総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:09 ジビエとウォーターハウス( 10 )
カナダでジビエ食べ歩きとウォーターハウスの展覧会
d0059205_2041254.jpg


今回カナダに行くきっかけになったのがウォーターハウスの回顧展がモントリオールでも開催されるからです。彼の絵画の中でもとりわけお気に入りの一枚。ニンフたちの妖艶な美しさがたまりません。また実物をみるとわかるのですが、透き通る水の質感が素晴らしい。この美しさは何もかもを無力化させてしまうほどの魅力があります。

2009年11月20日~25日 カナダ ケベック、モントリオール旅行

この旅行の目的は2つ。

①カナダでジビエを各種食べること
②ウォーター・ハウスの展覧会を見ること。


1日目 モントリオール到着

    夜 Restaurant Europea


2日目 モントリオール~ケベック
     

    昼 
    夜 Le Patriarche

3日目 ケベック 観光

    昼 Au Petit Coin Breton
    夜 Le Patriarche


4日目 ケベック~モントリオール 

    昼 Schwartz's
    夜 Les Infidèles

5日目 モントリオール

    昼 
    夜 Maestro S.V.P

6日目 モントリオール
     早朝に帰国。


11月の旅行はこれでほぼ決定!!モントリオールとケベックでジビエを毎日昼も夜も食べまくることにしました。
モントリオールでジビエが食べれるお店を探してみたらほんとたくさん見つかりましたのでかたっぱしから行ってみようと思います。
当初はアメリカにも行く予定でしたが、アメリカでジビエを食べるぐらいだったらフランスで野兎を中心にジビエを食べたいなぁと思いましたので、アメリカに行く分の旅費をフランスにあてたいですね。ということで別の旅行をカナダの次にアップします。
[PR]
by esthetisme | 2009-11-30 12:08 | 09 ジビエとウォーターハウス
カナダ 5日目 モントリオールの夜景
いよいよ今日がカナダ旅行の最終日となりました。モントリオールは朝7時ですが、天気は雨が降りそうな曇り空。なんとか天気がもって欲しいところです。
せっかくWIFIが順調に使えているので、ホテルから近場のところで撮った中からモントリオールの夜景をアップします。
今日は市街が見渡せるバーに行って写真を撮ろうかなぁと考えています。

d0059205_2121433.jpg


シャン・ド・マルス

d0059205_2122984.jpg


市庁舎。残念ながら工事中のため、入口のところだけ。

d0059205_21225058.jpg


プラス・ジャック・カルティエ。ここをまっすぐ行くと旧港へ、そしてその途中には石畳の古い通りのサン・ポール通りがあります。

d0059205_21305462.jpg


サン・ポール通り

d0059205_21232384.jpg


ボンスクール・マーケット

d0059205_21331783.jpg


旧港がある通り

d0059205_2126589.jpg


泊まっているホテルの近くのイルミネーション。

さて今日は市場でもまずは行ってきましょうか。
[PR]
by esthetisme | 2009-11-24 21:24 | 09 ジビエとウォーターハウス
カナダ 5日目 モントリオール ノートルダム教会
d0059205_14344471.jpg


今日はモントリオールの大聖堂をじっくりと観光。歴史の重みをずっしりと感じるような荘厳な雰囲気に終始圧倒されっぱなし。モントリオールの街の歴史を描いたステンドグラスも美しくて感動的。
この後は夕食にあわせるワインに奔走。SAQというお店がワインを扱っているのですが、これからモントリオールで買う予定の旅行者のかたはプラス・デザール駅の近くのSAQが今日何店か行ったSAQの中では揃っているほうでお勧めですよ。そこでようやく買いたいワインが見つかりました。
でも揃っているといっても日本のワイン専門店と比べるとまだまだ品揃えは劣りますね。SAQのHPで探してみるとよくわかるはずです。
さて明日でいよいよカナダ旅行最後の日です。ジビエと並んで今回の旅の目的であったウォーター・ハウスの絵画を鑑賞するのがほんと待ちきれません。

d0059205_1435818.jpg


d0059205_14353740.jpg


d0059205_1436440.jpg


d0059205_14363116.jpg

[PR]
by esthetisme | 2009-11-24 14:38 | 09 ジビエとウォーターハウス
カナダ4日目 モントリオールに戻ってきました。
ただいまモントリオールで0時30分頃です。モントリオールは24時間開いているベーグル店やケベック名物のプティンを食べれるお店があるのでこれから行こうかなぁと思っています。
モントリオールから戻るバスで3時間半あまり睡眠をとったので眠くないし、滞在時間が短いので最大限に時間を使いたいですからね。
日本から来る前の天気予報ではモントリオールに着いた日は90%の確率で雨だったのにまったく雨が降っていなくて助かりました。
また滞在中も雨の日があったのに今天気予報を見たら出発する日だけがこれから雨で、その日の朝の6時にはトロント行きの便に乗っているだけにこの予報が当たって欲しいものです。

