総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:映画( 11 )
未来の食卓


南フランスのバルジャック村で小学校と高齢者の食事にオーガニックを導入するという試みを追ったドキュメンタリー映画。
邦題は「未来の食卓」、原題は「私達の子どもは我々を告発するでしょう」

九段会館での試写会の招待券が入手できたので見に行ってきました。
フランスの給食ってどんなのを食べているんだろうとか、そんなにフランスの食材って危ないのといろいろと興味がつきなかったので見るのが楽しみでした。

缶詰のレンズ豆、ソーセージ、バナナ、パン、チーズ、水と子供達の給食に使われている食材ごとに詳しく添加されたものが紹介されていて、どれも殺虫剤など人体に有害なもの。
そんな食材を南フランスの子供達が食べているなんてほんと驚きでした。今回はオーガニックの給食に切り替えをしたのが南フランスのバルジャック村でその村の給食が例として挙げられましたが、フランス全土でどこも同じでなんでしょうか。
もしかして僕がフランスで食べた食材もそれらと同じように添加物まみれだったのが気になりますね。でも今後は完全無農薬の証であるABマークが掲げられているお店は安心して買えるので、マルシェの時は気をつけてみようと思いますが、今までリヨン、マルセイユ、カオール、アヴィニヨン、アルル、パリなどなどとたくさんその街のマルシェを見てきましたが、そんなマークは見た覚えがないのですが見落とししていたのでしょうか。


さてそんな給食では子供達の未来が危ない、未来を担う子供達のために最良で安心な給食ということでオーガニックの給食への切り替えを考えます。、
切り替えにあたりやはり費用がかかるという反対もありましたが健康はお金の問題ではないし、オーガニックの給食に転換するのは良心や誠意からだということで切り替えが実現します。
缶詰や冷凍食品は使わず、オーガニック農家から野菜を仕入れたり、学校の敷地内に菜園を作り野菜を育ててたりして、安全な食材が食べれるようになり、子供達はこんなに野菜が美味しいなんてと大評判。
でも野菜は安全なものはわかったけどほかに給食で使われている肉、パスタ、果物などデザート類などはこの食べ物が安全であるというところが詳しく描かれていなかったので気になりました。
以前の給食の時はひとつひとつ添加されていたものを紹介していたんだから、オーガニック給食になってからもひとつひとつにこれはこういうわけなんで人体には影響ありません、安全ですという説明があると対比がされていいのではないかと思いました。

またオーガニックでの給食でも以前の給食でも思ったのですがラタトゥイユ、ティアン、サラドニソワーズなど南フランス料理らしい料理が食にこだわるフランスならちゃんと出てくるんだろうと思ったら映画で見る限りだとまったくなかったですね。クリスマスの料理のがなぜかイギリスの料理だったし。
家での夕食でも南フランス料理らしいものが見当たらなかったし、たまたまなのか夕食はスープだけで牛乳を混ぜて飲むなんてあまりにも質素な夕食で、これが毎日のようにそれなら子ども達は前菜、肉料理、チーズ、デザートとひととおり食べれる給食がご馳走に思えるでしょうね。
給食と家庭では南仏料理がでてこないのですが、バルジャック村にある下記のレストランではちゃんと南仏料理が食べれますね。メニューの紹介でティアンが記載されています。どうやらバルジャック村のレストランおよびホテルはこの一軒のようです。
ちなみにフランスはどんな小さな村でもたいてい観光局がありますので、村や都市の名前+観光局で検索すれば該当の村や都市の情報がすぐ見つけれます。

http://www.masduterme.com/hotel/resto.html

それとこの映画でまた驚きだったのが農薬の使用量が尋常ではないこと。
例えば桃に22種類の農薬を使っている農家がいるそうで、なぜそこまで使うのか、理由がわからなくても明らかに使いすぎではないかと思いますが。
桃に限らず多くの農家で農薬を過多に使用するので子供に限らず家族が癌や白血病になり、癌では化学療法に子どもは耐え切れないことが多く、それで死んでしまうなんてあまりにも悲惨すぎる。

