総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
リヨンの郷土料理 12 Le cervelas en brioche
久々の更新です。気づいたら1週間ぶりでした(汗)。
今回のリヨンの郷土料理はセルヴラというリヨン名産の燻製ソーセージのブリオッシュ包みです。
なのでどんな感じの料理かは想像しやすいと思います。

材料

約800gのセルヴラ 1本
小麦粉 450g
牛乳 100cc
卵 4つ
バター 180g
ドライイースト 15g

作り方

前日の準備としてパイ生地を用意します。小麦粉に何回かひとつまみの塩を加えながらふるいにかけます。
かけたらテリーヌ用の容器に入れます。牛乳を温めます。ベーキングパウダーを水で溶いておきます。
温まった牛乳とひとつまみの砂糖をボールに入れます。牛乳と砂糖が同質になりムース状になるまで混ぜたら、
小麦粉と卵3つを次々と加えます。木のスプーンでしっかりと混ぜ合わせたら、150gのバターを加えます。
生地がきちんとひとつになったら、タルト型にしき、2時間ほど寝かせてふくらませておきます。その後に生地を手でちぎってバラバラにしてから、また一つにまとめて、タルト型にしいて、翌日まで冷蔵庫で休ませておきます。


ソーセ―ジをキャセロールに入れ、水を注ぎ沸騰したら45分間ほど煮込みます。煮込んだらソーセージの水分を切り、表面をふき、皮をむきます。
オーブンを190℃に温めておきます。
ブリオッシュ用の生地は大きなセルヴェルを十分に包めるような長方形型に形作ります。
セルヴェルをブリオッシュ用の生地の上においたら、周囲の生地を内側にたたみ、縁を水でとめます。
卵の黄身と水で溶いたものを生地の表面と縁に塗ります。
ブリオッシュで包んだセルヴラをオーブンの鉄板に載せて、全体にバターを塗ります。
生地がこんがりと焼けるまでだいたい1時間ぐらいオーブンで焼きます。できたら十分に厚い薄切りとして供する。
[PR]
by esthetisme | 2005-08-13 17:39 | リヨンの郷土料理
まもなく開催 ギュスターブ モロー展
ようやく9日火曜日からギュスターブ モロー展が開催されます。鳥取で1番最初に開催されて、早く東京で開催されないものかとほんと待ちに待ちました。今回の開催はパリのギュスターブ・モロー美術館の改装にともない現在は閉館となっているため貸し出されました。最後にギュスターブ モローの展覧会が開催されたのは1995年ですから実に10年ぶりとなります。
もしその時の展覧会および彼に興味がありましたら、僕のHPでは日本で最初に開催された1964年の展覧会、1974年、1984年、1995年の展覧会と順をおって当時の図録の内容を紹介しています。
この4回の展覧会の内容を見るだけでもかなり彼に対する理解は深まるかと思います。てっとりばやいのは絵画名から索引できるページを作っていて、そのページには40枚近い絵画を載せています。たぶんこれだけの数とそれぞれに解説をつけて載せているページを作っているのはまずないと思います。詳しくは以下のページです

d0059205_20381338.jpg


さて今回の展覧会の出品一覧を見ましたが目玉の一枚が過去に何度も出展されたこの絵画。パリのクリュニー美術館に所蔵されている有名な一角獣のタピスリーに触発されて制作されたものです。そもそも一角獣というのは処女だけが近づけることができ、純潔の象徴とされていました。絢爛な装飾、、妖艶な雰囲気に目が奪われてしまい、宝石細工のように美しいです。
で今回は水彩画と習作が前期119点、後期111点と入れ替わりで展示するということですが、習作は彼の絵画が好きな人でないと見ていてもつまらないと思うかもしれません。逆に彼の絵画が好きだと習作は見ていて、あの絵画はこんな風にデッサンを重ねてできたんだぁというのがわかって楽しいんですよね。入れ替わりがあるので2回は少なくとも行きます。

今回の展覧会については開催場所である以下の文化村のページに詳細が載っています。

http://www.bunkamura.co.jp/museum/event/moreau/index.html
[PR]
by esthetisme | 2005-08-07 21:07 | ギュスターブ・モロー
霊妙なる美しさは神話と神々の国であるギリシャの神秘そのもの
d0059205_19262197.jpg


