総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
黒色すみれ 4/20 単独演奏会
d0059205_854640.jpg


この日は待ちに待った黒色すみれのワンマン。ようやくライブで聴きたい曲が全部聴けるのではとほんと楽しみにしていました。
ライブが終わった後にすぐ帰りたいし、ご飯が食べたかったし、椅子席ではなくて立ち見でしょと思い、これで3回目の熊吉で馬刺しの盛り合わせ、馬レバー刺し、地鶏のレバー、心臓、砂肝刺しなど、馬の頬肉のトロトロ煮、桜鯛と春キャベツなどを焼酎3杯と共に。最後はお茶漬けと
あたかい饅頭とバニラアイスとしっかりとデザートも食べると開演の時間までもう時間がない。慌てて会場へと向かいました。
中に入るとえ!今日は椅子席だったのを知り、せっかく31番だったのにもったいないことをしたなぁと思いました。

さて1曲目は何かな?お2人の新しい衣装はどんな感じ?曲にあわせて手拍子とか盛り上がりがほんと期待できそうと始まるのが待ちきれませんでしたが、ぎりぎりの入りだったのですぐ始まりました。

鐘が鳴り響く中、ベース、チェロ、さちさん登場し、何を演奏するのか検討がつきませんでしが、聞き覚えのあるバイオリンのメロディーを聴いてすぐにあ!乙女讃歌だとわかりました。前に聞いたのはピアノとバイオリンからすぐ歌になるバージョンでしたが、今日はチェロとベースの方がいますからバイオリンとベースとチェロで前奏の後にゆかさん登場し、すぐ歌に。純情可憐?な乙女の恋心を歌っているのかなと思える歌詞と麗らかな春の日差しが降り注ぐようなそんなメロディーがほんと好き。
サンゴと潮、乙女椿(仮)と同様に音源化が待ち遠しいのですが、次の音源はいつでしょうか?次の単独演奏会が8月なのでその頃までに出るのかなぁと思っています。
ちなみにお2人の服装は何と表現したらいいのやら。バッハみたいな金髪のかつらをかぶっていましたね。個人的には黒のおかっぱに大正ロマン漂う着物姿が一番好きですけど。

続いて2曲目は「軌道の鉱夫と双子の星」からA GRATEFUL CHAOS。そのアルバムだけ未聴だけにメンバーのブログを見るまでカバー曲?それともオリジナルかわからなくて曲名ほんと知りたかったのでわかってすっきり。さきほどのアルバムは以前発表した曲のテクノアレンジと聴くとどうも買うのを控えていたのですが、花千代女とか新曲がほかにもあるのでそれを目当てに買おうかなと。

3曲目は手拍子から始まる曲と言えばあの曲です。情熱的な恋は野の鳥。さすがワンマンだけあって拍手の音がたくさん。

4曲目はチェックメイト。

5曲目は夢見る少女人形。

6曲目はアレンジがアルバムとははっきりと異なる純潔は赤。サビの前の歌メロのテンポをだいぶ落としてあり、赤ずきんをテーマにしたダークなメルヘンの世界が重くのしかかってくるよう。

7曲目はカノン。いつものようにゆかさんのスキャットが美しい。

歌が終わるとゆかさん、退場し、ベースの方も退場し、バイオリンとチェロでその2人が組んでいる月薔薇の曲の演奏に。続いてチェロのソロがあり、それからベースの方が再び登場し、音をあわせていき、

ゆかさん、ナース姿で登場し、8曲目は真珠の涙。アルバムとは違う今日ならではのアレンジ。

そしてさちさんもナース姿で登場し、ドラムが加わり、9曲目の月光恋歌。以前聴いた時はお2人だけのアコースティックバージョンでしたので、ようやくアルバムの収録バージョンで。

10曲目はゆけ!少年十字軍!。
その前に行進風のドラムが鳴る中、すみれ十字軍のゆか隊長が航海の前?に高らかに宣誓。
そして観客の皆さんを船の乗り組み員に例えて、かけ声のイエッサーの練習。
それからゲストの方々の紹介。チェロの方はB型にまつわる話を。自分もB型だけに興味深いというかそれ、あてはまる、うん、うんと思わずうなずく事ばかり。
ベースの方も血液型の話に。ちなみに黒色すみれの2人は2人ともO型だそう。
始まるのも長ければ終わるのも長い(笑)曲の途中で2人で赤と白の旗をふったり行商のおばさん?見たいな格好で物販の紹介をなぜか東北弁で、それもめんこいなんて言っていますから岩手弁かなと。
あの2人が夜なべをしてとか、だべぇ~とか言うととほんと可笑しくて。
さちさんのDVDの中身、ねえべと天然ぶりもウケた。ゆかさんもウケていたようでしたが。
その後、今日が初披露?と思われる2番もありましたし。次の音源に新録して欲しいですね。
前から1番だとなんか曲が物足りないと思っていたので2番があるとちょうどいい感じ。


11曲目はお医者さんごっこ。ナースさんの格好だからやっぱりこの曲ですね。

12曲目はライブで聴きたかったサーカスの馬。黒色すみれで最初に聴いた曲ですが、
強烈なレトロ感を感じさせるその個性に驚くと同時に知るのがほんと遅かったなぁと後悔。

13曲目は新曲のサンゴと潮。さちさんのコーラスが光る曲で、幻想的な曲の雰囲気が増して、
思わずうっとりとして聞き惚れてしまう美しいサビのメロディ。
今回は雨の音?を表現しようとしたのでしょうか、ゆっくりと上下させるとそんな音に聞こえる楽器を曲の最初に使っていました。
ちなみにその楽器、暗くてよく見えませんでしたが、レインスティックとは違うかな?


14曲目はすずむしの歌。前曲の抒情的でしっとり雰囲気がよく繋がる歌メロがこれまた美しい曲で本編終了。
あぁそうなると、あとはあの2曲で終わりと思うと今日の演奏が今までまだ3回しか見たことがありませんが1番よかったので終わるのがほんと名残惜しくなりました。

アンコールは定番の永久に麗しく、すみれの花よから。ドラムも加わるからほんとノリノリで曲の始めからたくさんの拍手で大盛り上がり。
今日の最後におしまいの歌。ようやく演奏会で聞くことができて何より。やっぱりこれが1番、演奏会の終わりにふさわしい感じがして、ほんとこれでお終いという気分になります。
これまで新曲で終わりというのがたまたま多かったので尚更そう思いますね。

さて今回の単独演奏会ですが、もしかしたら今日しか聴けないアレンジで多くの曲を演奏していましたので、ほんと見に来れてよかった。
ただゆかさんがアコーディオンを1曲も弾かなかったので、弾いてくれたらよりよい演奏会になったのですが。
[PR]
by esthetisme | 2008-04-25 19:40 | 日記