総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
一夏の感傷に浸りながら歌う姿が目に浮かびます 「ナタリー」 ウンベルト バルサモ



「ナタリー」 ウンベルト バルサモ

1 ナタリー 2 ある男のひとりごと 3 女ったらし 4 君のわがまま 5 僕の愛 6 孤独 
7 美しい印象 8 おもちゃ屋 9 もう、待てない 10 ナタリー

このアルバムというと19歳の頃にバルサモに限らずお気に入りのイタリアの音楽をイタリアで聴きたいと思い、実際にローマからフィレンツェまで旅をした夏の終りから秋の初めの日々がとても懐かしく、思い出深い一枚です。
どうして夏の終りに行ったかというとこのアルバムを聴いていて、夏の終りに薄命に散った二人の恋を思い出しながら、一夏の感傷に浸って歌っているバルサモの姿が浮んだからです。もちろんこれは僕の勝手な想像に過ぎませんがもともとイタリア盤に歌詞がないので国内盤がでても訳詞がつきませんでした。なので自分の好きなように解釈しました。でもイタリア盤に歌詞がなくても聴きとって訳詞をつけているものアルバムもあるので、誰か聴きとって訳詞をつけて欲しかったですね。
ちなみにこのアルバムの次の「蒼い天使」と「愛を置き去りにしては」には歌詞と訳詞がついています。ですのでこのアルバムを含めてバルサモの国内盤は3枚出ていて僕はその3枚と他に70年代に発表したアルバム3枚とあわせて彼のアルバムは計6枚、シングルは6枚持っています。今回のアルバムだけレコードで持っていないので、お気に入りのアルバムはCDより買えるものはレコードで聴きたい僕としてはとても欲しいのですがなかなか見つけられません。
さて6枚あるアルバムのうちと半分は冒頭に書いた旅行の時にイタリアで買うことができました。具体的にはジョン・レノンのアルバムジャケをぱくったようなジャケの1stアルバム「過去、現在、未来」となんと20年か30年以上未開封だった3rdアルバム「蒼い天使」はヴァチカンの近くのレコード屋さんで、5thアルバム「愛の黄昏」はピサでピサの斜塔に向っていたらふと途中で蚤の市みたいなところが見えたので寄ってみたらトリノから来ていたレコード屋さんのブースで買うことができました。シングルはまわったレコード屋さんに行くとたいがいあり、どれもアルバムに収録されているけどついでだからということで買いました。とっくの昔に日本人を初め各国のディラーが買い尽くしいるからなんにも買えないと思ったらこういうプレミアのまずつかないレコードは買えるのだなぁととても嬉しかったですね。それからあたりまえですけどイタリアで聴くお気に入りのイタリア歌のはとても綺麗にイタリアの風景にとけ込んでいきいつまでも止むのことのない感動の嵐が襲いました。ほんとイタリアの歌が好きでよかった、僕の青春はイタリアの歌とともに永遠にあるんだと実感しました。
さて前置きはこのぐらいにして内容を書きましょう。シチリア島に42年に生まれて、自分で歌う前の60年代は作曲家として活動していました。そして70年代になりカウンタトーレとして歌いはじめることになります。イタリアの歌い手はそれぞれ声にはっきりとした特徴がありこれはひとつの楽器として言っても問題ないでしょう。バルサモは甘すぎることなく、優しく温かみのある歌声が特徴で、後にさらりとした歌い口の中に情感を込めるといった余裕のある歌い方に変化しているように僕には聴こえます。歌い始めて最初のヨーロッパでヒットとなった「ナタリー」を含むこの2ndアルバムは名アレンジャーであるジャン・ピエロ・レヴェルベッリの透明感があり、卓越したメロディのオーケストレーションがイタリアの哀愁を存分に感じさせてくれる名盤です。とりわけ叶うことがなく終わってしまったに違いない愛の悲しみに満ちた「ナタリー」にはいつ聴いても泣かされます。歌詞なんて関係ないと思います。一度でも愛の悲しさを経験した事があるのなら、曲の雰囲気で自分のこれまでの経験に重ねて聴けば泣いてしまうに違いないでしょう。そのナタリーはアルバムの始めと終りに収録されているのですが始めはオーケストレーションで、終りにはオーケストレーションをアコギを中心にソリーナというイタリア独特のキーボードに置き換えたアレンジとなっています。これはオーケストレーションとソリーナがそれぞれ表現する情感の違いを楽しんで欲しいところです。そして「ナタリー」に代表されるようにしっとりとした曲調がアルバムの曲の大半を占めます。少し細かく見ますとナタリーの次はイタリアの女性ボーカルも熱情的なタイプが多いのでイタリアにしては珍しい透き通ったわりと奇麗めの女性ボーカルがサビを担当していて、その女性ボーカルの声がいつまでも耳に残る「ある男のひとりごと」、オーケストレーションとともにゆっくりと歌が飛翔していくようなメロディが印象的な「僕の愛」、オーケストラにブラスセクションも導入しているためひときわ盛り上がりが強く、「ある男のひとりごと」と同じ女性ボーカルと思う人とかけあいをする「もう、待てない」とナタリーに勝るとも劣らない名曲がずらりと揃っています。今ではキーボード・オーケストレーションで簡単にオーケストラの音は表現できますがそれだと音の厚みがなくて、質感が乏しいので安っぽくなってしまいます。
それとは違ってこのアルバムのアレンジを担当したジャン・ピエロ・レヴェルベッリは楽団によるオケを作っているだけあって音の質感、重厚さに雲泥の差があります。この差が歌とオーケストラが中心というシンプルで地味な曲ながらいつまでも飽きることのない味わい深さとなるんですよね。だからあまりにも流行廃りのサイクルが速すぎる現代だけに、いつまでも時の風雪に埋もれる事がない不朽のメロディがある今回のようなアルバムを聴くとほっとします。もっと今の時代にも長期鑑賞に耐え得る音楽が生まれて欲しい、今回のようなアルバムを聴くと切に願いたくなります。さてと次は落ち葉をあしらった素敵なジャケットがこれからの季節にぴったりなジャルディーノ ディ センプリチの「閑かなる庭園」をアップしたいと思います。
[PR]
by esthetisme | 2005-09-21 10:16 | ラブロックなどイタリアの歌物
秋の日の幸せを三つの時刻に分けて詠うジョン・キーツ

