総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
黒色すみれ 3/13演奏会
d0059205_10452387.jpg

d0059205_1047057.jpg


黒色すみれ 3/13演奏会

忘れないうちにささっと今日の演奏会を。最近、ある資格の勉強をしているのですがほんと悲しいぐらい記憶力が落ちたと実感していまして。思考力より暗記偏重の教育で育ってきたというのに。

さて今日は卒業シーズンだし、浅草に近い場所だけにお2人は大正浪漫を感じさせる着物を着るに間違いないと思ったらやっぱりそうでした。ほんとよく着物も似合って見ているだけで大正時代へトリップしたような気分になります。
時代がかっている、懐古趣味、レトロといった言葉にあてはまるものは大好きなんですよ。大正時代に生きていないのにどうして懐かしいという感情になるのか不思議ですけどね。

今日はコンデジやら携帯のカメラやら写真を撮っている人が多くて、え!写真を撮っていいの?とびっくり。デジイチを持っていけばよかったと思いましたが基本的にライブ撮影ってダメですよね。今日の着物姿をアップしたかったのに残念。
今日の画像はチラシがこの前と同じでしたので物販で配布していたすみれの天窓のチラシと物販で買ったポストカードをアップしました
そうそう今月の21日のライブは、撮影OKみたいなのでたくさん撮りますよ。ビデオカメラもOKの場合を考えてハイヴィジョンのビデオカメラを持っていきます。

今日は終わった後に物販にお2人が現れ、ほんとすぐ近くで見れましたし、目の前を通り過ぎていきました。一緒に写真を撮っている人がいましたね。アーティストとの距離がとて近いインディーズだからの光景かなと。

今日のセットリストですが以下のとおり。


1 チェックメイト
2 ポワゾン
3 夢見る少女人形
4 純潔は赤
5 乙女賛歌歌(新曲)
6 サンゴと潮(新曲)
7 永遠に美しくすみれの花よ
8 乙女椿(新曲)

この前の吉祥寺のライブの時の新曲がまた聴けたし、大阪のライブで披露した新曲も聴けたし、聴きたかった「永遠に美しくすみれの花よ」も聴けてほんと満足の内容のライブでしたけどまだまだライブで聴いていなく聴きたい曲があるのでそれは来月の単独演奏会の楽しみですね。

今日は乙女賛歌の歌詞を少しはわかるようになりました。1番注意して聴いていたので。

♪うっすらと冷たい春の宵 星明りに照らされて

♪はじめて触れるあなたの手の温もりに

♪もう子どもじゃはないわ ちゃんとエスコートして

♪春の陽気はうつろやすい 素直ないい子ではいられないけど

♪貴方に愛されたいだけなのです
乙女とはみなそういもの

断片的ですが歌詞の書くとこんな感じ。
乙女ということばは最近聞かない言葉だし、文字で見るとしたら浪漫主義の作品ばかり読んでいるのでゲーテの抒情詩が真っ先に浮かぶのですが。


MCは今回は秋葉っぽい?なんて言っていました。


さちさん、4月のライブの告知を言うものの長いのでかんでしまい
、ゆかさんが「今日のラジオで10回ほど言わされたのにまだかむんですね」と言うと
さちさん「いつでもかみかみですわ」


学校の行事の話の時に
ゆかさん「卒業おめでとうございます。」
さちさん「あら卒業は来年ですわ。だって私達は永遠の14歳ですから。」
ゆかさん「それじゃいつまで経っても卒業できないじゃん。」。
確かにお2人の設定は永遠の14歳ですから納得ですけどね。
卒業シーズンだからこのネタなんでしょね


語尾が間違えているかもしれないけど話の内容は記憶が正しいければあっているはず。
まだ今月は行く機会もあるかもしれないのでまた行ったら書きますね。

「それでは次の演奏会までごきげんよう」
メンバーのMCの〆の言葉で今日はお終い。
また明日見に行くので今回同様すぐその日のうちに書くことにします。




今日も満足と帰ろうとして、地下のライブハウスから地上に上がるさいに気になるバンドを発見!!
その名も歌姫楽団。なんでも昭和歌謡がルーツで、それを想起させるような曲が売りのグループなようで、ユニークなコンセプトですね。
メジャーで活動しているのにちっとも気づきませんでした。
早速駅までの帰り道に歩きながらモバイルPCで試聴してみたのですが、確かにレトロっぽさは味わえていい感じ。今度音源を買ってみましょうか。
[PR]
by esthetisme | 2008-03-20 11:05 | 日記