総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
マルセイユで旬の雲丹を含めフリュイ ド メールを堪能
d0059205_21254623.jpg


今年の7月にマルセイユを訪れて、フリュイ ド メールを食べた時に、日本と同じく雲丹の季節かと思っていたら違っていましてお店の人に何月から雲丹が食べれるのか聞いたら11月からと教えてくれました。それなら11月のブルゴーニュ旅行の時に雲丹を食べに行こうとマルセイユをまた訪れました。マルセイユの駅に着くとライフルを持ったフランス軍の兵士が4人いて物々しい雰囲気でした。駅に軍の兵士がいるなんて日本じゃ考えられないから、いるのを見てあぁ今フランスにいることをよく実感しました。何か事件があったのかよくわかりませんがマルセイユは治安がもともと悪い所ですからいてもおかしくないかなと納得していざ食べる予定のビストロへ。お店の最寄駅を降りて観光局で念のため場所を確認。ビストロの名前を行ったらすぐ地図上の場所を指してくれて場所を記した地図をくれましたが、やっぱり現地の地図が1番わかりやすい。
教えてもらってビストロをを探していたら簡単に見つかりました。なにせビストロの前ではビストロと同じ経営の魚屋さんがたくさんの魚介類を売っているからすぐここだなというのがわかりましたので。その魚屋さんで売っているものをそのままビストロで食べれますので、魚屋さんから
食べたいのをこれとこれみたい感じで選ぶことができます。

d0059205_2142179.jpg


たくさん見慣れない魚が並んでいましたがすぐ目がいったのが雲丹です。写真の通り1個約2ユーロ。日本円にしたら約300円ぐらいととても安く、日本の雲丹とまずは外見の色から違いますね。ちなみにこの大きい雲丹はスペイン産で他にこの雲丹より小さい地中海産の雲丹を売っていました。
まだ他の写真もあるのであとでアップします。

d0059205_21465154.jpg


左がスペイン産の雲丹、右が地中海産の雲丹です。そう店員さんから説明がありました。
大きい雲丹はまだ食べるところはありますが、地中海産の雲丹はすかすかでスプーンでひとすくいほどでなくなってしまう量でしかもどちらの雲丹も砂利など余計ものがいろいろとありますね。肝心の味は甘味が乏しくて風味も弱いし、日本のほうが美味しいよなと思いましたが、まどんな味かわかったのでそれで満足です。やっぱり魚介類は日本が世界で1番美味しいと思います。

ちなみに飲んだワインはカシのロゼ。しかも今年の7月にマルセイユを訪れて2つ間いた日の最初に飲んだワインをまた飲みました。写真は今ないのであとアップします。
[PR]
by esthetisme | 2006-11-30 21:49 | 06/11/15~20 ブルゴーニュ
海の中のクリスマス
昨日はトリトンスクエアに行ってきました。まだ時期が早いのか見物客はほんといない寂しい
中で写真を撮っていましたが、構図をもっと考えて撮ったほうがよかったですね。
会社から歩いて行けるので撮りなおしに行こうと思っています。


d0059205_0211476.jpg


d0059205_0235867.jpg


d0059205_0254181.jpg


ところでまったく写真と関係ありませんがフランスの三ッ星レストランというと交通が不便なところにあるレストランが多いと思っていましたが、アクセスはちょっと調べてみるとなんだ簡単じゃんということばかりです。
ほんと雑誌の情報やレストランのHPの情報はあてになりません。
例えばラギオールナイフで有名なラギオールから数kmのところにあるミッシェルブラスですがミッシェルブラスのHPを見ると電車で行く場合、最寄駅であるRodez駅から60kmと書いていてお!これはタクシー代がかかりそうと思ってしまいます。
でもRodez駅からラギオールまでは平日、1日1便ですがバスが出ていてこれに乗ればあとはラギオールからタクシーでミッシェルブラスまで行くことができ、ディナーの時間までに余裕で間に合います。僕はもし行くのならこのお金がなるべくかからない方法で行こうと思っています。
あとこの前行った3つ星レストラン、2つ星レストランもお金がなるべくかからない方法で行きましたのでもし車で行く予定がない人は参考にしてもらえたらと思います。

コートドール(ディナー)

モンバール駅からソ-リュー終点のバスに乗って、終点のバス停からは歩いて数分です。

レスペランス(ディナー)

アバロン駅からタクシーで15分ぐらいです。帰りはタクシーを呼ぶことができなかったのでお店の人に送ってもらいました。

ラムロワーズ(ディナー)

ボーヌ駅から最寄駅のシャニー駅まで電車で約10分です。シャニー駅からは歩いて10分もあれば着きます。シャニー駅からボーヌ駅の終電は23時台にあるので電車で往復をしようと思えばできてしまうかも。でも僕はゆっくりしたかったので帰りはタクシーで帰ってきました。

