総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
とことん青森2010
先週の土曜日は原宿から表参道あたりで開催している「とことん青森2010」という青森の魅力をPRするイベントを見に行きました。
このイベントで1番楽しみにしていたのはお祭り好きの自分としてはねぶた。ねぶたは2年前に青森に見に行きましたが好きなので何度でも見たいですね。

d0059205_1515814.jpg


ねぶたの周りには金魚ねぶたで埋め尽くされています。青森のねぶたを代表して持ってきたこのねぶたは北村 蓮明さん作の「楠木正行四条畷の合戦」。
合戦の詳しい説明はhttp://kitamurarenmei.com/bankin09.htmlといった北村さんのサイトのあたりで。

d0059205_15154244.jpg


ねぶたには欠かせない跳人。何とか撮ることができました。ま今日は暖かいほうですがやはりこの格好は寒そうに見えます。祭りが始まればま体が温かくなるでしょうけど。
後で気がついたのですが、跳人って鈴もたくさんつけるはず。この人たちだけでなくて他の跳人もつけていませんでしたね。
でもつけると路上に散乱してパレードが終わった後に片づけが必要になってくるから今回はつけていなかったのかな?と思いましたが。

d0059205_8354721.jpg


こんな感じで屋台が並んでいました。久々の超広角で。絞りすぎですかも。
でこの食べたい屋台ごとに並ぶのは食べたいのが一度に頼めないし、並んでいるともう売り切れている屋台もあるし、ようやくの思いで買ったら座るところはないしでどうにかなりませんかね。お客さんが座ったら注文をとりにきて、食べたいものをまとめて持ってきてくれるといいのに。飲み物を別で買わないといけないのもまた面倒。それは去年のマルシェ・ド・ノエルでも思いましたが。

d0059205_15372342.jpg


この日、食べたものから1枚。このしょうがのおでんのほかに、ほっき丼、バラ焼き、せんべい汁を食べてもう並ぶのが疲れたのでおしまいにしました。
それにしても明るすぎる場所で撮るのは撮った後に見ても露出が適正かどうかわかりづらくて撮りづらいですね。

d0059205_8375791.jpg


並んでいる人の数が多すぎて諦めた黒石のつゆ焼きそば。並んでいる人が多いだけに売り切れは早いかもと思ったらそのとおりでした。

この日は予定時刻の17時を少し前倒しして冬ねぶたの開始となりました。たくさんの人垣でほんと写真が撮れない。少しは背があるほうなのですがそれでも無理。報道の方たちは歩道橋に登れて羨ましいなぁと。

d0059205_8415756.jpg


青森と違ってこんな歩道橋の下を通るなんてまずないのでは。なんとかすれすれで通ることができてあちこちから拍手が。

d0059205_8424128.jpg


さすがにこの大通りの交差点は通行止めするのが難しいようで、また跳人もたくさん跳ねて疲れたのか普通に歩いて通り過ぎていきました。周りからは跳ねろ!!なんて声が多く飛んでいましたが。

d0059205_843206.jpg


1番近くまで寄れてこれぐらいですね。人が多すぎて正面から撮るのができなくてどうしても横からとなってしまいました。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-23 15:38 | 日記
職場の引越し前に馬肉尽くし
今月、職場の引越しがあるのでその前に行ってみたかったが馬肉料理が揃うこのお店。何度かトライしたのですが貸切だったり、満席だったりとしたことがあり、予約が必要なことがわかり予約して行きました。馬肉料理ってマイナーなイメージがあるのですが、ヘルシーで牛肉よりもグリコーゲンが豊富で甘くて美味しいから人気なんでしょうかね。