最後に確かに見終わってオーガニックへの興味は高まるのですが、すぐ近くに売っていなくまだまだ身近な存在ではないですね。それに買いに行っても値段がどうしても高くなるのがネック。
でもお米だけはカルガモ農法で作ったお米をずっと食べているのでこれだけはかなり農薬が抑えられているから安全なものを食べています。なくなると送ってくれるおふくろに感謝ですね。おかげさまで東京でお米を買ったことなんてないです。
[PR]
by esthetisme | 2009-07-25 13:39 | 映画
赤い風船  1956年 フランス
d0059205_791831.jpg


you tubeより転載。エキサイトだと埋め込みができないようですので画像にリンクを貼りました。
一分にも満たないですが、それなりにこの映画の雰囲気がつかめるのではないでしょうか。


○赤い風船
30分ちょっとの短編ですが、くすんでいるというか鮮明でない50年代のパリの街並みに原色の赤い風船があまりにも鮮烈すぎ。そう目立つようにしてあると思うのですが、風船の特撮同様に監督の腕の見せ所なのかなと。
どこに行くにも友達のように主人公の後をついていく風船は、意思を持っているかのよう。
しかしわんぱく小僧にしぼめられてしまいますが、悲しみに暮れる主人公の元にパリ中の色とりどりのたくさんの風船が主人公の元に集まり、大空の彼方に連れて行くいうファンタジックな内容の映画。
ほんと束の間のおとぎ話ですが、一度見たら忘れらない魅力があります。
とりあえず簡単に。近くのビデオレンタル屋にあってようやく見ることができました。そのビデオレンタル屋さん、シベールの日曜日も置いてあるなどなかなか見かけないレアなビデオがありほんと助かります。
パンフが入手できたらもっと書きたいです。パンフがないと画像がなくやっぱり寂しいですしね。
あとはブーベの恋人、ルートヴィヒ 神々の黄昏、鏡、ラ・マルセイエーズも見ましたよ。
それはまた後で。
[PR]
by esthetisme | 2008-05-03 23:58 | 映画
汚れなき悪戯 1955年 スペイン
d0059205_12552258.jpg


スペイン映画はほんと数えれるぐらいしか見ていませんが、「ミツバチのささやき」と並んで好きなのが今回の「汚れなき悪戯」。

ちょうどその映画の頃で同じく子役が光り、主題歌が一度聴いたらもう耳を離れることがない映画というと「禁じられた遊び」があり、1950年代というと各国の映画黄金期にあたる時代で、ほんとうこの年代は好きな映画をあげたらきりがないです。

さてスペイン映画に話を戻しますが、戦前戦後を通じて作品の数も少なく、内容的にも見るべきものの少なかったのですが、「汚れなき悪戯」は、過去長い間のスペイン映画の沈滞を破る画期的な、愛と感動に満ちた芸術作品です。
主役のマルセリーノを演じたパブリート・カルボ少年は、5000名の応募者の中から選ばれたけ
あって、巧まざる名演技をみせ、この映画を成功させています。

主題歌は切なく、哀愁に満ちたメロディーで涙を誘いますが、映画のラストが自然と思い浮かびます。
映画の歌詞だとマルセリーノの一日を追った内容ですが、パンフレットに掲載されている1番から3番の歌詞は違うのが気になりました。

わかりやすいようにそれぞれを途中までですが載せます。ちなみ映画の著作権は切れています。
なので500円というワンコインで買えるようです。

映画の歌詞  字幕の歌詞

お眠り マルセリーノ
もうすぐ夜が明けるけど
お前の魂と1日は
12人の坊さんが守っている

起きよ マルセリーノ
もう目は覚めたね
お前の魂と1日は
12人の坊さんが守っている


パンフレットの歌詞。

1番

おはようマルセリーノ
おめめをさませ
お日さま 野原で笑って見てる
マルセリーノ マルセリーノ
かわわい天使
いちにち おもてで仔馬のように
マルセリーノ マルセリーノ
走っておいで

歌詞は相田 裕美さんとなっていますので、
この人が曲に歌詞をつけたのでしょうけど
どうしてそれがパンフレットに載っていて
オリジナルが載っていないのか。
このあたりの経緯の説明が欲しいですね。

