総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
志方 あきこ Harmonia コンサート
d0059205_22522178.jpg


まずはセットリストから。
前回のコンサートのパンフにセットリストが書いてあったので、今回もパンフを買ったらセットリスト(予定)がわかるだろうと思ったらやっぱり書いてありました。
そのため次の曲はなにかな?という楽しみはなくなってしまいましたが、やはりどうしても見てしまうわけで。パンフを無事買えたので、ほろ酔いで音楽を聴くといつも聴いている音楽が違って聞こえくるのでてっとり早く飲むかと思いすぐ近くのミニストップで時間ぎりぎりまでブログの更新などのんびりと。会場に入ったらもうチラシもアンケートもまともになくて、もらったのは知らないアーティストの一枚だけ。

今月に発売された自然の4元素をテーマにしたHarmoniaというアルバムのコンセプトをそのままに以前のアルバムからの曲を交えてライブの曲が構成されています。

オープニング

01 Opening Movie
02 遥かな旅路

セクション 地

03 Movie 地の章 
04 AMENESIA 
05 METHOD METAFALICA
06 まほろば

セクション 水

07 Movie 水の章
08 アオイロ缶詰
09 Sorriso
10 追想花
11 Kaliope

セクション 風

12 Movie 風の章
13 うみねこの鳴くころに
14 ロマの娘
15 うたかたの花
16 風と羅針盤

セクション 火

17 Movie 火の章
18 晴れすぎた空の下で
19 金環触
20 埋火
21 METHOD METAFALICA/EXEC_OVER.METHOD_SUBLIMATION

エンディング

22 Harmonia~見果てぬ大地へ~

細かいところは省略。


前半(地、水)はドレス姿で歌っていまして、初めて生で歌声を聴けて嬉しいのです。涙腺を刺激するといった聴かせる曲が多くしっとりとした雰囲気。そして衣装変えなどのために10分の休憩。

後半(風、火)は民族衣装みたいな服。手拍子が難しい曲もありますが、手拍子のおかげで盛り上がりますね。曲が終わる度にありがとうございますと言っていましたがもしか歌声以外はそれだけ?と思ってしまいましたが、ちゃんとアンコール前の最後の曲とアンコールの時にMCがありました。
風と羅針盤が一番楽しそうに歌っているように見えましたね。8倍の双眼鏡のおかげで一番後ろの席でもほんと表情がよくわかりました。
火の最後にコワレロ、コワレロと混沌としたダークな曲をやっていて、デス声もできるんですね。破壊しないと創造が生まれないという意味合いなんでしょうか。と考えるとこの曲も癒しの曲だと思えてきますけどね。
エンディングの希望に満ちた前向きのどこまで続いていく感じがする曲のおかげで会場の空気ががらりと変わります。そしてメンバー紹介では思わずバンドマスターを忘れてしまう場面も。
アンコールの前にコンサートのために練習などの感想を各メンバーに聞いていましたが、やはり演奏するのが難しいようです。
アンコールはミシャパージャ。
志方さんが曲名を言ったときお客さんの反応があったのですが、知らなくて予習が足りなかったです。聴いてみたらまだ演奏していない花帰葬がもっといい曲だと思うので花帰葬を演奏して欲しかったです。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-28 17:27
長興山紹太寺 普茶料理
d0059205_10561919.jpg


この日のメニュー  普茶菜単(ふちゃさいたん)です。

d0059205_11371056.jpg


☆茶菓子

桜の花びら 白餡をねりあわせたもの

はすとみょうがのきんぴら  黒胡麻←デジイチで写真撮り忘れました。

d0059205_1138301.jpg


☆伴盤(ぴんぱん)

飾り盛り

下から順番に
・やまといも ハイビスカの花の色で色づけ
・たけのこの寒天寄せ
・ゆばまき ビーフンを炒めたもの
・こおりどうふ 豆腐を凍らせて油で揚げて煮込んだもの
・もってのほか(菊)の胡麻和え
・しそまき 
百合根の花びら

d0059205_1141239.jpg


☆笋羮(しゅんかん)

笋はたけのこ、羮はにもののことを指し、普茶料理の主菜です。

野菜の炊き合わせで茄子、蓮根、人参、菜の花、南瓜、椎茸など

d0059205_11411097.jpg


☆雲片(うんぺん)

料理の下ごしらえででる雲片のような野菜くずを捨てずに、無駄なく
使う

野菜を油で炒めて、吉野葛でとじたもの

d0059205_11412055.jpg


☆麻腐(まふ)

