総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:グルメ( 15 )
8月7日の夜ご飯 ブルターニュ産のオマール海老とランド産のエトフェの鳩
d0059205_19453389.jpg


イタリアンの前にケーキ。ババとオレンジのムースを中心としたケーキを食べてさぁ、楽しみにしていたブルターニュ産のオマール海老とエトフェの鳩です。ブルターニュ産のオマール海老は夏が旬ですから旬が終わる前に食べたくて。でも晩御飯はスイカのズッパをさっぱりしたものからはじめました。スイカだけどトマトみたいな甘さが美味しかった。
ズッパの次はブーダン・ノワールです。誰でも食べれるようにといった感じの仕上がりでした。

d0059205_19455625.jpg


お待ちかねのブルターニュ産のオマール海老はルクルーゼのココットで蒸し焼きされて登場です。この海老だからこその独特のプリプリ感が絶品。で爪の部分は蟹のような味わいがして海老と蟹の味わいが1度で楽しめた気分に。でも一番美味しいのはやはりコライユですね。これでソースなりビスクを作ってくれたらもう最高ですけど。

d0059205_19461424.jpg


そしてランド産のエトフェの鳩。内蔵のソース、セルヴェルも盛り付けてとジビエ大好きな僕にあわせてくれたかのような仕上がりですね。エトフェすることによって血がうっ血して、体内に回ることで鉄分豊富となり野生の鳩に近い味わいになり好みの味。本当の好みの味はもちろん野生の鳩。

4皿料理を食べた後はもちろんチーズ。フレンチやイタリアンに行ってチーズを食べないなんて本当にもったない。いつものようにクルティンやタレッジョなど。

さぁいよいよ一年で一番楽しみにしていたジビエがまもなく始まります。やはり最初は雷鳥からでしょうね。しっかり熟成よろしくです。
[PR]
by esthetisme | 2011-08-07 19:46 | グルメ
加入している保険で利用できる中華料理屋さん
前から気になっていた保険加入者か保険加入者と同伴でないと利用できない飲食店がいくつかありまして、今回は中華料理屋さんを利用してきました。ちなみに今週は金曜日に和食のお店にも行く予定です。残念ながらフレンチはないんですよね。
さて夜でも1000円のコースから利用できてほんと安いのですが、飲み物もちらっと見る限りではほぼ定価じゃないかと思う値段にびっくり。でも今回は3000円のコースと1000円で飲み放題にしました。1000円の飲み放題でも紹興酒の安い5年物がボトルで頼めて、2人で紹興酒2本半と生ビールを飲んだので十分もとは取れたはず。
コースを食べ終わってまだまだ食べたかったのでメニューをもらって、単品でピータン、芝海老とカーシュナッツの炒め物、チャーハンを追加して、食べ終わる頃にはお店の閉まる時間でした。単品を頼んでみたらこちらも手ごろな値段でしたので、次回は一番安い1000円のコースを頼んで、たくさん単品を頼んでみたいかなぁと思います。せっかく保険料を払っているので少しでも恩恵を受けたいものです。

コースで出てきた料理をいくつか写真を載せておきます。

d0059205_15145425.jpg


北京ダック

d0059205_21555356.jpg


鮎の椒塩風味

d0059205_21561682.jpg


車海老ともち米のセイロ蒸し
[PR]
by esthetisme | 2009-08-06 21:56 | グルメ
これこそフランス料理の伝統的な1品 舌平目のボンヌ・ファム
昨日は伝統的なフランス料理を堪能にし、久々の訪問となるレストランへ。思えば第一回のピラミッド・フェア以来です。

食前酒としてハイボールを飲みながらカルトにするかメニューするか悩むことしばし。結局、ジビエも食べたいので16800円のコースにして、デザートをピアノのデザートに変更しました。

アミューズはオマール海老のムースとフォワグラのムースにバニュルスのジュレ。装飾が一切なしのシンプルなもの。しっかりとそれぞれの味わいがはっきりとしていて好み。

d0059205_1524725.jpg


前菜と飲んだのはギガルのコンドリュー。舌平目のボンヌファムにはルイ・ジャドのピュリニィ・モンラッシェ。山鶉にはロベール アルヌーのヴォーヌ・ロマネ。
グラスワインの品揃えがやっぱりよくて選ぶ楽しみがあります。特にピュリニィ・モンラッシェは抜群にあっていて美味しかったですね。