もちろん全ての情報は電車やバスの時刻表が変らない限り大丈夫ですが行く前に自分で確認してください。
あと電車の時刻表を調べるのにはSNCFのサイトよりかるくて検索が早い以下のサイトが便利ですよ。

http://reiseauskunft.bahn.de/bin/query.exe/en?ld=212.63&OK#focus
[PR]
by esthetisme | 2006-11-29 23:38 | 日記
ボジョレーヌーヴォーの解禁時の続き
ボジョレーヌーヴォーの解禁時の続きです

d0059205_1434688.jpg



着いたときに開いていた屋台でお腹の足しとなるような食べものを売っていたのがここだけで、 他の屋台では栗とジャム、ハムとチーズといったもの販売していました。
でこの日のメインデッシュだったアンドゥイェット。アンドゥイェットは臭みがマイルドでほんと食べやすくてまぁそれなりに美味しかったです。

d0059205_14345112.jpg


「Le Beaujolais nouveau est arrive(ボジョレーヌーヴォーが来ましたよ)」という文字が壁にライトで照らされていますがこの時が解禁してすぐの時でした。

d0059205_14354494.jpg


解禁してやっとありつけた」ボジョレーヌーヴォーを飲んでいたらその近くで踊りたいように適当に踊っている女性2人がいました。この2人、松明を振り回しながら踊るから危なくて何度か見ている人に松明の火がつきそうになっていて、僕も気をつけながら撮っていました。
[PR]
by esthetisme | 2006-11-27 15:14 | 06/11/15~20 ブルゴーニュ
今回の旅行で一番美味しかったもの
また来年もジビエの季節にこのレストランを再訪したいですね。
今回1番美味しかったものとは言えばレオン ド リヨンの森鳩のロースト サルミソース
僕にとってジビエははフランス料理の1年のうちで1番楽しい時期です。
今年は青首鴨、森鳩、山うずら、野兎を食べました。
あとは雉、雷鳥、山鴫、猪、鹿を食べたいです。

d0059205_19264354.jpg


フランスで1番最初にジビエを食べたレストランは、橋本元総理を含め各国首脳がリヨンサミットの時に訪れた「レオン ド リヨン」です。
デジイチで暗いところの撮影ってぶれやすいからほんと大変です。ISOを最大に上げて、F1.8と1番明るいレンズに交換して、額にカメラを押し付けて撮りましたけどそれでもぶれてしまいました。で今回、1番撮影が厳しかったのが店内は真っ暗でテーブルの上には丸くて小さな蝋燭2個しか照明がなかった「レスペランス」。もうここは撮影をするような状況ではないなと諦めました。
さてお店のHPを見てもらうとわかりますけどメニューにいろいろとジビエが載っていたのでシェフはジビエが得意に違いない、期待できそうと思い予約をすることに。いくつかジビエがありましたが1番大好きな森鳩に即決しました。
今まで何度も森鳩を食べたことがありますけど、レオン ド リヨンの森鳩の味わいは野趣味が1番強くて初めて体験するものでしたね。あとほんの少し熟成させたらただ臭いだけで食べられないというぎりぎりのところという状態まで熟成させているように思えました。味わいをもっと具体的に書こうにも難しいです。とろとろに熟成したエポワスといったウォッシュチーズのような感じ?鉄分たっぷりの血なまぐさい感じ?うーん、表現に困りますがジビエの醍醐味である野趣味を存分に味わうことができました。
そんな状態の肉に添えてあるのは定番のサルミソース。森鳩の血や内臓等をあわせた味わいが強烈にして僕のように食べれる人は喜んで食べるものですね。内臓類のペーストをぬってある奥のカナッペみたいなものもこれまた美味しいです。ほんとこの森鳩は人生最高のジビエと言えるぐらい忘れられない料理でした。
ワインはシャンボールミュジニーにしたんですけど注いだグラスから溢れんばかりの果実の華やかな香りが素晴らしくて、それでいて森鳩の野趣味とソースにまったく負けない力強さに感激。最高のマリアージュでしたね。
[PR]
by esthetisme | 2006-11-26 14:26 | 06/11/15~20 ブルゴーニュ
ボジョレーヌーボー解禁
d0059205_5112389.jpg


