総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
最後の晩餐/バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルノ
今年も一年、このブログを見ていただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。


さっきからイタリアを中心にプログレ、それからケルト、中世音楽などを聴いています。そのうちの1枚がささっと書けたのアップします。

d0059205_22173460.jpg


最後の晩餐/バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルノ

1 晩餐にて
2 蜘蛛
3 善良なヨハネ
4 スローガン
5 イルカたちのおしゃべり
6 心霊者
7 愛しき日々
8 真夜中
9 絆



70年代のイタリアン・プログレシッブ・ロックを代表するグループの最後の晩餐をテーマにしたトータルアルバム。
さすがに70年代後半とプログレがメインストリームの音楽ではなくなっているころだけに曲はコンパクトとなり、3rdあたりまでの複雑かつアグレシッブなキーボード・アレンジが後退気味と
なった分、曲の重厚さ、明確さが増したような感じがします。
オルガン、シンセ、ムーグ、ピアノとダブル・キーボードを生かした壮麗かつクラシカルなオーケストレーションを核に、ティンパニ、バロック・トランペットなどの古楽楽器、パン・フルート、マンドリン、アンジェロ・ブランデュアルディのバイオリンと地中海音楽の香りを溶け込ませて、様々な音楽を絶妙に纏め上げ、アコースティックな曲からへヴィな曲まで起伏豊かに劇的な主題を見事に描ききった傑作となっています。
バンコの顔ともいうべきオペラの唄法で歌うジャコモはその歌声を、いつものように情熱的でいて、今までより伸びやかに聞かせていてやはり魅力的。でも3rdまではほんと聴いただけで涙がでるくらい素晴らしかった。
大げさに書くと3rdまではお腹かから声を出している感じ、この作品からは喉で歌っているような感じです。
オペラの唄法で歌うボーカルがロックグループにいるなんていかにもイタリアらしく、だからこそこのグループは好きなんですよね。


最後にオリジナル・レコードは見開きダブルジャケット、内ジャケはダヴィンチの最後の晩餐の絵画。歌詞、ノート、イラストがついたブックレットつきです。
イタリア語オリジナルのほかに英語で歌ったドイツ盤もあり、それは内ジャケが表紙になっています。一応、買って一度、聴いてみまいたがやっぱり英語に違和感がありますね。
キングの国内盤ではノートの部分を訳してありますが、どうせ訳すなら歌詞の訳もして欲しかったですね。
それと3曲目は邦題が「素敵なジャコモ、しかし」となっていて完全に誤訳というかイタリア語の表記からして間違っていますので、紙ジャケで出た時の邦題にあわせています。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-31 22:26 | 世界中のプログレ
ロセッティ/愛の盃
d0059205_17121649.jpg


国立西洋美術館に行けば、たいてい常時展示されているのがこの絵画です。
水彩画のバージョン(ロンドン、ウィリアム・モリス美術館蔵)もありますので並べてみました。

解説1 1990年に開催されたロセッティ展の解説

「愛の盃」は「最愛の人」のいくつかの主要部分をー盃そのものや重い首飾りのある衣装だけでなく、姿の見えない恋人の位置にいる鑑賞者への呼びかけのイメージまたー単純化したものと分類できるでしょう。

水彩画の額縁の上に記載されている2行連句は、フランスのバラードからとられたもので、幸福や昼や夜の素朴な祝杯となります。
ロセッティは、古代スペイン風のレースの手のこんだ飾り緑の上に浮彫りを施した銅版ののった棚からなる非常に装飾的効果の高い背景を引き続き取り入れています。
左右対称に配された4枚の銅版がある(「最愛の人」には4つの従者の頭部が描かれていたように)が、そのうち右端のものには、聖書世界の最初の恋人たちアダムとイブの姿がおそらく刻まれていることでしょう。背景を這う蔦は愛の普遍性を象徴しています。

この作品は好評だったので、ロセッティは3枚のレプリカを描きました。
油彩画のモデルはアレクサ・ワイルディングで、水彩画はエレン・スミスで、彼女はバーミンガム美術館蔵の素描でもモデルを務めました。

解説2 朝日グラフ別冊 ロセッティの解説

額縁の上に記載されている「麗しき愛の騎士に/安らかな夜と楽しき日を」という詩句や「愛の盃」という題名は、かの女が世俗的な愛を渇望する中世ロマンスのヒロインであるかのような印象を与えるかもしれないでしょう。
しかし、むしろかの女が聖杯の天使に等しい女性であることは、背後の棚に飾られた打ち出しの細工の真鍮が物語っています。