前菜はずわい蟹とトマトコンフィのミルフィーユ 蟹みそのクリームとキャヴィア添え

d0059205_1533189.jpg


続いて一番食べたかった伝統の一品、舌平目のボンヌファム。

エスコフィエの伝統を受け継いだ料理のようですが、僕の持っている彼の著書「料理の手引き」
には載っていないのはどうして?
それはさておき濃厚でどっしりとしたバターたっぷりのソースは素晴らしいの一言に尽きます。これこそフランス料理のあるべき姿でほんと涙が思わずでるほど嬉しい。最近の和食だかイタリアンなんだかわけのわからない、食べ終わっても何を食べたんだっけ?と思い出せない料理は早々となくなって欲しいし、フランス料理の伝統を見直して回帰して欲しいです。
でもさすがに当時そのままではなくて、少しバターを抑えているそうですがそれでも十分、伝統的なフランス料理を楽しめます。
ちなみに作っているのは僕と同じ20代です。彼にはこの味をずっといつまでも変わらずに、そして次の作り手にも受け継いでいって欲しい。
僕も彼に刺激を受けて、自分でも伝統的なフランス料理を作りたいと思いましたね。でも作る時は抑えず、次の彼の言葉にあるようにバターをふんだんに使うでしょうけど。
「もっとバターを、さらにもっとバターを、常にバターを!」大好きなフェルナン・ポワンの言葉です。


続いてオニオンスープ。

d0059205_1535990.jpg


メインの山鶉、そのジュ、内臓のペーストなどドゥミ・ソヴァージュの山鶉で、そこそこ野趣もあり、肉質も噛み応えがあり楽しめました。ソースはジュにつなぎでフォワグラを。シンプルで美味しいのはいいのですが、さすがにバターたっぷりのボンヌファムの後では軽く思えてしまいまね。。
これがメニューではなく、カルトで頼めばルーアン風ソースになるようでそれならボンヌファムの後でも流れがいいのかなと。

d0059205_1542995.jpg


デザートは変えてもらったピアノのデザートにはピエール・ヴォワゾンのコニャックを、
クレープシュゼットにはグラン・マルニエでフランベしているのでグラン・マルニエを飲もうとしたら、100周年ボトルと150周年ボトルがあるというので150周年ボトルを頼みました。
150周年は50年熟成のコニャックを使っているのでさすがに香りがエレガントでしばらく続く余韻にほんと幸せな気分になりますね。それをケーキに使いたいから買っちゃおうかなと。

d0059205_155272.jpg


ピアノのデザートとコニャック。作るのに3日もかかるようです。それに対してでも食べるのはほんの一瞬と儚いですね。チョコレートのデザートにはコニャックは最高の組み合わせで、ピアノのデザートがほんと美味しくてたまらない。

d0059205_1553117.jpg


続いてクレープ・シュゼットと150周年記念のグランマルニエ。オレンジの皮を向くパフォーマンスなどない簡素バージョンですが、この簡素バージョンでも最近見かけないのが悲しい限り。
ずっと動画で撮っていたのでフランベの瞬間など写真はないです。あとで動画をアップしようかなと思います。
ところで一番、写真をしくじったかなと。F2.8だとどこにピントがあっているつかむのが大変ですね。やっぱり室内はF1.4のレンズで撮れるように50mmのF1.4のレンズでも買おうかなと思います。

最後にこの記事から久々にコメントを受け付けるようにしました。承認制ですがよければ気軽にどうぞ。
[PR]
by esthetisme | 2009-01-25 15:05 | グルメ
前菜からデザートまで白トリュフ尽くし
待ちに待っていた前菜からデザートまで白トリュフ尽くしですが、メニューは以下のとおり。
お店のHPにはメニューの詳細が載っていなかったので、当日の楽しみと思って着いたテーブルにあったメニューを見たらもうこれは十分な内容と食べるのが楽しみになりました。