胡麻豆腐。この色は炒った胡麻で作っているから。
胡麻だけではここまで甘くならないので砂糖かなにかを添加して
いるように思えます。

d0059205_11413941.jpg


☆油滋(ゆじ)

天ぷらで笋羮に次ぐ主菜です。

この日は梅、こんにゃく、餡子を包んだものなど

d0059205_11442985.jpg


☆掩菜(えんさい)

香の物

d0059205_11445926.jpg


☆飯子(はんつく)
☆味噌煮

季節のご飯で、この日は桜花ご飯。ほんのりと淡いピンク色のご飯です。

d0059205_11453037.jpg


このご飯を入れる片手桶は行堂(ひんたん)と呼ばれているので、
ご飯物を行堂とも呼びます。

d0059205_114604.jpg


☆水菓(すいこう)

季節の果物。難を転じるという意味合いだそうですがなんてんの葉がある
だけでお寺らしい感じになりますね。

d0059205_11464412.jpg

[PR]
by esthetisme | 2009-03-28 11:48 | 全国の精進料理紀行
長興山紹太寺 しだれ桜
d0059205_2255492.jpg


d0059205_22555890.jpg


前から食べに行きたかった長興山紹太寺の普茶料理を食べてきました。当日は4人1組と本式の食べ方のため44名での本堂を貸切り頂きました。
三光院の精進料理を現在作っている西井さんの解説のもとに普茶料理を食べる今回の企画は、前回の梵に続いて2回目。
今後は宇治の萬福寺、長崎の聖福寺での開催も予定していて、最初に書いたとおり4人1組でないと食べれないため、是非とも今後とも参加したいところですね。

参加にいたるまでですが、なんと参加募集者の一般発表の前から既に三光院の料理教室の生徒さんの応募を受け付けていてそれで予約が一杯になっていて、とりあえずキャンセル待ちということで予約をしました。
それからキャンセル待ちを待っていたら参加人数を増やしてくれたおかげで無事、今回行くことができたわけでほんと主催者のNHK学院さんありがとうです。

d0059205_2256319.jpg


当日はどこの席かと思いきや本堂なので仏様がもちろんいまして、僕はその真後ろの席だけに仏様にお尻をむけて食べるなんて。で隣は西井先生。2人とも仏様が後ろなので落ち着かないし、それに参拝者が仏様に向かって何人も挨拶するからこれまた落ち着かない。

料理は写真がたくさんなので明日にすることにします。これまで普茶料理は宇治の白雲庵、東京の梵に続いてこれでまた3回目と経験が少ないのですが、その3回の中でも今日の普茶料理は甘めの味付けでこれは
お寺の方の好みなんだろうなぁと思いながら食べました。



d0059205_22565211.jpg


食べた後は樹齢360年?でしたかなそれぐらいのしだれ桜を見に行きましたが。あいにくの空模様で桜が映えなく残念。やっぱり青空の下で撮りたいですよ。まだこれで5分先ぐらいですかね。
今じゃそんなしだれ桜と言えるほどものではないかなぁと思いますが、住職の子供の頃はカーテンのようで地面近くまで枝があって、中に入ると暗かったと言っていましたから今とはずいぶん違いますね。
そうそうこの桜なんですがクローン技術を使って新しい木を成長させているようです。でもかなりの老木なので成長が遅いようです。

d0059205_10542950.jpg

[PR]
by esthetisme | 2009-03-27 22:57 | 全国の精進料理紀行
ホワイトアスパラなど春の味覚尽くし
ホワイトアスパラのほかにたんぽぽなどあれこれ食べたかったのでつい、メニューで食べてきました。

d0059205_931537.jpg
d0059205_931365.jpg
d0059205_932261.jpg
d0059205_9322229.jpg
d0059205_9323898.jpg
d0059205_9325827.jpg
d0059205_9331553.jpg


お酒は食前酒にぺルノー、デザートにポルト以外は以下の物。白はハーフボトルにしましたが、いろいろと手ごろな値段であるのはよかったですね。
赤はグラスでチーズもあったので3杯。で食後酒がカルヴァドス、マール2杯と飲みましたね。

d0059205_933461.jpg
d0059205_934416.jpg


さて今日は精進料理です。来週は普茶料理に野菜料理とヘルシーな外食が続きますね。
これからフレンチは11月ぐらいまではいつものビストロ以外お休み。
イギリスとフランスの食べ歩きに備えて貯金に励みます。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-21 09:41 | 日本のフランス料理店
ギュスターブ・モロー ケンタウロスに運ばれる死せる詩人
d0059205_23463670.jpg


