総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 16 )
長期熟成の生酒はほんと楽しいよ 3月21日の呑み
d0059205_1481298.jpg


前回からラインナップが変わり、twitterでお店の人の写真を見て14BYの日本酒がどれか楽しみに行ってみたらそれはこれでした。端麗辛口に反旗を翻すという言葉が蔵の入り口に掲げられているとおり濃醇旨口のがっつりフルボディ。まったりとしたコクがたまらなくて好みど真ん中の味。一口飲んですぐにお代わりしたくなった。

d0059205_1483753.jpg


それからどんどん生酒の熟成酒が続くということで次はこれは12BY。ラベルにあるとおり当時はしぼりたて。しぼりたてを10年以上熟成させていて面白いんですけど前後の日本酒がもっと美味しくて霞んでしまいました。一番最初がいいかもね。

d0059205_1491271.jpg


次は10BYの日本酒。この後ろラベルにあるとおりの味わい。14BYの日本酒のようにまったりしているけど切れ味がいい。
いつも貴重な日本酒を呑ませてもらってありがたや、ほんとありがたや。熟成生酒を燗で呑むのはほんと楽しいな。

d0059205_15295155.jpg


これは火入れなのでおまけで家に帰って来てから奈良の日本酒がまた呑みたくなり呑んだ日本酒。2002年だから14BYかな。菩提酛の日本酒だけにデザートワインがわりにちょうどいい感じ。もちろん燗にしてフロマージュ・フォールやウォッシュなのに固形状になったフロマージュとあわせて楽しみました。
[PR]
by esthetisme | 2013-03-23 10:12
年末年始は海外で過ごしていました まずは最初のプラハ 観光編
MIXIのつぶやきが多くてすっかり更新が滞っていました。

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
MIXIのつぶやきだと過去の内容を探すのが大変なことがあるので今年はこのブログをメインにしたいところであります。

d0059205_18173228.jpg


プラハ城から見下ろす赤茶けた建物で統一された街並み。

d0059205_18234499.jpg


プラハ城に入ってすぐの聖ヴィート教会。

d0059205_18292097.jpg


聖ヴィート教会の内部。他にもたくさん写真がありますがとりあえずこれだけ。

d0059205_18321289.jpg


プラハの国民劇場。くるみ割り人形を見てきました。演目が演目だけに子供連れの家族がたくさん。今回は時間の都合で見れなかったけど今度はオペラを見てみたい。

d0059205_18331751.jpg


ミュシャのスラブ叙事詩がプラハで展示されるというのでこれが今回一番プラハで見たかったのです。想像はしていたけど圧巻の大きさ。人を入れて撮ったのでよくわかると思います。

d0059205_18344236.jpg


ヨーロッパは新年開けるまでクリスマスでからクリスマスマーケットも見てきました。

d0059205_18355226.jpg


プラハ城とカレル橋。お約束の構図です。三脚立ててしっかりと撮っておきました。
[PR]
by esthetisme | 2013-01-07 18:38
4月21日の晩御飯  ホワイトアスパラ、ほろほろ鳥のフォワグラ詰めなど
4月は前半の土日が仕事で食べ歩きが思うようにできなく、ようやくこの21日が2週間ぶりの食べ歩きとなりました。

そういえばイタリアンでホワイトアスパラは食べていましたがフレンチでまだなので東京のフレンチのお店でどこか食べよう、それもオランデーズソースと基本に忠実なスタイルに限るということでそれをキーワードにお店探してこのお店に

d0059205_9291986.jpg


8年熟成のシャンパンとボルドー産のホワイトアスパラにオランデーゾソース。ホワイトアスパラの甘みとオランデーゾソースの酸味がちょうどよく混ざりあって美味しい。

d0059205_9294324.jpg


これまた定番のオニオングラタンスープ。

d0059205_9301436.jpg


ほろほろ鳥にフォワグラを詰めてマデラソースで。

d0059205_9325970.jpg


チーズはエポワス、サントモール、フルム・ダンベールとよく見かけるチーズ。

d0059205_9332488.jpg


デザートはムース・オ・ショコラ、チーズケーキ、ヌガーグラッセ。

d0059205_933566.jpg


最初のシャンパンのほかに飲んだワインはこちら。
[PR]
by esthetisme | 2012-04-21 11:26
6月25日の寝酒 テット・ド・モアンヌなど1985年のシングルモルトなど
京都のバーといえば最近続けて通っているのがこちら。なにせ地元なのでご飯が遅くなっても帰ってくれば後はゆっくりと深夜までのんびり寛げるので。

