総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
妖精と人間の悲恋 ロマンティック・バレエ  「ラ・シルフィード」



今年は もうひとつ日々の生活、これからの人生を豊かにしてくれる趣味が増えました。それは何かというとバレエ鑑賞です。

このページを見てバレエって見るのなら自分の趣味にあうかもと思iい、「ラ・シルフィード」のことをこのブログで記事として書きました。そうしたら親切なことにバレエに関するブログを書いているめぐみさんがいろいろと教えてくれて、彼女のブログを見るうちにますます「ラ・シルフィード」をまずは見てみたい!!と思い、アマゾンに頼んだらすぐに届きました。感想を書く前に2人の方のおかげで素敵な作品に出会うことができました。どうもありがとうございました。ほんと感謝しています。

「ラ・シルフィード」

原作 シャルル・ノディエ  「トリルビイまたはアーガイルの小妖精」
彼はフランス幻想文学の作家として名高い人です。岩波文庫から短編集がでています。

台本 アドルフ・ヌリ

◎タリオーニ版
振付 フィリッポ・タリオーニ
音楽 ジャン=マドレーヌ・シュネゾフェール
初演 1833年 パリ
この振付はやがて失われてしまいますが、1972年に辛抱強い調査の末、ピエール・ラコットが復元しました。

◎プルノンヴィル版
振付 オーギュスト・プルノンヴィル
音楽 ヘルマン・ロヴェンショルド
初演 1836年 デンマーク
この振付は初演を見て感動したプルノンヴィルがデンマークに持ち帰って作った改訂版です。
版権料が高すぎため同じ音楽が使えず、書き下ろしました。

このバレエの簡単なあらすじ

第1幕
舞台はスコットランドの農村。結婚式当日眠っているジェイムズのもとに、夢の中で何度も見ていたシルフィードがいて、彼は驚き何度もつかまえようとするがうまくつかまえられず、シルフィードは暖炉の煙突から逃げてしまう。
夜があけて、婚約者のエフィーやその母、友人たちがやってきて、婚礼の準備が始まります。ふと気づくとさっきの暖炉には魔女のマッジがいて、ジェイムズは出ていけと命令しますが、娘達がとりなして、マッジが若者たちの未来を占うべく手相を見ます。
手相を見たマッジは、「エフィーを幸せにするのはジェイムズではなくて、その友人であるガーンだ」と宣言します。怒ったジェイムズはマッジを追い出しますが、ガーンは密かに期待を抱きます。結婚式の最中にシルフィードが現れ、結婚指輪をかすめとって森の中へと飛んでいきます。ジェイムズはついに彼女に心を奪われ、花嫁を置いてシルフィードを追って森へと駆け出していってしまいます。

第2幕

森の奥はたくさんの妖精の住処です。ジェイムズはつかみどころのない妖精達に翻弄されます。そこにマッジが現れて「このスカーフをかければ、彼女の羽は落ちて永遠におまえのものになる」といいます。言われたとおりジェイムズが彼女の肩をスカーフでくるむと、彼女の羽はぽろりと落ちて、しおれた花のように生気をなくして、彼の腕の中で生き絶えてしまいます。妖精達が彼女の亡骸を静かに運びさります。
嘆き悲しむ彼の前をエフィーとガーンの結婚式の列が楽しげに通り過ぎていきます。

◎この作品において効果的に使われたバレエの技術ーポワントー

つま先で立って踊ることをシュル・ラ・ポワント、略してポワンといいますがこのバレエ独特の技術はいつ、誰によって始まったのかはわかっていません。少しでも背を高く見せたい、脚を長く見せたい、ポーズを大きく見せたいという踊り手の意志がある時、瞬間的につま先で立って踊ったのではないでしょうか。
おそらく1820年から1830年にかけて発生したのではないかと推測している評論家がいます。その根拠は1830年頃のタリオーニの「シルフィード」の絵にポワントで立っているのがあるということからです。でもこの頃はまだ今日のように爪先をかたく補強したトゥーシューズではなくて、トゥーシューズで立って踊るということは19世紀後半のなってからとされています。
タリオーニはポワントの技法を巧みに使いこなしました。そのためバレエの公演後、パリの街に熱いタリオーニ・ブームが起きました。ほんとうに宙を飛んでいるような軽やかで神秘的に見えたので、紳士達は彼女をあこがれの目で見つめ、女性達の間には「シルフィード風」の髪飾りや服やお菓子が流行しました。おかげでバレエは大成功を収め、妖精達の登場する幻想的なバレエがつぎつぎに作られるようになり、ロマンティック・バレエは全盛期を迎えることになります。