まずは食前酒に季節のシャンパンカクテルを頼むことに。洋ナシ、りんごなどいろいろと種類がありましたが洋梨にしました。飲みながら最初のじゃがいものクレープがくるのを待ちます。

運ばれてきたのはクレープというより薄いパンケーキみたいなものでしたけど、やはり少量ながらも白トリュフの香りは妖艶です。ほんとこの香りを嗅ぐと心から幸せになります。

続いてのサラダ、次の旬野菜も同じ方が作っている無農薬野菜で野菜の味が濃くて美味しい。
それらの料理にはピエモンテのシャルドネをグラスで。

白トリュフの香りをつけた~はこのコースの中で一番美味しかったというか白トリュフとの相性がやはり抜群でした。カチョの濃厚な味わいもよかったし。この料理にはシチリアのソーヴィニヨンをグラスで。

手打ちタリオーニからはトスカーナの赤をグラスで。グラスワインの種類が赤、白と共に2種類と少なすぎるのとハーフボトルもないのも残念です。

佐賀牛のヴァポーレは目の前で白トリュフを見せてからシャカシャカと削ってくれましたが、その場で香りたつ白トリュフがたまらない。これはピエモンテのバルベーラをグラスで。

・じゃがいものクレープ

・海老とマーシュのサラダ

d0059205_10592413.jpg


・旬の焼き野菜と白子のムニエル

アンチョビの焦がしバターをかけてあります

・白トリュフの香りをつけた温度卵と吉田牧場のカチョ カヴァッロ

・手打ちタリオーニ 仔鳩のラグーソース

・いろいろきのこのリゾット

白トリュフの香りをうつした米とえのき、しめじ、まいたけ

d0059205_110426.jpg


・佐賀牛のヴァポーレ 天然舞茸とマコモ茸を添えて

d0059205_110399.jpg


・白トリュフ卵のなめらかプリンとカボチャのジェラート、エスプーマ

d0059205_1115012.jpg


コースにはありませんがイタリアンでチーズを食べることがないので、おまかせで頼むことに・
そうしたらロックフォール、パルミジャーノ、タレッジョの3種類がきました。
グラスの赤が残っていましたが、イタリアのデザートワインも飲みたかったのでソアベ2003を頼み、それはあロックフォールとあわせました。デザートワインとロックフォールなどブルーチーズって相性がほんといいです。はちみつでもいいですけどね。

d0059205_15385655.jpg


食べ終わってトイレに行くと、途中にいろいろと食後酒があるのを見てどれを飲もうかと考え込むことしばし。
席についてから目の前でもってきてもらいましたがどれを飲もうかとほんと悩みます。

まず一杯目はヌフ・デ・パープのマール、こちらは味が穏やか。

d0059205_15391376.jpg


2杯目はこの写真にあるイタリアのマールで。こちらは味が濃い。飲んでいたらエスプレッソに入れても飲んでみてくださいと言わなくてもエスプレッソがくることが嬉しい。

食後酒を飲む習慣をこのお店から広めたいですというお店の人といろいろと話して楽しかったですね、やっぱりこの日も食後酒を飲んでいる人は見かけなかったので、広めていくのは難しいような気がしますけどね。
でも一度、マール、コニャック、アルマニャックの味を覚えるともう食事の最後に飲まないと終わった気がしないんですよね、ほんと食後酒が大好きです。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-06 16:32 | グルメ
ヨーロッパ8カ国にジビエを毎日食べに行きたい
d0059205_182574.jpg


d0059205_1825528.jpg


2007年度のジビエシーズン(2007/12~2008/2)で一番美味しかったのが、このシェ・ミッシェルの雉。
熊鍋を食べたら、2007年度のジビエ特集という記事でもアップしたいなぁと思います。
ところで2008年度(2008/10~2009/2)はこの雉より美味しいと感動できるジビエに出会えることを切に期待します。

ジビエを食べにいきたいヨーロッパ各国のレストラン
[PR]
by esthetisme | 2007-12-01 07:45 | グルメ