総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ギュスターブ・モロー 「岩の上の女神」
d0059205_22493750.jpg


ギュスターブ・モロー 「岩の上の女神」 1890年頃

非常に洗練された色使いによる繊細な水彩画で、水彩におけるモローの技法が如何なく発揮されています。

洞窟の暗闇にいる女神の頭は光を放ち、左手に神聖な笏を持ち、右手には緑色の蛇が絡みつき、右肩の上には鎌首をもたげたいます。宝石でかろうじて身を被った彼女は豪奢な錦のただなかに座っています。
彼女の上には極彩色の鳥が飛んでいます。

彼女に絡みつく蛇は護り手なのかエデンの蛇なのか判然としません。
彼女の神聖さゆえにあらゆる攻撃から彼女を護るためとも解釈できますし、
たこれまで蛇が絡み付いていた女性がうつむいて描かれていたのに対して、この作品では鑑賞者にその眼差しを向けていることから、閉じ込められ、求められるだけの女性から、自ら誘惑する女性へ変貌したと考えるとエデンの蛇とも解釈ができます。
晩年に描かれた蛇に巻きつかれた人物の絵画がありますが、それは肉体や物質性への囚われを意味しています。このようにモローの女性像は、美ならびに理想の象徴と誘惑ならびに堕落の権下としての2面性を持つことになるのです。

なおこの作品は横浜美術館に所蔵されていて、現在「フランスの絵画の19世紀展」で展示されてます。
またこれまで1984年の「モローと象徴主義の画家展」と1995年の「ギュスターブ・モロー展」で展示されたことがあり、両方の図録の解説から引用して本文を書きました。
[PR]
by esthetisme | 2009-06-27 23:22 | ギュスターブ・モロー
三光院 6月の精進料理
今年もまたインドのウサギと煮梅、しょうがのおばんの季節ですのでいただきに行ってきました。
去年に書いた記事をほとんどそのまま使って更新します。写真だけは今年撮ったものに。今年は明るめに撮りました。実物に近いのは去年の写真のほうかなと思います。

今月(6月)は紫陽花の季節。この季節にだけ出すインドのうさぎという料理は、三光院に数多くある豆腐料理の中でも頂点を極めるものだと思っています。
人気料理だけに今月の料理教室は例年通りいつもより多くの参加者がいました。これで三光院で6月の料理を頂くのは4回目。
インドのうさぎという料理名がどうしついたというとこれはインドに伝わる話に基づいています。現三光院の住職さんが、料理を考案し、盛り付けている時に思いついたそうです。

どういう話かというと老僧に姿を変えた帝釈天が、うさぎを始め数多くの動物に食料などを求め、他の動物達は何かものを持ってきましたが、うさぎだけが物を用意できなく、自分の身を燃え盛るの火の中に投じようとします。投じる前に火の回りを3回、周ったようなのですが、それがどうしてなのか三光院のご住職さんはずっと考えたそうです。
答えとして、うさぎもしがらみの中で生きている、一人では生きていないのでしがらみを断ち切るため、そして自分の耳についているのみやしらみを逃してあげるために周った、うさぎの慈悲深い行為だと考えたそうです。
結局のところ、火の中に身を投じたうさぎは帝釈天により月にその姿を映すこととなりました。

詳しくはネット上でいくらでもあるのでこれぐらいで。

d0059205_21465587.jpg


うさぎと言っても白いのから茶色とかいろいろといると思いますが、白いのが一般的ではないかと。
卵型のように丸くもりつけたものをうさぎに見立て、この季節ならではの紫陽花を添えることでいこの料理が完成したようです。
梅雨のじめじめとしたうっとうしい季節に清清しい見た目と味わいをもたらしてくれるのでほんとこの季節にぴったりです。紫陽花がなければ年中出せますが、この料理は紫陽花を添えることに意味があるわけで。
しめた木綿豆腐を西京みそ、砂糖を加えてよく混ぜ合わせて作るのですが、簡単に作ろうと思えばフープロでいいのですがそれでは味気ないです。
作っていると素材が変化していきますし、音が変わっていきますよね。そういう過程を楽しみながら作るほうがいいはずです。
それにしてもこのとろけるようなクリーミィさはほんとクリームチーズみたいで外国の方にはとっても馴染みやすいのではないかなと。