ギュスターブ・モロー ケンタウロスに運ばれる死せる詩人  ギュスターブ・モロー美術館

華麗な死の雰囲気を暗示的手法で描く

ケンタウロスはいうまでもなく、ギリシャ神話に出てくる、腰から上が人間で、下が馬の形をした怪物です。
いま彼は死せる詩人を発見して山頂までたどりついたところです。かけがえのない貴重なものの喪失を心から惜しむように、首をたれ沈痛な面持ちで死体を支えています。
その筋骨のたくましい、むくつけき体軀と、いま息絶えて白蝋のように白々とした、女性と見まちがう詩人のたおやかな死体とは、いちじるしいコントラストをみせています。いうまでもなく、そのコントラストにモローの暗示的な意味が託されていることは確かです。その対比の意味をどう解釈するかによって、その絵の内容がさまざまに違ってきます。
たとえば、洗練された文明の巧緻さと、野性的な自然の粗暴さとの対比といった、そこから病める文明の終末を予測することも可能です。

鮮烈な緑・青・赤・黄色をきわ立たせて、場面はいっそう華麗な死の雰囲気を高調させています。たしかに華麗な死としかいいようのない場面の雰囲気なのです。言葉としては明らかに矛盾しているのですが、死が華麗であるというところに耽美主義的な印象の生まれる所以でもありましょう。
その意味では若い男性であるはずの詩人の体が、むしろ女性的であるというところにも、特別な解釈が成立しうる根拠が生じます。いくぶん頽廃的な、あえていえば男色的な雰囲気もないとはいえません。そのとき、おそらく落日を示すと思われる山の端の丸い太陽が、いかにも暗示的な効果を発揮してきます。
その夕焼け空に、1羽、2羽の鳥が舞っていますが、いずれもみなこの絵の沈痛さを助長するのに一役買っています。
なお、詩人のポーズが、モロー好みの「ナ」の字形ポーズの一変形であることはすでにお気づきのことと思います。

参考文献

新版 ほるぷ 世界の名画 7

日本の展覧会で何回か展示されていますが、今回は図録の解説ではなく画集の解説を載せました。時間があるときに展覧会の図録の解説も載せたいなぁと思っています。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-12 23:47 | ギュスターブ・モロー
水 仙 ウィリアム・ワーズワース
この前、シェリーの詩の紹介の時にワーズワースの名前がでましたが、このブログに彼の詩がひとつもアップしていなかったのでまずは有名な詩のひとつである水仙をアップします。

水 仙
            ウィリアム・ワーズワース

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと、
われひとりさ迷い行けば、
折りしも見出でたる一群の
黄金(こがね)色に輝く水仙の花、
湖のほとり、木立の下に、
微風に翻りつつ、はた、踊りつつ。

天の河(あまのがわ)に輝やきまたたく
星のごとくに打ちつづき、
彼らは入江の岸に沿うて、
はてしなき一列となりてのびぬ。
一目にはいる百千(ももち)の花は、
たのしげなる踊りに頭をふる。

ほとりなる波は踊れど、
嬉しさは花こそまされ。
かくも快よき仲間の間には、
詩人(うたびと)の心も自ら浮き立つ。
われ飽かず見入りぬ──されど、
そはわれに富をもたらせしことには気付かざりし。

心うつろに、或いは物思いに沈みて、
われ長椅子に横たわるとき、
独り居(ひとりい)の喜びなる胸の内に、
水仙の花、しばしば、ひらめく。
わが心は喜びに満ちあふれ、
水仙とともに踊る。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-11 23:53 | 抒情詩
トゥリーズ オン・ザ・ショア
d0059205_23252348.jpg


英国的な衣装に身を包んだ少女が、庭園の真ん中で、グラスか何かに入った水をザバッと撒いているだけの図なのに、そことはかない狂気が感じられるのが凄い。美しいというよりはちょっと不気味で、そこに至るストーリーを深読みすると何だか怖い感じもしてくる

