総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
童心に帰れるよう優しさやファンタジックさ アマロック ジブラ・アラ
d0059205_11483450.jpg


クラシックをバックグラウンドに持ちながら、民俗音楽にも深い造詣を持ち、その一方でプログレにも強い興味を持つマルチ・ミュージシャンのロベルト・サンタマリアとバルセロナの合唱隊の一員とクラシック畑出身のリディア・セロンによって、エスキモー語で狼の名前を意味する「アマロック」というグループが1990年の初頭に結成されます。

1994年に1stを発表、ロベルトのクラシカルなピアノとリディアの美声にたおやかなオーボエや伸びやかなヴァイオリンが絶妙に調和したサウンドはいわゆる「コンテンポラリーなユーロ・トラッド」の中でも一際異彩を放っていました。

1995年にユーロ・ファンの間で大ブレイクした2nd。ファンタジックなムードを一杯にたたえた作風は前作から格段のグレードアップを見せつけました。

そして1997年には「前作よりアコースティックな深みを増した絶対の自信作」と彼らのコメントがありましたが、なぜか配給先のレコードが会社がリリースに難色を示したため、オクラ入りの危機に瀕していたそうですが、紆余曲折を経てなんとかベル・アンティークより日本先行ディストリビュートが決定。

「カタルーニャの宝石」と呼ばれるに相応しいロベルトのキラキラと煌めくキーボードとこの上なく美しいリディアの歌声は前作品と同様で、本作品ではギタリスト、フルーティスト、ヴァイオリストが新加入していて、クラシックのエッセンスが強まり、アカデミックで室内楽的な気品を讃えながら、童心に帰れるよう優しさやファンタジックさが一杯に溢れ、夢見心地な気分に浸れる極上のユーロ・トラッドです。
どの曲も素晴らしいのですが、6曲目の桜並木は満面に咲く桜の美しさに感動して作られた曲で日本人には見慣れた光景だけにシンクロさせて聴くのがとっても簡単なはず。そうして聴くといっそう感動的に聞こえてきます。クラシカルなピアノに空間一杯に響くオーボエと優雅なリディアのスキャットと10分に渡ってとただひたすらに美しい世界に没頭することができる涙ものの曲です。そういう曲がずらりと並んでいるし、この作品の後に加入した女性ボーカルより僕はリディアの歌声のほうが好きなのでこの作品が彼らの最高傑作だと思っています。

収録曲

1 ストーン・ラビリンス
2 洞窟の主
3 コウモリの踊り
4 アクアティック・ブラックバード
5 嵐
6 桜並木
7 ジブラ・アラ
8 アット・ジー・アザー・サイド
9 ストーン・ラビリンス

ボーナストラック

10 エンシャント・ヴィナース
11 天空の女神

参考文献

本アルバムのライナー
[PR]
by esthetisme | 2009-03-02 11:48 | 世界中の歌姫