総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Harmonium/Si on avait besoin d'une cinquième saison
d0059205_17192381.jpg


Harmonium/Si on avait besoin d'une cinquième saison(1975)

この作品では、豊穣なメロトロンを加えて、この世、いや架空のものもあわせて、最も美しい紅葉の秋の一日を演出してみせる。それは、聴くリスナーにとって、想像の世界の際にたたずむ甘美な秋の幻想である。そこではマンドラゴラが咲き、深紅の落ち葉が空に埋め尽くす程、風に乱れ、無数の蝶が舞い上がる。
これほど視覚に迫る音楽も珍しく、一種、麻薬的な甘美さすら持っている。
その傾向が強いのはA3とB面のほとんどを使った組曲である。

アメリカンロック集成より転載

カナダもプログレの傑作の宝庫なのですが、その中で秋に聴くのがとても似合うのが今回のハルモニウムの2ndアルバム。
この感想の後にyoutubeからA1、A3、B面の組曲をアップしましたので、深まりつつある秋の夜長に美しく切ない音楽を聴きたい方は是非聴いてみて下さい。

旧A面


1 Vert
2 Dixie (Une Toune Qui Me Revient)
3 Depuis L'automne

旧B面
4. En Pleine Face
5. Histoires Sans Paroles
a) L'isolement
b) L'appel
c) La Rencontre
d) L'union
e) Le Grand Bal


A1は秋風に舞っているような感じのフルートからスタート。
フランス語ならではの繊細さで柔らかな感じで、物憂い感情を歌い、コラースワークは抜群。短い曲ながら物憂いフォークから軽快なジャズ・タッチへと流れがスムーズで、曲展開が凝っていて最初から聴かせてくれます。

A3はボーカルがやっぱり物憂い。
この曲はふんだんに使われるメロトロンがとりわけ聴き所。まずは2分13秒あたりから。ここでは20秒程度ですが、その3分55秒あたりから延々と鳴り続け、盛り上がっていくパートはメロトロンファンなら涙物の時ですよね。その後もコーラスにメロトロンとメロトロンが大活躍。このメロトロンの音だけとっても僕には麻薬的な甘美すらあるのですが。

B面の5つの小曲から成る組曲は遠くに聞こえる波の音とカモメのさえずりから。続いて寂しげな音色のアコギに物悲しいフルートの音色とこれだけで泣けてくるのに、バックにはメロトロンで音にオーケストラのような厚みを。

小曲と小曲をメロトロンのソロで繋ぎます。なんという贅沢な使い方なんでしょう。

クリスタルのような響きのピアノとマンドリン?の後はフルートとハープなどでクラシックの曲みたいな雰囲気に。その後はハープとメロトロン。

またも小曲と小曲をメロトロンのソロで繋ぎます。

ピアノの調べにあわせてラ・ラ・ラとスキャット。スキャットの後は曲の冒頭で聞いた覚えのある物悲しげなフルートにメロトロンで音にオーケストラのような厚みを。
それから感情が高まったかのようなファルセットで切なさで更にかきたてられます。曲名が言葉のない物語だから歌わないんでしょうね。

やはりお約束のように小曲と小曲をメロトロンのソロで繋ぎます。

曲の後半(11分~)は冒頭と聞いた波の音とカモメのさえずりがバックで聞こえる中、フルート、サックスなどやはり音の組み合わせ方がクラシックのよう。
その後は何度も反復する楽器(何の音かわかりませんが)の後にメロトロンで盛り上がり、次の小曲へ。

最後は曲の冒頭とほぼ同じメロディをフルートのソロで、それからアコギとコンバスみたいな音が加わり、メロトロンで締めくくり。

以上、端折っている部分もありますが聴いていてこんな感じです。

音をひとつひとつ分けて聴くことはできるのですがそれが何の音なのかわからないのがあるのが残念です。

それはさておき多種多彩の楽器で散りばめられ、どれもが夢幻的な美しさの旋律に満ちていて、全体を通して完璧な曲構成となっているこの曲はほんと名曲です。
ヨーロッパの一流プログレグループの組曲と比べてもなんら遜色ないし、アルバム全体の完成度で比べても同じくそうです。




Harmonium - Vert



Harmonium - Depuis L'Automne




Harmonium - Histoires sans paroles 1/2



Harmonium - Histoires sans paroles 2/2
[PR]
by esthetisme | 2008-09-28 17:32 | 世界中のプログレ
長野、気仙沼、丹波と各地の産地の松茸を堪能(予定も含む)
d0059205_109848.jpg