右端の一枚には禁断の実を食べるアダムとイブの姿を認めることができます。

右から三番目の皿に描かれているいるのは巨大な葡萄を担ぐ男たちの姿です。
これはモーセの命を受けた二人の男がエシコルの谷から持ち帰ったという葡萄の房で、伝統的にキリストの磔刑を予表するものと解釈されています。

つまりこの2枚の皿は原罪(死)と贖罪(再生)とを表しているのです。

そして、かつてキリストの贖罪の血を受けた聖杯をかの女が持っています。
この2枚の皿と聖杯の乙女の間を繋ぐのは、鹿を象った残る2枚の皿です。
鹿のイメージは、「魂」の象徴であり、聖杯のイメージと共に描かれ、つねに「永遠の生命」を表します。
かの女は正しく、永遠に魂の救済と不滅を約束する聖杯を見るものに差し出しているのです。

ロセッティはこの絵画に描かれているような真鍮の皿を実際、寝室に飾っていましたが、それはたとえば「美しき手」の凸面鏡の中に見ることができます。

参考文献

・ロセッティ展の解説
・ 朝日グラフ別冊 ロセッティの解説

最後に国立西洋美術館のこの絵画の解説は以下のリンクからどうぞ

http://collection.nmwa.go.jp/artize/jp/294_P.1984-0005.html

これまでアップしたラファエル前派の画家とその時代の画家の作品の一覧
[PR]
by esthetisme | 2008-12-30 17:12 | ラファエル前派
2008年度の秋冬ジビエ 第7弾 サルミ ド パロンブ
さてあの缶詰の中身は・・・

この記事の続きです。

d0059205_1832458.jpg


言われなければこれが森鳩だなんてだれもわかりませんよね。缶を開けたらこんな3つの塊があって、あとはいくつか小さな骨と小さな肉の塊が。やっぱりサンプル同様美味しそうに見えません。
写真のように3つある塊のひとつは肉が溶けてしまっていてガラに近くて、煮込みすぎじゃないかと。サルミって煮込むにしても軽く煮込む程度だと思うのですが、この缶詰のように骨から肉が外れるまで煮込まないはずですから。なのでサルミというより赤ワイン煮込みですね。
食べてみるとと、力強いワインの風味と森鳩の野生の風味がどっと押し寄せてきていかに田舎くさい仕上がりで、味わいは濃厚です。それだけに煮込んだワインをあわせたほうがよかったです。たぶんマディランだと思うのですが。ブルゴーニュのワインだとすっかりと負けてしまいました。
缶詰ながら現地の味を手軽に食べれてよかったですよ。感覚的にカルカソンヌで食べた猪のドーブに近いです。次は野兎の缶詰を開けるのが楽しみです。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-29 18:56 | 和と洋のジビエ
Nokia N73 いじり
d0059205_19265454.jpg


買ってから一年ぐらい経っていて、今頃になって携帯の壁紙や着信音を好みのものにしてみました。やろうとするといろいろとできるようで楽しかったです。
ググるといろいろとN73でいじっている人がいてやっぱりネットは便利ですね。

壁紙はギュスターブ・モローのガラテア。右の画像を携帯に取り込んで壁紙に設定。写真を撮るとどうしても色合いが異なっていますが、もちろん実際の携帯の壁紙は右の画像のとおりです。
壁紙を設定してみて思ったのは左下のメールのロゴ、右下のYahooメールのロゴを消したいと思ったのですが、NO LOGOとするとその文字が表示されてなんで表示されるんでしょうね。普通、何も表示されないのでは。

着信音は着信音にしたい音源を30秒程度にカットして、MP3からAU形式に変換して、電話のメモリに放り込んで設定。これからはどんな音源でも着信音にできると思うと嬉しいですね。
で電話とメールの着信音を別々にしようとどれにするか悩むことしばし。その日の気分で変えれるようにいくつか入れておきました。
試しに鳴らしてみると音質がよくて、今、電話の着信音に設定しているのは鳴った瞬間、圧倒的な盛り上がりをする壮大な曲なので壁紙とともに個性的に仕上がったかなと。

話はがらっと変わって、ネットサーフィンしていたらようやく通いたいフレンチの料理教室が見つかったので来年1月から通うのが楽しみですね。
前からフランスの郷土料理を中心とした料理教室があったらと思いましたがありました。1月はシャンパーニュ地方の郷土料理3品です。
この料理教室をきっかけに自分が食べたいフランス料理の追及を趣味程度にやっていけたらいいですね。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-28 19:51 | 日記
ギュスターブ・モロー / レダと白鳥
d0059205_19384213.jpg

