総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今年初の鮎と鱧
d0059205_176216.jpg


お昼に普茶料理の梵に行き、それから近くでケーキを食べた後は、今年の初の鮎と鱧は前から気になっていたこのお店へ。東京の割烹はカウンターなのに禁煙じゃないお店が多くてほんと選択肢が限られてきます。食べログで割烹で禁煙のお店を検索するととても少ないです。それだけに禁煙であるこのお店は貴重ですね。

さて客席と板さんのテーブルの位置が同じなので、板さんの仕事ぶりは何から何までよく見えて、キビキビと注文をこなしていくその様を見ていると心地よい緊張感が伝わってきます。それに料理ができあがるまでの過程を見るライブ感がとても楽しい。
この日は常連さんが多くて、移転をしているけど20年以上も続いているお店ですね。せっかく常連さんが板さんやサービスの人と楽しく食べているので気を使ってこの日はいつもなら料理ごとに写真を撮っていますが、
鮎の土鍋御飯だけにしました。

この日は頼んだのは以下のとおり。コースではなくてアラカルトなので一品食べてゆっくりと間を作っては次の一品を頼むという感じで自分のペースで食べました。
最初の先付の鰹の豊かな香りと羅臼昆布の甘みが感じられる出汁がもう絶品です。これはお椀や炊き合わせがとても期待できると思ったら、後に食べてみてやはりそうでした。やっぱり割烹や懐石は出汁が要、出汁がどれだけ印象に残るかですね。
例えば炊き合わせは出汁を素材に染み込ませて、素材の旨味を引き出す味付け。それは同じ和食でも出汁をなるべく使わずに素材のそのものの味を生かす精進料理とは味付けが違うから昼も夜も和食の食べ歩きが続いてもまったく違った気分で食べることがでました。
解禁を待ちに待っていた鮎はまるかじりするとワタのほろ苦さ、旨味がほんと美味しい、香りがいい。焼いた鮎も好きなんですが、一番は刺身。岐阜で食べて初めて鮎の香りでよく言われている西瓜とか胡瓜の香りというのがわかりました。
続いて鮎の一夜干しも頼みました。鮎好きなんで鮎料理がいくら続いてもOKです。この時期は鱧ももちろんそうですけどね。一夜干しは焼いた鮎とはまた違った風味が楽しめてこれまた最高。同じ一夜干しでも肝を塗ったものもあるので味の違いも楽しめたし、ほんとお酒が進んでしょうがない。
その後はもう美味しさが予想できた炊き合わせはそれぞれの素材の染み込んだ出汁がやはり旨くて、京都の割烹の有名店と遜色ない味わいに思えます。
鮎の炊き込みご飯までに時間がかかるのでお浸しを頼んで口の中をさっぱりとさせておきました。しんとり菜という珍しい野菜でした。
目の前で炊き込みご飯を作っているので時折鍋から漂う前述した出汁と鮎が混ぜあわさった香りを嗅いでいるとほんと待ち切れなくなってきます。この距離感がいいですね。鮎の香りと旨味がたっぷりと染み込んだ御飯は、量を1人前にしてもらいましたが本来の2人前でもペロリと平らげることが簡単なぐらいもっともっと食べたくなる美味しさでまた次の時も食べたいですね。
最後は目の前で切っているのを見ていて食べたくなったくずきり。水菓子があとアイスだけでなので果物ぐらいはあってもいいのではないかと。

今月は最後の土曜日に埼玉に鮎尽くしを食べに行くのでまた鮎が食べれるかと思うとほんと楽しみです。
[PR]
by esthetisme | 2009-06-21 17:06 | 郷土料理、和食