水撒き少女のジャケットと言えばわかる人にわかる有名なトゥリーズの2ndアルバムです。
インパクトが強いので思わずジャケ買いをする方もいるかもしれませんね。

d0059205_2326085.jpg


裏ジャケの写真も変だ。少女の首は一体どちらを向いているんだろう?さすがはヒプノシスの一員として知られているストーム・ソージャースマンの仕事である。たった2枚の写真が見るもののイマジネーションを最大限に刺激するこのジャケットを眺めていると、どんな音を聴かせてくれるバンドなのか、無性に知りたくなって
くる。


僕も筆者とまったく同じ気持ちです。明らかに少女の首の向きかたが普通ではないので、これまた表ジャケと同様に一度見てやはり忘れなくなりました。

最初の曲はどんな曲とか聞いてみるとドラムがどんどんと鳴り、哀感漂う雰囲気の中、セリアが一本調子で低音で歌うもんだから念仏みたく聴こえくるのですが、低音から高音までといろんな表情で歌う彼女の声の魅力なんだぁとこの歌をあとの歌を聴いてから聴いて思いました。この低音の歌声が曲の雰囲気によくあっていますからね。

今では一曲丸々のアカペラのトラッドも聴けますが、初めて聴いた10代の時はブリテッシュ・トラッドにまったく免疫がなくて、有名どころをいくつか聴いてみたもののあまりピンとこなくて、でもロック寄りのアレンジ、それもプログレッシブなナンバーもあるトゥリーズは馴染みやすかったですね。
という経験があるので、奥深い世界のブリテッシュ・トラッドへの第一歩に勧めみたいなぁなんて思います。

アルバムは、オリジナルとトラッドが混在していますが、オリジナル曲がトラッドに挟まれても違和感なく、曲の質が高いです。
一方、トラッドは消化の仕方がこなれていて、特に7曲目のジョーディがお気に入り。歌詞のとおり物悲しく、幻想的な雰囲気の曲で、セリアの翳りのある歌声は何とも言えない魅力があります。やっぱりトラッド・フォークは上手でもなくも女性ボーカルがいいですね。
この曲がリクエストを受け付ける有線のチャンネルでかかっていたことがあるのですがナイスリクエスト。僕もブリテッシュ・トラッドを何かリクエストすればよかった。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-10 23:55 | 世界中の歌姫
フレデリック・レイトン 音楽のおけいこ
d0059205_23414375.jpg


フレデリック・レイトン 音楽のおけいこ 1877年 ギルド・ホール・アートギャラリー

1873年のダマスカス旅行によって東方世界に眼を開かされたレイトンは、以後1880年まで殆ど毎年のように画題を東方の風俗や風景に求めた作品を制作しました。
画中の建築はその旅行の時の研究に基づいていて、設定は16世紀のスレイマーン帝時代のモスクだと思われます。人物の纏っている衣装はおそらく彼がその旅行の時に持ち帰った布地を用いたに違いありません。
少女がレッスンをうけている楽器はトルコのサスですが、レイトンの所有する楽器だと考えてもおかしくありません。
年かさのモデルは不明ですが、幼い娘のモデルは、少女ダンサー及びモデルとして有名だったコニー・ギルクリストです。彼女は6歳からレイトンのモデルをつとめていて、レイトンの絵にたびたび登場しますが、レイトンのモデルだけでなく、ホイッスラー、フランク・ホールらの画家のみならずルイス・キャロルの写真のモデルもつとめました。

東方への憧れが強かったレイトンは1873年のダマスカス旅行以前にすでに小アジアとエジプトを訪れています。
また1870年後半、ケンジントンの自宅に名高い「アラビアホール」を建築して、収集してきたペルシア・タイルを鑑賞用として提供しました。そうした東方への熱中が数多くの作品に反映していますが、一連の作品において東方的なのは、建築的な舞台設定や衣装、丁度類にとどまり、人物は常に英国のモデルから描かれています。
この作品の一年後に描かれた「糸巻き」は同じ2人のモデルが古典的な背景のもとに描かれています。主題や背景によってモデルを変える必要はなかったということから考えるに、レイトンの意図は東方の人々の暮らしや風俗を正確に写すことなどにはありませんでした。
むしろ彼は、東方の設定を借りて、画面をエキゾティックな装飾美で飾り立てることに専ら意識を注いでいます。
薄暗いモスクの内部を背景に、音楽のおけいこをする2人の娘の姿がピラミッド型に配置されて画面を安定感を与える一方で、2人の衣装が艶やかなテクスチュアを見せていて、さながら異国の巨大な花びらのように画面に豊かな装飾性を与えています。