ここがボジョレーヌーボーの解禁のイベントが行われたボジョレー地方の中心都市ボージューの会場です。まだこの時が解禁の2時間ぐらい前だったので人はそれほどいませんでしたが、解禁の時間が近いづいてくるとあっという間にたくさんの人だかりとなりました。
この解禁の日がフランスに着いたばかりだったのですが僕はほんと運がついていなくて初日からTGVが遅延して、ボージューに着いた頃にはどこのお店にも入れなくてこの日のご飯をそこら辺のビストロで食べることができず悔しい思いをすることに。仕方なく屋台でアンドゥイェットのサンドイッチとハムとグラトンを買って何でこれがご飯なの?と悲しい思いをしながら食べて解禁の時を待つことに。屋台にはワインが売っていなくて水と一緒に食べたことも悲しい思いを倍増させましたね。解禁までワインは待てということなんでしょうか。
食べてから街の写真も撮るかと街を歩いてと三脚にカメラを常につけていたせいか目だってしまい、「フォト、フォト!!」と連呼してくる人達に写真を撮ってとよく言われました。
最初に言ったきた人たちは8人ぐらいのグループで全員ワインではなくて、ビールを片手に持っていて、俺ら皆ソムリエだよなんて言っています。しかも有名どころのレストランの名前を名乗っていました。彼らの働いているレストランに日本人がいるため日本語を教えてもらっているそうで何を教えてもらったか聞いてみるとこんにちは、さようならと言った日常会話はいいんですけど「オカマ」という言葉には苦笑い。日本人のうけをとるために教えたのかどうか知りませんが、もっと実用的な言葉を教えたらいいのに。この後に「乾杯しよう」と言われてビールを渡されたんですけど「A votre sante!!」って日本語でなんて言うの?と聞いてきたので「カンパイ」って教えたらすぐに使っていました。
結局このグループを含め記念写真を撮ったグループは10組近く。おかげで街並みを撮っている余裕はなくなり、あっという間に解禁時間まであと30分くらいとなりました。
ちょうどその頃、会場に向かって松明を持った人たちがぞろぞろと行進してきました。行進の最後尾あたりが会場に付くと待ちに待っていました、カウントダウンの開始です。なぜか10からではなくて12からでそれもフライングもありましたが午前0時に時差の関係上、日本から8時間遅れての解禁です。解禁の時にはボジョレーヌーヴォーの歌がやっぱり流れていて、花火がたくさんあがりました。この時の様子ですが途中からそれも短くていいのならビデオカメラで解禁の瞬間を撮っていますのでリクエストがあれば動画のアップを考えてみます。
解禁となった後はボジョレーヌーヴォーを振舞ってくれるんですけどグラスを持っていたほうがいいです。たくさんの人だかりとなっていてグラスをもらうだけでも大変です。やっとの思いでグラスをもらってなんとかボジョレーヌーヴォーを市長さん?みたいな人から注いでもらいましたが味は当たり前ですが日本で飲むとは変りません。ま現地のお祭りの中で飲めたからそれでよし。帰りはラッキーなことに観光用のバスの運ちゃんがホテルまで送ってくれました。
[PR]
by esthetisme | 2006-11-25 19:26 | 06/11/15~20 ブルゴーニュ
ブルゴーニュ旅行の予定
ボジョレー地方の中心都市ボージューのボジョレー解禁、
アヴィニヨンでコート デュ ローヌの新酒祭り、
ボーヌでブルゴーニュ最大のワイン祭り 「栄光の3日間」と
ブルゴーニュの郷土料理とミシェランの星つきレストラン4つ
を体験するワイン祭り3つと美食の数々の旅

コレクションする予定ブルゴーニュの郷土料理

「コック オ ヴァン 」 「ブッフ ブルギニオン」 「ポシューズ」 「ハムとパセリのゼリー寄せ」
「シャブリのアンドゥイェット ソースシャブリ」「ラパン ディジョン風」「ロニョン ディジョン風」
「エスカルゴ ブルゴーニュ風」「ウフ・アン・ムーレット」「虹鱒の赤ワイン煮込み」
「ホロホロ鳥のクリームソース煮(本来は鶏)」「シャロレ牛のステーキまたはカルパッチョ」

以上少なくとも12種類。これにレストランの時間に間に合えばボジョレー地方の料理もひとつかふたつは加わります。

追加コレクションとなる予定のプロヴァンス料理

「ブリード」 「プロヴァンス風野菜の詰め物」

旅程が5日間と短いだけに飲みを抑えて食べて食べて食べまくってきます。

○アヴィニョン
・コート デュ ローヌの新酒祭り

○マルセイユ
・メゾン ド パスティス


○ディジョン
・ディジョン市場
・旧ブルゴーニュ公宮殿
・サン ミッシェル教会
・ノートル ダム教会
・フォルジュ通り
・裁判所
・サン べ二ーニュ大聖堂
・マイユ グラン プポン
・ミュロ・エ・プティ・ジャン

○ボーヌ
・オテル・デュー
・ワイン博物館
・ロジェ バトー
・パテスリー ブーシェ
・ヴェドレンヌ
・ジャン ウールヴォア

○ヴェズレー
・レスペランス
・サント マドレーヌ教会

○オーセール
・サン ジェルマン教会
・サン ティエンヌ大聖堂
・時計台

○シャニー
・ラムロワーズ

○ソリュー
・コートドール
[PR]
by esthetisme | 2006-11-01 07:41 | 06/11/15~20 ブルゴーニュ