さて観光名所の写真が続いていたので料理の写真を載せます。どうしてカナダにはミシュランがないのかまだまだほんの数店しか行っていませんが、わかってきたような気がします。
僕にはケベックもモントリオールもフランスのカオール、カルカッソンヌの地方都市レベルの料理、せいぜいよくて1つ星取れるかどうか厳しいかなと思えました。
ケベックではこれまでのフランス料理の食べ歩きでブルゴーニュでの生臭い魚をそのまま赤ワインで煮た料理と同じくらい口にあわないのではなくて本当にまずい料理に閉口してしまいました。

d0059205_1516971.jpg


こちらはケベックで食べたジビエのコンソメ。燻製をかけた山鶉とケベック名産のひとつのフォワグラのカルパッチョの上からコンソメをかけます。
この後フォワグラを3種類の調理方法とフォワグラにはお約束のソーテルヌと共に食べてフォワグラ三昧。このお店はどの料理も1つの素材を3種類の調理方法で作り、それで味覚の調和を目指しているようです。

d0059205_1518429.jpg


こちらは3種類のジビエの盛り合わせ。ジビエはバイソン、鹿、山鶉。うーん、どこでもバイソンと鹿ばかりでそろそろ飽きてきました。バイソンは思いのほか香りや癖といった特徴がなく、ちょっと固めの牛肉みたいな
雉や野鴨とか別のジビエが食べたい。山鶉が食べたいだけにこのお皿を注文。駄目もとで山うずらだけでできませんかと聞いたら、ジビエ3種類で意味があるから無理ですと言われてしまいました。山うずらの下には野菜のタジンです。
さて今日は雉を食べる予定です。こちらのお店のメニューってどこもなかなか更新がありません。ジビエの初めの頃から変わっていないですね。何回か日にちを置いてみましたがまた同じメニューだと思うことがしばしば。それだけに雉もちゃんとあるでしょうね。
それと今日のお店はケベックのお店のユニークな慣習であるワインを持ちこんでねというお店なので雉にあわせるワインをどのワインにしましょうかね。やっぱりブルゴーニュでしょうか。

では真夜中にベーグルでも買ってきますか。
[PR]
by esthetisme | 2009-11-23 15:37 | 09 ジビエとウォーターハウス
カナダ3日目 ただいまケベックです。
ケベック2日目です。

昨日、今日の明け方撮った写真から何枚かを。

d0059205_23112914.jpg


車に轢かれないように気をつけて撮るのがちょっと大変でした。この交差点あたりはすっかりと外壁の外なので中世の町並みから抜け出した気分になります。

d0059205_23115675.jpg


お決まりの構図の一枚。明け方だけに誰もいなくて1人占め。北米で1番古い繁華街です。繁華街と言っても
ものの5分くらいで端から端から歩けてしまうぐらい小さいです。

d0059205_23142555.jpg


中を覗いて見るとなかなか美味しそうなショコラが。昼に行ってみましょうかね。


d0059205_23144975.jpg


このとおりはどこも軒先に看板をかがけていてプチ・フランス気分。

d0059205_23153036.jpg


ケベックのファッション店のマネキンその1。

d0059205_23155262.jpg


マネキンその2。どちらも今の時期、寒そうですね。ケベックはモントリオールよりも
寒いです。でも寒い分、明け方に歩いていても目がしゃっきっとするのでちょうどいいですけど。

ではこれからケベックの市場でも行ってきます。そして今日の夜のバスでモントリオールに
戻ります。
[PR]
by esthetisme | 2009-11-22 23:16 | 09 ジビエとウォーターハウス
ただいまケベックです。
ただいまカナダを旅行中です。昨日の夜8時過ぎにモントリオールに着いて、今日の朝7時にモントリオールを出発しケベックで行きたいレストランの営業時間にあわせるためにケベックに来ています。