映画の内容と感想
[PR]
by esthetisme | 2008-04-20 12:44 | 映画
フレンチカンカン(1954)
d0059205_10595624.jpg


昭和30年当時のパンフレット

フレンチカンカン(1954)

監督 ジャン・ルノワール

キャスト 

ダンゲラール:ジャン・ギャバン
ニニ:フランソワーズ・アルヌール
ウージェニー・ビュッフェ:エディット・ピアフ



15年ぶりに故郷に帰ったジャン・ルノワールが「河」、「黄金の馬車」に続いて創った3本目のカラー映画。
1880年代のパリのモンマルトルを舞台に、ムーランルージュの開業するまでフランス人らしい恋物語を混じえて、描いています。
開業にあたって呼び物としたのがフレンチカンカンでした。

d0059205_1103431.jpg


この映画といえば最後の自分が楽しければいいとさえ思えるほど奔放に爆発的な盛り上がりを見せるフレンチカンカンが圧倒的で見ていてほんと楽しいですね。
脚が上がる、上がる、キャーキャー騒いで、野生的に跳び跳ね、大開脚で着地。
今の時代のフレンチカンカンでもいいから一度ムーランルージュでステージを見たくなりました

若き日のピアフを初め、有名なシャンソン歌手も登場していて、彼等、彼女等が歌う場面も見どころ。ピアフが歌ったのは、彼女が演じた役(ウージェニー・ビュッフェ)が得意とした言われている「見知らぬ人よ、やさしくして」。

映画全体に古き良き時代のパリの香りが溢れていますが、監督ルノワールは、ちょうど少年時代にベルエポックを過ごしていて、その時代への特別な思いと親しみを抱いているに違いないからこういう映画を懐かしさをこめて作ったのではないかと。
舞台となったモンマルトルというと下町ですから、当時のそこにクラス庶民の暮らしとか風俗はこんな感じだったのかなぁと想像してしまいます。
[PR]
by esthetisme | 2008-03-04 09:56 | 映画
抵抗の詩  旧ユーゴ 1969
d0059205_20323246.jpg


抵抗の詩  旧ユーゴ 1969

第二次世界大戦下の旧ユーゴのドイツ軍に占領されたラグエバッツで、ドイツ軍の兵隊がパルチザン(ドイツ軍を旧ユーゴからの撤退を実現させた抵抗組織)によって殺された報復として子どもも容赦せず村の男性全員が抹殺された実話を映画化。映画の視点は子どもたちの目から描かれています。
ドイツ軍の兵隊1人殺害につきユーゴ人100人を殺す、負傷の場合は10人を殺すという決まりがドイツ軍の間ではあったようでその決まりに基づいて算出された人数は水増しも含めて8000人。丁度ラグエバッツの男性の全ての数です。
無抵抗の人々を次々と銃殺していく場面、そして残された女性達が死んだ男性達を墓に埋めた後、無数の蝋燭が灯り、子ども達と供に行動していた少女が一人、一人の名前を呼ぶラスト
は本当に胸が痛くなるし、人間はなんと愚かなことをするのかと憤りを感じましたね。
ドイツ軍は子どもたちを最初は殺そうとしないつもりで、子どもたちに靴磨きをさせようとしたところ誰一人靴磨きをせず、立ち上がって靴磨きの道具を投げ捨てるシーンは、子どもではなく大人として気丈にユーゴ人の尊厳を守るためにを態度で示しているのではないかと特にこの場面は感動しました。生よりユーゴ人としての誇り、ドイツ軍の靴を磨くくらいなら殺されたほうがいい、死を目の前にして自分にそういう選択ができるかというとどうしても怖気ついてしまいすぐに
選択はできません。ほんと子ども達が立派に思えて仕方ないです。
また大人たちが武器工場に駆りだされた為、子どもたちは荷物持ちをしたり、花を売ったり、ドイツ軍から石炭を盗んだり、靴磨きをしたりとけなげに自分たちで生きようとする姿にもまた感動しました。
そんな子ども達の未来はさきほど書いたとおり、銃殺されて無残にも奪われてしまいました・・・とにかく戦争が憎くてしょうがない、やりきれない気持になりますね。
[PR]
by esthetisme | 2007-11-05 20:32 | 映画
心の旅路 1942年 アメリカ
d0059205_117509.jpg

