「ほっ」と。キャンペーン
総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ブルゴーニュの郷土料理など( 3 )
ディジョンの名物菓子 パン デピス  ノネット
福井では1人からでも蟹を食べさせてくれるところばかりなのに、名古屋ではふぐは1人だとダメと何回も断られましたが、ようやく「1人でもいいですよ。」と快く予約を受けてくれるお店がありほっとしました。しかもメニューにないふぐの白子酒を「作ってもらうことはできますか?」と聞いたらこれも快諾してくれてほんと対応のいいお店です。そのお店に出会うまで苦労をしましたが苦労した甲斐がありました。たいていふぐは2人からと言われるのはわかっていたので仕方ないと思いつつ2人分用意してくれますか?とお願いしても断れたんですよ。
まさか断れるなんて思いもしなかったので下記の記事を途中のまま、予約を受けてくれるお店探すのに時間を費やすはめになりました。今、記事をまとめているところでもう少し時間がかかります。
ところで早く越前蟹の甲羅酒を飲みつつ越前蟹を、ふぐのひれ酒、嘴酒、白子酒を飲みながらふぐ尽くしを堪能したいです。ほんとうはふぐの骨酒もお願いしたかったのですが、予約を受けてくれた時点で嬉しかったので、わがままをいい過ぎると悪いかなと思いやめました。
なかなかふぐのひれ酒、白子酒、骨酒の3つがメニューにあるお店ってないですよね。できたらその3つは基本のメニューとして専門店とうたうお店なら用意して欲しいものですけど。

去年の11月のブルゴーニュ旅行で買ってきたブルゴーニュ地方の郷土菓子の中から。
今回はディジョン名物のパン デピスとパン デピスの変形版であるノネットをアップします。
以下編集中です。

d0059205_1425109.jpg


d0059205_14271539.jpg


d0059205_14263542.jpg


d0059205_14351390.jpg

[PR]
by esthetisme | 2007-01-09 14:47 | ブルゴーニュの郷土料理など
2006年 ボジョレーヌーボー解禁!!
d0059205_8525028.jpg


d0059205_8533217.jpg



2006年のボジョレー解禁にあわせて開催される「レ セルマンテル」のパンフレットがボジョレー地方の中心都市ボージューの観光局から届きました。
「レ セルマンテル」は今年で18回目の開催となり、2006年11月15日の夕方から16日の朝方にかけていろいろな企画が用意されています。いろいろな企画で一番の関心事はやっぱりスペクタル ディナー。その内容が書かれているのですが、メニューをみてがっかり。ボジョレー地方の料理がないんですよね。ヴィアンドの鶏肉には典型的なソースは嬉しいんですが、ボジョレー地方に行くんだからボジョレーワインを使った料理が食べたいです。
例えばですがボジョレー風サラダ、ボジョレーワインを使った煮込み料理とか。デザートはトリオ グルマンディーズとあるようにどうやらなにか3つのデザートがつくようですがボジョレーワインを使ったデザートはでるんでしょうか?確実にボジョレー地方らしいものと言えるのはチーズだけですね。とことん名産のボジョレーワインを使ってもてなしして欲しかったです。
これだとボージューに近くあるボジョレーワインを使った料理を各種提供する「メゾン ド ボジョレー」で食べるほうがいいように思えてきました。うーん、スペクタル ディナーはキャンセルしようかな~ なにせ僕は食べたいメニューがあるかどうかで食べるお店を決めますから。
そうそう食べたいメニューに関連して言うと11月のブルゴーニュ旅行ではマルセイユにこの前食べ損ねたブーリッド、それと旬の雲丹、それからメゾン ド パスティスでそこの絶品の自家製パスティスを買うために行くのですが、ブーリッドを食べるお店を探していたら偶然にバンクーバーのお店が見つかりました。そうかバンクーバーでもフレンチ食べれるんだねとそのお店だけでなくバンクーバーのフレンチのお店のHPをいくつか見たらどこもメニューが魅力的、しかも手ごろな値段にますます行きたくなりました。公用語のひとつがフランス語だけにメニューがフランス語で嬉しいし、食べたことがないトナカイやカリブーは是非とも食べてみたい。
で航空券の値段は?と検索すると約4万円とほんと安い。この前欲しいと書いた超広角レンズの値段で航空券と食費がまかなえるのでレンズを少し諦めようかなぁなんて思ってしまいます。
うーん、レンズにするかバンクーバーにブルゴーニュ旅行とその次に考えているベニスとニースのカーニバル、マントンのレモン祭りを見に行く間に行くかまた悩ましい問題が。
両方とると日本の紅葉にあわせる旅行に行けなくなってしまうのでどれを優先させるかですが、日本の紅葉は何度も見ているのでバンクーバーに行こうかなぁ・・
あとフランス以外でフレンチというとタヒチにも行ってみたいと思っています。青が綺麗すぎる海も見たいですしね。タヒチにしろバンクーバーにしろ料理の水準が高そうなので期待できそうですし。あぁ、行きたいところがたくさんあって困ってしまいます・・・
[PR]
by esthetisme | 2006-10-02 12:18 | ブルゴーニュの郷土料理など
ブルゴーニュで食べたいもの
前菜など

・エスカルゴ、ブルゴーニュ風
・ジャンボン ペルシェ
・グ-ジェール
・ウフ アン ムーレット

魚料理

・ポシューズ
・グルヌイユのフリカッセなど蛙を使った料理
・鯉の白ワイン蒸しなどの鯉を使った料理
・かわかますのロティなどかわかますを使った料理

その他に川スズキや鰻もブルゴーニュの特産の魚ですが、川スズキと蛙はコート ドールでロワゾー氏のクラシック料理を頼むから食べれるでしょう。あとフランスの鰻は食べたことがないので1度くらいは食べてみたいですね。

肉料理

・ブフ ブルギニオン
・コック オ ヴァン
・ジュドリュ

あとはブルゴーニュの特産の牛肉と言えばフランス人が最高級とするシャロレ牛をステーキなどなにかで、
それとブルゴーニュのディジョン特産のマスタードを使った料理はディジョン風と呼ばれます。
例えば兎のディジョン風、牛の腎臓のディジョン風などをなにかディジョン風とつく料理を食べてみたいです。

パン お菓子 デザート

・ポワール ベル ディジョネーズ
・パン デビス
・レズィネ ブルギニヨン
・フラミュス
・アニス ド フラヴィニ
・ジンブレット
・ノネット
・ヌガティーニ ド ヌヴェール
・フロマージュブランのタルト

チーズ

・エポワス
・ラングル
・ブリア サヴァラン
・エズィー サンドレ
・デリス ドゥ ブルゴーニュ
など

お酒

・マール、フィーヌ ド ブルゴーニュ
・ラタフィア
・クレーム ド カシス

家にブルゴーニュのマールがデュジャックのと生まれ年の1979年の2本ありますが、フィーヌはないからこの機会に現地で1本ぐらい買ってもいいかな。
ワインは多すぎるので省略
[PR]
by esthetisme | 2006-07-14 03:56 | ブルゴーニュの郷土料理など