d0059205_2145213.jpg


インドのうさぎの他に今月の料理に煮梅があります。梅はちょうど今頃の旬ですが、これほどまでに梅を美味しく頂ける料理はそうそうないでしょう。
砂糖と醤油を煮た梅の上からかけていて、それらをつぶした梅と混ぜ合わせてジャムのように頂くと梅の酸っぱさ、砂糖の甘さ、醤油の塩辛さと味が複雑に混じりあい、素敵なハーモニーが生まれます。味付けとして三光院の料理の中では濃いのですが、お酒を飲みながら食べているのでぴったりなぐらい。それに余韻として残るのは梅の味が一番大きいので、濃いながら後味は爽やかです。

d0059205_22251535.jpg


爽やかといえばしょうがのおばんもそう。今の時期は新生姜の季節ですからそれを使って作ります。出汁を使わない炊き込みご飯なので暑くて食欲が落ちたとしても、このさっぱりとしたご飯ならいくらでも食べれます。しょうがは冬に体を温める効果もありますが、夏はこのように活躍するので年中欠かせないですね。
そうそうレシピは今回も頂きましたが、去年、サライの特集でもう覚えていただけに夏には頻繁に食べますよ。炊き込みご飯は炊飯器がやってくれますからほんと簡単も簡単ですからね。

d0059205_0155915.jpg


おまけにインドのうさぎにまつわる話の紙芝居。なんでも取材に来たTV局の関係者?イラストレータの方ですかね、その方が書いたそうです。

d0059205_22144467.jpg



また来月ですが、去年はおちらしがおばんとして出ていましたが今年はなんと4年目にして初となるおぞろとなります。
おぞろというのは御所言葉でそうめんのことで、竹の御所ではうどんやそばはまったく食べないため麺類はそうめんだけだそうです。
夏になるとこのおぞろをいっぱい茹でて、バケツにはった水に放して、次から次へと箸一本を動かしてきれいに盛り付けて、おあい(御所言葉で間食)としていただきます。
人数の少ない尼寺で、バケツにそうめんを入れてということですからその量の多さがわかることでしょう。修行中の作務の厳しさが食欲をかきたてたわけです。
竹の御所ではそうめん料理としてそうめんの海苔巻きというのもありますのであわせて写真を載せました。

参考文献

「四季の精進料理 春夏編)
[PR]
by esthetisme | 2009-06-21 22:17 | 三光院の精進料理
ギュスターブ・モロー 「サムソンとデリラ」 
d0059205_19264766.jpg


ギュスターブ・モロー 「サムソンとデリラ」 1882年

1880年代の初めは、水彩画の秀作が次々と誕生しました。小品ですが、この作品もモローの水彩画の魅力を存分に感じることができます。
デリラの顔立ちなどの繊細な線描とたっぷりと滲む色彩とが絶妙なバランスを見せています。
旧約聖書の語るデリラは、怪力無双のサムソンを倒そうとするペリシテ人に頼まれ、彼を籠絡してその力の秘密を聞き出し、彼が眠っている間に力の源である髪を切り落とします。
男を魅惑し、無力化し、ついには破滅へとおいやるデリラは、「ファム・ファタル」の典型です。
モローは他にもデリラを描いていますが、それらに比べ、この作品のデリラの表情は柔らかく、あどけない様子となっています。
シュルレアリスムの詩人であるアンドレア・ブルトンは、「15歳の時以来、私を魅了してやまないギュスターブ・モローの小さな水彩画のデリラの眼差し・・・・・彼女を見にしばしば私はリュクサンブールの美術館に出かけた」と語ったと言われています。

参考文献
「朝日グラフ別冊 モロー」
[PR]
by esthetisme | 2009-06-21 19:27 | ギュスターブ・モロー
サー=ローレンス=アルマ=タデマ 「銀色のお気に入り」
d0059205_18345763.jpg

サー=ローレンス=アルマ=タデマ 「銀色のお気に入り」 1903年

この絵画の題名である「銀色のお気に入り」とは池の鯉のことで、今娘たちの1人がタンバリンを入れもの代わりにタンバリンを使って餌をやっているところが描かれています。
その飼っている魚に注意を向けさせるために、額縁には次のワーズワースの詩句が引用されています。

