総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:郷土料理、和食( 115 )
11月17日と18日の美味しかったものなど
d0059205_945840.jpg



第三土曜日の17日はいつものように東京へ精進料理。干菓子でもありますがこちらは昼に頂いた精進料理の吹き寄せ。秋風がお寺の庭を吹き抜けて紅葉、銀杏、松の木などが散らされた風情を盛り付けていて綺麗です。

d0059205_952788.jpg


夜は家族揃って普茶料理で前にも味わっていて美味しさはわかっているので久々の再会に話が弾みました。

こちらは笋羹。懐石料理なら八寸にあたる料理で季節の風情が豊かに盛り込まれています。どれも手間暇かかっていて食べるのかもったないほどの出来栄えです。この他にも趣向を凝らした料理の数々でほんと満足でした。

この後、日本酒をいろいろと頂いて御馳走様でした。

d0059205_96065.jpg


次の日の18日もせっかくなので家族で行動。高尾山へ登りました。この前に近くの蕎麦屋さんで日本酒と2合と果実酒を呑みましたがお酒が抜けるにはちょうどいいくらい。これぐらい毎週土日に体を動かしたら健康によさそうです。

d0059205_962111.jpg


この日の晩御飯のひとつである野菜の炊き合わせ。海老芋はやはり大好きだな。秋冬は必ず食べたい食材のひとつです。その他に白子のポン酢、跳ね回海老、鮑、雲丹などの刺身盛り合わせ、ぶりしゃぶなど魚も堪能しました。昨日に続いて美味しい料理を皆で食べれてよかった。

d0059205_964494.jpg


望外の喜び。なんでこの大好きなお酒があるんでしょう。赤ワインのフルボディのようにどっしりと濃厚な味わい。お燗にすると味わいが膨らんで最高。山廃の熟成がこの蔵の日本酒の命。本当に嬉しくて他にも日本酒はありましたけどこのお酒ほど呑みたい日本酒がなくてたっぷり呑みました。この蔵のお酒は家に山廃純米ですが15BY、16BY、17BYとあり飲み比べるのが楽しくて この山廃吟醸も加えてもっと楽しみたいのですがなかなか見つからなくて目にした瞬間ほんと嬉しかった。
[PR]
by esthetisme | 2012-11-17 23:02 | 郷土料理、和食
7月6日の晩御飯 
この日は翌日が早朝から仕事で大阪に泊まりでしたので、大阪の日本酒が楽しめるお店に行こうということでこのお店へ。

d0059205_21542376.jpg


これはいろいろと呑んで食べてもう終盤のころ。デザートワインのような日本酒でしたのでじゃフォワグラでもあわせてみようかと思ったのですがフォワグラとあわせている食材にびっくり。美味しいければいいですけどでも結果は・・・

他にもいろいろと思うことはあるので自分の嗜好とあうお店を探したいですね。
[PR]
by esthetisme | 2012-07-06 21:56 | 郷土料理、和食
6月30日のおやつ~晩御飯 鮎刺し、鮎の塩焼きなど夜も鮎尽くし
d0059205_214463.jpg


昼に岐阜で鮎尽くしを食べてそのあとは夜ご飯までこのカフェでおやつ食べながらまったり。ピアノの生演奏が何回かあり幸せな午後のひと時となりました。

そして夜も鮎尽くしなのですが、昼のお店に鮎刺しがないので夜は鮎刺しが食べれるお店を探しこちらのお店に。

d0059205_21443952.jpg


料理は昼と違い1品、1品食べ終わってから頼みましたのでようやくゆっくり食べれました。この鮎刺しの前には背ごしも頼みましたが鮎の骨が柔らかいうちが一番美味しいそうでこの時はまだ間に合いました。
それにしても刺身だとよく言われるようなスイカの熟れた香りを楽しめて、鮎は香魚と呼ばれるのが納得できますし、楽しむことができたのは前にも岐阜が来た時が初めてだったなと懐かしく思い出しました。

d0059205_2145586.jpg


それから王道の塩焼き。美味しいんですけど昼の炭火焼と比べるとどうしてもというところはあるのは仕方ないかなと。

そのほかに鮎の赤煮、鍋焼きの鮎のご飯、お土産に買って帰った絶品の鮎味噌などを日本酒をあれこれで楽しめました。

また岐阜には鮎を食べにいけたらなと思います。
[PR]
by esthetisme | 2012-06-30 21:46 | 郷土料理、和食
6月30日の昼ごはん 泡と鮎
この日は何年ぶりかに岐阜に鮎を食べに行きました。昼も夜も鮎尽くしで夏の味覚を楽しもうと思って。京都からだと岐阜は近くていいですね。

d0059205_8292032.jpg


昼ごはんはこのお店。夜も鮎尽くしで日本酒になるので昼は泡にすることに。さぁ、休日の昼ごはんを楽しむぞと気分は高揚したのに残念なことがすぐこの後に。お店選びはほんと難しいですが予約の時に釘を刺すしかないのかなと思います。この後は気分を切り替えておやつ。
[PR]
by esthetisme | 2012-06-30 08:21 | 郷土料理、和食
6月23日のおやつ、沙羅双樹(夏椿)、昼ごはん、鴨川の夕暮れ時の川床
この日は毎年恒例の沙羅双樹(夏椿)を見に行きました。

