総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
和食でもジビエ堪能
昨日は和食でもジビエを堪能しようとももんじやへ。
ずっと前から気になっていたのでようやく訪問となりました。
鹿と猪と狸はありましたが、熊がなくて残念。通販で買うことができるので取り寄せて
熊鍋をしようかなと思います。

d0059205_2037042.jpg


鹿の刺身。柔らかくて美味しいですね。ちなみに鹿の生食で1番美味しかったのは名古屋のイタリアンのガッルーラで食べた鹿のカルパッチョ。他の料理も美味しかったのですが、その料理が突き抜けていました。





d0059205_20403161.jpg


d0059205_23512695.jpg


猪鍋。猪の肉をすき焼きの要領で食べます。でも火がすぐ通る牛肉と違ってじっくりと煮込まないといけないようで、何度もレアで食べたいなんて思ってしまいました。猪の生食ってまずいというのはわかっているのですが。
煮込んで食べてみたら癖はちっともなく、万人が美味しいと思える味ではないかなと。煮込んでも汁がくどい感じにならず、味加減がほんとよくいくらでも肉が食べれる飽きのこないものでした。

d0059205_20381167.jpg


猪のヒレ肉の網焼き。これもしつこくレアでいこうかと思いつつ、結局止めましたけど。

d0059205_2039837.jpg


鹿の竜田揚げ。揚げても美味しいですね。猪鍋、刺身、この竜田揚げにしてもフレンチで食べるのよりも美味しいと思うのは、和食で育ったから?

d0059205_2042315.jpg


狸汁。新潟の温泉旅館で食べたのより食べやすいですね。500円という値段だから仕方ないんでしょけど肉が少なすぎ。
値段を上げてもいいので肉をもっと食べたい。新潟の時はごろごろとあり、脂が熊に負けないぐらいのっていて、とにかく獣の臭いのを我慢できれば美味しい肉かなと思いました。
その新潟のたぬきが食べれたらどんなジビエでも食べれると思いますよ。それぐらいたぬきの臭さは数あるジビエの中でもトップかなと。ほぼ同時に食べ比べした熊も臭かったですけど狸のほうが臭く思えました。



この後はご飯を食べていないので、当然、お腹が空いていますから「よかろうもん」というとんこつラーメンのお店に行きました。お店に入る前からとんこつの匂いが強烈で、癖が強いのは好きなので食べるのが楽しみになりました。
まずはバリカタでいって、もう少し硬いのがいいなと替え玉はハリガネで注文。麺の好みはハリガネがいいですね。スープはとにかくとんこつの味が濃すぎ、好みがはっきりと分かれそうな味。煮出したとんこつそのままといった感じ。テーブルの上にあったなんだか知らない液体を混ぜていくとより美味しくなりましたがあれはなんだったのでしょうね。
今日はそれほど酔っていませんでしたが、酔っているとちょうどいい感じに目が覚めそうだなと。
同僚はあれはとんこつラーメンでないと言っていましたが、ちゃんと九州でとんこつラーメンの食べ歩きをしたことがないのでなんとも言えませんでけど。
まそんなことよりまた食べに行きたいですね。
[PR]
by esthetisme | 2007-12-21 23:51 | 郷土料理、和食