とりあえず昨日の写真を適当に

d0059205_0302012.jpg


昨日、初ジビエを食べたモントリオールで評価の高いお店の1つで今年の初ジビエ&カナダの食べ歩き初めを祝して。ジビエはバイソンのタルタルと鹿のカルパッチョ、鹿のグリエでした。
お店の照明が暗くて、明るいレンズでもどこにピントがあっているかわからなくて撮るのが大変でした。

d0059205_0304297.jpg


夜遅くレストランについたのでこの写真を撮っている頃は午前1時頃。酔い覚ましにモントリオールの街を散歩していました。その後ホテルに着いたのは午前3時ぐらい。

d0059205_031737.jpg


ほかにもありますが、ケベック市内の観光に行ってきます。
[PR]
by esthetisme | 2009-11-22 00:41 | 09 ジビエとウォーターハウス
オックスフォードあたりでジビエが食べれるお店 the plough
d0059205_10403914.jpg


ホテルのトップページより転載

とりあえずこのホテル以外にも2店見つけました。まだあるかもしれませんが、イギリスなのでもうこのお店で十分かなと思います。

ジビエは何があるかなとメニューを見ると円高のせいかほんと安くてびっくりする値段です。願わくはポンドがこのまま旅行の時まで130円台で位で推移してくれると嬉しいですね。

☆前菜

Game Terrine with Pear Chutney and Toast  £5.25
 ゲーム(ジビエ)のテリーヌ 洋梨のチャツネとトースト

☆メイン

Roast Venison Haunch with Potato Gratin and Rhubarb Jus £13.95

鹿の臀部のロースト、ポテトグラタンとリュバーブのジュ

臀部ってマニアックな部位ですね。日本語でも初めて聞きましたよ。

Roast Partridge with Savoy Cabbage, Wild Mushrooms and Chestnuts £13.50

山鶉とチリメンキャベツのロースト、ワイルド・マッシュルームと栗

130円で計算するとメインでも2000円を切る激安の値段です。しかもワインは一番高い赤でも35ポンドとこれまた安くてこんなに安くご飯が食べれるなんてイギリスの田舎はいいところだなんて思ってしまいました。

ちなみにほかにもオックスフォードあたりでジビエが食べれるお店ですが

・ミシェラン2つ星のLe Manoir aux Quat' Saisons‎
・The Goose‎

があるようですが、
ミシェランのお店は飾りつけに一生懸命なお店のようでそういう料理ではなく、ガツンとジビエが食べれるお店がいいのでパス、
The Goose‎は具体的なジビエのメニューがわかりませんし、ジビエじゃなくてもいいのでなにか料理の写真があるといいのに思うのですがないので検討がつけれないためパス、
the ploughは料理のページの魚料理やムール貝の写真を見ると洗練された感じを受けるのでこれなら大丈夫そうと安心感がありましたためもう決まりですね。
昼は系列のシーフードが食べれるfishersあたりにしようかと思っています。

さて次はバーミンガムあたりでジビエを食べれるお店を見つけてイギリスでも一週間ジビエを食べれるようにしたいです。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-03 11:05 | 09 ジビエとウォーターハウス
ギルドホール・アート・ギャラリーの所蔵のラファエル前派の画家とその時代の画家の絵画
d0059205_19254168.jpg


ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ/ラ・ギルランダータ

ギルドホール・アート・ギャラリーのHPを見ましたが、コレクションの全てではなく抜粋という感じで、ヴィクトリア朝の絵画を紹介しています。
その抜粋のほか、日本で展示された絵画がありますのであわせて書いておきます。

ウィリアム・ホルマン・ハント
・聖アグネスの宵祭

ジョン・エヴァレット・ミレー
・花嫁の付き添い
・樵夫の娘
・最初のお説教
・二度目のお説教

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ

・ラ・ギルランダータ

フレデリック・レイトン

・音楽のおけいこ

ギルドホール・アート・ギャラリーのHP
[PR]
by esthetisme | 2009-03-01 19:50 | 09 ジビエとウォーターハウス
テート・ギャラリーの所蔵のラファエル前派の画家とその時代の画家の絵画
d0059205_19534570.jpg


エドワード・バーン・ジョーンズ
・シドニア・フォン・ボルク

完全ではないのですが、テート・ギャラリーにラファエル前派の画家とその時代の画家の絵画をあるざっと列挙してみます。
まだあるかもしれませんが、とりあえず代表的なところは抜けていないはずだと思います。
さすがこれだけ見ごたえのある作品がずらりとあると一日かけてゆっくりと鑑賞したいですね。
ちなみにこのブログでいくつか作品はアップしていますのでリンクを貼りました。やろうと思えば全作品の解説を載せることができないことはないのですが時間が足りません。