記憶喪失をテーマにした恋愛映画で、同年代の恋愛映画の大傑作である「哀愁」の監督と、「哀愁」に負けず劣らずの美男美女によって製作されましたが、ラストが異なります。
ちなみにこのパンフレットは1947年当時のパンフレットの復刻版です。1947年という時代が時代だけに旧漢字で書かれていますが、岩波文庫等で慣れているので読むのには苦労しません。パンフレットの中身について触れたいですが無断転載お断りと書いているので見送ります。

ここから先は映画の内容をごく簡単に
[PR]
by esthetisme | 2007-10-17 11:09 | 映画
エディット ピアフ 愛の讃歌
d0059205_20224818.jpg


九段会館の試写会にて見てきました。映画は古典作品ばかり見ているので現代の映画を見に行くことはまずありません。ピアフの生涯を扱った映画だから見に行きました。

思ったことを箇条書きで勝手気ままに書きます。

・場所、時間が行ったり来たりでどこの場面を見ているのかわからなくなることもあったし、あまりにも多いので見ていて嫌になってきました。もっとすっきりとした構成にして欲しかったですね。

・ピアフの壮絶な波乱万丈に満ちた人生をこうして2時間あまりの映画として見せるのはやはり無理がありましたが、それでも数々のエピソードを混ぜながらそこそこの出来の映画に仕上がっていると思います。

・マリオン・コティヤールは、20代から40代のピアフを演じましたが、40代の頃のピアフにはびっくり。だってまるで70歳か80歳ぐらい?と思うぐらいのよぼよぼの感じで、もういつ死んでもおかしないぐらい。あれ?ピアフってそこまで長生きしていないはずなのにとつい思ってしまいました。


・映画を見ていて印象的なシーンは。命を削ってでも歌っているところですね。倒れても私は歌んだと薬を打ってでもまた観客の前に立つ姿を見ていると生きるために歌うのではなくて、歌うために生きているのをとても感じました。
歌っている時に死ねたらピアフにとっては本望なんでしょうか。僕だったら自分がほんとに好きなことをしている最中に死ねたら幸せ=本望だと思いますけどね。
僕の好きなことは何か、僕のブログを見ている人ならわかるでしょう。

・最後にほんとこれこそ勝手気ままな意見ですけど、なぜかカラーの綺麗な映像だと違和感を覚えるのです。彼女が生きた時代のせいもあるかもしれませんが、今の時代に白黒で作って欲しかったかなぁと。
そうすると懐かしさが一杯になって、偉大な歌手を偲ぶのにちょうどいいのではないかと。
それか過去の辛い時を白黒に。スターダムにのし上がる過程をカラーで対比させるとか。それだったら時間を行ったり来たりでもわかりやすかったかなぁと。幼い日の記憶って鮮明に残るものなんでしょうか。
生きれば生きるほど色褪せて、それこそセピア色になると思んですけど。


最後にYoutubeでいろいろな曲が聴けますけど、当たり前ですがもちろん映画よりずっといい。カラーの映画に違和感を覚えたのはYoutubeで白黒の映像を幾度なく見たせいがあるかもしれません。
でも一番の原因は白黒映画が好きだからということです。
[PR]
by esthetisme | 2007-09-20 20:29 | 映画
鉄道員 1956年 イタリア
d0059205_13454387.jpg


この映画の前の同じくイタリア映画の自転車泥棒と同じく子役の演技が特に見物で、子供の視点から一昔前と思えるイタリアの家族愛を描いた名作。
[PR]
by esthetisme | 2007-09-07 20:40 | 映画
田舎の日曜日 
d0059205_19311084.jpg


