにぶつかり、日本酒が零れてしまいましたのでまた頼んでくれました。ラッキーですね。

d0059205_2395034.jpg


次に焼き。カシラとハラミ。これが出来上がるくらいには隣のよっぱらいさんがいなくなり、静かに飲めること。その他にシロ、レバ、アブラ、シロコロ、タンシタと合計7本。

d0059205_231298.jpg


それからレバカツ、バーニャカウダも注文。どちらも撮りましたがバーニャカウダをアップ。ボリュームたっぷりで肉ばかりで野菜不足だったのでちょうどいい。

ちなみにこの日のレンズは久々に50mmのマクロレンズをメインで使ってあげました。絞り開放、縦の構図とワンパターンです。

あとお酒はワインのおかわりとマッコリで合計で3000円ちょっと。やっぱりホルモンは安くてお腹一杯食べれるので庶民の味方です。また東京に帰ってきたら行こうっと。ワインもいろいろとグラスでイタリア、スペイン、フランスと飲めるし、数は少ないですがビストロメニューもあっていいし。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-28 23:07 | 郷土料理、和食
秋の味覚 厚岸の秋刀魚と気仙沼の戻り鰹
昨日も秋刀魚につられて近くの居酒屋へ。これで3回目ですね。全国各地から仕入れる旬の魚が手ごろな値段で日替わりでおすすめのメニューが変わるので毎日覗いて帰るのが楽しくて。魚と一緒に飲む日本酒は回転がよくて週に2回ほど銘柄が変わるし。またマスターの人柄もよくて居心地がいいし。またこれからも通いそうです。

d0059205_1039313.jpg


d0059205_10394145.jpg


d0059205_104049.jpg


いろいろと飲んで食べていますがその中から秋の魚の秋刀魚と戻り鰹を。秋刀魚は刺身と焼きで楽しみましたがこってりと濃厚な脂のノリがほんとよくて旨い。戻り鰹は塩タタキと美味しんぼで取り上げられていた食べ方。こうして食べると鰹の脂のノリが更に際立ってほんと絶品。

座った場所によって光源がいろいろでホワイトバランスが一定しないのでセピア調にしてごまかしておきます。こうするとホワイトバランスがRAWでも納得がいかない仕上がりになる時は楽でいいですね。

さて次は生雲丹、鱧と松茸を土瓶蒸しかかしゃぶしゃぶで食べたいです。淡路島に行けば雲丹と鱧は特産品のひとつなのでそこで食べる予定です。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-27 10:40 | 日記
ガーデンミュージアム比叡 ジャルダン・デ・ルミエール ―光の庭園―
昨日はお得なナイターチケットを利用してガーデンミュージアム比叡のジャルダン・デ・ルミエール ―光の庭園―に行ってきました。このチケット、通常の半額で済むのでほんとありがたかった。延暦寺には行かなかったのでまた今度ですね。

さてミュージアムにはケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで行くのですがケーブルカーを降りた頃からふもとは温度差が5度もあり、涼しかったのですが夜になるとミュージアムのあるあたりはちょっと蒸してきました。

ケーブルカーを降りるとガーデンミュージアムはすぐそこ。入園すれば琵琶湖を望む景色と印象派の画家たちの銅版画に咲き誇る数々の美しい花たちが迎えてくれて天空の楽園のよう。

花とくればマクロレンズの出番ですが、ソニーの良心と言うべきお手軽レンズでも十分寄れるし、ぼかせるのでそのレンズで撮ることが多かったです。撮るときは前ボケ、後ろボケのどちらかで被写体を生かすか、それとも両方で被写体を生かすかの3パターンになってしまいますがそれでもいろんな花がたくさんあったので楽しめました。

d0059205_14492058.jpg


蛾ではなく蝶が飛んでいたら嬉しかったのですけどとりあえず虫が止まったのですかさずパチリ。

d0059205_14522665.jpg


一応、前ボケと後ろボケの両方のイメージのつもり。それにしてもこの花の名前は?

