総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:展覧会( 4 )
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 チラシ、号外、作品リスト、図録
d0059205_6553126.jpg


本展チラシの表。本展の一番の話題はオーフィリアなので表紙で当然。


d0059205_6554511.jpg


本展チラシの裏。オーフィリア以外に単独展だけに今回はこんなにも見所のある絵画がたくさんあります。

d0059205_656666.jpg


会場の出口で配布されていた朝日新聞の記念号外。
記事はやっぱりオーフィリアで、会場内で映像が流れていたテートブリテンの学芸員の解説をもとに書いてあります。メモろうと思っていただけに手間が省けて何より。

d0059205_656457.jpg


作品リストの裏にオーフィリアについて3つの話題が。
2と3は知っていた内容ですが、1の花言葉は初めて知るものだけに興味深いですね。せっかくなので単独でこれから記事にします。

d0059205_755996.jpg


本展図録。
ミレイ単独の画集がないのでとても貴重な資料です。なぜ出版されないのか不思議なくらいです。
いつもながら巻末の参考図書一覧はラファエル前派の資料探しにとても役立ちます。ラファエル前派の展覧会の図録がかなり集められたのもそのおかげなんです。
[PR]
by esthetisme | 2008-09-25 07:09 | 展覧会
芸術都市 パリの100年展
芸術都市 パリの100年展

d0059205_2365739.jpg


本展の図録。展覧会に行く度に図録を買っているし、過去に開催された図録を集めるのも趣味のひとつのため、気づいたらすごい数となっています。
図録って画集と並んで本棚のスペースを食うので保管するのが大変です。

幕末に日仏修好通商条約が締結されて以来、日本とフランスが文化的に、経済的に親密な関係を保っていて、2008年は150周年にあたり、それを記念して本展覧会が開催されることになりました。
パリ市内から13の美術館、地方から3つの美術館の作品を集めた本展の構成ですが展示内容をざっと書くと以下のとおり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 パリ、古きものと新しきものー理想の都市づくり

ナポレオン三世から命じられたセーヌ県知事のオスマンがパリを中世のからの城塞都市から近代都市へと発展させます。

1850年~60年代

城塞の破壊と市の拡大などなど たくさんあるので省略

1875年 

オペラ座の完成によりメガ近代都市、パリの相貌が確定

1889年

フランス革命100周年にあたり、パリで万博が開催されたこの年にエッフェル塔の完成

1900年

この年もパリで万博が開催され、プティ・バレ、グラン・バレ、オルセー駅舎が完成。
ちなみに1900年までにパリで開催された万博は5回で、万博の開催によって数々の名建築が生まれました。

1914年

サクレ・クール聖堂の完成

世紀をまたいだパリの変貌はここで一段落します。


このセクションでは、このように新しくなっていくパリの景観に興味を頂いた画家たち、写真家が多く、

セーヌ川の橋を中心に、整備されつつある河岸のパノラマを描いたコローやレピーヌ

テュイルリー宮殿の跡地に造られた公園を描いたモネ

ポン・デ・ザールを描いたシニャック

モンマルトル界隈を描いたユトリロなどなどの絵画と

エッフェル塔の建築時やオルセー駅の写真などを展示

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2 パリ市民の生活の哀歌

ルノワール、モリース・ドニの肖像画などの絵画
アマチュア写真家による中央市場の写真など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3 パリジャン・パリジェンヌー男と女のドラマ 絵画と写真


・19世紀中頃の文豪であるヴィクトル・ユゴーの幻想的な風景画
・ルイ・ブーランジェの「ノートル=ダム・ド・パリ」の連作
・19世紀を代表する写真家でのナダールのボードレール、アレクサンドル・デュマ、
ジョルジョ・サンドなどの写真

ギュスターブ・モローの絵画5点

・レダ(1865年頃)
・レダ(年代不詳)
・妖精とグリフォン(未完成作品)
・夕べの声
・デリラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4 パリジャン・パリジェンヌー男と女のドラマ Ⅱ 彫刻

・ロダンやブールデル、マイヨールの彫刻

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5 パリから見た田園のあこがれ

・ドロクロワ、ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、モリース・ドニなどの絵画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再会を楽しみにしていたモローの絵画
[PR]
by esthetisme | 2008-07-13 23:10 | 展覧会
裸体芸術の極致  ティツィアーノ 「ウルビーノのヴィーナス」
d0059205_2217693.jpg


日本で初めてとなるヴィーナス展

古代神話に登場するヴィーナスは、愛と美の女神としてとりわけ有名です。神話の登場人物のひとりとして、また愛や美という哲学的な問題を象徴する存在として、西洋の芸術家は彼女を描き続けました。
本展では古代、ルネサンス、そしてバロック初期に至るまでの、ヴィーナスを主題とする作品を展示します。
ヴィーナスの神話が、いかに古代の芸術家のインスピレーションを刺激したのか、そして古代文化が再生したルネサンスにおいて、どのようにヴィーナスの画像が復活し、発展したのかを、約70点の絵画、彫刻、工芸品等によってたどります。

「ウルビーノのヴィーナス」は、ルネサンスのヴェネツィアを代表する画家ティツィアーノの名品です。その艶かしさによってこの作品は、以後の画家たちにとっても女性ヌードの手本となり続けました。
本展ではフィレンツェのウフィツィ美術館が誇るこの作品を、日本初公開いたします。
この他にも、フィレンツェをはじめとするイタリア各地の主要な美術館・博物館から、ヴィーナスを表した選りすぐりの作品が出品されます。