当日、お店に行ってみるとやはり満席に近い状態で相変わらずの盛況ぶり。不景気なんか関係ないですな。で入る前に入り口からすぐそこの誰かが出入りの度に寒い思いを強いられる場所しか空いていないようでここで食べるのかと思いきや、予約を告げると2階へどうぞとえ!このお店、2階があったなんてびっくり。しかも2階は1階と違って誰かの家に招かれたようなそんな感じの個室のスペースでこのくつろげる雰囲気がいいですね。

d0059205_22431048.jpg


d0059205_22433176.jpg


d0059205_22452264.jpg


さて頼んだのは
・馬刺しの5点盛り(タテガミ、ロース、バラ、赤身、大トロ)
→馬肉って甘くて美味しいねというのがよくわかります。赤身とタテガミで紅白刺しをするともうこの美味しさは
たまりません。
・馬のタケノコねぎ塩炒め
→こりこりとした食感で美味しい。おすすめなのがわかります。
・おたぐり!味噌煮込み(馬もつ)
→長野名物で伊那以来久々。
・桜カルビ
→そのままでいける新鮮なお肉なのでそのままと焼いてとそれぞれの味わいを楽しめました。
・極みハラミ(横隔膜)
→これもそのままで食べてみたかったけどアナウンスがないからやめておきました。でも見るからにそのままでいけそうな新鮮なお肉でした。それだけに焼いても当然旨い!!
・サーロイン唐揚げ 
→外はかりっと、中はレアでジューシー
・馬肉チャーハン
→〆はやっぱり食べておかないと

・いぶりがっこ
→お酒にあう肴を創った先人に乾杯。秋田はまだまだ酒にあう絶好の肴がたくさんです。
・本日の旬菜一本勝負
→野菜につける味噌がこれまた酒をどんどん進める最高の肴。つい何回もおかわりしてしまいました。

飲み物は
国産ワイン2杯、日本酒2合、泡盛1杯、梅酒1杯とちゃんぽんしてしまい、気がつくといいお値段。でも今年の最初の食べ歩きの初めとしてはとっても満足のいく内容の食事でした。ご馳走様。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-17 22:47 | 郷土料理、和食
花びら餅 3店で食べ比べ
今年はお菓子の花びら餅をあちこちのお店で食べ比べしています。とりあえず食べてみたのは以下の3店。比較してみるとそのお店の特徴がそれぞれやはりいろいろとあり、食べていて楽しかったです。
すっかりと気に入ったのでまた来年もいろいろなお店を食べ比べしてみたいものです。
どの花びら餅も干菓子盆に載せています。懐紙を敷けば生菓子もOKでしょうし、盆の紅と花びら餅の白で紅白のおめでたい感じがしますからね。それに日の出をイメージした金箔と銀箔でなおさらそんな感じがします。

d0059205_10524461.jpg


こちちは味噌餡を包む羽二重餅が持ってみてすぐわかるのですがほんとふんわりで口にとろけそうと思ったら食べてみてやっぱりそうでこのキメ細かさと滑らかさは素晴らしい。
それと上の羽二重餅が真っ白なためか、真ん中あたりにほんとうっすらと中の菱形の薄い紅の餅が透けています。開いてみるとやはりありました。また味噌餡の風味はほどよかったです。

d0059205_10531856.jpg


こちらの羽二重餅というか薄い求肥は半透明で中の餅が濃い紅と写真のようにはっきりとした色合い。味噌餡の塩気と牛蒡の蜜煮のとろけそうに柔らかくてそれでもごぼうのしゃきゃしき感がある絶妙の食感がいいですね。

d0059205_10535575.jpg


こちらの求肥は見た目のとおりぼってりと厚めでお餅に近い感じ。味噌餡の塩気はこちらもしっかりとしています。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-17 11:23 | お菓子、パン
ガレット・デ・ロワ  その1
d0059205_23562037.jpg


12cmサイズだとお店によってはフェーブがつかない、王冠がつかないところもありますがここはばっちりどちらもついていて値段とあわせて良心的。

d0059205_1191347.jpg


4つに切り分けてこれととったら見事にアーモンドが入ったところに当たりました。今年からフェーブは中に入れるのをやめてアーモンドにしたとのこと。飲み込んでしまうかもしれませんが食べる前に自分が当たりかどうか確認すれば特に問題はないと思うのに。ま飲み込む前に歯にがりっといってしまう恐れがあるかもしれませんから入れないほうが無難なんでしょうね。

d0059205_120518.jpg


白鳥のフェーブをせっかく70mmマクロがあるのでそれで開放絞りで撮りましたが、ピントの山がつかみづらくてちょっと大変でした。マクロはピントがあった以外がとろとろにとけてくれるので撮った後がほんと楽しい。

次は違うお店のショコラバージョンでも食べようかなと思っています。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-03 23:56 | お菓子、パン
ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルを東京でも開催!!
まだまだ去年の11月、12月の記事があるので更新しますね。