d0059205_7261429.jpg


まずはお茶と沙羅双樹(夏椿)に見立てた主菓子のおもてなし。

d0059205_72645100.jpg


そして沙羅双樹(夏椿)。行く時間が悪くて花は散ってしかもだいぶ片付けられた後。やはり朝早くから行かないと駄目ですね。

d0059205_7272070.jpg


京都駅に戻ってそこで昼ごはん。鱧そうめん。

d0059205_7274385.jpg


そしてまたおやつ。抹茶パフェ。

d0059205_7293266.jpg


水無月のお菓子の時期なので水無月も。6月30日の夏越祓の時に食べるので有名な和菓子。夏越祓とは1年の折り返しにあたる6月30日にそれまでの罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈る神事。

d0059205_733247.jpg


いっぱい今日も食べたなと鴨川をのんびり歩いてこの夕暮れ時の川床を撮りました。このスタバの川床は一番安く利用できる川床でしょうね。
[PR]
by esthetisme | 2012-06-23 07:34 | 郷土料理、和食
6月17日の晩御飯 刺身盛り合わせ、トルティーヤなどを美酒と共に
この日は昼に鎌倉の割烹で和食で日本酒でしたが夜もまた日本酒です。このお店は何度も行っていて、たくさんある日本酒を3種類選べて自由に飲めるのがほんとありがたい。

d0059205_164997.jpg


やはり日本酒には刺身です。日本酒ほど魚介類にあうお酒はないでね。フランスで生牡蠣を食べる時、日本酒と共に食べたいんですけどとよく思います。

d0059205_1105167.jpg


例えば日本酒を3種類はこちら。

d0059205_111289.jpg


日本酒の肴にトルティーヤは面白いなとつい頼んでしまいました。
[PR]
by esthetisme | 2012-06-17 00:56 | 郷土料理、和食
6月17日の鎌倉でのおやつ、昼ごはん、蓄音機のあるカフェ
東京2日目は紫陽花の季節でしたので鎌倉へ紫陽花を見に行って全て去年と同じところへ。

d0059205_0485349.jpg


東慶寺の喫茶どころのおやつ。奥にあるのは菖蒲

d0059205_0493214.jpg


昼ごはんは鎌倉駅の割烹。去年と料理がだいたい同じだけど美味しいので問題なし。でもやはり違う季節に来てみたいな。

d0059205_05059.jpg


昼ごはんのあとは蓄音機があるカフェでまたおやつを食べながらまったり、ほんとまったり。このように蓄音機で聞かせてもらえるとほんと嬉しくて。
[PR]
by esthetisme | 2012-06-17 00:32 | 郷土料理、和食
6月2日の昼ごはん~おやつ、お茶
この日は野菜がたっぷり食べたい気分でしたのでこのカフェに行ってみることに。

d0059205_19174479.jpg


このランチセットに

d0059205_19181019.jpg


名物?の蒸し野菜。お酒はお店の名前がついた純米焼酎にしてみました。

d0059205_19104362.jpg


その後は最近お茶はパフェばかりですが先斗町の茶房で抹茶パフェ。いちごだけでなくりんごやバナナなどフルーツがいろいろ。それに抹茶のゼリーは色のとおり濃厚な味わいで美味しいです。

d0059205_19134957.jpg


せっかく茶房なのでお茶を楽しみたい。数あるお茶の中から玉露を。ふくよかな香りと旨みが口一杯に広がり、余韻がとても長い。また飲みたくなる美味しさ。

d0059205_19141864.jpg


お茶には茶請け菓子のいくつか選べますが抹茶大福にしてみました。玉露は何もなしでお茶の味を楽しんで欲しいらしく、抹茶大福にはこのほうじ茶と一緒に。
[PR]
by esthetisme | 2012-06-02 19:02 | 郷土料理、和食
5月27日の晩御飯
この日は神戸で職場の同僚で楽しく美味しい昼ごはんとおやつ、そして布引ハーブ園で港町神戸並みと数々の花たちに癒されて京都に帰って晩御飯です。

どれも美味しい料理でしたが特に季節感がある料理を2品ほどアップします。

d0059205_18595218.jpg


新玉ねぎの蒸し物。

d0059205_190354.jpg


鱧、グリーンアスパラなどの天ぷら
[PR]
by esthetisme | 2012-05-27 19:01 | 郷土料理、和食
5月26日の昼ごはん~おやつ
この日の昼御飯から前から行ってみたかった二寧坂の洋食屋さんへ。

d0059205_18521739.jpg


美味しいデミグラスソースを期待してビーフシチューを。赤ワインとウィスキーのロックで。

d0059205_18533477.jpg


京都らしく〆はお茶漬けですが、御飯をビーフシチューの中に入れてデミ飯にするもこれまた美味しくて。

d0059205_1854165.jpg


おやつはこの抹茶パフェ。
[PR]
by esthetisme | 2012-05-26 18:40 | 郷土料理、和食