d0059205_14534618.jpg


これはウコンサンゴ。すぐ近くにプレートがあったのでわかりました。後ろにも同じくウコンサンゴがあるのでぼかしました。

d0059205_1455768.jpg


印象派モネの好んだ光景が再現されていました。PLフィルターで水面の反射をより鮮やかに。

d0059205_14562324.jpg


夜の帳が降りてきてさぁ空の色が濃くなってきましたよ。でもなぜか均一ではないのが気になりますが。

d0059205_14571524.jpg


絵のような写真が撮りたくて撮ってみた一枚。けっこう意図どおりにいったかなと思っています。

d0059205_1458468.jpg


せっかくライトアップされているのだから点光源のぼかしを。綺麗な円ボケです。

d0059205_14595532.jpg


最後は琵琶湖を望む夜景を。もう少し切り取ってもよかったかなと。手持ちではこのぐらいが限界です。三脚を持ってくるはずでしたがつい忘れました。なにせ手ぶれと明るいレンズがあるのでバルブ撮影以外、あまり必要性を感じなくて。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-23 15:00 | 日記
大阪城 城灯りの景
昨日は大阪城 城灯りの景を撮りに行きました。京都と奈良のイベントには盛んに行っていましたが、大阪のイベントは行ったことがなくこれが初めて。城を含めた夜景はこれまでの夏のイベントにはない光景でしたので撮っていて楽しかったです。

d0059205_21505853.jpg


まずはまもなく夜になる瞬間の頃から。大勢の人がやはりこの位置から撮っていましたので僕も一枚撮り、

d0059205_21512538.jpg


近づいて超広角で大阪 マラソン 2011 秋という文字になるように並べられた灯籠を全て撮ろうとしましたが
ちょっと収まらなかったですね。最近だと8mmの超広角でも出ましたのでそれなら収まったでしょう。そのレンズも欲しいですね。

d0059205_21522517.jpg


次に市民約千人が参加する光のパレード「GINGA(ギンガ)」。パレードが始まる頃になったので、撮りましたがまぁ動いている被写体の割には撮れたかな。

d0059205_21525968.jpg


そして大阪城に登って城明かりを見渡しました。大阪芸術大学生による「管楽の夕べ」や七色にきらめく美しい橋「夢のかけはし」がある西の丸庭園あたり。

d0059205_21534444.jpg


これも大阪城から。

d0059205_21595241.jpg


大阪城を下りて「夢のかけはし」あたりから大阪城を。大阪城一帯が幻想的な光に包まれてほんと美しい一夜でした。

d0059205_21552696.jpg


芝生に寝そべって灯籠のひとつに近づいて「夢のかけはし」をぼかしてみました。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-22 21:55 | 日記
伏見の夕景からライトアップ
最近、暑いので夕景からライトアップを撮るのがメインになっています。まこれだけ暑いと日中は動き回る気になりませんから。ほんと暑くて日傘でも欲しくなりますよ。それがあれば少しでも涼しくなるだろうし、余計な紫外線も浴びなくてもすみそうですしね。

d0059205_21274446.jpg


さて伏見といえば日本酒ですけど蔵めぐりは涼しくなってからにしましょう。行きたい蔵は夏休みでしたし。それなりに歴史ある街並みですけどコンパクトに収まっていますね。まずは十石船の乗り場から。

d0059205_21285078.jpg


すぐ近くの建長寺。

d0059205_21303255.jpg


月桂冠大倉記念館あたり。夕暮れと青色のライトアップがいい感じ。

d0059205_21305616.jpg


カッパカントリー(黄桜)。もうまもなく夜へとなる空が深い青色になるこの時もいいですね。

d0059205_21321564.jpg


寺田屋。まだこの時も間に合いましたが、撮ってすぐ夜になりました。

d0059205_21332891.jpg


伏見夢百衆前あたり。すっかりと日は暮れて。

d0059205_21355861.jpg


宇治川の両岸を青い光のライトがどこまでも続いて幻想的な光景の中、十石舟が流れていきます。動いているのを撮るのはほんと苦手です。今撮影するのに一番克服したい課題ですね。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-20 21:39 | 日記
8月18日の昼ごはん 錦糸丼
この日は伏見のライトアップがメインイベント。その前にさっと昼ごはん。写真ではお酒と錦糸丼が一緒ですが、注文を受けてから卵や鰻を焼き始めますので出来上がるまでに日本酒をちびちびと飲みながら待ちます。肴は一切なくてどんぶりものだけ。日によってはあるようですがやはりあったほうが待ちやすい。

d0059205_2118493.jpg


待つこと約15分あまり。どんぶりの蓋をあけると錦糸玉子がびっしりと敷き詰められています。錦糸玉子の中にはふっくらと焼き目の香ばしい鰻が。ご飯はたれがよくしみこんでいて、胡麻を混ぜてあります。
味わいはさっぱりと上品な味わい。お好みでたれをかけてと言われましたが東京で食べるなら絶対かけていますね。でもここは京都。関西はうどんにしても味わいがあっさりなのでそのまま頂きました。

