総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
三光院の精進料理 胡麻豆腐作る料理教室
d0059205_633252.jpg


d0059205_6332465.jpg


d0059205_6335237.jpg


お煮しめの次はおちらしを作る料理教室があり、これもとても行きたかったのですが、あいにく開催日は平日なので休みがうまく取れず断念。でも最後の胡麻豆腐作りは日曜日なので参加してきました。

胡麻豆腐を作る前に作務といって僧道での労務を行います。
「一日(な)さざれば、一日食らわず」
中国の百丈禅師の言葉です。作務は重要な作業のひとつです。
実際に何を行ったかといいますと、竹箒を持って各班毎に分かれて、ごみ等をかきだして一箇所にまとめます。僕らの前の日にも同じように掃除をしているはずなんですが、一日でこんなにもごみが出るのかと思うぐらいたくさん出ました。ほんと葉っぱ、松ぼっくり、柿などいろいろと落ちています。
ただやっていてもつまらないので、庭の様子を観察するようにしてやると楽しいかなと。観察して今日の様子を盛り付ける料理がありました、それは11月の吹き寄せです。まずは身の回りを清めておきます。

その後は座禅です。お堂に入る前に一礼し、自分が座る座布団にまた一礼をします。そして般若心経をみんなでとなえます。
それから座禅。作務も同様に自分の心を磨く気持ちで、自分自身と向き合います。集中していくと蝉の声が遠くなっていくように感じるし、何箇所か蚊に刺されも痒さがそれほど気にならなくなります。30分間時間がありましたが、ぶっ続けでなくて15分間で休憩があり助かりました。ぶっ続けだったら立てなくなりそうな感じがしましたもので。

作務と座禅ですっかりと心が清らかな気分になりましたが、この気分で胡麻豆腐を作るなんて、日常ではまずないだけに貴重な体験です。
最初はすり棒が重く、滑らかにはいきませんが、胡麻がどんどんとつぶれていくと滑らかに軽やかになってきてこの変化の具合がほんと楽しいですね。すっている間はほんと夢中になります。1時間ぐらいすったでしょうかね。4人で交代で修行の一環なのでおしゃべりは厳禁でしたが、ついおしゃべりしてしまいやっていたので楽でしたが、1人だと黙々とやるとなるとおしゃべり大好きな自分としては途中で挫折してしまうかも。
4人でひとつの料理だけなので、この日は途中の過程で写真を撮る余裕がありましたので何枚か撮りましたが、静止している料理ばかりを撮っているので動いているのを撮るのは難しいですね。
すり終わったところで、水とくず粉を混ぜて、強火で火をかけます。木のしゃもじで焦げないように鍋底をこするようにして、まんべんなく返しながらよく練ります。練っているととろりと変化が起こり、こうなると分離しないようで安心とのことで、これ以後も練り続けます。時間にしておおよそ15分ぐらいしていると、しゃもじから流れ落ちないほど粘りがでてきましたので火を止めます。
あとは型に入れて、どんどんと上から落として気泡を抜いて、水で冷やしてできあがりを待ちます。
待つこと一時間あまり。胡麻とくず粉と水で作った添加物ゼロの胡麻豆腐の完成です。

胡麻豆腐は精進料理の要だけにどこのお寺でも精進料理のお店ででますが、僕は三光院の胡麻豆腐が一番好きですね。
こうして自分でも作ってみるとお煮しめの時のように作る大変さがほんと実感できますし、食べるときによりありがたみを感じるようになりました。
今回は食べるときに五観の偈をとなえてから食べましたが、せっかくお寺の中で食べているのだからいつも欠かさずにとなえてもいいのではと思いました。ま皆さんがとなえなくても自分だけでもやろうかなと。

今後もこのような単発の料理教室を開催して欲しいものですね。
お煮しめ、胡麻豆腐と基本の料理の次はこがらし、あわふのおでん、にゃく天を学ぶ機会があればひととおり三光院の基本の料理が作れるようになりますからね。
[PR]
by esthetisme | 2009-08-24 06:34 | 三光院の精進料理
三光院の精進料理 お煮しめを作る料理教室
d0059205_5451357.jpg


今月8月は毎年三光院では精進料理は休みなので、1ヶ月三光院の精進料理が食べれなくなってしまうのですが、今年は8月に3回もある料理教室のおかげで8月も三光院の精進料理が食べれてほんと嬉しいですね。
やはり月に1度は三光院の精進料理を食べて日々の食生活をリセットしたいものです。
淡味といって精進料理特有の6番目の味覚であるこの味わいはいかに日々食べているものがどれだけ余計な味付けされていることを気付かせくれます。美味しい野菜は水で煮るのが1番ではないでしょうかね。
また野菜そのもの味わいを生かすだけでなく、色や形までそのものを最大限に生かそうとする調理の仕方もまた素晴らしいです。

さて今回の料理教室のテーマは、三光院の精進料理の幕開けを飾るお煮しめ。思えば今から約4年前の2005年9月に初めて食べた精進料理が、三光院のお煮しめでした。一口食べてみて出汁を使っていないので、素材そのもの味がしっかりと生かされていることと特にごぼうの食感にはほんと驚かされて、こんなにも精進料理って美味しいのねと気に入り、ブログに三光院というタグを作り、それ以後ほぼ毎月のように通っていますし、同じような感動を求めてまだ全部は回れていませんが全国の精進料理を食べ歩きました。そんな思い出深い料理をこうして自分で作るのはとても感激ものですね。
作ってみると話には作り方を聞いて手間暇がかかっているなぁと思いましたが、実感がよくわきました。貴重な体験ができてほんとよかったです。

お煮しめのほかに庭から摘んできた紫蘇を刻んでご飯と混ぜて紫蘇ご飯に、同じく庭から摘んできた三つ葉を三時間昆布の出汁をとって作ったお吸い物の具と作りました。
紫蘇ご飯とお吸い物は自鉢に盛ります。自鉢とは修行中の禅僧の食器を模したものです。
[PR]
by esthetisme | 2009-08-24 05:45 | 三光院の精進料理
加入している保険で利用できる中華料理屋さん
前から気になっていた保険加入者か保険加入者と同伴でないと利用できない飲食店がいくつかありまして、今回は中華料理屋さんを利用してきました。ちなみに今週は金曜日に和食のお店にも行く予定です。残念ながらフレンチはないんですよね。
さて夜でも1000円のコースから利用できてほんと安いのですが、飲み物もちらっと見る限りではほぼ定価じゃないかと思う値段にびっくり。でも今回は3000円のコースと1000円で飲み放題にしました。1000円の飲み放題でも紹興酒の安い5年物がボトルで頼めて、2人で紹興酒2本半と生ビールを飲んだので十分もとは取れたはず。
コースを食べ終わってまだまだ食べたかったのでメニューをもらって、単品でピータン、芝海老とカーシュナッツの炒め物、チャーハンを追加して、食べ終わる頃にはお店の閉まる時間でした。単品を頼んでみたらこちらも手ごろな値段でしたので、次回は一番安い1000円のコースを頼んで、たくさん単品を頼んでみたいかなぁと思います。せっかく保険料を払っているので少しでも恩恵を受けたいものです。

コースで出てきた料理をいくつか写真を載せておきます。

d0059205_15145425.jpg


北京ダック

d0059205_21555356.jpg


鮎の椒塩風味

d0059205_21561682.jpg


車海老ともち米のセイロ蒸し
[PR]
by esthetisme | 2009-08-06 21:56 | グルメ