「ほっ」と。キャンペーン
総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2007年のフランス旅行での食べ歩き ジビエ7種類8日間毎日ジビエを食べました
11/27から12/5のフランス旅行記の更新履歴

12/8        日にちごとに食べたもの、飲んだものをざっとですが書いてあります。
            こうして一覧にしてみるとほんと食べた、飲んだなぁと思います。
            ちなみに8日間で使った食費は軽くひと月の給料を超えました。
            それは去年の2回の旅行の時もそうでしたが、今回はユーロ高のせいで
            今まで一番お金を使った食べ歩きでした。

下記、記事はクリックすると別ウィンドウで記事が開きます

12/8 シェ ミッシェル(パリのビストロ)
12/9 シェ・ラミ・ジャン(パリのビストロ)
12/10 シェ・ラミ・ジャン(パリのビストロ)の写真を追加
12/10 カルカッソンヌのシテ
12/11 カオールの中央市場
12/12 カルカッソンヌのシテ
12/13 カルカッソンヌのホテルブリストル内のレストラン    
12/14 カルカッソンヌのシテの夕景から夜景                
12/15 シェ サスキア(カルカッソンヌのレストラン)
12/16 カオールのヴァラントレ橋
12/18 クロード・マルコ(カオール郊外のレストラン)
12/20 リオンドール(ラルバンクのビストロ)
12/22 コルマールのクリスマス市
12/23 オーベルジュ・ド・リル 建物、風景等編
12/23 オーベルジュ・ド・リル 料理編
12/24 コルマールのクリスマス市 夜景
12/25 ストラスブール
12/25 ストラスブール 夜景
12/26 オ・シャスール(コルマールのビストロ)
12/27 ル・クルー(ストラスブールのヴィンステュブ)
12/28 クリスチャン(ストラスブールのお菓子屋さん)

11/27~12/5で食べたもの一覧、その他
[PR]
by esthetisme | 2007-12-31 22:18 | 日記
ビューイーゼル
今年最後の更新となります。
今年1年、拙いブログですが見に来てくださいました皆様に感謝します。どうぞよいお年をお迎えください。
来年は2つの食べ歩きの予定をアップしていまして、実現に向けて頑張りたいですね。

d0059205_1426995.jpg


ストラスブール市内からタクシーでビューイーゼルへ。大聖堂前のクリスマス市を見た後で、観光局がすぐ側にあるので、タクシーを呼んでもらおうとすると近くにタクシー乗り場があるからそこでタクシーに乗ってと言われ、言われたとおりの場所へ行くと確かにタクシー乗り場がありそこから乗りましたが市内にあるレストランだけにほんと安かったです。
でこのあたりがタクシーで着いた場所です。

d0059205_14271641.jpg


着いた場所から奥に行くと、レストランが見えてきました。超広角で撮っているので歪んでいます。これでも歪曲補正はしてみたほうなのですが。

d0059205_14274935.jpg


店内。嬉しいことに窓際の席で、自然光がいい感じに差し込んできて、今回の旅行中、一番一番写真が撮りやすかったです。
食前酒にはアルザス地方の地酒のクレマン・ダルザスを飲みました。いつものことながら食前酒とかアミューズはまず写真を撮ることがまずないです。

前菜は葉野菜が食べたかったので、サラダヴェールを頼んでみたらOKだそうでよかった。サラダヴェールなんて撮ってもつまらないので撮りませんでしたが。

d0059205_14283855.jpg
d0059205_14285810.jpg


アルザスの魚て意外と美味しいのかもと思い魚料理を頼んでみましたがこれが当たり!!
フランスの魚ってぶよぶよしていて身がしまっていないように思える魚が多いのですが、これはしっかりと身がしまっていて美味しかったし、ヴォライユから取る出汁などのソースも美味しく、淡白な味になりがちの魚料理がちょうどよく濃い味わいになりこれは好み。

d0059205_14593367.jpg


肉料理に野鴨を。鴨の野生の風味、焼き加減、ソースの味わいのどれをとってもパリとベルギーの某三ツ星レストランで食べた野鴨より遥かに美味しくて、それでいて値段がとても安いのが魅力ですね。
後で聞いた話によると星を返上して値段を下げても、三ツ星の頃と同じ素材を使い、素材の質は落としていないそうです。そうなると薄利多売といった感じでお客さんが入らないと大変ですね。

d0059205_14292895.jpg


飲んだワインは、魚料理にこの白ワインをグラスで。

d0059205_14295153.jpg


赤ワインは野鴨を選んだ時にすぐボルドーのハーフでいこうと思い、あとはソムリエに選んでもらいましたが、初めて見るシャトー。でも十分美味しくて、野鴨によくあっていました。

d0059205_14302658.jpg


デザートはスペシャリテであるビール風味のブリオッシュ。

d0059205_14305566.jpg


美味しい料理に気分がよくなったので、また今日もシガーと食後酒で食後の余韻を楽しもうかと思いましたがないということなので、エリックシェフと日本人のシェフの方と話して、エリックシェフにサインを書いてもらったメニューをもらい帰りました。
[PR]
by esthetisme | 2007-12-31 14:56 | 07/11/27~12/5  フランス
ネゲル
d0059205_23482083.jpg