◎ラ・シルフィードを初演したマリ・タリオーニについて

彼女は舞踏一家に生まれ、振付家であった父の特訓によって、それまでのどんなバレリーナとも違うような物腰、そしてポワントの技法を身につけました。デビューは1822年のウィーンで、その後、父親の作品を

数多く踊りました。でも最初、父は彼女はやせすぎていてバレエには向かないと判断しました。(しかし20世紀のバレリーナに比べると信じられないほど太っています)。父の特訓は実に厳しいものがあったようです。当時オペラ座の総裁であったヴェロン博士はこのように記しています。
「滝のような汗も、心身を打ちのめす疲労も、涙も何も、この父の心を和らげることはなかった。彼は自分の名前を継ぐ天才の上に、栄光を夢見ていたのだ」。
だがマリにとっては、その苦しいレッスンにもある種の喜びがなかったわけではありません。以下のように記しています

(「安定感と穏やかな動きのために、私は毎日2時間をかけた。片足で立ってポーズする。それをできるだけゆっくりと伸ばしていかなくてはいけない。ポーズがとりわけ難しいときには、形を変える前に百数えて保つようにした。こういう辛抱のおかげで、私は困難を克服したのである。そのポーズは爪先立って、踵が絶対床に触れないように、行われた。難しくて、面白い練習だった。上体を非常に優雅にゆっくりと、安定して、しかも楽々と回転させなくてはならない。こうして私は、この訓練のおかげで、高度の完成に達することができたのである。それは昔ながらの方法だったけれども、しかし私には大いに役立ったし、それがすこぶる観衆のお気に召したのだった」

マリ・タリオーニ 「回想」)

ところで彼女には熱狂的なファンがついていて、彼女が現役中には、他のバレリーナは「ラ・シルフィード」を踊ることができませんでした。パリ・オペラ座との契約が切れたときには、新任の総裁はファンにたちに「お葬式」されてしまったほどです。その後も彼女のトゥーシューズをファン達が食べてしまったというエピソードもあります。ことファンの熱狂に関しても、マリ・タリオーニは史上最大の伝説的バレリーナであったということが言えるかもしれません。

◎トゥの技法は簡単にはポワントとも言われるのですがこのトゥの技法によって次の利点が生まれました

①トゥで立ったときの空中的なバランスはロマンティック・バレエの妖精の動きには絶対欠かせないもので、トゥで立つと体のバランスは地上的なものから空中的なものになります。
②誰でもわかることですがトゥで立てば、背が高くなり、脚も長く見えて、体のバランスが美しくなります
③動きにスピードが出るようになります。同じ回転でもトゥで立つと接地面積が少なくなるので、回転の際の抵抗がへります。
④トゥで立つと、前後左右に滑るように動くパ・ド・ブウレという技法が可能になります。「白鳥の湖」の白鳥の水面を泳ぐような動きとか「ジゼル」第2幕の妖精の動きなどによく使われています。

◎今回見たDVD

「ラ・シルフィード」(全2幕)
出演:マチュー・ ガニオ、 オレリー・デュポン、 その他
販売元: TDKコア
発売日: 2005/02/23

感想

眠りに落ちたマチュが演じるジェイムズの側に寄り添うオレリーが演じるシルフィード、まだ踊っていないのにすぐさまオーレリの美しさに溜息がただもれるばかり。バレエを演じる人ってこんなにも神々しいまでの美しさを放つ人なんだと思い彼女に一目で恋してしまいそうなほどです。そんな美しさで体重をまるで感じさせない、風の妖精そのままの幻想的な踊りはもう全てが瞼に焼き付いたため、見終わっても瞼を閉じればはじめから終わりまで再現できてしまいます。そのぐらいすっかりと彼女の踊りに魅了されました。最後まで見て気づいたのは彼女の踊りばかりををおいかけているということ。おかげで他の方の踊りが印象に残っていないためもう少し冷静に見れるようになったら感想を追記したいと思います。
それにしてもバレエってはじめてみるからどれだけ楽しめるかと一抹の不安がありましたが、まったくの杞憂でした。僕は美しいものなら無条件で感動できるということがよくわかりました。

参考文献

「バレエの魔力」 鈴木 晶著

「バレエの宇宙」 佐々木 涼子著

「バレエを楽しむために」 中川 鋭之助著

「バレエって、何?」 新書館

「バレエの名作物語」 新書館

「バレエの見方」 中野由紀著

「バレエ・ダンスの饗宴」 洋泉社
[PR]
by esthetisme | 2005-06-09 08:38 | バレエ