「ほっ」と。キャンペーン
総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
モンブランや栗のお菓子 その1
栗の美味しい季節ですからね、モンブランが食べたくなるということでまずは近場のお店からということでこのお店へ。モンブラン以外にも絶品の栗のお菓子があり去年は何回買ったことか。

d0059205_14271924.jpg


注文を受けてからクリームを絞り完成ということで、この出来立てのフレッシュ感が特徴的。
マロンクリームは和栗のような優しく、ほくほくとした味わいで香りも豊か、シャンティクリームは栗の味わいが引き立つ甘さ控えめで、絞りたての味わいがたまらなく、マロンクリーム同様にとてもハイレベル、土台のメレンゲのさくさくとしてすっと溶けていく味わい、とどのパーツも印象的で、とても美味しいモンブランです。

d0059205_14275511.jpg


そしてこちらはマロンパイ。パイにしっとりとしたクレームダマンドとコンポートしたマロングラッセがぎっしりつまっていて栗の味わいを思いっきり楽しめるし、ザクザクとした力強いパイの食感がよくて食べるのがあっという間。またもう1個すぐ食べたくなるほどお気に入りなので毎年登場するのが待ち遠しいですね。

さて今日もまたモンブランを食べに行ってきます。
[PR]
by esthetisme | 2009-10-25 14:28 | お菓子、パン
ウォーター・ハウス つれなき美女
d0059205_13143281.jpg


ウォーター・ハウス つれなき美女

「つれなき美女」とは、19世紀英国の詩人キーツのバラッドです。ウォーター・ハウスはそのバラッドに着想を得て本絵画を制作しましたが、彼の数多くある名画の中でも最も素晴らしく、それでいて最も強くラファエル前派らしい影響が見受けられる作品となったため、キーツのバラッドは非常にロマンティックで美しい絵画のインスピレーションとなりました。

このバラッドに登場する女性は、キルケ、セイレーンと同じように宿命の女の象徴であり、宿命の女は19世紀後半のラファエル前派や象徴主義の画家の絵画によく登場する題材のひとつです。
ウォータ・ハウスの描くキルケやセイレーンは罪悪ではなく、象徴主義の画家のような破壊的な怪物ではありません。
むしろ彼等はまるで犠牲者がしていることを助けることができず、それを後悔しているかのように、物欲しそうな美と神秘的な悲しさで彼らを誘い、罠にかけています。このことは1891年の「ユリーシーズにカップを差し出すキルケ」、1892年の「恨まれたキルケ」、特に1893年の本絵画にはっきりと表れています。

本絵画ではつきまとう神秘と美に満ちた風景の場面に武装している騎士を運命的な抱擁を優しく引き込む典型的なウォーター・ハウスの魔女がいます。その少女はウォーター・ハウスのスタイルの目立つ特質である長い髪と顔に物欲しげな表情をしています。その絵は上品で、つきまとう好色さを増幅させ、暗く生い茂った森に設定されています。その騎士の姿はウォーター・ハウス自身であり、徐々に彼自身の婦人観にとりつかれていきます。1890年以降のウォーター・ハウスの作品は婦人が題材となっていて、男性達は犠牲者としてだけ現れます。

「つれなき美女」の詩については、フランク・カドガン・カウパーの絵画と共にアップしていますので興味があるかたはこちらをクリックしてご覧下さい。

参考文献

「ラファエル前派」 ロイヤル・ギャラリー アート・ウェーブ
[PR]
by esthetisme | 2009-10-25 13:09 | ラファエル前派
三光院 10月の精進料理
先月は爽やかだった風も寒さが感じれるようになり秋らしさが深まってきました。
精進料理では根菜類、きのこ、柿や栗などなど豊穣の季節だけに食材がいろいろと揃いますね。豊饒の神である大黒様に感謝しつつ今月の料理を味わいました。

d0059205_1142173.jpg


三光院では里芋の料理が9月に続いて10月にも登場しますが、先月も一回り大きくなっていて、薄味で似て、温かい餡をかけ、それから生姜汁をかけます。立派な大きさだけに食べ応え十分でほくほくと美味しい。

d0059205_11424492.jpg


里芋の料理の次は、松ぼっくりに見立てた松かさ。炒めた干し椎茸をしめて荒く潰した豆腐に混ぜて、形を整えて揚げます。ビールでも日本酒でもぴったりなおつまみです。
シンプルな料理ですが、こうして秋の風物詩に見立てた料理を作ることで話題が生まれますね。

d0059205_11432388.jpg


そしておばんもまた今月らしい黒豆を使ったもの。黒豆を剥く時に三光院ならではの工夫があって、枡でごりごりして、台所あたりでふっと吹きます。
シンプルなのですが、これまた話題のある料理なので食べてお腹だだけでなく、精神的な豊かさも同時に満たされます。
[PR]
by esthetisme | 2009-10-25 11:43 | 三光院の精進料理
ウォーター・ハウス ペーネロペーと求婚者達
いよいよモントリオールで開催されているウォーター・ハウスの大規模な回顧展に行く前に約一ヶ月と近づいてきましたので、彼の絵画をできる限り多くアップしていきたいですね。
今回の絵画もまた展示されているので実物を見るのが楽しみでなりません。

d0059205_2156214.jpg


ホメロス作の「オデュッセイア」によるとペーネロペーはトロイア戦争へ出征した夫のオデュッセウスの生還を待つ20年もの間、たくさんの求婚者に言い寄られても再婚せずに待ち続けた貞淑な女性として描かれています。

ウォーターハウスは、ペーネロペーが機織部屋で侍女に付き添われている様子を描いています。

ペーネロペーは機織をあげるまで待って欲しいと求婚者たちに言うため、望みを持った彼らは、音楽、花、宝石で彼女の気をひこうとしました。
しかしそれは再婚を逃れるための言い訳であり、日中は織物を製作しますが、夜には夫のオデュッセウスの生還を信じてその一日に織ったものをほどいていました。

全ての登場人物はペーネロペーに注目しており、この仕掛けによって鑑賞者の注意は彼女に集中することになります。

本作品は、公のコレクションに適した重要作品購入の選別を依頼されていた、アバディーン美術館の委員会によって、ウォーター・ハウスから直接買い取られました。

参考文献
「イギリス・フランス近代名画展」の図録
[PR]
by esthetisme | 2009-10-10 22:00 | ラファエル前派