秋に寄せて ジョン・キーツ

霞立ち、まろやかに甘い香りの季節、
熟成をもたらす太陽の心の友、
君が太陽と相謀(あいはか)れば、藁屋根の軒を這う
ブドウ蔓は君の祝福でも身が重く、
百姓家の苔むす木々に枝もたわわの
リンゴは芯まで熟れ、
瓢箪はふくよかに、ハシバミの肌は丸く、
その種は甘味を増す。蜜蜂のためにと
おそ咲きの花が芽吹き、また芽吹けば、
うららかな日は果てしないと蜂は思う、
巣が蜜に潤い蜜に溢れた夏の日の続きかと。

収穫(みのり)のたくわえのただ中によく見る君の姿
外を探せば、時として君は、
穀倉の床にのどかに坐り、
麦をあおる風に髪を軽くなびかせる
時にはケシの香りも物憂げに、刈り残しの
畝に寝込んでいる。君の鎌が刈り惜しんだ
もうひと株にかれんな花がまつわり咲いて。
時には落穂をひろう人にも似て、実りの頭を
せせらぎの向こう側にじっと垂れる。
またりんご搾りの片脇で飽きもせず
滴りの終わるのをじっと見つめる

春のうたはどこへ、どこへ。
いや、思うまい、秋には秋の音楽がある。
たなびく雲がおだやかな夕暮れをいろどり、
刈り株の並ぶ畑をバラ色に染めるころ、
川ヤナギの中で小さな羽虫の群れの悲しい
合唱が、そよ風のそよぎに合わせ、
高く低くきこえてくる
丸い子羊が丘の果てで高らかにうたう。
生け垣のコオロギのうた、そして今もいま、
コマドリが野菜畑で笛吹き鳴らし、
群がるツバメが空にさえずる。