d0059205_22183520.jpg


まずはチーズ。この日はスイス産のチーズであるテット・ド・モアンヌ(テットは頭、モアンヌは修道士という意味)がありましたので赤ワインをもらって楽しむことに。写真奥にあるジロールという削り器でくるくる回すように薄く削りだすとカーネションのような形になって、これはパフォーマンスになるし見ていて楽しいです。
味は濃厚でもっさりとした食感が独特。旬はモンドールと同じく冬だそうですけどモンドールと違い今も食べれるのですね。

d0059205_22192030.jpg


それからシングルモルト。まずはこの1985年と長期熟成のモルトからスタート。この後もまたヴィンテージのグレン・エギンの22年ものとこれまた美味しすぎるモルトを堪能しました。
やはりヴィンテージのモルトは味に厚みがあってスムースな飲み心地で余韻が長くて、ほんとシガーを燻らせながら飲むのにはちょうどよくて気がつけば午前3時頃になっていました。今年1番のバーの最長記録です。それだけシングル・モルトとシガーが美味しかったということです。
[PR]
by esthetisme | 2011-06-25 22:20
5月3日の晩御飯 バッサーノのホワイトアスパラ、現地さながらのカルボナーラ、ヴェネットの兎
今年のGWは曇り空が多い毎日で3連休+6連休と間が空きますが、せっかくの休日が生かせませんでしたね。こうなったら食べ歩きを頑張ろうと思い、そういえばバッサーノのホワイトアスパラの季節だから関西で
食べれるお店を探したらすぐに今回訪問したお店が見つかりました。

お目当てのホワイトアスパラだけでなくヴェネットの兎などこれまた興味をそそる食材がいろいろとあり、しかもお店のブログを遡ったらジビエが得意でこれは今年の秋冬に毎月訪れたくなりました。

さっそく見つけた日に電話してお店へ行きました。近くの駅までは会社の定期で行けるので便利。

d0059205_10572759.jpg


ホワイトアスパラと兎ですので泡か白かで迷いましたがこの泡にすることに。もちろん1本気持ちよく飲みました。

これがバッサーノのホワイトアスパラって目の前で見せてくれましたが入荷している中でも一番いいところを用意してくれたそうでありがとうさんです。

泡を飲みながら小窓越しに覗いてみたら焼かれているホワイトアスパラがとても美味しそうで早く食べたくて仕方ない。

d0059205_10564277.jpg


さてこれがこの日食べたかったバッサーノのホワイトアスパラです。先月はアヴィニヨンのホワイトアスパラを食べましたが、やはりホワイトアスパラの王者たる香りと味わいは素晴らしいですね。めちゃくちゃ美味しいです。泡がどんどん進みます。
あわせている生ハムはかなり高価で貴重なものでなんでも入荷のタイミングを逃すと半年は入ってこないそうです。名前を忘れたのでまた行ってちゃんと覚えておきましょう。

次に生パスタ。カルボナーラの原型のパスタなどローマの古典的なパスタがいろいろとあって古典料理大好きな僕にとってはたまらないこの品揃え。悩みに悩みましたがカルボナーラの原型のパスタの前に本式というか現地で作られているとおりのカルボナーラでさえまだ食べたことがないのでそれにすることに。
目の前でパルミジャーノを削ってこれでもかというぐらい白く雪のように覆っています。このチーズのおかげで生クリームがなくてもコクが出て美味しいし、もちもちのパスタも同様です。写真がいまいちなのでまた食べる時に上手に撮って載せたいです。

