「ほっ」と。キャンペーン
総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
アルルのレストラン リンク集(まだ途中ですが)
旅行前の情報収集はほんと楽しいです。
アルルに行く前に予習ということでアルルのレストラン、ビストロで食べたいメニューを中心に検索してみるとありますねぇ、いろいろとお店が以下のように見つかりました。まだあるので、そのうちちゃんとしたリンク集を作ろうかなと思っています。パリのお店のリンク集は大変ですが、地方ならHPを持っているお店の数が圧倒的に少ないのでまとめやすいです。
ところプロヴァンスで1番に食べたいメニューはやはり日本では食べるのが難しいもの。具体的には

〇ピエ パケ 〇ガイエット 〇ブーリッド 〇ガンバ 〇エストフィナード 〇トーロー(フランス産の牛は輸入禁止ですので当然ですけど。あと羊もそうですよね。プロヴァンスの羊というとシストロンが有名です。)

それと日本で食べたことがある
〇ドーブ 〇ソース オ ピストゥ 〇サラダ ニソワーズ 〇スープ・ドゥ・ポワッソン 〇ブイヤベース〇サラド・ドゥ・シェーブル・ショー 〇ラタトゥイユ 〇トマト ファルシー 〇ベニエ

といったものが現地で食べるとどう違うのか、また同じスズキとか鯛というものでも日本のそれらとはどう違うのか興味深いところです。

〇Restaurant l'Occitan
http://www.restaurant-occitan.com/accueil.htm
〇Lou Marques
http://www.hotel-julescesar.com/php/Restaurants.php?lang=FR
〇Au Brin de Thym
http://www.aubrindethym.com/
〇LA GRIGNOTTE
http://www.lagrignottearles.com/
〇LA CHASSAGNETTE
http://www.chassagnette.fr/
〇MEDIA LUNA
http://www.medialuna.fr/
〇Barbegal
http://www.barbegal.fr/
〇LA CARAVELLE
http://www.lacaravelle.net/
〇LES 2G
http://www.les2gourmands.com/
〇L'ESTRABORD
http://estrambord.free.fr/
〇L'HAUTURE
http://www.lhauture.com/
〇L'AMANDIER
http://perso.wanadoo.fr/amandier/
〇L'Auberge du Mas d'Alivon
http://www.masdalivon.camargue.fr/
〇Restau Marche
http://www.restaumarche.com/
[PR]
by esthetisme | 2006-05-17 08:26 | 海外のフランス料理店
ピエール・ド・ロンサール カッサンドルへのオード
今週は薔薇を見に行く予定なので、薔薇の詩と言われたらすぐに名前が浮かぶのが、前にも紹介したピエール ド ロンサールの抒情詩。
今回は「カッサンドルのオード」と詩とは無関係ですが、ラファエル前派の画家であるウォーター ハウスの薔薇を主題に描いた絵画とあわせて載せます。
ちなみにこの詩に曲をつけたのは知っている限りでは2人の作曲家がいます。
ひとりはギヨーム・コストレでタイトルは「いとしい人よ、バラを見に行こう」で、16世紀のシャンソンのひとつです。
もうひとりはワーグナーでタイトルは「愛らしい人よ」となっています。

d0059205_736684.jpgいとしい人よ、バラを見に行こう
今朝、紅の衣を
開いたばかりのその花が
あなたの顔色にも似た
真紅の衣の襞の色を
夕べにいささかも失っていないかを。

ああ、このように短い時の間に
いとしい人よ、花びらは既に落ち、
その美しさを散らしてしまった。
おお、何と自然のむごいことか、
これ程に見事な花が
ただ朝と夜の間の命とは。

それ故に、いとしい人よ、私を信ずるならば
あなたの青春の花開く時、
その初々しさの極みの時に、
あなたの若さを摘み給え。
まさしくこの花と同じく
老いがあなたの美しさを曇らす前に。


読んでもらえればわかりますが、今朝であったばかりの少女に
薔薇の美しさと儚さを重ねあわせて詠っているとても美しい抒情詩です。
要は「花の命は短し、恋せよ乙女」を言いたかったのでしょうか?
それと絵画はとある別荘の壁のバラの匂いを青緑色の絹の着物を着た女性が
嗅いでいます。この作品は魂のバラという名前でも知られている作品です。
[PR]
by esthetisme | 2006-05-13 07:36 | 抒情詩