「ΚΑΡΥΩΤΑΚΗΣ 13 ΤΡΑΓΟΥΔΙΑ 」 82年 ギリシャ

d0059205_19263332.jpg


「ΤΟ 62 ΤΟΥ ΜΟΝΟΥ ΧΑΤΖΙΔΑΚΙ 」 83年 ギリシャ

ΛΕΝΑ ΠΛΑΤΩΝΟΣ&ΣΑΒΙΝΑ ΓΙΑΝΝΑΤΟΥ

レナ・プラトノス   &  サヴィナ・ヤナトゥー

「ΚΑΡΥΩΤΑΚΗΣ 13 ΤΡΑΓΟΥΔΙΑ 」 82年 ギリシャ
「ΤΟ 62 ΤΟΥ ΜΟΝΟΥ ΧΑΤΖΙΔΑΚΙ 」 83年 ギリシャ

ギリシャを代表するレナ・プラトノスとサヴィナ・ヤナトゥという才女2人によるどちらも傑作アルバムです。こういうアルバムを傑作と言わずして何を言うのでしょうか。美しさに感動して泣きたいと願っている人には絶対のおすすめです。初めて聴くギリシアの女性ボーカルはこれにしようと思って聴いたときに82年のアルバムのこの世の全てのものを二度と忘れることのできない美しさで染め尽くす感のある一曲目で鳥肌がたって、あとは涙がとまらない感動が襲ったことは今でもはっきりと覚えています。そうあの時は美の衝撃が走った瞬間でした。レナ・プラトノスの感性を研ぎ澄まして無駄な音を一切省いたシンプルながら奥深い幻想性を見せるシンセとピアノのアレンジに、どれだけ賛辞を尽くしたところで到底表現することが不可能、もはや人知を超えている、それゆえに霊妙という形容詞を捧げたいサヴィナのクリスタル・ボイスが溶け合い生まれる世界は閑寂美の極致。ギリシャの静の美を象徴するアルバムです。この2枚のアルバム以降この2人で制作するアルバムは全て傑作です。そうなるのも2人ともそれぞれソロで傑作を次々と発表していて、そんな2人がひとつの作品を創るのだから当然なことでしょう。ちなみに僕が持っている盤は82年、83年の2つのアルバムのカップリングなのですがこれは現在廃盤です。でも単体なら買うことができます。83年のアルバムはギリシャでは国民的な人気の高いマノス・ハジダキスの曲をアレンジしているだけに内容が悪いわけがなく、最初から名盤になることが決まったようもの。今回紹介したこの2枚のアルバムはギリシアに行ったら、エーゲ海を見下ろせる場所で、沈みゆく夕日を総身で浴びつつ、エーゲ海の風に吹かれて、ギリシャの悠久な歴史の流れを思い、いつまでもいつまでも聴いていたいそんなアルバムです。まだまだそんな風にして聴きたいお気に入りのギリシャのアルバムがありますのでどんどんと書いていけたらなと思います
[PR]
by esthetisme | 2005-08-04 19:37 | 世界中の歌姫
リヨンのフランス料理店 La Brasserie de l'Étoile
このお店は1897年創業と歴史のあるお店です。ベルクール広場から歩いて5分というわかりやすい場所にあります。
お店は2階建になっていて 2階は団体客やセミナーを開催するときに理想的で、ブラッセリーの雰囲気を味わいたいのなら
活気があり、快適な1階が都合がいいでしょう。夏には60人が利用できるテラス席も用意しています。

以下はメニューのページを訳したものです。

団体客様にはたくさんの料理の選択肢と特別な料金で1人あたり飲み物無しで13、5ユーロから25
ユーロまでの幅で用意しています

個人のお客様には、飲み物なしで11、50ユーロからの定食をおすすめします

月曜から日曜日まで、シェフは3種類のランチコースをもうけて、日々さまざまな料理を提供します

①前菜と本日の料理
②本日の料理とデザート
③前菜、本日の料理、デザート

少しお腹が空いていますよね?
これらの定食はもちろん個々のお好みでご利用ください。

本日の前菜は4,20ユーロ 本日の料理は8,30ユーロです。

------------------------------------------------------------------------------------------
アラカルト

前菜

◎伝統的なラヴィオール
(ロマンというフランスの都市がラヴィオールの発祥の地で薄いパスタの中にコンテチーズ、
ホワイトチーズ、パセリを練ったものが入っている、いわばフランス風のラヴィオリです。)
これ以降詳しい説明等は以下のページに書いています。

http://64.233.167.104/search?q=cache:KXqbDlms33wJ:www.fujitv.jp/b_hp/bonjour/backnumber/
040704.html+%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3+%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%AA&hl=ja&lr=lang_ja

◎サラダリヨネーズ
(サラダ、トマト、フランボワーズヴィネガー風味のレバー)
◎サラダ ギニョル
(サラダ、レンズマメ 温かいソーセージ、たまねぎ)
◎サラダ ヴェジタリアンヌ
(サラダ、トマト、アボカット、アーティチョークのガク、インゲン、じゃがいも)
◎鳥のレバー入りサラダ
(サラダ、トマト、鳥レバー、フランボワーズヴィネガー)
◎サンマルスランのクリスティヤン
◎2種類のソーセージの盛り合わせ
◎スープ ド ポワソン ルイユとクルトン付き

魚料理

◎エイのヒレ ブールブランソース
◎ムール貝の蒸し煮&フライドポテト
◎クネル ソースナンチュア

肉料理

◎アンドゥイエットのグラタン 粒マスタードソース
◎タブリエ ド サプール タルタルソース
◎鳥レバーのムース
◎鳥のロール サンマルセラン風味
◎当店流タルタルステーキ
◎骨付きラムの蒸し煮
◎メルラン(タラ科の魚)、スカート(牛の横隔膜の筋肉部)、洋ナシのグリエ
◎ステーキフリッツとサラダ
◎テット ド ヴォー グリビッシュソース
◎本日の料理