ギュスターブ・モロー / レダと白鳥

亡きシャセリオーの思いでのために描き、1865年のサロンに出品した油彩画を後に水彩に直したものが本展覧会に出品されたものです。
若者は死の世界の入り口に立ち、霊魂を象徴する鳥があとについてきています。頭上には月桂冠がかざされ、若者の背後には剣と砂時計をもった蒼白い女神がさすらっています。
足元の子供はいまや消え果てんとする生命の松明の火を見つめるキューピッドです。

参考文献 「モローと象徴主義の画家たち展の図録」
[PR]
by esthetisme | 2008-12-27 19:37 | ギュスターブ・モロー
2008年度の秋冬ジビエ 第6弾 ピジョンラミエ
d0059205_23445448.jpg


まずはパリのシャンゼリゼ通りを意識したようなイルミネーションを見てからご飯。
久々に超広角10mmを使ってあげました。これでISO1000。ノイズはこのサイズのせいか目立たないかなぁと。αは高感度が弱いなんて言われていますけどそんなに弱くないですよ。ファームウェアのバージョンをあげてからはなおさらそう思っていますが。

d0059205_11202369.jpg


食前酒としてVSOPのソーダ割りを飲みながら、決めた前菜はフォワグラと北海道のアスパラのパイ包み、ソースペリグー。

d0059205_10455055.jpg


リベンジのピジョンラミエ。2週間ほどの熟成でしたが今年食べた雉より香りが弱く、まだまだ、もう2週間ぐらいしてもっともっと香りがでた頃に食べたいですね。この前と同じくどうしてピジョンラミエで熟成させているのにこんなにも香りが弱いのかとほんと不思議です。鳩というとあの鉄っぽい感じが好きなんですがちっともその感じはありませんし。
やっぱりレオン・ド・リヨンで食べたピジョンラミエは、ソースも含めて日本では無理でしょうかね。
今回のソースは前よりはよかったですけど、レオン・ド・リヨンものよりはソースの濃厚さにかけるし、血の香りが弱く、日本人向けの味付けです。一応、血は少し加えているのでその苦さはいくらかはありますけどね。同じ加えるのなら加減せずにやったほうがいいと思うのですが。日本人の味覚にあわせないで欲しいものです。それは前述の熟成もそう。

d0059205_23472840.jpg


今月はお店でこれ一回きりなので、いつものワインの予算の倍のワインを頼んでみることに、
香りは強いですけど、味の厚みが今一歩。
明日はパロンブと一緒に飲んで見ますが味と香りに変化はどうなっているでしょうね。

d0059205_23462675.jpg


このデザートの前にモンドール、フルムダンベール、エポワスを注文。あわせて甘口ワインとしてコンドリューを。
どのチーズも熟成状態がよくここ最近では一番美味しいチーズでした。特にモンドールの熟成状態が秀逸。今日が一番美味しいのではないかなと。

デザートは温かいフォンダンショコラに冷たいバナナのスープをそそぐとおり温と冷の混じりあいを楽しめるもの。

d0059205_23465652.jpg


食後酒はこのマール。美味しいけどいい値段ですね。

d0059205_23475656.jpg


この日はお客さんの帰りがほんと早かったですね。22時ごろにはもう誰もいなくて僕が最後のお客さん。

帰りに気づいたのですが下のイタリアンは写真のようにテラス席もにぎわっているのに、その上の僕が食べたレストランはもう誰もいないんですよね。とほんと対照的な光景。
どうしてフレンチだけこうも帰るのが早いのかなぁと思いつつパチリと。

ところで今日も夜でもこれが12月、もう1月になる頃の気温?と思ってしまうぐらい寒くない日でした。今年はコートどころかセーターもまだ着ていません。いつそれらの出番があるかなぁと。

来年のジビエの予定は2月のジビエとワイン会と1月にベガスです。
野兎は2つのお店に予約を入れているので入荷するといいんですけどね。

前に書いた記事
[PR]
by esthetisme | 2008-12-21 00:16 | 和と洋のジビエ
フランク・カドガン・カウパー/つれなき乙女 1926年
d0059205_1301328.jpg


フランク・カドガン・カウパーはノーザンプトンシュプーに生まれ、サイレンセスターで死にました。初期には歴史・文学からも主題を多くとりましたが、後年は主に婦人や子供達の肖像画も手がけています。装飾家、水彩画家としても彼は有名です。20世紀初頭までラファエル前派の意図を伝えているため、第3次ラファエル前派の一員として数えられることがあります。

