総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ジョン・エヴァレット・ミレイ/秋の枯葉
d0059205_13471534.jpg


ジョン・エヴァレット・ミレイ/秋の枯葉

「落ち葉が焼く匂いによって呼び覚まされる感覚ほど快いものがあるだろうか。私にとって、あれほど懐かしい過ぎ去った日々の思い出を彷彿とさせてくれるものはない。それは去りゆく夏から空に捧げられた香煙。時は過ぎ行くもの全てに平安を約束するという喜ばしい確信をもたらすのだ。」

ホウルマン・ハントはミレイが1851年の秋に上記のことばを語ったというのを書き記しています。

枯葉、香煙、日暮れといった秋の終わりの季節は、全て儚さの象徴であり、物事は過ぎ去ることを思い起こさせます。
それらは腐敗や死といったものを想起させ、野外にいる少女達の若さや美しさは同じように逃れられない、必然的に衰えてしまうでしょう。

ラファエル前派の擁護者であるラスキンは、「この絵画は、ミレイが考え出した最も詩的な作品であり、私の知る限り黄昏を完璧に描き出した最初の作品である」と言っています。

参考文献

ラフェアル前派 西村書店出版



これまでアップしたラファエル前派の画家とその時代の画家の作品の一覧


アーサー・ヒューズ 「4月の愛」
イーヴリン・モーガン/フローラ
ウォーター ハウス/春の歌
エドワード・バーン=ジョーンズ/フィデス(信頼)
ジョージ・フレデリック・ワッツ/希望
ジョン・アトキン・グリムショー/シャーロットの乙女
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス/聖女ユーラリア
ジョン エヴァット ミレイ/りんごの花(春)
ジョン エヴァット ミレイ/花嫁の付き添い
ジョン・メリッシュ・ストラドウィック/「夏過ぎて・・・・・」
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ/マリアーナ
フレデリック レイトン/燃え立つ6月/燃える6月/燃え上がる6月
ロレンス・アルマ=タデマ/春の祭典
ロレンス・アルマ=タデマ/お気に入りの習慣
[PR]
by esthetisme | 2008-11-16 15:05 | ラファエル前派