先日の長野の松茸で松茸と鱧しゃぶの次は気仙沼の松茸で土瓶蒸しと焼き松茸を楽しんできました。気仙沼の松茸、鱧、銀杏、地鶏もも肉、三つ葉と具たくさん。やはり松茸と鱧は相性がとてもいい。
このほか食べたものは別ブログでアップしていますのでよければ見てください。これから和食の食べ歩きのアップは別ブログがメインとなります。
現地に行くなら例えば下記の大島の国民休暇村での松茸尽くしを食べてみたいですね。

http://www.j-yado.com/pub/j_pdetail.php?npackid=306627&nsiteid=0&nagentcode=0

来月は丹波の松茸を食べる予定ですが、丹波で松茸尽くしを食べるとほんと安いですね。東京ならこの何倍はするだろうに。
丹波に行くとしたら下記のお店で松茸尽くしを食べてみたい。

http://www.tamba.co.jp/menu/index.html

そうそうきのこと言えば来月から白トリュフが旬となりますね。今年は前菜からデザートまで白トリュフを使ったコースが頂けるお店で食べることにしました。まだ2ヶ月も先なのにフェアの最終日の金曜日は早々と予約で一杯。仕方なくフェアの初めの日にしましたが。
来年こそはアルバで白トリュフのコースを食べてくるぞ、ジビエをヨーロッパ7カ国で食べて各国の食文化の違いをわかることができるようにしたいなと思っています。

それが終わったら日本の文化の探求ですね。食器、盛り付け、掛け軸など内装、建物の様式、庭の造り、作法など総合的に日本の文化を学びたいです。それが一番できる場所はやはり料亭だと思いますが。
料亭だけでなく途中で止まっている地方の郷土料理探求と進めていきたいですね。
[PR]
by esthetisme | 2008-09-27 10:08 | 郷土料理、和食
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 チラシ、号外、作品リスト、図録
d0059205_6553126.jpg


本展チラシの表。本展の一番の話題はオーフィリアなので表紙で当然。


d0059205_6554511.jpg


本展チラシの裏。オーフィリア以外に単独展だけに今回はこんなにも見所のある絵画がたくさんあります。

d0059205_656666.jpg


会場の出口で配布されていた朝日新聞の記念号外。
記事はやっぱりオーフィリアで、会場内で映像が流れていたテートブリテンの学芸員の解説をもとに書いてあります。メモろうと思っていただけに手間が省けて何より。

d0059205_656457.jpg


作品リストの裏にオーフィリアについて3つの話題が。
2と3は知っていた内容ですが、1の花言葉は初めて知るものだけに興味深いですね。せっかくなので単独でこれから記事にします。

d0059205_755996.jpg


本展図録。
ミレイ単独の画集がないのでとても貴重な資料です。なぜ出版されないのか不思議なくらいです。
いつもながら巻末の参考図書一覧はラファエル前派の資料探しにとても役立ちます。ラファエル前派の展覧会の図録がかなり集められたのもそのおかげなんです。
[PR]
by esthetisme | 2008-09-25 07:09 | 展覧会
イリュージョン 醒めた炎+幻想の翼
秋の夜長に響き渡る哀愁のメロディー

秋の夜長に聴くとほんと涙が止まらなくなる愛聴盤はたくさんありますが、今回はイリュージョンの醒めた炎と幻想の翼。

彼らの結成の経緯はMSIの国内盤に書いているのですが、ググると同じようなことをいくらでも書いているページがあるので省略。

収録曲は以下のとおり。どの曲名もカタカナなので英語表記で書きます。

d0059205_21322174.jpg


「醒めた炎」

1. Isadora
2. Roads To Freedom
3. Beautiful Country
4. Solo Flight
5. Everywhere You Go
6. Face Of Yesterday
7. Candles Are Burning

1はイントロから鳴り響くクラシカルなピアノがただひたすらに美しい。
そして切なく、翳りのあるメロディーをジムがリードヴォーカルでジェーンはコーラスで。イギリスの晩秋の木漏れ日が注す散歩道といった情景が目の前に浮かぶようで涙が次から次へと。

2はジェーン・レルフの歌声が堪能できるバラード。6に比べたらピアノが控えめですがそれでも印象的なメロディが耳に残ります。彼女の歌声はアニーに比べると枯れた味わいのある美しさ。