1896年にセント・ジョン・ウッド・スクールに入学しました。その次に1897年から1902年にかけてR.A.の付属美術学校で学び、そこで約半年EAアピーに師事しました。カウパー自身の生涯はヴィクトリア朝とはほとんどずれています。しかしR.A.在学中にラファエル前派運動を知り、強く共鳴し、特にバーン=ジョーンズやロセッティから強い影響を受け、20世紀になってもその意図や様式を伝えようと試みています。

この作品はタイトルどおりジョン・キーツの「つれなき乙女」という詩を題材にしたものです。絵画の理解を助けるために原詩と訳詞を載せます。

キーツ/つれなき乙女 原詩と訳詞
[PR]
by esthetisme | 2008-12-20 01:46 | ラファエル前派
2008年度の秋冬ジビエ 第7弾 パロンブとリエーブル
d0059205_2342377.jpg


第7弾はパロンブとリエーブルです。

ようやくフランスからジビエの缶詰が届きました。どちらも1kg近くあるのでずっしりと重たく、中はどうかな?とこれから開けるのが楽しみです。

パロンブのサルミソースは来週の日曜ぐらいにブルゴーニュのワインと共に、
前菜はル・ジャルダン・ゴロワからなにか

シヴェ・ド・リエーブルは月末あたりにマディランワインで煮込んであるのでマディランワインとともに
前菜はまたも同じくル・ジャルダン・ゴロワのフォワグラのテリーヌなど盛り合わせをマディランワインと同じく南西地方の甘口ワインのパシェラン・ド・ヴィクビルと共に

と食べる予定ですね。

家の近くでフランスのお惣菜が買えるお店はル・ジャルダン・ゴロワとラ・プール・オ・ポぐらいしかないです。
ル・ジャルダン・ゴロワはなんか買っていますが、ほんと素朴な味のフランスの家庭料理でいいですね。

ここから下は以前にアップした記事です。


今回はお店ではなくて、フランスから送ってもらったジビエを調理してある缶詰です。ジビエの缶詰はあるだろうと思い探したらいっぱいありまして、その中から日本ではなかなか食べれない大好きな森鳩と日本では食べれないフランスの野兎にしました。

缶詰は2つで4000円ぐらいと安いのですが送料を含めると1万円を越してしまいユーロ安でもそれなりの出費となりましたが、今年はフランスで食べれないのでこれで我慢しようかと思います。

パロンブは半身が3つ入っています。でも半身3つより1羽のほうがいいんですけどね。ま仕方ない。ソースはもちろんサルミ。その他に入っているのは野菜、マッシュルーム。

リエーブルはマディランと力強く、野兎に負けないワインで煮込んであります。
缶詰の中に入っているのは野兎の足、たまねぎ、にんじん、マッシュルームとこちらも缶詰をあけただけでそれなりに一皿になっているものですね。

正直、サイトの写真を見ると美味しそうに見えませんが、今回は雰囲気でも味わえたらと味は求めませんから。
来年はジビエをやっぱりフランスに食べに行きたい。それも野兎を中心に狙うかと思っているぐらい。
日本では雷鳥とベガスを食べることにして、それ以外はフランスなりどこかの国で食べたいですね。

あと10日ぐらいで届くようなので届いたらアップします。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-14 23:34 | 和と洋のジビエ
2008年度の秋冬ジビエ 第5弾 ヒグマ
ようやくアミューズも前菜もメインも熊尽くしを楽しんできました。

アミューズはヒグマのベーコン、サラミ、メカジキマグロ。ヒグマのお惣菜はティクアウト販売して欲しいほど気に入りました。ほんと販売してくれるといいのに。

d0059205_0285193.jpg


前菜はヒグマと猪のセルヴェル。真ん中がヒグマ、パネしたのが猪です。
正直、はっきりとした違いもなく、癖もそれほどなくまっ、やっぱりセルヴェルは甘みがないような白子ですね。
ヒグマと猪をあわせてけっこうな量のセルヴェルですので、お店の人から「痛風になりますよ」って言われましたが、食べ歩きは週一度ぐらいしかできませんので大丈夫だと思っていますが。

前菜とメインの箸休めにいろいろな野菜をプロヴァンス風のようなオリーブオイルなどのシンプルながら野菜の出汁のスープにタプナードを浮かせたもので食べました。

d0059205_028026.jpg


メインはヒグマのサドル、心臓、レバーの盛り合わせです。
写真がブレてしまったし、いつもながらこのお店の圧巻の量を伝えられないのが残念。なぜか
このお店での写真はよく失敗しています。