この詩はわずか25歳でこの世を去ったキーツの晩年の作です。
秋の日の幸せを3つの時刻にわけて歌っています

第1連は豊かな実りのすがたと、生あるものにとっての喜びです。
時刻としては小春日和の真昼頃です

第2連は自然の秋に人生の秋を重ねてうたっています。この点だけを取ればボードレ―ル
の「秋の歌」は似ています。ボードレールの場合は人生の中でも青春の時と具体的ですが。
時刻としてはけだるさを感じる午後のひとときです。

第3連は秋に聴こえる自然の音楽のさまざまなものを描き、哀感ただよう情趣でこの詩を
まとめています。
時刻としてはおだやかに暮れる夕暮れです。

参考文献

「英米名詩の新しい鑑賞」

秋の日の一日の流れを順に追ってゆくとこんなにも美しい風景の数々、聴こえてくるたくさんの音があるんですね。キーツの描写のおかげでイギリスの牧歌的な風景が容易に想像でき、まるでそこにいるような錯覚に陥るほどです。
いつか秋の日にイギリスの片田舎でも行くことがあるのならこの詩を口ずさみたいものです。
[PR]
by esthetisme | 2005-09-21 08:45 | 抒情詩
瑞々しい抒情と感性で編まれた詩集 島崎藤村 「若菜集」
秋風の歌 島崎藤村 処女詩集「若菜集」より

さびしさはいつもとかはらぬ山里に
尾花みだれて秋かぜぞふく

しづかにきたる秋風の
西の海より吹き起り
舞ひたちさわぐ白雲の
飛びて行くへも身ゆるかな

暮影高く秋は黄の
桐の梢の琴の音に
そのおとなひを聞くときは
風のきたると知らりけり

ゆうべ西風吹き落ちて
あさ秋の葉の窓に入り
あさ秋風の吹きよせて
ゆふべの鶉巣に隠る

ふりさけ見れば青山も
色はもみぢに染めかへて
霜葉をかへす秋風の
空の明鏡にあらはれぬ

清しいかなや西風の
まづ秋の葉を吹けるとき
さびしいかなや秋風の
かのもみぢ葉にきたるとき

道を傅ふる婆羅門の
西に東に散るごとく
吹き漂蕩す秋風に
飄りゆく木の葉かな

朝羽うちふる鷲鷹の
明闇天をゆくごとく
いたくも吹ける秋風の
羽に聲あり力あり

見ればかしこし西風の
山の木の葉をはらふとき
悲しいかなや秋風の
秋の百葉を落とすとき

人は利剣を振へえども
げにかぞふればかぎりあり
舌は時世をののしるも
聲はたちまち滅ぶめり   高くも烈し野も山も
息吹まどはす秋風よ
世をかれがれとなすまでは
吹きも休むべきけはひなし

ああうらさびし天地の
壺の中なる秋の日や
落葉と共に飄る
風の行へを誰が知る

同詩集よりもう一編

初恋

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな

林檎畠の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまうこそこひしけれ
   
島崎藤村は有名な文豪ですから学校の教科書に今回の詩に限らず、「破戒」、「夜明け前」など登場することがあるのではないでしょうか。
残念ながら僕は学校で学んだ覚えがありません。でも僕はロマン主義を音楽、文学、絵画、最近ではバレエを含めて総合的に世界中追求している中で島崎藤村を知りました。
今回載せた「若菜集」からこの2詩を読んでもらうと分かるのですが最初は浪漫主義の詩人らしい瑞々しい情感溢れる作風でした。それがエミールゾラの影響を受け、世の中の汚い事、醜いことをありのままに描く自然主義へと移行していきます。
最初の「秋風の歌 」は去年の秋に長野に行ったときにも読みました。その時の様子は僕のHPに書いています。
次の「初恋」は「若菜集」の中でもひときわロマンティックな詩風が魅力的。彼の詩で一番好きな詩なので載せました。
あと浪漫主義というと与謝野晶子の短歌も有名です。彼女の短歌のひとつである「清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人みなうつくしき」という短歌を、今年の京都の夜桜見物の時に心の中で読みながら祇園の夜桜を見ました。
[PR]
by esthetisme | 2005-09-16 22:45 | 抒情詩