以上、本展のチラシより。

ティツィアーノの作品を鑑賞するのは2006年のプラド美術館展で見た「ヴィーナスとオルガン奏者」以来でしたが、その時以上に今回は「ウルビーノのヴィーナス」をとにかく時間をかけてじっくりと見てきました。
というのも以前、ウフィツイ美術館で見たときはボッテリチェリの「プリマヴェーラ」やフィリッポ・リッピの「聖母子と二天使」などやティツィアーノの作品でも「フローラ」のほうに目を奪われてしまい、そのときは「ウルビーノのヴィーナス」をよく覚えていなく、その前に見た同じヴィナースの作品で「聖愛と俗愛」がとても気に入っていってしまったことがありましたので。
保存状態、修復のおかげなのでしょうか、とても約500年ぐらい前の作品とは思えないほど色彩が鮮やかで、ヴィーナが生き生きとしています。人物が生き生きと、それも今に動きそうぐらいリアルに描かれているのはルネサンス絵画の特徴とわかっていてもやはり実物を見ると驚いてしまいます。
他のヴィーナスの作品と一緒に展示していたのですが、他のヴィーナスの作品との格の違いはあまりにもありすぎて、「ウルビーノのヴィーナス」以外の作品がどうしても霞んでしまい、「ウルビーノのヴィーナス」の次によかったのがアンニバレ・カラッチの「ヴィーナスとサテュロス、小サテュロス」ぐらいでしょうか。こちらに向けているヴィーナスの背中が官能的です。

d0059205_2265485.jpg


ジョルジョーネ 「眠れるヴィーナス

d0059205_2157392.jpg


ティツィアーノ 「ウルビーノのヴィーナス


「ウルビーノのヴィーナス」はウルビーノ公グイドバル・デラ・ローヴェレ二世の注文による作品です。1631年に彼がフェルディナンド・デ・メディチ2世と婚約した際にフィレンツェにもたらされました。
モデルはこのヴィーナスにグイドバルドもしくは父フランスチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレの愛人の面影を見る説、フランチェスコ・マリアの妻エレオノーラの肖像とする説、高級娼婦とする説などなどいくつかありますがどの説も決定的なものではないため。モデルが誰かは謎のままです。
タイトルは、ヴァザーリが「芸術家伝」の中で、「ウルビー公爵フランスチェスコ・マリア所有の横たわるヴィーナス」とこの作品に言及したことからつけられました。
イギリスの美術史家であるケネス・クラークは、ジョルジョーネの「眠れるヴィーナス」を「天上のヴィーナス」とし、「ウルビーノのヴィーナス」は、「地上のヴィーナス」とそれぞれ性格づけています。
事実、ティツィアーノは明らかにジョルジョーネの構想をヒントにしたにも関わらず、出来上がった作品には大きな違いがありました。
「眠れるヴィーナス」が腕を枕にした古代の眠る人物像を取るのに対して、「ウルビーノのヴィーナス」は右腕をクッションに乗せ、完全に目覚めて、鑑賞者の目を見つめています。その眼差しは誘惑的でもあるとも挑発的であるとさえ見ることもできるでしょう。
また「眠れるヴィーナス」の背景はまどろむ田園風景となっていますが、「ウルビーノのヴィーナス」ではヴェネツィアの貴族の邸の寝室に変えられています。
ヴィナースは、右手に薔薇の花(愛の象徴)を持ち、足元には小犬(忠節の象徴)、窓辺にはミルテ(結婚の象徴)の鉢植が置かれ、二人の侍女が世俗性を高めています。
何よりもこのヴィーナスの特徴づけているのは、その肉感的な肢体であり、ジョルジョーネのあまりにも完璧な美しさを誇るヴィーナスよりはるかに官能的でしかも温かな人間性さえ感じることができます。ティツィアーノの裸体芸術の極致と言うことができるでしょう。
なおティツィアーノはこの作品を描く15年から20年ほど前に「海から上がるヴィーナス」で、すでに古代的で密度の濃いヴィーナス像の表現に成功しています。
「ウルビーノのヴィーナス」がもたらした美術史の意義はきわめて大きくゴヤの「裸のマハ」、マネの「オランピア」に裸婦のポーズや官能性は引き継がれ、いずれの作品も近世から近代に至る裸体画の変遷にとってターニング・ポイントとなっています。

参考文献

「本展」図録
名画の見どころ 読みどころ 16世紀ルネサンス絵画②
朝日グラフ別冊 ティツィアーノ
[PR]
by esthetisme | 2008-05-18 22:26 | 展覧会
楽しみは創りだせるもの ターシャ・テューダー
d0059205_21543861.jpg


試験の前に気分転換にと、前から行こうと思っていたターシャ・テューダー展に行ってきました。
最終日と名が広く知られた方ですので大勢の人で賑わっていまして、やっぱり女性の方が多く、男性1人というのは僕以外いなかったような。
内容はまず食器や手書きのレシピなど日々の生活の暮らしぶり、続いて絵本作家としての紹介があり、原画が何十枚も紹介されていて、最後に30万坪もある庭のごくごく一部分ですが再現していて、あとは近況の映像といった感じ。展示品数は約150点ほど。
生活に必要なもののほとんどを創るといったライフスタイルを送っていますが、ほんと器用だなぁと改めて思いました。
ところで限定出版と書いてあるとおり会場限定販売の小冊子。ターシャの遊び心のほんの一部を紹介したもので、展覧会の内容ではないのが残念。

d0059205_21552566.jpg



チケットの一部。広大な庭の一部とコーギ犬

d0059205_21555144.jpg



お土産にと買ったポストカード。
[PR]
by esthetisme | 2008-03-31 20:52 | 展覧会