サドルは同じヒグマでもべコーンの時は脂のノリがほどよく感じたのですが、濃いのを食べ続けたせいかどうも脂のノリがちょっとしつこく感じました。

心臓、レバーはいつもながら極上の新鮮さです。調理の前に見せてくれますがツヤが半端なく、見てすぐ一目で素材の新鮮さがよくわかります。
なので嫌な癖なんてまるで皆無だから素材の美味しさ、歯ごたえがよく味わえますね。

今年はヒグマは背肉、手、サドル、心臓、レバー、セルヴェルといろいろな部位を食べましたが一番美味しかったのは背肉ですね。
今度はロースでも食べて背肉より美味しい部位があるかどうか確かめてみたいものです。

以前にアップした記事
[PR]
by esthetisme | 2008-12-10 00:30 | 和と洋のジビエ
前菜からデザートまで白トリュフ尽くし
待ちに待っていた前菜からデザートまで白トリュフ尽くしですが、メニューは以下のとおり。
お店のHPにはメニューの詳細が載っていなかったので、当日の楽しみと思って着いたテーブルにあったメニューを見たらもうこれは十分な内容と食べるのが楽しみになりました。

まずは食前酒に季節のシャンパンカクテルを頼むことに。洋ナシ、りんごなどいろいろと種類がありましたが洋梨にしました。飲みながら最初のじゃがいものクレープがくるのを待ちます。

運ばれてきたのはクレープというより薄いパンケーキみたいなものでしたけど、やはり少量ながらも白トリュフの香りは妖艶です。ほんとこの香りを嗅ぐと心から幸せになります。

続いてのサラダ、次の旬野菜も同じ方が作っている無農薬野菜で野菜の味が濃くて美味しい。
それらの料理にはピエモンテのシャルドネをグラスで。

白トリュフの香りをつけた~はこのコースの中で一番美味しかったというか白トリュフとの相性がやはり抜群でした。カチョの濃厚な味わいもよかったし。この料理にはシチリアのソーヴィニヨンをグラスで。

手打ちタリオーニからはトスカーナの赤をグラスで。グラスワインの種類が赤、白と共に2種類と少なすぎるのとハーフボトルもないのも残念です。

佐賀牛のヴァポーレは目の前で白トリュフを見せてからシャカシャカと削ってくれましたが、その場で香りたつ白トリュフがたまらない。これはピエモンテのバルベーラをグラスで。

・じゃがいものクレープ

・海老とマーシュのサラダ

d0059205_10592413.jpg


・旬の焼き野菜と白子のムニエル

アンチョビの焦がしバターをかけてあります

・白トリュフの香りをつけた温度卵と吉田牧場のカチョ カヴァッロ

・手打ちタリオーニ 仔鳩のラグーソース

・いろいろきのこのリゾット

白トリュフの香りをうつした米とえのき、しめじ、まいたけ

d0059205_110426.jpg


・佐賀牛のヴァポーレ 天然舞茸とマコモ茸を添えて

d0059205_110399.jpg


・白トリュフ卵のなめらかプリンとカボチャのジェラート、エスプーマ

d0059205_1115012.jpg


コースにはありませんがイタリアンでチーズを食べることがないので、おまかせで頼むことに・
そうしたらロックフォール、パルミジャーノ、タレッジョの3種類がきました。
グラスの赤が残っていましたが、イタリアのデザートワインも飲みたかったのでソアベ2003を頼み、それはあロックフォールとあわせました。デザートワインとロックフォールなどブルーチーズって相性がほんといいです。はちみつでもいいですけどね。

d0059205_15385655.jpg


食べ終わってトイレに行くと、途中にいろいろと食後酒があるのを見てどれを飲もうかと考え込むことしばし。
席についてから目の前でもってきてもらいましたがどれを飲もうかとほんと悩みます。

まず一杯目はヌフ・デ・パープのマール、こちらは味が穏やか。

d0059205_15391376.jpg


2杯目はこの写真にあるイタリアのマールで。こちらは味が濃い。飲んでいたらエスプレッソに入れても飲んでみてくださいと言わなくてもエスプレッソがくることが嬉しい。

食後酒を飲む習慣をこのお店から広めたいですというお店の人といろいろと話して楽しかったですね、やっぱりこの日も食後酒を飲んでいる人は見かけなかったので、広めていくのは難しいような気がしますけどね。
でも一度、マール、コニャック、アルマニャックの味を覚えるともう食事の最後に飲まないと終わった気がしないんですよね、ほんと食後酒が大好きです。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-06 16:32 | グルメ