総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
抒情宴 第弐幕
抒情という言葉にひかれて久々の黒色すみれの演奏会へ。抒情という言葉はなにより大好きですし、僕が終生、追い求めるものです。

すみれーずのお2人は、浴衣を着ていて、夏らしい服装で、いつもながら何を着ても似合いますね。
この服装には洋風メルヒェンな曲より和風メルヒェンな曲がしっくりとくるわけで、演奏会は濃厚な日本情緒が感じられる宵待草からスタート。
続いて花千代女とこれまた同様の曲で流れがとてもいい。文学チックな歌詞もいいですね。
3曲目はディゲルナライア。ノスタルジックなメロディと間奏のアーコディオンとバイオリンのスリリングな演奏がとっても好き。
4曲目は新曲の午睡~ユーモレスクより~。さちどんのバイオリンが流れる中、ゆかちんのセリフがあり、曲へ。いくぶんシリアスに歌う部分もあるけど、全体的にほのぼのとした雰囲気の曲かなぁと。
牧歌的な2人の縦笛の演奏も途中であり、曲展開が凝っていて楽しい。

5曲目も新曲で赤りんご 毒りんご。これまたさちどんのバイオリンが流れる中、ゆかちんのセリフ。
毒りんごと言えば白雪姫。すぐさま洋風メルヒェン、そう純潔は赤みたいなタイプの曲、アンデルメルヘン歌曲集の続編の曲かなぁと思いましたが、そんな感じで創ったのでしょうか?
永遠に美しく、すみれの花よのようにどこか聞き覚えのある、懐かしさを感じるメロディで、一度聴いたらもう耳によく残りました。


それからとMC。
なんでも今日はライブ前に2人とも大変なことがあったようです。さちどんの大変なことはわかりましたが、ゆかちんのが気になるなぁ。
あとはライブ告知、ゆかちんが今月誕生日だから天窓演奏会など。そうそう天窓演奏会のチケットは瞬殺だったようですが、まさか取れるなんて思わなかったのがほんと嬉しいですね。
ちなみに天窓はこれが初めなので、常連さんばっかりの場所に行ったらほんと浮きそう。

6曲目は永久に美しくすみれの花よ。手拍子で盛り上げます。ライブで盛り上げるには欠かせませんね。

ラストは、2月の演奏会の時が初披露のサンゴと潮で、今回で聴くのは3回目かな。
抒情的なメロディーが美しく、幻想的でしっとりした余韻が残り、さちどんのコーラスも聴きどころの曲。
ちなみに新曲は他に新曲で特にお気に入りの乙女賛歌、仮タイトルですが乙女椿と全部で5曲ありますね。
新曲がこうして披露されると、次の音源はいつなのかとても気になります。音源化されるならいろいろとアレンジをすると思うので、それで完成した曲が聞くのがとても楽しみで。
8月の単独演奏会まで出るのかなぁと思いましたが、その演奏会が特に新音源の記念ではないようなので今年中に出ればいいなぁと。

続いては70年代のフォークが好きというるりさん。線が細く、儚なげで、哀感のある歌声。聴くのは初めてでしたが、1曲目が始まってすぐさま会場の雰囲気は、70年代のフォークに包まれたような感じに。なかなか70年代のフォークを継承して、オリジナルの曲を歌う人なんていないから貴重な存在ですね。
陽水のカバーもよかったので、森田童子のカバーも聴いてみたくなった。70年代のフォークをカバーしたアルバム、買ってみようかな。

抒情三人娘のセッションはあがた森魚の曲を2曲含み、童謡もあり充実した内容で、アイドルの曲もあって振りが楽しかった。
次回はクリスマス・イブなのでもちろんクリスマスの曲が聞けるでしょうね。


さて今日は昨日よりは暑くはなく、出かけるにはちょうどいい。これから耽美主義者にとって神のような存在であるギュスターブ・モローの絵画を見てきます。
[PR]
by esthetisme | 2008-07-06 13:14 | 日記