このちっぽけな海にまばゆく照りつける
光という光に神経をとがらせて
お前たちの鱗の鎧は
そのお返しをしようときらめく

サファイア色の海と白い大理石、蒼い空で構成されたこの絵画は彼の典型的な画風を示すもので、特に大理石の見事さは、「大理石の絵」と称する特異なジャンルを生み出すことになり、多くの模倣者を輩出したきっかけとなりました。
しかし、今日亜流の画家たちが残した作品を見てみると、そこにはアルマ=タデマの大理石に見られるような温かさと冷かかさの交錯する微妙な肌合いをまったくもって見出すことができません。
アルマ=タデマに比べると気の毒なほど大理石模様のプリントされた安物のデコラ板にしか見えないからです。

参考文献

サー=ローレンス=アルマ=タデマ画集 トレヴィル出版
[PR]
by esthetisme | 2009-06-21 18:36 | ラファエル前派
今年初の鮎と鱧
d0059205_176216.jpg


お昼に普茶料理の梵に行き、それから近くでケーキを食べた後は、今年の初の鮎と鱧は前から気になっていたこのお店へ。東京の割烹はカウンターなのに禁煙じゃないお店が多くてほんと選択肢が限られてきます。食べログで割烹で禁煙のお店を検索するととても少ないです。それだけに禁煙であるこのお店は貴重ですね。

さて客席と板さんのテーブルの位置が同じなので、板さんの仕事ぶりは何から何までよく見えて、キビキビと注文をこなしていくその様を見ていると心地よい緊張感が伝わってきます。それに料理ができあがるまでの過程を見るライブ感がとても楽しい。
この日は常連さんが多くて、移転をしているけど20年以上も続いているお店ですね。せっかく常連さんが板さんやサービスの人と楽しく食べているので気を使ってこの日はいつもなら料理ごとに写真を撮っていますが、
鮎の土鍋御飯だけにしました。

この日は頼んだのは以下のとおり。コースではなくてアラカルトなので一品食べてゆっくりと間を作っては次の一品を頼むという感じで自分のペースで食べました。
最初の先付の鰹の豊かな香りと羅臼昆布の甘みが感じられる出汁がもう絶品です。これはお椀や炊き合わせがとても期待できると思ったら、後に食べてみてやはりそうでした。やっぱり割烹や懐石は出汁が要、出汁がどれだけ印象に残るかですね。
例えば炊き合わせは出汁を素材に染み込ませて、素材の旨味を引き出す味付け。それは同じ和食でも出汁をなるべく使わずに素材のそのものの味を生かす精進料理とは味付けが違うから昼も夜も和食の食べ歩きが続いてもまったく違った気分で食べることがでました。
解禁を待ちに待っていた鮎はまるかじりするとワタのほろ苦さ、旨味がほんと美味しい、香りがいい。焼いた鮎も好きなんですが、一番は刺身。岐阜で食べて初めて鮎の香りでよく言われている西瓜とか胡瓜の香りというのがわかりました。
続いて鮎の一夜干しも頼みました。鮎好きなんで鮎料理がいくら続いてもOKです。この時期は鱧ももちろんそうですけどね。一夜干しは焼いた鮎とはまた違った風味が楽しめてこれまた最高。同じ一夜干しでも肝を塗ったものもあるので味の違いも楽しめたし、ほんとお酒が進んでしょうがない。
その後はもう美味しさが予想できた炊き合わせはそれぞれの素材の染み込んだ出汁がやはり旨くて、京都の割烹の有名店と遜色ない味わいに思えます。
鮎の炊き込みご飯までに時間がかかるのでお浸しを頼んで口の中をさっぱりとさせておきました。しんとり菜という珍しい野菜でした。
目の前で炊き込みご飯を作っているので時折鍋から漂う前述した出汁と鮎が混ぜあわさった香りを嗅いでいるとほんと待ち切れなくなってきます。この距離感がいいですね。鮎の香りと旨味がたっぷりと染み込んだ御飯は、量を1人前にしてもらいましたが本来の2人前でもペロリと平らげることが簡単なぐらいもっともっと食べたくなる美味しさでまた次の時も食べたいですね。
最後は目の前で切っているのを見ていて食べたくなったくずきり。水菓子があとアイスだけでなので果物ぐらいはあってもいいのではないかと。