今年から東京でもストラスブールのマルシェ・ド・ノエルが東京で開催されることとなり、2年前にストラスブールに行ったことがあり、またそもそもフランスのイベント、お祭りは大好きなのでこうして開催されてほんと嬉しかったです。

規模はやはり小さめですが、それでも2年前の旅行を思い出して懐かしむには十分の雰囲気がありました。懐かしんでいるとまたフランスに行きたくなりますね。今年こそはいつものようにジビエの季節に行くことを狙っています。行くとしたら雷鳥が食べれる11月頃まであたりでしょうか。雷鳥はフランスで食べたことがないので是非食べたいし、また11月になれば野兎もあるのでちょうどいいです。1月に行くのを止めたの理由の1番は野兎だけで行くのはもったいないと思ったから。11月に行けばイタリアの白トリュフフェアにも行けますしね。またフランス、イタリアだけでなく、イギリスにも行きたい。
11月にとことん贅沢できるように今から貯金に励みます。

d0059205_23545033.jpg


とりわけ写真を撮る人が多かったですね。ここから東京ではなくストラスブールへとプチトリップです。

d0059205_1254426.jpg


クリスマスやアルザスの名産品を売る屋台はこんな感じで軒を連ねます。

d0059205_12552172.jpg


またも上からの見下ろした写真です。ストラスブールのクリスマス市でもこんな移動式のメリーゴーランド
があったし、そもそもヨーロッパでは移動式の遊園地なりメリーゴーランドが珍しくないのでやっぱりないとね。

d0059205_12561256.jpg


さてこの日のお昼はこうしてアルザスからわざわざお手前の窯を持って職人がやってきていまして、彼が
焼き上げるアルザス名物のタルト・フランベを食べることに。

d0059205_12565221.jpg


本当はクリスマス・ビールを飲みたかったのに売り切れなのでアルザスの白ワインと食べました。

d0059205_12575945.jpg


それからクグロフも。中に干しベーコンが入っています。食べたく並ぶこと1時間あまり。

d0059205_12585717.jpg


こちらは有名な職人 ジャッキー・シグラー氏が作るシャルキュトリーの屋台。こちらも行列が絶えなく1時間は並んだでしょうか。

d0059205_12593027.jpg


屋台の並んでいた商品から。こんなボールをストラスブールで見かけなかったような気がするのですが、こういう飾りもあるのですね。

d0059205_1312715.jpg


アルザスから来たというサンタさん。アルザスのシンボルであるコウノトリを抱いています。一緒に写真を撮っているのはフランス人の子供。彼がサンタさんと並んだら周りにいた人たちがいっせいに撮るので僕もつい。
この子、ほんと可愛くて、「あなたたち、もうずっとそこにいて」などラブコールを受けていました。

d0059205_132667.jpg


クリスマスコンサート。パイプオルガンが奏でるクリスマスソングでで目だけでなく耳にもクリスマス気分になります。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-02 23:36 | 日記
湯川潮音  雪のワルツ
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年最初の更新はつい最近出会えた今の季節にもあいそうな曲を。フルート、ハープ、ウッドベース、チェロ、アコギのアコースティックな編成に透明感溢れる彼女の美声。50年以上の前の抒情美溢れる三木鶏郎さんの名曲が素敵なアレンジで現代に蘇りました。

曲は泥沼化する戦局の中、戦前の華やかなクリスマスの雰囲気を回想して、まもなく出征する兵士は友人、恋人、家族といった大切な人への思いを胸に抱いて戦地へ赴くといったとても切ない雰囲気に満ちています。
今は平和だからこそクリスマスを祝えますけど戦争中はそれどころじゃないですからね。戦地の兵士なんか生きるか死ぬの極限状態ですし。改めて今こうして平和であるありがたさを感じます。



とても切ない曲ですが彼女の歌声はほんと癒されます。タイトルどおり雪がまるでワルツを踊ようにひらひらと舞う情景が目の前に浮かびます。
今月末のライブで一緒の空間の中で聞けるといいですね。さてライブに備えて彼女のアルバムを聞き込みましょうっと。
[PR]
by esthetisme | 2010-01-01 21:53 | 世界中の歌姫