アーサー・ヒューズ
・4月の愛
・3枚続きの絵

ウィリアム・ホルマン・ハント
・クローディオとイザベラ
・目覚めた意識

ウォーター ハウス
・聖女ユーラリア
・魔法の円
・シャロットの女

エドワード・バーン・ジョーンズ
・シドニア・フォン・ボルク
・黄金の階
・コフェテュア王と乞食娘
・夕べの静けさ
・巡礼を導く愛

ジョン・エヴァレット・ミレイ
・遊歴の騎士
・両親の家にいるキリスト
・オーフィリア
・1746年の放免令
・ローリーの少年時代
・ハートが切り札
・北西航路
・ヴァン・ダイクの工房にいるチャルーズ一世とその息子
・少女の死を悼む画家
・ジェイムズ・ワイアット・ジュニア夫人と娘のサラ
・マリアナ
・安息の谷間「疲れし者の安らぎの場」
・どうかご慈悲を!1572年のサン・バルテルミの虐殺
・聖ステパノ
・しゃべってくれ
・国王衛士
・使途
・ビショフスハイム婦人
・エヴァリーン・テナント
・サー・ヘンリー・トンプソン
・「月、まさにのぼりぬ、されどいまだ夜ならず」




ジョージ・フレデッリック・ワッツ
・希望

ジョン・メリッシュ・ストラドウィック
・金の糸

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ
・エクシー・アンシラ・ドミニ
・リミニからのパオロとフランスチェカ
・ダンテの恋
・ピータ・ビートリックス
・幻にラケルとレアを視るダンテ
・聖家族の過越しの祝い
・青い小部屋
・七つの塔の調べ
・聖ジョージとサブラ姫の結婚
・聖ジョージとサブラ姫
・ファツィオの恋人
・モンナ・ポモーナ
・ガラハド卿、ボールス卿、パーシヴァル卿が聖杯を拝受したこと。
 しかしその途上パーシヴァル卿の妹がなくなったこと
・最愛の人
・モンナ・ヴァンナ
・プロセルピナ


ハーバード・ジェイムズ・ドレイパー
・イカロス哀悼

フレデリック・レイトン
・フィレンツェ市内を巡幸するチマブーエの<聖母子>
・プシュケーの水浴

ローレンス・アルマ=タデマ
・お気に入りの習慣
[PR]
by esthetisme | 2009-02-15 19:52 | 09 ジビエとウォーターハウス
イギリス各地でジビエ一週間食べ歩き&ラファエル前派鑑賞の旅 パート1
d0059205_19335933.jpg


ジョン・エヴァレット・ミレイ  盲目の少女 バーミンガム市立美術館

2009年度のジビエはイギリス各地で食べてみようと思います。フランスの時と同じようにロンドンでだけでなくイギリス各地で食べれるのがわかったので、それなら前から見たかったイギリス各地にあるラファエル前派の絵画を鑑賞する旅にしようとただいま計画中です。

ジビエはロンドンだと行きたいお店は以下のとおり。

☆Rules
☆Wiltons

この老舗の2店でほとんど一通りのジビエが食べれるぐらいどちらのお店もジビエの品揃えは最高で、昼も夜も同じお店に行きたいぐらい。
で山鴫はどちらのお店にもメニューにはあるのですが食べれるのでしょうかね。日本でしか食べたことがないので、一度は海外で食べたい。
ジビエのほかに食べたいのは舌平目とローストビーフですかね。

他に行きたいお店を挙げると

☆Simpson's-in-the-Strand
☆Boisdale of Belgravia
☆St John

とやっぱり老舗のお店ばかりになりますが、ジビエを優先させるのでこの3店のうち行っても1店でしょうか。またぶんスコットランド料理も食べてみたいのでBoisdale of Belgraviaかな。
イギリス料理をメインで堪能したいのでフレンチは特に行きたいと思わないですね。ロンドンに行くのだからイギリス料理の枠の中でジビエが食べたい。
パブはビールを普段飲まないこともあり行くとしても1、2度ぐらいですかね。
あとはイギリス近郊のThe Pot Kiln というお店もまぁお店の料理の写真を見るとそこそこ美味しそうなので行ってみたいです。

とロンドン滞在は3日予定。それからラフェアル前派の作品を求めて、オックスフォード、バーミンガムへと移動して、ジビエをそれらの街で食べれたらと思います。これがパート1。

パート2はリヴァプール、ポートサンライト、マンチェスター、エジンバラ、アバディーンです。これは来年以降の予定ですね。
[PR]
by esthetisme | 2009-02-15 19:28 | 09 ジビエとウォーターハウス