総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秋の味覚を満喫中
昨日は今年5個目の試験合格でこれでひとまず受験は当分ないのでほんと開放感で一杯。
試験の帰りにはミレイ展に行ってきましたが、オフィーリアの耽美的な美しさにほんとうっとり。怖いと言う人もいますが僕は微塵も感じないのですが。人物だけでなく夏から初冬にかけてスケッチした花の数々を含め植物などの風景の精緻な描写は、自然に忠実にというラファエル前派らしさがほんと感じられ素晴らしすぎ。この絵画をわずか23歳で描いたのだから天才の中の天才。さすが史上最年少でロイヤルアカデミーの入学を許可された神童だけであります。
オフィーリアと並んで今回の目玉はマリアーナですね。青いドレスのその色の美しさにとにかく惹かれます。続いて女性のしぐさと顔の表情。全体的に見るとミレイの中世趣味をよく感じさせますね。
あと自分の子供も描いた肖像画などその他の肖像画もなかなか。意外だったのは風景画も優れていたということ。見てすぐコンスタンブルやターナーといったロマン主義派の画家の風景画を受け継いでいるなぁと思いました。
チケットはまだ4枚もあるというか毎週行くつもりです。お金があるなら毎日見たいぐらい。
ミレイ展の後は秋の味覚を満喫

d0059205_2235176.jpg


もちろん国産の松茸と鱧のしゃぶしゃぶ。僕一人で全部食べました。ごちそうさま。

松茸を先に入れて松茸の出汁がでてきたら鱧をしゃぶしゃぶっと。鱧しゃぶしゃぶって鱧が花が咲いたようになるんですよね。
まだ松茸は早いかもしれませんが、それでもいい出汁がでていて、この後のにゅうめんもまた美味。

鱧と松茸のほかには子持ち鮎の塩焼き、子持ち鮎の炊き込みご飯、鯛せんべいと銀杏、新さんま焼きにさんまのわた乗せ、鰹、鯛、海老など刺身盛り合わせなど秋の味覚が盛りだくさん。
飲んだお酒は久々の十四代の龍の落とし子、もう一種類十四代を飲んだけどどのお酒かは失念、瀧自慢のproud、くどき上手の純米吟醸。
旨い料理に旨い酒、これ以上の至福の時はないですね。これからは冷やおろしがでるのでそれと秋の味覚をあわせるのも同じく至福の時。
これから秋から冬にかけて食べたいのは時鮭、秋鯖、甘鯛、クエ、ふぐ、真牡蠣、カジキなどなどほんと食べたいのが一杯です。
[PR]
by esthetisme | 2008-09-08 22:07 | 郷土料理、和食