また値段は手ごろでありがたいです。この後は暑いので動きたくなく、でも美味しいおやつが食べたい。しかも
ケーキが食べたい気分。行きたいケーキ屋さんは定休日なのでソワレへ行きました。
そこでブランデーケーキを食べて伏見へ。あ!写真は珍しいことに撮らなかったです。また今度ですね。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-20 21:23 | 郷土料理、和食
8月17日の晩御飯 ホルモンをいろいろと
桃といちじくのパフェの後は今の短期間の地元で数々の有名人が訪れることで知られている焼肉の名店があるので行ってみました。

d0059205_20583957.jpg


独り者には嬉しいホルモンの盛り合わせ。

d0059205_20584522.jpg


それからハラミ。肉の旨さをストレートに味わいたいので塩です。それから好物の丸腸も頼みましたが撮っていません。

お店の方が親切に焼き方を教えてくれ、美味しく食べれて何より。飲み物はお肉にあう日本酒とマッカリ。
もう1店、焼肉でもホルモンの旨いお店があり、そちらはもっとリーズナルブルなので東京に帰るまでには行ってみたいです。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-20 21:06 | 郷土料理、和食
8月17日のおやつ
この日のおやつは和菓子が続いていましたので違うのと思い、フルーツパフェがいいなと思い食べログで検索。東京のパフェの有名どころと同じくらいのお店が大阪でもないかなと思いこのお店へと。

d0059205_20571039.jpg


桃だけにしようかと思いましたがいちじくも美味しい季節なので桃とイチジクのパフェにしました。中には濃厚なバナナのアイスもあり食べ応え十分です。せっかくフルーツパーラーに来たのだからもっとフルーツを食べようとスモモとパインのジュースも頼みました。でも写真はないですけどね。

d0059205_20573182.jpg


帰り際にこの日の空模様を。青い空の中に映えるこの雲は入道雲ですよね。いかにも夏らしい光景です。

この後は今の短期間の地元で数々の有名人が訪れるホルモンを食べに行きました。また別の記事で。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-20 20:57 | お菓子、パン
嵐山の灯籠流しと鳥居の送り火
d0059205_2047586.jpg


午後7時から嵐山の灯籠流しは始まりますが、ちょうどこの頃は夕焼けの時間。鳥居では試験点灯も行われていました。

d0059205_20471064.jpg


さて灯籠を流していきます。どこまでも流れていくのかと思いきや

d0059205_20471853.jpg


このように終わりは意外とすぐ近くでした。

d0059205_20472377.jpg


似たような写真が続きますが今度は灯籠にピントをあわせて

d0059205_20473038.jpg


鳥居の送り火はやはり70mmでは遠すぎました。とりあえず雰囲気でわかればいいかなと。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-20 20:50 | 日記
8月16日のお菓子
この日は嵐山へ灯籠流しと送り火を見るために午後から出発しました。それらのイベントの前に嵐山に来たのだから美味しい和菓子でも食べたいと思いこのお店へ。

d0059205_2383240.jpg


まずはさっぱりとしたこのお菓子で涼みます。このような透明なお菓子はどこにピントがあっているかわかりにくくて撮りづらいです。なので皮目の部分にピントをあてました。甘酸っぱい味わいに爽やかさを感じながら

d0059205_2385528.jpg


次は主菓子と抹茶です。主菓子は送り火という菓子銘でこの日にぴったりでした。黒糖と葛に紅餡という構成で美味しかったです。

d0059205_2391144.jpg


喫茶の受付時間を過ぎてもお客さんが押し寄せてくるので坪庭が眺めれるあたりがまったくもって人がいなくならないので全景は撮れず仕方なく一部分だけ切り取りました。でもこうして見るとこの風鈴のあたりで切り取っておいてよかったなと思いましたけどね。

さて次はメインイベントです。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-19 23:09 | お菓子、パン