総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヨーロッパ8カ国にジビエを毎日食べに行きたい
d0059205_182574.jpg


d0059205_1825528.jpg


2007年度のジビエシーズン(2007/12~2008/2)で一番美味しかったのが、このシェ・ミッシェルの雉。
熊鍋を食べたら、2007年度のジビエ特集という記事でもアップしたいなぁと思います。
ところで2008年度(2008/10~2009/2)はこの雉より美味しいと感動できるジビエに出会えることを切に期待します。



今年の秋に実現させたい食べ歩きがヨーロッパ8カ国でジビエを毎日食べ、アルバで白トリュフ尽くしを堪能することです。
フランスで8日間毎日ジビエを食べたので、次なる目標はヨーロッパ各国というわけです。下記に挙げた国のほかにデンマークでもジビエが食べれますし、ドイツ、スペインでも可能でしょうか。
今のところジビエを食べにいきたいレストランは以下のとおりです。
来年はこの食べ歩きができたらもう満足かなと。そしてヨーロッパ各国で食べたらあとはカナダとオーストラリア、ロシアでのジビエ食べ歩きでしょうか。
カナダは前に行こうと思って、ジビエが食べれるお店はいくつも知っています。
オーストラリアとロシアはまったく調べたことがないのでよくわかりませんが、フランス、ヨーロッパ各国、世界各国とジビエを食べたいものです。


イギリス

・Rules

スイス

・DOMAINE DE CHATEAUVIEUX

フランス

・GERARD BESSON

ベルギー

・De Karmeliet
・comme chez soi

チェコ

・U Modre Kachnicky ll

イタリア

・AL MATAREL(ミラノ)
・Osteria dell'Arco (アルバ)

ハンガリー

・Kispipa Restaurant

オーストラリア

・Zum Weissen Rauchfangkehrer
[PR]
by esthetisme | 2007-12-01 07:45 | グルメ