今月は最後の土曜日に埼玉に鮎尽くしを食べに行くのでまた鮎が食べれるかと思うとほんと楽しみです。
[PR]
by esthetisme | 2009-06-21 17:06 | 郷土料理、和食
梵 水無月の普茶料理
三光院の料理教室で知り合いました皆様と梵に行ってきました。前に行った時に1人からでも食べれると聞いていましたが、やはり普茶料理だけに本来の食べ方である数人が一緒となって和気あいあいと中国式に頂くとなおさら美味しく感じられました。ご一緒となりました皆様、どうもありがとうございました。

今回は二汁七菜(造里、季菜、温菜、麻腐、油茲、時果) 8,000円 のコースを予約しました。
今回も頂いた場所は離れの部屋。いつものようにテーブルの上にはお品書きと小拼(しゃおぴん)が用意されています。

まずは茶礼といって、香煎(青紫蘇)と点心(梵字菓子)をいただきます。

○茶礼

そしてに梅酒が出てお料理が始まります。お酒は「琵琶湖ワイン」をボトルで。追加で賀茂鶴の純米を。

d0059205_12254098.jpg


○小拼(しゃおぴん) :お重に入った前菜

・鮑麩(麩を煮詰めた擬製料理)、レモン添え  

・紫陽花蓮根(れんこんを紫陽花に見立て切り、ブルーとピンクに染めています)

・枝豆

・宝珠焼(ごまとみそのやきもの)

・人参寄せ

・煮ごぼう

・塩えんどうの松葉


○豆腐の燻製(大皿で)
これは毎回出るようですね。三光院でも豆腐の燻製がありますが、三光院の姿、色を生かす感じではなくて、
こちらはチップスみたいなサイズと味付の色などが染み込んでいますね。


○澄子(しゅんつ):水無月椀 
青えんどう豆のすり流し、あられ、白玉入り

d0059205_12263253.jpg


○箏羹(しゅんかん):普茶料理の主采。箏は筍を意味し、羹は煮物のことです。

・白花豆 若布 トマト酢

・義生豆腐

・古代すし

・あじさい羹(豆乳寒天、赤と緑のリキュールで色を付けた寒天)

・青楓麩

・唐人麩(豚の角煮に見立てたもの)、ウコンで色つけたジャガイモ添え

・赤南蛮

・山桃

・和え物

(わらびの煮物、しじみもどき(コンニャクを煮詰めたもの)、つるむらさきのえごま和え)

・筆生姜

d0059205_12271370.jpg


○雲片(うんぺん):もともとは料理の下ごしらえでたくさん出る、雲片のような野菜のくずを捨てずに無駄なく使おうと、精進の精神から生まれた料理です。
このお店では野菜を単冊に切り、油煎りして葛煮にしてあります。


・吉野煮 黄檗禅味

○造里(つくり)

・こんにゃく 

・エリンギを味付けしして鮑に見立てたもの(笹の葉にくるまれている)

・胡麻麩

・苦瓜

・ビーツ

・人参

・レモン

・浜防風(セリ科の多年草)

・酢味噌

d0059205_12282977.jpg


○温菜(おんさい)


・丸茄子油焼き

・養老味噌((松の実などとを合わせた味噌で体にいいことからその名前に)

・甘唐辛子

・赤南蛮

・葛きりを揚げたもの

d0059205_1229183.jpg


○そば

・茶蕎麦

・蕎麦汁のジュレ 

・きゅうり、人参の千切り

・梅びしお

・油揚げ


d0059205_12292733.jpg


○麻腐(まふ):胡麻豆腐 山葵添え


○油茲(ゆじ):野菜の味付け天麩羅で箏羹に次ぐ普茶料理の主菜。


・さつま芋

・人参 

・こんにゃく(鷹の爪で炒ってから揚げる)

・青味(さやえんどう)

・そうめん(扇状になるように束ねて)