チーズ

◎フローマジュブランまたはチーズクリーム
◎サンマルセラン ハーフ


デザート

◎自家製タルト
◎フォンダンショコラ アングレーズソース
◎クリームブリュレ、プラリネ風味のイルフロッタント
◎本日のデザート
◎ソルベとアイス

------------------------------------------------------------------------------------------

コース


Le menu Lyonnais

どれかお好みの前菜ひとつ

◎サラダリヨネーズ
(サラダ、トマト、フランボワーズヴィネガー風味のレバー)
◎サラダ ギニョル
(サラダ、レンズマメ 温かいソーセージ、たまねぎ)
◎サンマルスランのクリスティヤン
◎伝統的なラヴィオール
◎2種類のソーセージの盛り合わせ


どれかお好みのメイン料理ひとつ


◎アンドゥイエット エシャロット風味
◎アンドゥイエットのグラタン 粒マスタードソース
◎タブリエ ド サプール タルタルソース
◎鳥レバーのムース
◎鳥のロール サンマルセラン風味
◎クネル ソースナンチュア

チーズかデザートをどちらかお好みで

------------------------------------------------------------------------------------------

お店のHP

http://www.brasserie-etoile.com/sommaire.html
[PR]
by esthetisme | 2005-08-03 21:59 | 海外のフランス料理店
リヨンの郷土料理 11 Les andouillettes à la lyonnaise
いつものように毎日見ているフランスのサイトから訳しました。こんな風に訳しているのはこの料理に限らず、リヨンのお店で同じ名前もしくは同じような名前のメニューを見かけた時にこの料理は知っているよとかわかるため、だいたいこんな感じで作っているからこういう味になるんだなぁとか、どんな過程で作っているか見当をつけるためです。
まだまだリヨンの郷土料理はありますのでどんどん訳していきます。
あと実際リヨンで食べたら写真をアップして、感想も書けばこのレシピ、そしてこれまで訳してきたレシピ集は満足のいくものになると思っています。

材料

・リヨン風アンドゥイエット 4個
・たまねぎ2個
・バター25g
・ラード
・白ワインヴィネガー
・イタリアンパセリ、小1束
・塩と白胡椒

①たまねぎの皮をむいて、細かく薄切りにします。フライパンにバターを温めて、たまねぎを入れます。
②火力を適度に調節して、絶え間なくフライパンを動かし、たまねぎをゆっくりと色づけるようにします。
③もう一つのフライパンでラードを溶かし、そこにアンドゥイエットを入れ、かりかりにこんがりと焼けるまで
裏返しながら焼きます。
④仕上げる5分前にたまねぎの水分を切って、アンドゥイエットとあわせます。
⑤その後供する直前にスープスプーン2杯分のヴィネガーをアンドウイエットの上から注ぎ、火力を強めて
ヴィネガーを蒸発させます。
⑥最後に刻んだパセリをふりかけてできあがりです。


あとルセットのところには
アンドゥイエットの中身は地域によってさまざまです。例えばトロワ地方は豚だけで作ります。リヨンでは仔牛の腸間膜と豚の第1の胃から作ります。リヨンではたまねぎとポワレするのが日常的です。ワインはコトー・デュ・リヨネをおすすめします
と書いています。
[PR]
by esthetisme | 2005-08-03 20:32 | リヨンの郷土料理
リヨンの郷土料理 10 CARDON a la Lyonnaise
今回は「フランス料理の源流を訪ねて」という本からレシピを改変して載せます。


まずカルドンというのはアーティチョーク属の植物で、食用になるのは、ボタンの形をした花ではなくて葉柄だけです。

材料

大き目のカルドンの頭部 1個(3kg)
沸騰した湯(1リットル)
小麦粉 10g
酢 45cc
塩 こさじ 1.5

ソース・マロー用

バター 200g
小麦粉 10g
ビーフ・ストック 500CC
脊髄 100g
グリュイエール・チーズ 280g


作り方

①カルドンは適当な長さに切って沸騰した湯にほうりこみます。小麦粉を酢でのばし、これを湯の中に入れます。柔らかくなるまで1時間ぐらい煮て、水気を切っておきます。

②①を煮込んでいる間にソースを作ります。とろ火でバターを溶かし、小麦粉を加えます。ずっとかき回しながらビーフストックを加えます。30分火にかけて煮詰めます

③あらかじめオーブンを230℃にあたためておきます。骨髄を厚く切って、5分間塩ゆでにします。

④グラタン皿に水分を切ったカルドンと骨髄を並べ、煮詰めたソースをかけてグリュイエール・チーズをたっぷりとふりかけて、チーズが溶けるまで15分焼いてできあがりです。

この料理なんですがまだリヨンのお店のメニューでは見かけていないです。でも調理は簡単そうだし、材料さえ入手できれば作れますね。
そうそうリヨンの泊るところは日本のウィクリ-マンションみたいなアパートメントホテルにしました。そこにはオーブンがあるのでマルシェで材料を調達できたら作ってみます。
[PR]
by esthetisme | 2005-08-01 14:28 | リヨンの郷土料理