総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
前菜からデザートまで白トリュフ尽くし
待ちに待っていた前菜からデザートまで白トリュフ尽くしですが、メニューは以下のとおり。
お店のHPにはメニューの詳細が載っていなかったので、当日の楽しみと思って着いたテーブルにあったメニューを見たらもうこれは十分な内容と食べるのが楽しみになりました。

まずは食前酒に季節のシャンパンカクテルを頼むことに。洋ナシ、りんごなどいろいろと種類がありましたが洋梨にしました。飲みながら最初のじゃがいものクレープがくるのを待ちます。

運ばれてきたのはクレープというより薄いパンケーキみたいなものでしたけど、やはり少量ながらも白トリュフの香りは妖艶です。ほんとこの香りを嗅ぐと心から幸せになります。

続いてのサラダ、次の旬野菜も同じ方が作っている無農薬野菜で野菜の味が濃くて美味しい。
それらの料理にはピエモンテのシャルドネをグラスで。

白トリュフの香りをつけた~はこのコースの中で一番美味しかったというか白トリュフとの相性がやはり抜群でした。カチョの濃厚な味わいもよかったし。この料理にはシチリアのソーヴィニヨンをグラスで。

手打ちタリオーニからはトスカーナの赤をグラスで。グラスワインの種類が赤、白と共に2種類と少なすぎるのとハーフボトルもないのも残念です。

佐賀牛のヴァポーレは目の前で白トリュフを見せてからシャカシャカと削ってくれましたが、その場で香りたつ白トリュフがたまらない。これはピエモンテのバルベーラをグラスで。

・じゃがいものクレープ

・海老とマーシュのサラダ

d0059205_10592413.jpg


・旬の焼き野菜と白子のムニエル

アンチョビの焦がしバターをかけてあります

・白トリュフの香りをつけた温度卵と吉田牧場のカチョ カヴァッロ

・手打ちタリオーニ 仔鳩のラグーソース

・いろいろきのこのリゾット

白トリュフの香りをうつした米とえのき、しめじ、まいたけ

d0059205_110426.jpg


・佐賀牛のヴァポーレ 天然舞茸とマコモ茸を添えて

d0059205_110399.jpg


・白トリュフ卵のなめらかプリンとカボチャのジェラート、エスプーマ

d0059205_1115012.jpg


コースにはありませんがイタリアンでチーズを食べることがないので、おまかせで頼むことに・
そうしたらロックフォール、パルミジャーノ、タレッジョの3種類がきました。
グラスの赤が残っていましたが、イタリアのデザートワインも飲みたかったのでソアベ2003を頼み、それはあロックフォールとあわせました。デザートワインとロックフォールなどブルーチーズって相性がほんといいです。はちみつでもいいですけどね。

d0059205_15385655.jpg


食べ終わってトイレに行くと、途中にいろいろと食後酒があるのを見てどれを飲もうかと考え込むことしばし。
席についてから目の前でもってきてもらいましたがどれを飲もうかとほんと悩みます。

まず一杯目はヌフ・デ・パープのマール、こちらは味が穏やか。

d0059205_15391376.jpg


2杯目はこの写真にあるイタリアのマールで。こちらは味が濃い。飲んでいたらエスプレッソに入れても飲んでみてくださいと言わなくてもエスプレッソがくることが嬉しい。

食後酒を飲む習慣をこのお店から広めたいですというお店の人といろいろと話して楽しかったですね、やっぱりこの日も食後酒を飲んでいる人は見かけなかったので、広めていくのは難しいような気がしますけどね。
でも一度、マール、コニャック、アルマニャックの味を覚えるともう食事の最後に飲まないと終わった気がしないんですよね、ほんと食後酒が大好きです。
[PR]
by esthetisme | 2008-12-06 16:32 | グルメ