○酡菜(えんさい):香の物


○素汁(そじゅう):味噌汁

・豆腐、空豆、おかひじき

d0059205_1231887.jpg


○飯子(はんつ):きゃらぶきと碾茶御飯

※碾茶:抹茶の一歩手前の葉 


○水果(すいご):時果


・さくらんぼ、スイカ、オレンジ、キウイ、黄粉の寒天ゼリー
[PR]
by esthetisme | 2009-06-21 12:31 | 郷土料理、和食
僕のケーキの食べ歩きの出発点のケーキ
d0059205_23583011.jpg

d0059205_235823.jpg


今から10年前にまだインターネットがそれほど広く一般的でなかったころ食べ歩きの情報源は、雑誌が中心でした。
その頃に出版された並木 麻輝子さんの「ケーキ!ケーキ!東京―味と技の芸術品を食べ歩き」という本で紹介されていたケーキはそのタイトルにぴったりなものばかりだったのですが、特に一番食べてみたいと思ったのがこのケーキ。
思えばこのケーキでケーキの美味しさに目覚めて東京だけでなく名古屋、大阪、京都、神戸と日本各地をフレンチと一緒にケーキを食べ歩くきっかけとなっただけにとても思い出深く、食べる度にそのことを思い出します。


ほんと最初食べた時はまずピンクの鮮やかな色合いとその宝石のようなフォルムにどうしてもフォークを入れるのが躊躇いましたね。眺めてはその美しさに感心しっぱなしでまさに鑑賞にほんと向くケーキです。
ようやくのことで食べてみてローズ風味のバタークリーム、ライチのエキゾチックな香りとフランボワーズの爽やかさで果実は瑞々しい食感、ローズの香りがするマカロンの外はかりっとと中はもっちりと対比のある食感とそれらが織り成すハーモニーは見た目同様に芸術の域まで達していて、特にバラに包まれている、食べているような感じが好きでこれほど感動を覚えたケーキはないです。だからこそ上述したように新たな感動を求めてケーキの食べ歩きが始まったのだと思いますけどね。
それにしてもこの食材の組み合わせはそうそう思いつかないだけに組み合わせの妙がこれまた凄い。
そのほかに今日はシトロン、オリーブ、セレストとマカロン3つも写真のように泡と一緒にとこれまた定番のキャレマン ショコラをコニャックと一緒に食べました。
[PR]
by esthetisme | 2009-06-08 23:58 | お菓子、パン
鎌倉 光明寺 精進料理
これまで鎌倉の精進料理店は、鉢の木、不識庵、左阿彌、あと自然食の笹の葉に行きましたが、鎌倉でお寺で精進料理が食べれる貴重なお寺である光明寺に今回、紫陽花を見に行くにあわせて行ってきました。
やはり紫陽花には雨が似合うのか午前中はぽつりぽつりと雨。 食べ終わり、鎌倉駅に向かうバスを待っている間に晴れましたので、午後の紫陽花巡りもしてきました。
ちなみに鎌倉のお寺で長寿寺も前は精進料理が食べれたそうですが、今は止めてしまったようです。

さて今回はせっかくなので5000円のコースに京都のお酒で大吟醸を小瓶で2本飲みながら頂きました。

メニューを書きますと

d0059205_11152087.jpg


木皿 黒豆、光明寺精進しぐれ、みょうが、麩饅頭

d0059205_11175082.jpg


平  東寺湯葉、里芋、ひすい茄子、麩、絹さや

d0059205_11155381.jpg


木皿 生ゆば胡瓜巻き、人参と大根の妻、山葵、花穂

d0059205_11162937.jpg


木皿 精進揚げ(さつまいも、にんじん、なす、ししとう)

木皿 こんにゃくのピリ辛炒め(勝手につけています)

坪  胡麻豆腐

d0059205_11165473.jpg


飯器 かやくご飯
汁器 さつま汁(さつま芋、大根、人参、コンニャク、油揚げ、ゴボウ、長葱)
菜器 漬物
水菓子 メロン
甘味  光明寺饅頭

d0059205_11194346.jpg


8月には観蓮会が開かれる光明寺の記主庭園。

d0059205_11201153.jpg


成就院の紫陽花。眼下に海が見えるといういかにも鎌倉らしい風景です。
今年は紫陽花の開花が早いというので行ってみましたがまだ満開まではかかりそうで
行くのが早かったなぁと。
[PR]
by esthetisme | 2009-06-07 11:26 | 郷土料理、和食