クリスチャンで朝ごはんを食べた後はネゲルに行きました。
ネゲルの店内。入ってすぐのところを広めに撮りました。クリスチャン同様このお店も人気のお菓子屋さんなので次々とお客さんがやってきます。
この写真の右側奥にはちょっとしたイートインスペースがありました。クリスチャンよりはだいぶお店は狭いです。

d0059205_23484252.jpg


上の写真の左側の奥のところ。

d0059205_23485768.jpg


ネゲルのクグロフ。とりあえずアルザスで食べたことがないので食べてみました。

d0059205_2349413.jpg


クリスマス用のお菓子。

d0059205_23491171.jpg


店外の写真を撮ろうとしたらショーウィンドウに並ぶお菓子がどれも美味しそうでつい忘れてしまいました。
左のお菓子はアルザスの伝統的なお菓子のひとつであるフォレノワールですが、このようにグラスに入っているのは初めて見ました。
[PR]
by esthetisme | 2007-12-30 23:54 | 07/11/27~12/5  フランス
クリスチャンで朝ごはん
コルマールからストらブールに早朝に着いて、ホテルに荷物を預けた後に朝ご飯を食べようとクリスチャンへと向かいました。
ホテルでストラスブールの地図をもらってだいぶ詳しくわかるはずなんですが初めてのストラスブールなので場所がいまいちわからず、そんな時は時間がもったいないのですぐ聞きます。聞く人はいつもおじいちゃんとか夫婦が多いんですけどね。
この日はおじいちゃんに聞いてみたらわからず、その時通りかかったマドマゼルに教えてもらい、無事到着。

d0059205_082771.jpg


パンはここだけかと思いましたが、まだ奥にありました。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-28 23:55 | 07/11/27~12/5  フランス
ル・クルー
アルザス地方にはリヨンのブションみたいにその地域独特のお店であるヴィンステュブがあるので、せっかくだから行ってみようということでストラスブールのル・クルーに行ってみました。

d0059205_4515534.jpg
d0059205_4521135.jpg
d0059205_4522896.jpg


お店の外観。クリスマスの飾り付けが素敵だし、壁のステンドグラスみたいな装飾もよくて、写真を何枚でも撮りたくなりましたし、実際何枚も撮りました。
その内からこの3枚を。全て同じレンズなので他のレンズも試せばよかったかなと。ちなみに最後の写真はお店がある通りを撮ったもので、10mmで歪むのを楽しもうと思い撮りました。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-27 04:58 | 07/11/27~12/5  フランス
オ・シャスール
d0059205_9371657.jpg



オーベルジュ・ド・リルで昼にフルコースを堪能し、その後コルマール市内のクリスマス市を三箇所歩いて回って、御伽のように可愛らしい街が更に可愛らしくて、気分もすっかりと高揚した頃、さぁ今日の晩御飯です。
晩御飯に選んだお店はオ・シャスール。狩人という名前のお店ですからジビエが豊富なんだろうと期待して入ったら、あらら野鴨と鹿しかなく期待はずれ。
なのでアルザス料理を頼むことにしました。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-26 09:52 | 07/11/27~12/5  フランス
ストラスブール 夜景

d0059205_147815.jpg


とにかく70-200mm 2.8Gを使いたかったので夜景はそのレンズから撮り始め。
何十枚も撮りましたけどとりあえずアップできるのはこれぐらいかなと。
せっかくの銘レンズも腕が下手なので使いこなせなくて。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-25 14:03 | 07/11/27~12/5  フランス
ストラスブール
d0059205_13545145.jpg


ストラスブールの有名なお菓子屋さんであるクリスチャン。朝ごはんとお菓子を食べるために寄りました。夜になるとライトアップされて綺麗でした。その写真はまた後で。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-25 13:51 | 07/11/27~12/5  フランス
コルマールのクリスマス市 夜景
d0059205_1340099.jpg


昼間とうってかわって、大勢の人で賑わっていていい感じ。やっぱり市はこうじゃなきゃ。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-24 13:47 | 07/11/27~12/5  フランス
オーベルジュ・ド・リル  料理編
下記、4皿の料理をアラカルトで頼みますと事前にメールしたら、当日はコースにしましたとテーブルの上にそれぞれの料理名が書かれたら小さなメニューが立ててあり、アラカルトで頼むと料理だけでと300ユーロはかかるので、合計で450ユーロぐらいで済むかな?と思いきや、会計を見て思いのほか安く済んだので、お店にほんと感謝です。。
そうそう、野兎のロワイヤルは予約したときにメニューにありませんが、柴田書店から出ているこのお店の本の翻訳を見ると、野兎のロワイヤルのレシピが載っていたので食べれるだろうと思い、頼みました。
実際、テーブルについて小さなメニューを見たときに、野兎のロワイヤルが載っていて予定通り食べれると思い嬉しかったです。

d0059205_3523637.jpg


アントレ  フォワグラのテリーヌ  ホワイトバランスを一番しくじりました。

続き
[PR]
by esthetisme | 2007-12-23 03:58 | 07/11/27~12/5  フランス