総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ジョン・アトキン・グリムショー/シャーロットの乙女
d0059205_23564896.jpg


d0059205_235753.jpg


この作品はテニスンの同名の名高い詩にもとに描かれていて、グリムショーには珍しく文学的な題材が扱われています。シャーロットの乙女はいましも運命的な最期の旅路を辿ってゆくところです。

雪のごとく白き衣緩やかに翻らせ
横たわむれるかの乙女
身に降りかかる落ち葉も軽やかに
夜の静寂をつらぬいて
キャメロットの地めざし、流れゆく

この詩はラファエル前派に非常に好まれました。1857 年に出版された有名なモクソン版「テニスン詩集」に収められている「シャーロットの乙女」に挿絵を入れたのは、ロセッティとホルマン・ハントであったし、バーン=ジョン―ズやアーサー・ヒューズ、J・W・ウォーターハウスもこの主題を試みています。
グリムショーの初期の作品はラファエル前派の影響を非常に強く受けていて、彼自身熱烈なテニスン崇拝者でした。これは彼が自分の子供たちの名前にテニスンの「国王牧歌」中の登場人物に因んでつけていることからも推察できます。
しかし、彼が月の光に照らされた街並みや波止場の情景を描く際頻繁に用いた視覚効果の面からこの絵を見ると、彼がこのテーマを驚くほど独創的に扱っていることが分かります。なお背景の異なるもう一点のバージョンが残されているのでそれもあわせて載せました。




これまでアップしたラファエル前派の画家とその時代の画家の作品の一覧

ウォーター ハウス/春の歌
アーサー・ヒューズ 「4月の愛
聖女ユーラリア/ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
エドワード・バーン=ジョーンズ/フィデス(信頼)
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ/マリアーナ
ジョージ・フレデリック・ワッツ/希望
「夏過ぎて・・・・・」/ジョン・メリッシュ・ストラドウィック
フレデリック レイトン/燃え立つ6月/燃える6月/燃え上がる6月
イーヴリン・モーガン/フローラ
ロレンス・アルマ=タデマ/春の祭典
ジョン エヴァット ミレイ/りんごの花(春
[PR]
by esthetisme | 2008-06-30 23:57 | ラファエル前派