総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ローレンス・アルマ=タデマ/お気に入りの習慣
d0059205_10501579.jpg

19世紀において、入浴場面は裸体を容認する重要な主題であり、清潔、衛生、合理的なレクリエーションという価値観を再導入する役目も果たしました。
古代ローマの洗練された水浴の習慣はヴィクトリア朝の人々を殊に魅了したので、ふざけあう女性を描いても不道徳だと見なされかねないアルマ=タデマの作品にも正当性が与えられたのです。
本作品は、アルマ=タデマがローマ浴場を舞台にして描いた最後の作品にあたり、1909年にロイヤルアカデミーに出品され、そのままチャントリー基金を通じて国家の買い上げとなりました。奥行きを出す遠近法によって、鑑賞者の目は、前景の小さな冷浴場(フリギダリウム)から、衣服を置くための棚やスポンジが並ぶ女性の更衣室(アポディテリウム)を通り、社交と運動の場である、明るい陽光が射す列柱廊に導かれます。
ここでの冷水風呂は、殊に身を引き締めるような苦痛の場ではなくて、他の入浴主題の作品と同じく、衛生よりも楽しみや遊びの面が強調されていて、水面、大理石、衣服、花、そしてとりわけ入浴する若い娘達の濡れて湿った肌など、物の表面のコントラストにの抽出に重点が置かれています。
舞台となっている部屋は、1824年にボンペイで発掘された、紀元後1世紀のスタビア浴場を再現したもので、男性浴場と女性浴場の両要素が組み合わされ、豪華な内装の効果をあげるために、ヒルデスハイムの銀製クラテルなどの工芸品が加えられています。
考古学的調査を基に設定した舞台に、2人の少女が戯れる浮博な情景を描き出した本作品は、アルマ=タデマの典型的な画風を示しています。   







これまでアップしたラファエル前派の画家とその時代の画家の作品の一覧


アーサー・ヒューズ 「4月の愛」
イーヴリン・モーガン/フローラ
ウォーター ハウス/春の歌
エドワード・バーン=ジョーンズ/フィデス(信頼)
ジョージ・フレデリック・ワッツ/希望
ジョン・アトキン・グリムショー/シャーロットの乙女
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス/聖女ユーラリア
ジョン エヴァット ミレイ/りんごの花(春)
ジョン・メリッシュ・ストラドウィック/「夏過ぎて・・・・・」
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ/マリアーナ
フレデリック レイトン/燃え立つ6月/燃える6月/燃え上がる6月
ロレンス・アルマ=タデマ/春の祭典
[PR]
by esthetisme | 2008-07-21 10:50 | ラファエル前派