1877年にこの作品がロイヤル・アカデミーで展示された時、人物の肌と衣装の扱いに見られる入念さと繊細さが高く評価されました。
例えば、アート・ジャーナル誌は「官能をそそるような仕上げ」と「着想を画布に巧みに実現した技量」と称賛し、「レイトン氏にとって感覚的な筆触の行使は、最も洗練されたもっとも精密な楽しみであるに違いない」と記しています。
だか、他の批評家たちは、レイトンがあまりに洗練性を追及し過ぎていると感じました。
アシニアム誌でF・G・スティーヴンズは、「細心な、ほとんど細心すぎるほどの入念さで描かれた肌」と述べ、
タイムズ紙は、「レイトン氏の若き東方の母ののとろけるような優美・・・・・(そして)彼女のかわいらしい娘」と讃美した後に続けて、「彼女たちの肌はむしろ繊細この上ない女性本来の美しさに輝いてるということより、蜜蝋のような柔らかさと滑らかさに近い」と批判しています。

参考文献

フレデリック・レイトン画集
ラファエル前派とその時代展図録
[PR]
by esthetisme | 2009-03-09 23:44 | ラファエル前派
生まれ年のブランデー 十勝ワイン ブランデー 1979
d0059205_23425889.jpg


日本でも生まれ年のブランデーがあるなんて知りませんでしたので、びっくりするほど安い値段に不安を覚えながら早速頼んでみました。

d0059205_23422614.jpg


ブランデーにはビターチョコレートが最高のマリアージュだと思っていまして、必ずあわせています。
今日はどこのお店にしようかと思いましたが、今月の普茶料理の代金を支払いに国立に行く帰りなのでこのお店がちょうど帰り道の途中だと思い、オープンまもない頃以来の再訪問で行ってみました。
食べてみてやはり感想は前と同じ。

ブランデーは原酒ですから59度とアルコール度が高いのですが、30年の年月のためか熟成したまろやかさな甘みを感じる味わいで、アルコールの高さをまったく感じさせないですね。
これはお手ごろ価格で美味しいブランデーに出会えたなと幸せな気分でいっぱいです。

いつもフレンチのお店に行って思うのですがワインと料理のマリアージュだけでなく、デザートとそれにあわせるデザートワインなりブランデーでもマリアージュが楽しめるようになってくれるともう何も言うことないんですけどね。
お酒は揃えようと思えば簡単なので、あわせるデザートにほんと頑張って欲しいなぁと思います。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-08 23:44 | お菓子、パン
三帰天海さん 精進弁当
d0059205_2251243.jpg


d0059205_22161843.jpg


ほんと久々に三帰天海さんの精進弁当を食べました。土曜日も販売するようになったので買いにいきやすくなったのですがそれでもなかなか行く機会がなくて。
今日は、降りしきる雨の中、恵比寿に用事がありましたのでその帰りに歩いて代官山で行って買ってきました。
12時から販売のようですが11時半頃にはもう三帰天海さんがいまして、「雨の日も販売していますので」と言っていましたが、この雨の中、ほんとご苦労様です。
買う時に「食べたことありますか?」と聞かれましたので「えぇ、美味しかったですよ」と答えました。
今回もこだわりある野菜を最大限に生かした味付けでほんと美味しい。野菜を一番美味しく食べれるのは精進料理でないかなと思います。今回は紅葉苔という初めて食べる中国野菜が珍しかったですね。この野菜も
小泉さんのところで栽培しているのでしょうか。
さっぱりと酸味の効いたもの、お酒の肴にぴったりな味の濃いもの、素材の甘みが印象に残るもの、かめばかむほど味が増すもの、ほっと和むものと多彩な味わいが弁当箱には詰められていて、食べていてほんと楽しかったですね。心を込めて創るお弁当、どうもご馳走様でした。
これはまた行く機会を作ろうと思いましたし、今年はお節料理を食べてみたいです。

ところで今月はいつもの三光院のほかに花見をかねて小田原の長興山 紹太寺に普茶料理を久々に食べに行く予定です。
長興山 紹太寺の普茶料理は以前からずっと食べてみたかったのですが4人1組からなので人数を集めるのが大変で実現が困難でした。
でも今回は大勢のツアーで行くのでようやく食べれることができます。ちょうどそのころは桜が咲いていると思うので、桜花観賞も楽しんで来ようと思います。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-06 22:16 | 郷土料理、和食