総合芸術と生活美学を目指して~僕の審美眼に叶う愛しい物達~
beaute777.exblog.jp

今はなきレオン・ド・リヨンの森鳩。生涯で一番美味しかったジビエ。あまりの美味しさにまた食べにフランスに行ったほどです。これを超えるジビエ料理に出会いたい!!
自己紹介、お気に入りリンク
自己紹介

美味しいものが大好きで、音楽、映画、絵画、文学における抒情美を追求している「るしぇるしぇ」といいます。


誕生日 14.4.1979

尊敬する人物

レオナルド ダ ヴィンチ
稀有の総合芸術者です。

好物:
フォワグラ、ピジョン、
グルヌイユ、ジビエ
アバ、ビターチョコ、
ワイン、ハーブ系のお酒、
アルマニャック、日本酒
刺身、湯葉、

嫌いな食べ物:
添加物を加えて
いる食べ物、
ジャンクフード、
ファーストフード、
インスタント食品、
チェーン店の料理、
創作料理(フランス料理
なら正統的なフランス
料理を食べたいので、
でも一店だけ例外はあり
ます。)


お腹をただ満たすための
食事ではなくて、
ゆっくりと時間をかけて
味わい、全身で美味しさ
を喜ぶことができる、
そんな料理が食べたい
です。

るしぇるしぇへのメールは

esthetisme 
アットマークexcite.co.jp
までお願いします。

---------------------------------
お気に入りリンク

日本料理の総合的食べ歩き

るしぇるしぇの食べ歩き専用
のブログです。

落合桜 パリの風

三光院のHP

飛騨季節料理、肴の店主の日記

アート at ドリアン

ラファエル前派の部屋


幸せな食卓

今日は何を飲む?

ご馳走はこころの上に

驢馬人の美食&医療な日々

横浜発 驢馬人の美食な日々

★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★

Rafega  バレエな日々

--------------------------------
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今年のフランスでの食べ歩き始め シェ ミッシェル
d0059205_18342143.jpg


これで三回目なのですが、運悪く煙草を吸う人達の近くで、もう最悪の食事でした。
煙草の煙が大嫌いなので、煙草を止めて下さいと言ってもまったく聞き耳を持たず。
ジビエはほんと美味しかったというか雉が日本で食べてきたのとは別物というぐらい違いがあり、「ほんとフランスにジビエを食べに来てよかった」と感激したぐらいなのですが、いくら美味しくても煙草の煙と一緒に食べるのはこりごりなのでこれが最後の訪問ですね。
席をすぐに移動したかったのですが、あいにく満席でできずとても苦しかったです。
せっかくジビエが豊富で美味しく、ブルターニュ料理にこだわりコンセプトが明確なお店だけに残念でなんとももったいないことですね。




d0059205_18382539.jpg


さて嫌な話はこれぐらいにして食べた料理などの話を。
まずメニューを見るとあぁ食べる予定だった雷鳥がもう終わってしまい、雉とフォワグラのテリーヌもなくどうしようかとしばしシャンパンを飲みながら何度も迷い、鹿と野鴨、野うさぎは置いている確立が高いのでパス、置いている確立が少ないというか今回訪問予定のお店のメニューでなかなか見ないジビエを選びました。

・サラダヴェール

d0059205_182574.jpg


d0059205_1825528.jpg


・ポワレした雉と雉と茸のクレーム風味、ココット仕立て
クレームはジュとブイヨンなどから作っているそうです。

d0059205_1826514.jpg


d0059205_18273286.jpg


・山鶉のロティ 森の茸と共に


・ブルターニュ産のチーズ各種 シードルのジュレ
・クイニーアマン

とジビエ2種類にして変則的な注文となり、どのくらいかなと聞いてみたら70ユーロでした。
そうそうメニューの基本的な値段は30ユーロです。ジビエのメニューは全てプラス料金で、右にプラスいくつと書いているのがわかると思います。

d0059205_1823388.jpg


さてワインですが日本で食べてきた雉と山鶉の味から白ワインがにしようと思い、ムルソーを選んだらノン、ジビエに負けると言われ、サンジョセフと軽い赤にしましたがこれがぴったりとジビエにあい、前述のとおり雉の風味が熟成させているだけあって野生の香りが強く、サンジョセフを選んでよかったです。
別物という違いは新鮮か熟成させるという違いにあったのはすぐ食べてわかりました。


感激した雉の次の山鶉はそれほど感動に至らない味でこれは残念。野生の香りは雉に比べ穏やか。
最初に山鶉にすればよかったなと後悔。雉の味のインパクトが強すぎたのかもしれません。 

d0059205_18283369.jpg


ジビエのあとはブルターニュ料理のお店ですからチーズは全てブルターニュ産のものです。どれがどれか教えてもらい、紙に書きましたけど知らないチーズばかりなのであと調べてからアップします。
ところでシードルのジュレが添えてありますが、ブルターニュではチーズはこんな風にして食べるのですか?と聞いたらその時によるそう。

d0059205_18301960.jpg


そしてデザートもまたブルターニュのもの、クイニーアマンを選びました。
サーブされた状態に疑問があり、ブルターニュで食べたことがないのでちゃんと食べてみたいですね

d0059205_18311056.jpg


仕上げに2種類あるうちで一番古いアルマニャックを飲みました。惜しいですね。1979年のものだと生まれ年なのにね。
飲んでいると0時を過ぎました。もうほかのお客さんは帰ってしまい、残っているのは僕と一組のグループだけ。
お家計を済ませ、お店の前の写真を撮り、明日のコールマール移動のため朝5時となるため帰り道を急ぎました。

d0059205_18345666.jpg

[PR]
by esthetisme | 2007-12-08 18:41 | 07/11/27~12/5  フランス