写真は映画のパンフレットです。

「田舎の日曜日」

監督 ベルトラン・タヴェルニエ
音楽 ガブリエル・フォーレ他

1984年 フランス 1時間35分

あらすじ

1912年、パリ郊外の秋の日のある日曜日、老画家ラドミラル氏の邸宅に息子夫妻が訪れ、続いて画家の娘イレーヌが訪れた1日を綴った映画。
動く印象派の絵画展とも言えるような詩的な風景の数々は、ルノワールを初め印象派の画家ならこぞってイゼールを立てて書くだろうし、時折流れてくるフォーレの格調高い音楽は、田舎で過ぎ行く時間に優雅さな雰囲気をもたらしていていいし、なにげない言葉に今まで歩んできた人生が滲みていて僕のお気に入りのフランス映画のひとつです。
[PR]
by esthetisme | 2006-03-19 19:43 | 映画
米国の映画教育団体が選ぶアメリカ映画の名ゼリフベスト100
映画教会は毎年、映画業界の会員1500人余りを対象に、印象に残る場面や登場人物などをテーマに投票を行っているのですがその結果がでました。どんなセリフが選出されたかというと

1位

Frankly, my dear, I don't give a damn
知らないね、勝手にするがいい

「風と共に去りぬ」でレット・バトラーのセリフ

2位

I'm going to make him an offer he can't refuse
ヤツが断れない申し出をするつもりだ

「ゴットファザー」でマーロン・ブランドが演じたマフィアの首領のセリフ

3位

You don't understand! I coulda had class. I coulda been contender.
I could've been somebody instead of a bum, which is what I am.
お前はわかっちゃいない!オレはもっと上品な男になれたかもしれない。挑戦者になれたかもしれない。今みたいなクズにならずにすんだかもしれないんだ

「並波止場」でマーロン・ブランドが演じた不良青年のセリフ

以上セリフと訳はエキサイトの下記の記事から引用しました。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081119473337.html

アメリカ映画教会のランキングのページは以下のページとなります。

http://www.afi.com/tvevents/100years/quotes.aspx#list

まずは1位から3位まで見ていくと2位と3位の映画は見たことがないのでわかりません。1位の「風と共に去りぬ」は見ましたけどそのセリフってどこで言ったのか思い出せません。この映画なら「明日は明日の風が吹く」というセリフなら覚えていますが。それからヴィヴィアン・リーはこの映画よりも彼女の美しさを存分に堪能できる「哀愁」のほうが好きです。特に彼女の視線にいちころになってしまいます。こういう映画を見ているとつくづく古典っていいなぁと思いますね。悲恋映画の傑作なので涙がとまりません。
そして5位を見るとこれは誰でも知っているでしょうと思う「カサブランカ」の君の瞳に乾杯でした。カサブランカは100位の中で6つもセリフがランクインしているので名ゼリフの宝庫ということでしょうか。
あとランクインして嬉しかったのは「ある愛の詩」の”愛とはけっして後悔しないこと”いうセリフ。そのセリフとともにすぐ思い浮かぶのがフランシス・レイの哀調をおびたメロディのテーマ曲でこの曲は名曲ですよね。その曲が流れると涙腺をすぐに刺激されて瞳が潤み始めます。この曲のおかげで愛の悲しさが残酷なまでに浮びあがるから、2人の演技が淡々としているように見えても、2人でいくつもの困難を乗り越えて幸せになったのに病気が二人の愛を引き裂いてしまうというよくあるようななストーリーもたいして問題がないように思えてくるんです。
あと二人の愛の美しさを象徴するかのような真っ白い雪のシーンなどの美しい情景の数々もまた忘れられないですね。

ふと思ったのですがどうせランキングを作成するのならアメリカ映画に限定せずに映画全般を対象にしてして欲しかったなぁと思いました。
時間があるんだったら自分でベスト10ぐらいは作りたいですけど、たくさんやりたいことがあって時間を作っても作っても足りません。
僕に「るしぇるしぇさんのやりたいことをやろうとしたら人生2つ、3つあっても無理だよね」と言っていた人がいましたがまさにその通り。
なんで思うように進まないかというと未だに思っていることをすらすらと文章に書けないのが一番の理由でしょうね。食べ物関係はまだ書きやすいけど芸術関係がかなり書くのに時間がかかります。ま書いている理由は少しでも自分の感じていること、思っていることを正確にことばに表すためですのでこれからも書いていくだけですね。
[PR]
by esthetisme | 2005-07-01 18:33 | 映画