d0059205_1058989.jpg


メインは、はるばるヴェネットから届いた兎。久々の兎ですが、癖はなくて鶏肉のようでとても食べやすい。ローズマリーとレモンの香りをしっかりと効かせてあり、淡白な味の兎肉を美味しくしてあり、シンプルな味付けながら満足。軽くてなんだかよくわからないソースよりこういう味付けのほうがです。
付け合せは国産のイタリア野菜いろいろ。メモっていないので次々説明されても右から左へと抜けてしまいすぐ忘れてしまいました。最近はちゃんとメモをするようになりましたので今度は大丈夫かな。

d0059205_10582825.jpg


メインを食べ終わるころには泡1本がなくなり、次のチーズはデザートワインをもらいました。これまたメモっていないのでよく覚えていませんがブルーチーズが3種類もあり食べ比べが楽しかったし、トリュフを混ぜ込んだチーズも美味でした。

今度はアスパラソヴァージュと乳飲子羊が食べたいですね。そのほかに今はオマール・ブルトンがあったりとシェフのブログで食材の入荷状況を見るのがほんと楽しいです。さていつ再訪しましょうか。
[PR]
by esthetisme | 2011-05-03 10:36
2010紅葉 6日目  見納め 清水寺 ライトアップ
2010年の紅葉の見納めは清水寺。せっかく京都に住むようになったのでもっとたくさん見に行けるかと思いましたが思った以上に仕事が一番理由で無理でした。今年の紅葉の時はもっと仕事が落ち着いているといいのですが。今年は奈良や大阪など京都だけでなくあちこち行きたいですね。

さて実は清水寺は2回見に行きました。1回で終わらせるつもりでしたがデジイチのバッテリがほんと持ちが悪く途中で終了となってしまったため仕方なくもう1回行ったわけです。このバッテリの持ちとホワイトバランスの精度が今のところの不満です。次のα77かなにか後継機で改善されるといいですね。
いろいろと撮った中から数枚ほどをアップ。中には広告のポスターと同じよう構図もあります。とりあえず2010年の分をこれにアップ終えたので何よりです。

d0059205_23111810.jpg


d0059205_23114689.jpg


d0059205_2312629.jpg


d0059205_23101921.jpg


d0059205_23104310.jpg

[PR]
by esthetisme | 2011-01-13 23:12
雪が降り続ける京都市内 烏丸あたり
d0059205_12313821.jpg


せっかく雪が降っているのですから雪化粧した金閣寺とか撮りたいんですけど今日は花びら餅を取りに行くので精一杯かも。とりあえず雪が降り続ける京都市内です。さきほど末富に行きましたからその最寄駅の烏丸駅の交差点です。やはりここから電車に乗る人は大丸の袋を持った方が多いです。
ところで明日晴れて青空を背景に雪化粧した金閣寺なりどこかのお寺を撮りたいなんて思います。
[PR]
by esthetisme | 2010-12-31 12:32
重陽にちなんだ和菓子 その2 着せ綿と秋の和菓子  初雁
d0059205_10504832.jpg


平安時代には前日の9月8日に菊の花を真綿でおおって菊の香を移し、その翌日の朝に露に湿ったこの真綿で顔にあてて、若さと健康を保とうとする行事がありました。この行事にちなんだ和菓子です。中は薯蕷錬り切りのグラディエーション にこしあん、上にきんとん。

d0059205_10511938.jpg


こちらは秋の和菓子のひとつである初雁。その年の秋に初めて飛来する雁をいいます。黒糖を混ぜた葛の生地の中にゆり根を入れて、雁に見立てています。

大阪に居れるのもあと約一ヶ月。少しでも多くの京都の和菓子を食べたいですね。次は栗かお月見の和菓子を食べたいです。
[PR]
by esthetisme | 2010-09-19 10:53
京都御苑のサルスベリ、廬山寺 の杜若、大文字山
天麩羅、鱧茶、和菓子と食べるものを食べて満足した後は下鴨神社へと向かいました。歩けない距離ではないので、歩いて目指しましたが途中で京都御苑と廬山寺に寄り道。

