総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアン、精進料理、フレンチ
久々の更新です。更新がないのにブログを見に来てくれてすみません。
もっと早くアップしたかったのですがなかなか時間がなくて。


まずは先週の金曜日、土曜日、日曜日の出来事から。この3日間は珍しく外食が続きました。

d0059205_13435735.jpg


金曜日は去年から数えてこれで3回目となるイタリアンのお店へ。
今回はジビエが1種類だけでしたが、やはりコースの値段を考えると3種類もでた去年の時が特別だったのでしょうかね。
までも今回は旬の鱈や鱈の白子が食べれたし、この日は食べたい気分だったのでちょうど出てきたときは嬉しかったですけどね。
ワインはグラスで白3種類、赤2種類、しめにグラッパを飲んでほんとびっくりするような値段です。
しかも今回はとてもグラスで出すようなワインで、それはサッシカイアなんですけど出してくれて、その美味しさときたらもう最高でしたよ。ありがたく飲みました。
また来月も行くのは確定ですね。

d0059205_1343788.jpg


土曜日は生涯通うこと確定の精進料理。精進料理の食べ歩きはここで始まって、ここで終わるような感じがします。まだ全国をくまなくは行けていませんが、どうしてもどこかに行った後に
ここに来るとやはりここが一番だと思うので。
ずっと通っている僕を考慮したのか今年はなんと一般公開していない、皇女様と縁がある曇華院で食べられているお菓子を頂くことができましたし、磯辺揚げを慈姑ではなく蓮で揚げていたり、普段はでないすすり茶がでたりと去年の同じ一月とは違う豪華な内容がほんと嬉しかったです。
今年は皇女さまのお遊びをも体験できるようなので楽しみですね。

d0059205_13405310.jpg



日曜日はフランス料理の教室。今月は新年ということもあり、お祝いもかねてシャンパーニュ地方の料理3品です。

・生牡蠣のジュレ、サワークリームソース

今が旬の牡蠣を使いましたが、殻つきの牡蠣を自分で開けてみるのは初めてで苦戦しましたね。フランスに行くとお店の軒先でエカイエが簡単に牡蠣を開けているのを何度も見ているので、自分でもすぐできるのだろうと思ったらやってみるとやっぱり違いますね。

牡蠣のジュレはヴェルモット酒、グリーンペッパー、エシャロット、フュメ・ド・ポワソン、牡蠣の汁を入れて煮込んで、ゼラチンを加えて、漉して固めます

そのジュレと蒸し煮したポワローとサワークリームを牡蠣の上に飾ってできあがり

・鶏の蒸し焼き、シャンパーニュ風味

鶏の胸肉と炒めたナスとエリンギを詰め物として鶏につめて、シャンパンで蒸し煮してからオーブンへ。
煮汁はもちろんソースにしますがシャンパンの風味がしっかりとして美味しかったですね。
詰める前に鶏のつぼ抜きを教えてもらったのですがあれは自分でやらないと覚えませんね。
つけあわせはアスパラガスと鶏のレバーのソテーにお遊びでクルトンに煮詰めた赤ワインで好きな字を描いたもの添えました・

・ビスキュイ・ド・ランス

ピンク色が主流の軽くてさくさくとした食感のビスキュイ。シャンパンに浸してもいいし、本来は白ワインで作るサバイヨンソースをシャンパンで作ってそれにつけて食べてもいいし、くるみいりのガナッシュで挟んで食べてもいいしといろいと食べた方を楽しめます。

初めて料理教室に参加して楽しかったけどやっぱりね、まだまだ技術が拙いのでしっかりと見につけないと食べるというより試食なので落ち着いて食べれないのがちょっと残念かな。
一皿食べたら次の料理を仕上げてという感じなので。
それと料理の写真を撮のにいい場所がわからず、最後になってようやく見つけました。なので
一番撮れているビスキュイ・ド・ランスの写真を載せます。
[PR]
by esthetisme | 2009-01-25 13:44 | 日記