5はオーケストラ入りでどこなくカーペット・オブ・サンに似ていて、このアルバムの中では明るく穏やかな曲なので対照を成すような感じ。

6はオリジナル・ルネサンスの再演ですが、オリジナル・ルネサンスから聴いているので馴染みのある懐かしい曲。
ジェーン・レルフの歌うメロディと宝石のような煌きのピアノと3のように彼らのバラードはほんとため息ものの美しさですが、とりわけこの曲が彼らの中では最高の美しさを誇ります。

7は展開が凝った曲だけに聴き所がたくさん、メロトロン大好き人間としては後半のオーケストラとメロトロンヴォイスによる盛り上がりが一番たまらない

d0059205_2132068.jpg


「幻想の翼」

8. Madonna Blue
9. Never Be The Same
10. Louis' Theme
11. Wings Across The Sea
12. Cruising Nowhere
13. Man Of Miracles
14. The Revolutionary


1は力強い泣きのメロディーのギターから始まり、1st同様に翳りのあるメロディを男女ボーカルで歌い、後半はクラシカルなピアノに荘厳なメロトロンとプログレファンには堪らない組み合わせ。
こういうプログレ風味の歌ものには終わせない展開があるのが彼らの素晴らしさ。1stと同様にオープニングでぐっとファンの心を掴む曲。やっぱりアルバムの1曲目はこうではなくては。

4はイントロのメロトロンフルートにどうしても注目してしまうわけですが曲は、穏やかで癒しのメロディのバラード。彼らの持ち味であるリリカルな美しさにほんと夢見心地。

この後の曲も悪くないのですが1stに比べると曲のクオリティが落ちています。

でもラストはオルガン、メロトロンコーラスなどでどんどんドラマティックに盛り上がっていくオープニングに期待が高まります。
サビではクラシカルなピアノにオルガンでも同じメロディを弾き、間奏ではジェーンの降り注ぐような美しさのコーラス、最後はオープニング同様にメロトロンコーラスで盛り上がり、ラストを飾るのに相応しい曲。
[PR]
by esthetisme | 2008-09-13 21:34 | 世界中のプログレ
秋の味覚を満喫中
昨日は今年5個目の試験合格でこれでひとまず受験は当分ないのでほんと開放感で一杯。
試験の帰りにはミレイ展に行ってきましたが、オフィーリアの耽美的な美しさにほんとうっとり。怖いと言う人もいますが僕は微塵も感じないのですが。人物だけでなく夏から初冬にかけてスケッチした花の数々を含め植物などの風景の精緻な描写は、自然に忠実にというラファエル前派らしさがほんと感じられ素晴らしすぎ。この絵画をわずか23歳で描いたのだから天才の中の天才。さすが史上最年少でロイヤルアカデミーの入学を許可された神童だけであります。
オフィーリアと並んで今回の目玉はマリアーナですね。青いドレスのその色の美しさにとにかく惹かれます。続いて女性のしぐさと顔の表情。全体的に見るとミレイの中世趣味をよく感じさせますね。
あと自分の子供も描いた肖像画などその他の肖像画もなかなか。意外だったのは風景画も優れていたということ。見てすぐコンスタンブルやターナーといったロマン主義派の画家の風景画を受け継いでいるなぁと思いました。
チケットはまだ4枚もあるというか毎週行くつもりです。お金があるなら毎日見たいぐらい。
ミレイ展の後は秋の味覚を満喫

d0059205_2235176.jpg


もちろん国産の松茸と鱧のしゃぶしゃぶ。僕一人で全部食べました。ごちそうさま。

松茸を先に入れて松茸の出汁がでてきたら鱧をしゃぶしゃぶっと。鱧しゃぶしゃぶって鱧が花が咲いたようになるんですよね。
まだ松茸は早いかもしれませんが、それでもいい出汁がでていて、この後のにゅうめんもまた美味。

鱧と松茸のほかには子持ち鮎の塩焼き、子持ち鮎の炊き込みご飯、鯛せんべいと銀杏、新さんま焼きにさんまのわた乗せ、鰹、鯛、海老など刺身盛り合わせなど秋の味覚が盛りだくさん。
飲んだお酒は久々の十四代の龍の落とし子、もう一種類十四代を飲んだけどどのお酒かは失念、瀧自慢のproud、くどき上手の純米吟醸。
旨い料理に旨い酒、これ以上の至福の時はないですね。これからは冷やおろしがでるのでそれと秋の味覚をあわせるのも同じく至福の時。
これから秋から冬にかけて食べたいのは時鮭、秋鯖、甘鯛、クエ、ふぐ、真牡蠣、カジキなどなどほんと食べたいのが一杯です。
[PR]
by esthetisme | 2008-09-08 22:07 | 郷土料理、和食