d0059205_9553195.jpg


サルスベリは花が小さいのでまとめて撮ってもなんか絵にしずらいということで近寄って撮っていたら、みつばちが飛んできました。それにしても花が小さいだけにピントがあわせにくい。

d0059205_9555118.jpg
d0059205_956053.jpg
d0059205_9563121.jpg


それから廬山寺へ。杜若が見ごろということで寄ってみたのですが、うーんもっと花が咲いていると絵になる光景でしたね。杜若に寄ってみましたが70mmでは届かず残念。

d0059205_957782.jpg


五山の送り火は見れると思うので、前もってどのあたりから見れるかなぁと大文字山に行ってみました。ここでも望遠ズームがあればと思いました。
[PR]
by esthetisme | 2010-08-07 09:58
志方 あきこ Harmonia コンサート
d0059205_22522178.jpg


まずはセットリストから。
前回のコンサートのパンフにセットリストが書いてあったので、今回もパンフを買ったらセットリスト(予定)がわかるだろうと思ったらやっぱり書いてありました。
そのため次の曲はなにかな?という楽しみはなくなってしまいましたが、やはりどうしても見てしまうわけで。パンフを無事買えたので、ほろ酔いで音楽を聴くといつも聴いている音楽が違って聞こえくるのでてっとり早く飲むかと思いすぐ近くのミニストップで時間ぎりぎりまでブログの更新などのんびりと。会場に入ったらもうチラシもアンケートもまともになくて、もらったのは知らないアーティストの一枚だけ。

今月に発売された自然の4元素をテーマにしたHarmoniaというアルバムのコンセプトをそのままに以前のアルバムからの曲を交えてライブの曲が構成されています。

オープニング

01 Opening Movie
02 遥かな旅路

セクション 地

03 Movie 地の章 
04 AMENESIA 
05 METHOD METAFALICA
06 まほろば

セクション 水

07 Movie 水の章
08 アオイロ缶詰
09 Sorriso
10 追想花
11 Kaliope

セクション 風

12 Movie 風の章
13 うみねこの鳴くころに
14 ロマの娘
15 うたかたの花
16 風と羅針盤

セクション 火

17 Movie 火の章
18 晴れすぎた空の下で
19 金環触
20 埋火
21 METHOD METAFALICA/EXEC_OVER.METHOD_SUBLIMATION

エンディング

22 Harmonia~見果てぬ大地へ~

細かいところは省略。


前半(地、水)はドレス姿で歌っていまして、初めて生で歌声を聴けて嬉しいのです。涙腺を刺激するといった聴かせる曲が多くしっとりとした雰囲気。そして衣装変えなどのために10分の休憩。

後半(風、火)は民族衣装みたいな服。手拍子が難しい曲もありますが、手拍子のおかげで盛り上がりますね。曲が終わる度にありがとうございますと言っていましたがもしか歌声以外はそれだけ?と思ってしまいましたが、ちゃんとアンコール前の最後の曲とアンコールの時にMCがありました。
風と羅針盤が一番楽しそうに歌っているように見えましたね。8倍の双眼鏡のおかげで一番後ろの席でもほんと表情がよくわかりました。
火の最後にコワレロ、コワレロと混沌としたダークな曲をやっていて、デス声もできるんですね。破壊しないと創造が生まれないという意味合いなんでしょうか。と考えるとこの曲も癒しの曲だと思えてきますけどね。
エンディングの希望に満ちた前向きのどこまで続いていく感じがする曲のおかげで会場の空気ががらりと変わります。そしてメンバー紹介では思わずバンドマスターを忘れてしまう場面も。
アンコールの前にコンサートのために練習などの感想を各メンバーに聞いていましたが、やはり演奏するのが難しいようです。
アンコールはミシャパージャ。
志方さんが曲名を言ったときお客さんの反応があったのですが、知らなくて予習が足りなかったです。聴いてみたらまだ演奏していない花帰葬がもっといい曲だと思うので花帰葬を演奏して欲しかったです。
[PR]
by esthetisme | 2009-03-28 17:27